eiga worldcup

C030 ともに学んで

提供元:eiga worldcup

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

eiga worldcup2016 地域部門出品作品

北海道旭川工業高等学校 KBS旭工放送局

開校してから34年目を迎え、今もなお多くの学生に学びの場を提供し続けている旭川青年大学。毎月講座を開き、10代から90代までの学生が通っています。そんな旭川青年大学を知ってもらいたいと思い、制作しました。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

成仏師

愛知県立昭和高等学校 映画研究部 制作作品 僕には霊が視える。隣にいる女の子も霊だ。そんな僕たちがやっていること、それは霊を成仏させること…一人の少年と一つの霊による過去を振り返る物語が今日も始まる。

C030 ともに学んで

eiga worldcup2016 地域部門出品作品 北海道旭川工業高等学校 KBS旭工放送局 開校してから34年目を迎え、今もなお多くの学生に学びの場を提供し続けている旭川青年大学。毎月講座を開き、10代から90代までの学生が通っています。そんな旭川青年大学を知ってもらいたいと思い、制作しました。

C032 手延べそうめん

eiga worldcup2016 地域部門出品作品 岡山県立岡山東商業高等学校 映画研究部 私たちの住んでいる町、岡山の名産物である手延べそうめんを調理しました。ふるさとの味を思い出してみてください。

ブルーにこんがらがって(予告編)

法政大学第二中・高等学校 映画研究部 制作作品 高校時代特有の悩みや葛藤などを描きました。一番の見所はラストにかけての戦闘シーンです。SDカードは返して欲しいです。

Y029 男子高校生の放課後 予告編

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 日本工業大学駒場高校 映画愛好会 初めてのメンバーで作った作品です。まだまだ初心者ですが。よろしくお願いします。

J061 母

埼玉県立芸術総合高等学校映像芸術科 制作 高校生である私たちが今「母」について思うこと。脚本はない。最初は皆少し恥ずかしそうにしているけれどだんだん表情が解れていく。その中で彼らは何を話すのか。

編集チームおすすめ

平成30年7月豪雨 義援金募集のお知らせ

ご支援・ご協力をお願いします。

ランキング

真っ赤なポピー

日本大学鶴ヶ丘高等学校 KIKIFILM 制作作品 音楽と、詩と、踊りの融合に重点をおいて作りました。ご鑑賞下さい。

壱岐ウルトラマラソン2017感動の全ゴールシーン一挙放送

壱岐ウルトラマラソン2017に出場し、完走したランナーのゴールシーンをすべて放送します。

隠岐★ドキ!あまチャンネルVol.26(2018年5月分)☆新装開店☆すすめ!アイランダース

まず初めに、隠岐★ドキ!あまチャンネルという番組についてあらためてご案内させていただきます。 この番組は、あまチャンネルが島の情報を島外に向けて発信するための『あまチャンネル・アワー』とも呼ぶべき放送枠のようなもので、現在のところ次の4つのシリーズで制作しています。 ♦『すすめ!アイランダース』シリーズ 元々が「隠岐の情報バラエティ」というキャッチフレーズで制作していた『月刊あまチャンネル』の後番組として始まったのが『隠岐★ドキ!あまチャンネル』で、その系統を引き継いでいるのがこのシリーズです。 ♣『歴史と伝説の島々』シリーズ 島外にあまり知られていない隠岐の歴史のひとコマや、島に残る伝承・伝説を紹介する番組です。 ♥『ドキュメントAMA』シリーズ あるテーマに基づいて隠岐海士町の産業、行政、教育、島人の暮らしなどを追いかけます。あまり重くないライトなドキュメンタリー番組です。 ♠『ふるさと映像ライブラリー』シリーズ 四季折々の映像に島の暮らしを織り混ぜて構成する番組です。 そして今回お届けするのは「すすめ!アイランダース」シリーズで、サブタイトルが『☆新装開店☆すすめ!アイランダース』 あまチャンネル初期のバラエティ番組テイストにリニューアルしました。 番組MCは、海士町のお土産品としても人気のあるキンニャモニャ人形を作っている方に、番組のために特別に作っていただいた人形のキン太とモニャ子。 今回お届けするのは次の2つのコーナーで、この島の島民であるアイランダーたちが得意の分野を担当してコーナーを受け持ち隠岐の情報を伝えます。 一つ目の「島めぐり語り部ツアー」は、島内14の地区をその地域に詳しい語り部さんに案内してもらいながら巡っていこうという内容です。 二つ目の「地産知食の島レシピ」は、島の食材を使った料理レシピを紹介します。

第46回魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会 高千穂 対 明桜

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

スロージギングでタチウオ狙いin愛媛

愛媛県松山沖でシーズンインしたばかりのタチウオジギングをお届けします! シーフロアコントロール弘田さんによるタチウオ必釣講座は必見。 出るか!?大物!!久しぶりの爆釣に大興奮??

