eiga worldcup

J052 明日の僕へ

提供元:eiga worldcup

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

eiga worldcup2016 自由部門出品作品

宮城県仙台第一高等学校 放送部

いつか何かを成し遂げたい。そんな風に考えても何をしたらいいか分からない。そんな事、ありませんか?将来に悩む主人公と将来をまっすぐ見据えるヒロイン。2人の関係を通じ未来のため何をするべきかを描きました。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

C059 いつもの風景

埼玉県立芸術総合高等学校映像芸術科 制作 いつも、学校へ向かうときに家から最寄り駅までの道のり、いわばいつも見ているふるさとをとりました。

幸せの種

埼玉県立芸術総合高等学校 映像芸術科 制作作品 「幸せ」ってなんだろう?母の入院で姉妹2人だけで過ごす事になった。慣れない家事、慣れない2人だけの生活。だけど、こんな生活でも幸せって思えるときあるよ。きっと妹もそう思ってくれてるはず。

J006 寺門呪音の診断~吸血鬼の血~

神奈川県立大和南高等学校引中OBs 制作 除霊怪薬師それは、陰陽師やエクソシストとは違い、薬を調合することで、除霊・および怪異を退治する人達のことを指す。そんな除霊怪薬師の一人、寺門呪音はとある奇妙な依頼を受ける。

C062 さびしいな。

埼玉県立芸術総合高等学校映像芸術科 制作 私たちの故郷は都道府県や市町村等比較的大きなくくりであらわすことができる。けれど野良の動物たちはそうは行かない。その子たちが故郷を失ったら、と考えたときにできた作品です。

Y055 明日ガール 予告編

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 ノートルダム清心高等学校 A‐girls さびれた文化祭のための委員として無理やり集められた6人の少女たち。彼女たちが選んだ道は、なんと自らアイドルになるということだった。波乱万丈の6人の運命は?!笑い、涙、友情、恋あり?の、青春物語です!

Y063 見えゆく景色(予告編)

埼玉県立芸術総合高等学校映像芸術科 制作 あのとき彼が見ていた景色は見えているようで見えていなかった。高校時代の恋愛なんて呆気ないけど友情はかけがえのないもの。

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

ハッピー1月9日号

栃木県佐野市内のお店や企業、サークル団体など、知って得する「ハッピー」な情報をお届けする地域密着情報番組。 ◆御菓子処 太田屋(田沼町) ◆ライオン堂 キレイ(若松町)

どーでもネタ百科 第15回 高御位山の日の出は日本一…?

どうでもいいけど何か気になる・・・街にあふれるそんな話題を徹底取材!明日からすぐに使える「話のネタ」をご提供します。

J:COMpark 2016年8月前半号「大阪市東成区」

J:COMpark8月前半号は、お便りをいただき 初!?となる「大阪市東成区」を街ぶらです! 東成区役所の方にも登場していただき、東成区の魅力を語っていただきました。 東成区はモノづくりの街で有名ですが、そんな街を象徴する会社にお邪魔し、 工場見学をさせていただきました。 さらには東成区を横断する長い長い商店街へも行きました!! あまりに長すぎて・・・ WEB:http://c.myjcom.jp/jch/p/jpa/ ブログ:http://jcomch-kansaiobp.blogspot.jp/ フェイスブック:https://www.facebook.com/jcompark/ ツイッター:https://twitter.com/JCOMPark

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】穎明館高等学校

完全な中高一貫校であるため、野球部に高校からの入部者がなく、人数が少ないのが悩みの種ですが、向上心、凡事徹底、自律心をテーマに日々の練習に取り組んできました。

オトナはミナイデ! 2015年8月放送 #5

まだオトナになる一歩手前の岐阜の女の子が 放課後トークする番組。だからオトナはミナイデ!ね(笑) 2015年8月放送 #5 出演:岐阜美少女図鑑 つぐみ・そら・アマンダ・まりん

あなたにおすすめ

eiga worldcup 2017 自由部門 変わる一歩

北海道帯広緑陽高等学校

J040 AYAKO

東京都立工芸高等学校全日制映画研究部 制作 私達、工芸高校の映画研究部員たちの夏の活動の結晶です。かくれんぼをテーマにした、不思議な夏の体験。個性の光る編集や演技、台詞をぜひご覧ください。おまけもあります。

C029 帰郷

eiga worldcup2016 地域部門出品作品 神奈川県立藤沢清流高等学校 堀組 実家へ帰郷した父。しかし飼い猫がどこかへ消え、いらつくばっちゃんとぶつかる。そうこうすると今度は猫がひょこっと戻ってくる。猫はいつだって自由気まま。問題を作ったり今度は解決したり。そんなわたしの故郷。

涙雨ナダヌアミ(予告編)

沖縄県立開邦高等学校 映画研究部 制作作品 この作品は、とある少女と少年、それぞれの悩みを描いたメッセージ性の強い作品です。部員の力を合わせて作りました。見てくださった方の心に残れば嬉しいです。

