eiga worldcup

神語り

提供元:eiga worldcup

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

神奈川県立大和南高等学校 引中ob 制作作品

規定作品をやる暇がなくぎりぎりで作らせていただきました。そのため台本なし、人はいっさい出ていない、全部同じ人がアフレコという形になりましたこれはこれで楽しい試みだったと思います。ぜひお楽しみください。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

VISITOR

中央大学附属横浜高等学校写真同好会制作 今年は、難しいテーマである「ホラー」に挑戦しました。回想シーンとの切り替えを工夫しています。見ていただく方ににゾッとしていただけると幸いです。

Y054 君が笑ってくれるなら(予告編)

埼玉県立芸術総合高等学校映像芸術科 制作 愛と勇気と友情のつよさ、だささ。笑いながらも、心のどこかで感動できる作品です。お願いします。

宇宙人の贈り物

鳥取県立米子工業高等学校 映画研究部 制作作品 宇宙人は自分の故郷が失われたことを人間に伝えた。主人公は自然の大切さを考えさせられたのであった。  

快刀乱麻を断つ

都立橘高校 課題研究動画編集班 制作作品 特にアクションを頑張りました。夏休みにかけて撮影しました。初心者で、長い動画になってますが最後まで見てくださったら嬉しいです。

C036 故郷~誰かがつなぐ、誰かのふるさと~

eiga worldcup2016 地域部門出品作品 東京都立杉並総合高等学校 三年有志 杉並総合高校では史上初となるこの大会への挑戦。「故郷~誰かがつなぐ、誰かのふるさと~」は、ある青年の故郷から離れたいという思いと、偶然出会った謎の男性からのメッセージがぶつかりあう、物語です。

C020 暑いぞ坂戸高校!

eiga worldcup2016 地域部門出品作品 埼玉県立坂戸高等学校 放送部 日本であって日本じゃない、44,9度という脅威の最高気温を記録した、埼玉県立坂戸高等学校・放送部部室。「どうしてこんなに暑いんだ!!」……その謎に迫った検証番組。

編集チームおすすめ

平成30年7月豪雨 義援金募集のお知らせ

ご支援・ご協力をお願いします。

ランキング

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 県立小金高等学校

県立小金高校は現在選手21人、マネージャー6人の総勢28人が所属しています。今年のスローガンは「全員粘勝(ぜんいんねんしょう)」。相手の隙をつく攻撃や走塁など、細部にまでこだわった粘り強い野球で接戦をものにします。去年は過去最高の4回戦に進出した小金高校。念願の甲子園に向けて夏の大会を戦いぬきます。

うらら館林版9月17日号

栃木エリア(栃木市・壬生町・下野市)、群馬エリア(館林市、邑楽郡)、茨城エリア(結城市・筑西市)のお店、企業、気になるスポット、活躍している皆さんをう・ら・らリポーターが取材、体験リポートする番組。「Wish you Luck and Laughter」、名づけて「う・ら・ら」! 今週は、明和町の「明和絵画クラブ」と館林市の「木村メガネ」をご紹介します! 「う・ら・ら」専用サイトでも動画配信中です→ulala-tv.jp

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立八王子北高等学校

一昨年改修されたグラウンドには新たに黒土を導入。クッション性があり、打球のイレギュラーもほとんどなく、より練習しやすい環境となりました。チームのキーマンは、3番ファーストの澤里選手。バッティングでチームを引っ張ります。

ながさき原爆記録全集~アメリカ戦略爆撃調査団編総集編~

長崎ケーブルメディア:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞 【番組概要】 長崎に原子爆弾が投下されてから45日後、昭和20年9月23日から11月23日まで2か月に渡って長崎を撮影したカラーフィルム映像がある。通称、海兵隊フィルムと呼ばれる映像で、未編集の状態で1万700フィート、合計5時間30分のカラー映像だ。しかし、その映像はニュースなどで一部が使用されるだけで、全編が紹介されることはなかった。映像には廃墟と化した長崎の街の様子や人々が復興に向けて動き始めている様子が鮮明に映し出され、カラーで見る被爆地の臨場感は計り知れないものがある。長崎の人々に向けて、この映像を全て見せることが出来ないだろうか、それも詳しい解説付きで…。それはケーブルテレビにしか出来ない放送かもしれない。そんな思いで制作、放送を続けた。番組の反響は大きく、地元大学の研究室から映像提供協力の申し出があり、2016年4月からは、米戦略爆撃調査団撮影の6時間30分を解説付きで紹介する「ながさき原爆記録全集」の第2弾の制作放送制作を開始した。放送を続ける中、視聴者からの反応も多く寄せられ、そんな反応を盛り込みながら放送を続けている。 【審査員コメント】 まず、コミュニティ部門からグランプリが出たことに評価したい。衝撃を受けました。テレビメディアというものが行き着いたひとつのかたちを見た。記録映像を単に流すということだけではなく、番組に寄せられた様々な発見や意見を取り入れた番組で、まさに双方向の番組。また画面が片隅に情報が出ているが、邪魔に思わずとても有効的に出ている。この様な例をあまり見たことがない。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】東京電機大学高等学校