あなたにおすすめ

Dont be late!

駒場東邦高等学校 駒場東邦映画同好会 制作作品 走れメロスの高校生版パロディです。会員一同気合を入れた力作です。

繋げるもの

沖縄県立開邦高等学校 映画研究部 制作作品 私達が撮影した商店街は、実際に来年には再開発が始まるところです。この映画のような商店街ならではの絆を撮影中に実感しました。商店街はなくなってしまいますが、この絆を私達から次の世代へ繋げていきたいです。

Y047 儚い魔女の物語(予告編)

愛知県立昭和高等学校映画研究部 制作何年かに一度だがこの学校の図書館には魔女がでるらしい…

ミエカタ

埼玉県立芸術総合高等学校 映像芸術科 制作作品 小学校からの帰り道、よく電線を見上げていました。カーブミラーに映る情景が印象に残りました。

ピックアップ

Y007 クライン(予告編)

名古屋大学教育学部附属高等学校映像・演劇サークル 制作今の私たちの精一杯を込めました。

海遊人 10月

今月の我ら海遊人は、香川県高松市沖よりシーズンインしたばかりのアオリイカを船からのエギングで狙います。シーズンはじめとあって数釣りの期待大!さらに、タイも狙う欲張りなプランを画策!何とか爆釣したい海遊人軍団ですが・・・。はたして地元の瀬戸内で大爆釣となるか!?

川原先生の地形模型

海や山の形を厚紙を重ねることで作る地形模型 大村高校で近くを教える河原先生はこの地形模型を 個人で制作しています。 どうして川原先生はこの時期模型を作るのか 先生の想いを取材しました

オトナはミナイデ! 2015年5月放送 #2

まだオトナになる一歩手前の岐阜の女の子が 放課後トークする番組。だからオトナはミナイデ!ね(笑) 2015年5月放送 #2 出演:岐阜美少女図鑑 しほ・まいか・なつき・なな・まい

【高校野球 2017夏 東東京大会チーム紹介】都立三田高等学校

今年で創部10年目の比較的新しいチームですが、 昨年、夏の大会で2勝したことで目標を高く持って練習に臨んでいます。

ロックフィッシュ狙いin宿毛 前編

高知県西部よりオオモンハタなどの根魚ルアーゲームをお送りします。 梅雨時期でコンディションの悪い中、価値ある1匹を釣り上げるべく海遊人軍団が奔走!!何とか結果を残したい海遊人軍団・・・。はたして釣果はいかに!?

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA- 7月後半号

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA- 今年もPR大使を務める欣様が9月9日と10日に 八尾市の久宝寺緑地で開催される 「第40回八尾河内音頭まつり」のたすきかけて 地域を練り歩きながら町の魅力をふわっとご紹介します。

UP!アップ!関ガール シーズン2 vol.19

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」が、様々な企画にチャレンジするアイドル成長バラエティ!

企画 信州須坂みそ蔵探訪「糀屋本藤醸造舗」

長野県須坂市には、多くのみそ蔵があります。今回はその中の「糀屋本藤醸造舗」をご紹介します。次世代映像4Kカメラで撮影。職人がこだわり抜いた味噌と昔ながらの製法をご覧ください。

防災特番 あの日からの私たち~船橋・習志野・八千代~(ダイジェスト)

ジェイコム船橋習志野:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コミュニティ部門優秀賞 【番組概要】 2011年3月11日の記憶はそれぞれにある。何を感じ、考え、どうしたのか? 番組では「命を守るために」「帰宅困難に備えよう」「生活のベースを確保しよう」「地域とつながろう」「情報収集」の5つのテーマをベースに、あの日を振り返りながら東日本大震災を教訓に進められている各自治体や各団体の備えの取り組みを紹介。保育所では「あの日」、何人もの子ども達の迎えが来られずにいた。そして先生達は泊まりで子ども達をあずかる事を決断。食事は? 寝床は? 親との連絡は? ・・・。あの日、気がついた多くの事は今の備えに活かされていた。備蓄倉庫や災害時の体制等、行政でもあの日を教訓に様々な備えが進んでいる。自治会や近所付き合いが希薄といわれているマンションでも災害時に共助を可能とする備えが進んでいた。残念ながら「あの日」は、また、やって来る。様々な取り組みの紹介を通して『今』だから備えられる事例を盛り込みながら、あの日からの私たちを紹介する。 【審査員コメント】 これほど優れた地域防災番組を見たことがない。観念的でなく実務的な知恵と知識と実例が報告されている。液状化現象など首都圏では最も過酷な被害体験が自治体を動かし、メディアがそれを増幅した成果である。J:COMは日本全体でキャンペーンすべきだ。