ピックアップ

品川に生きる

ケーブルテレビ品川:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門優秀賞 【番組概要】 2020年東京五輪に向けて開催準備の動きが加速し、日本の表玄関としても期待が高まるまち、品川。JR山手線大崎駅周辺地区では近代的ビル群が誕生し、街が生まれ変わろうとしている。一方で、旧東海道周辺の街並みは歴史の面影や江戸風情を残し、そこに住む人には、下町気質や人情、近隣とのふれあいなど今も変わらずに根付いているものがある・・・。そんな歴史と文化のまち品川を、そこに生きる人々にスポットを当て、まちの息づかいを伝えていく試みが本企画制作の狙いです。開局20周年を迎えたケーブルテレビ品川が積み重ねてきた映像制作の実績と地域とのネットワークを活かし、地域に根ざしたメディアとして当社ならではの特別番組を制作。 【審査員コメント】 品川という町の奥行きを感じる作品で訪れたくなった。一眼レフのカメラで撮られた表情とナレーターがマッチしていて温かい雰囲気を出している。4部構成だが4つの作品のクオリティーのばらつきは感じた。1、2本目は人の表情なども丁寧に取られていて好感が持てた。それに比べると3、4本目は、ナレーションありきで流れてしまった印象。全体的には街や人を描くというケーブルの大事なテーマをしっかり捉えている作品かと思う。

Y030 WEtuber(予告編)

北海道旭川工業高等学校KBS旭工放送局 制作  とある高校の少年二人が動画投稿に興味を持ち動画を作っていく、しかし、その中で、ある出来事が起き二人の関係が悪くなってしまう。二人の少年の感情の変化がこの作品の見所になっています。

ほんでミーゴ@Kパラnext 2018年1月25日

岩井・澤井の2人が県内のいろいろな場所を散策しながら、『ほんでミーゴ』を合言葉に皆さんに街のこと、人のことを根掘り葉掘り聞いちゃいます。今回は天理駅周辺を散策しています。

高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介 京華高等学校

文京区白山の京華高校は、地域に応援してもらえるチームを目指しています。 その応援の力で2年連続初戦突破!今年は初戦突破はもちろん、2年前の4回戦進出以上を狙います。 今年の中心選手に選手同士でどんな選手か紹介していただきました。

おすすめ!グルメ図鑑2018年8月号

番組初!今回は一気に3つの依頼にお応えします! 「1軒で3つも応えられるんか?」と疑惑の目を向ける盛山を連れて 大阪市中央区道頓堀にあるイタリアン肉バル「デル・ソーレ道頓堀」へ~ 出てくる料理は、どれもインスタ映え間違いナシ!! ラストは道頓堀川沿いのテラス席でドルチェ(デザート)を楽しむ2人。 スイーツだけを目的に来店しても満足できる味に大満足!! みなさんも、ぜひ訪れてみて下さいねー

高岡しっとる検定#2 万葉集検定

富山県高岡市に関するさまざまな話題を“検定クイズ”形式で取り上げます。 出演は、高岡市出身の津軽三味線芸人、中山孝志と安藤有希子。 ディープな高岡ネタ満載のトークバラエティです。 第2回:万葉集検定

ほんでミーゴ 2018年11月15日

岩井・澤井の2人が県内のいろいろな場所を散策しながら、『ほんでミーゴ』を合言葉に皆さんに街のこと、人のことを根掘り葉掘り聞いちゃいます。今週も奈良市ならまちを散策しています。

ニュースウォーカー1216放送「創成高校がついに統合!」

12月16日放送のSTVニュースウォーカーから、統合し須坂創成高校となった須坂商業高校と須坂園芸高校。新校舎完成まで、別のキャンパスで学んでいた「商業科の生徒」が、須園キャンパスに初登校した話題を紹介します。

ぎふでないと(Nostalgi屋)

岐阜の夜の街。スマホ片手に“いちはしだいすけ”が西へ東へ気の向くままに歩きます!大きなTVカメラはありません!すべてをスマホで撮影する番組です。是非、「岐阜の夜」をスマホ感覚でご覧下さい。 今回は西玉宮町にある「昭和酒場 Nostalgi屋」にぶらり立ち寄ります。

第99回全国高等学校野球選手権千葉大会出場校紹介動画「秀明八千代高校」

秀明八千代高校野球部は、マネージャーを含めて31人。 攻める姿勢を忘れず、消極的にならず、まずはしっかり守って試合を作り、 チャンスを活かして得点に繋げられるよう、日々練習に励んでいます。 チームをまとめるのは、セカンドを守る太田智之選手。 普段は温厚で優しい人柄の太田選手ですが、グランドでは大きな声を出し 仲間を盛り上げチームの士気を高めます。 甲子園出場を目指し、一戦必勝でのぞむ夏の大会。 最後まであきらめず全力疾走で挑みます。