小金井市梶野町にある『東京電機大学高等学校』 野球部は今年で69年目。 部員は1年生8人、2年生4人、3年生8人の合わせて20人です。 今年のチームのモットー全力野球で夏の大会に挑みます!

あなたにおすすめ

愛し、愛される物語

埼玉県立芸術総合高等学校 映像芸術科 制作作品 どんな人なんだろう。会ってみたいな。喋ってみたいな。握手したいな… 気になったら止まらない… ---あのね、私は6番目なんだよ。

Y047 儚い魔女の物語(予告編)

愛知県立昭和高等学校映画研究部 制作 何年かに一度だがこの学校の図書館には魔女がでるらしい…

Y070 復讐の紐(予告編)

立教新座高等学校映画研究会 制作 犯人を推理してください!

J051 夕焼けの翌日は晴れ

埼玉県立芸術総合高等学校映像芸術科 制作 正反対の2人が同じような悩みを抱え、出会う作品です。同じ時間をそれぞれの目線から描きました。

春日狂想

埼玉県立狭山緑陽高等学校 映画部 制作作品 みなさんは中原中也の「春日狂想」という詩をご存知ですか。 愛するのものが死んだ時には自殺しなけあなりません、とはじまるこの詩・・・。愛するものが死んだとき、少年はある行動をとった。

ピックアップ

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 県立松戸高等学校

選手9人、マネージャー3人の総勢12人で活動している県立松戸高校野球部。まだ部員が少ないため、他校と連合チームを組んで公式戦に出場することもありますが今年の夏の大会は単独で試合に臨みます。3年生を中心とした全員野球でまずは初戦突破を目指します。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 県立千葉工業高校

中央区今井町にある千葉工業高校。国家資格習得にも力を入れている公立の工業高校です。野球部には一年生から三年生まで46人が所属。練習から常に大きな声を出し、部員全員でチームを盛り上げます。

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立山崎高等学校

都立山崎高校・野球部は、 秋と春に連合チームで出場しましたが、 その後、新入生を迎えてチームが整い、 15名の単独チームで夏の大会に挑みます。

ぽんつく

豊田工業高校 放送部 制作作品

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】東京工業高等専門学校

今年のチームは、人数は少ないですがその分チームワークに優れており、メンバーは学年の垣根を越えて仲良くまとまっています。守備からリズムを作って得点を重ねるのが得意のスタイルです。

STVニュースウォーカー0324「豊丘にオートキャンプ場オープン」

3月24日放送のSTVニュースウォーカーから、5月にオープンする須坂市豊丘のオートキャンプ場を紹介します。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会出場校紹介 昭和学院高校

秋の大会で創部以来、春夏合わせて初のベスト16に進出した昭和学院高校は今、勢いのあるチームです。 今回、西千葉大会の選手宣誓を見事引き当てた昭和学院高校。 勢いそのままに甲子園を目指します。

【高校野球2018夏 西東京大会チーム紹介】聖徳学園高校

学校創立以来90年以上の歴史を持つ、武蔵野市の聖徳学園高校。野球部は三鷹市井口の第2キャンパスにあるグラウンドで、日々の練習に励んでいます。去年の夏の大会では2勝をあげて4回戦に進出。今年は35人の部員が一致団結して、さらなる飛躍を目指します。

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】中央大学附属高等学校 

小金井市貫井北町にある中央大学附属高等高校。 部員数は、1年生10人、2年生10人、 3年生12人の合わせて32人。 昨年の秋の大会では、一次予選を通過、 本大会でもベスト32に食い込みました。

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】八王子高等学校

おととしの夏、西東京大会を制し、悲願だった甲子園初出場を果たした八王子高等学校。八王子高校を象徴する言葉、「ありんこ軍団」。突出した選手がいなくても、チーム一丸となって総合力で勝負するというモットーは今もなお受け継がれています。