eiga worldcup

Y056 エザリス襲来 ~幸せの切符売り~ 予告編

提供元:eiga worldcup

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

eiga worldcup2016 自由部門出品作品

神奈川県立藤沢清流高等学校 自主映画製作同好会

監督自ら入ったエザリスの特撮シーンです。対比させるものが少なく怪獣の巨大感を出すのに苦労しました。また、美術部総出で作ったエザリスもとても良い出来でした。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

グレイシュブルー

名古屋大学教育学部附属高等学校 映像演劇サークル制作作品 夢を見ること、支えるということ、何事もきれいに行かないこと。 むなしくて全部から逃げたくなること。 青春特有の寂寥感の色、グレイシュブルーを味わってください。

C019 消えていく人々

eiga worldcup2016 地域部門出品作品 明桜高等学校 明桜高校 放送部 テーマは「少子化」です。蝉の声や音などが変化していきます。時の変化をうまく表現できたと思います。

C014 空、進む。

eiga worldcup2016 地域部門出品作品 北海道旭川東栄高等学校 放送局  自分の意見を伝えられずに周りに流されてしまうことはありませんか?そんな経験をテーマとして、旭川の自然をモチーフに、主人公の空と、ちょっと変わり者のみどりの心の交流と成長を描きました。

Y052 明日の僕へ 予告編

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 宮城県仙台第一高等学校 放送部 いつか何かを成し遂げたい。そんな風に考えても何をしたらいいか分からない。そんな事、ありませんか?将来に悩む主人公と将来をまっすぐ見据えるヒロイン。2人の関係を通じ未来のため何をするべきかを描きました。

あああ、風(予告編)

久留米大学附設高等学校 映像研究同好会 制作作品 俺ら、風ってる。

C012 甲東園「都市化」計画

eiga worldcup2016 地域部門出品作品 関西学院高等部 映画部 身近にありそうな問題を取り上げてみました。

編集チームおすすめ

志賀高原から始まる市川海老蔵「いのちを守る森」づくり

海老蔵さんの熱い想いをお聞き下さい。

ランキング

ほんでミーゴ@Kパラnext 2017年11月30日

岩井・澤井の2人が県内のいろいろな場所を散策しながら、『ほんでミーゴ』を合言葉に皆さんに街のこと、人のことを根掘り葉掘り聞いちゃいます。今回は京都府相楽郡精華町を歩いています。

福丸がゆく2016年6月20日放送 西宮市高松町・田代町・大屋町・松山町

福丸がゆく2016年6月20日放送 西宮市高松町・田代町・大屋町・松山町

まるごと動物ウォッチ#5 よこはま動物園ズーラシア(神奈川)

全国各地にある動物園は、多種多様な動物の繁殖、保護、飼育と、様々な工夫を凝らした展示を行っている。そんな動物園の可愛い動物たちのありのままの生態と肉声を、高画質&高音質でじっくりとご紹介!家にいながら動物たちの姿を楽しめる、まさにバーチャル動物園。また、毎回ピックアップ動物として、1種類の動物にスポットを当ててご紹介します。 ピックアップ動物/オカピ よこはま動物園ズーラシア(神奈川)

Akita Dog Movie ハタハタ編

CNA秋田ケーブルテレビでは、CNA社員の秋田犬「し~なだいすけとさくら」が全世界に向けて、秋田をPRする動画コンテンツを発信しています。最新作は「秋田犬×ハタハタ」です。ぜひご覧ください!

出雲のほそ道

ふるさと出雲のありのままの姿から 出雲地方の言葉や文化をたどります。 ・「田部のほそ道歩き」のコーナーで訪れたのは今市地区・大津地区。  商業の町として知られるこの地ならではのエピソードを紹介! ・出雲地方かわら版「出雲弁一口スピーチ大会」

あなたにおすすめ

それいけ爆釣中!vol.14

平成26年6月放送「微笑みの国でぷち怪魚ハンター編2」 タイランド釣行第二弾。 狙うのはピラルク!!果たして釣れるのか…!?

eiga worldcup 2017 自由部門 センチメートル

埼玉県立芸術総合高等学校

Y033 アドレッセンス 予告編

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 国府台女子学院 映画部 中1から高2が団結し、さらに今年は演劇部にも協力してもらい作品を作り上げました。ストーリーは双子という複雑な関係をテーマとして、最後まで展開が分からない作品になっています。是非ご覧ください。

隠岐★ドキ!あまチャンネル・ドキュメントAMA「保々見の庚申祭~12年後に引き継ぐための記録~」

隠岐ドキ!あまチャンネル、今回からまた新シリーズが加わります。 名づけて「ドキュメントAMA」、隠岐海士町の産業、自然、暮らし、人、など、さまざまな分野にカメラを向けて、現在の海士町を記録に残します。 第1回目となる今月は、海士町14地区のうち、3番目に世帯数が少ない保々見地区で、しかも12年に一度しか行われないという貴重な行事「庚申祭」を追いかけました。 中国三大宗教のひとつ「道教」の説く「三尸説」によると、庚申の日の夜、人の体の中にいるという三尸(さんし)の虫が、その体から抜けだし、天に昇って天帝にその人の悪事を告げ、天帝はその罪の重さに応じて、人の寿命を決めるといわれています。 そこで、三尸の虫が体から抜け出さないよう、寝ずに夜を明かすため、かつては庚申の夜、人々が集まって、会食や談笑をしながら一夜を過ごしたそうです。これを庚申待ちと言います。 この珍しい風習が、今でもまだ行われているのか、それに興味を持ち追いかけ撮影した2年前の映像です。 じつはこれ、「庚申祭は何のためにするのか、どうやってやるのか、また12年後忘れないように記録してほしい」と保々見地区の人に頼まれて撮影した映像なのですが、町内の多くの人にテレビで観てもらった方が良いと思い、今回番組として制作することになりました。 「庚申の日」の行事は、昔は町内すべての地区で行われていたそうですが、今では保々見地区だけになりました。 また12年後に引き継がれるように、この番組を保々見のみなさんに捧げます。

それいけ爆釣中!vol.5

平成25年9月放送「おとな達に夢を・幻の魚を追え編」 大人達に夢を与えるため、幻の魚「アカメ」を狙う。 お蔵入り寸前に起こる奇跡を見逃すな!! 一気に爆釣中の名を有名にした奇跡の回。けんいち君初登場ですw

ピックアップ

UP!アップ!関ガール シーズン2 vol.20

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」が、様々な企画にチャレンジするアイドル成長バラエティ!

なるほど!聞きコミテレビ#68福岡校下

高岡ケーブルネットワークアナウンサー、菅野もえが、 富山県高岡市のことをもっと知り、市民ともっと親しくなるべく、 皆さんの住む地域や市内のイベントにおじゃまします。 “聞きコミ”とは“聞いてコミュニケーション”の略。 身近な話題から時事の話題まで、毎週さまざな質問を携え、 いろいろな場所でインタビューします。 第68回:福岡校下 テーマ「習い事」

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA- 3月後半号

さてさて、今回、私たちがお伺いしたのは、藤井寺市でーす。 豊富な歴史資産の街・藤井寺市で40代真っ盛りの欣様が体を使って 地域の魅力をたっぷりとご紹介させていいただきまーす。

J062 学級裁判

埼玉県立芸術総合高等学校映像芸術科 制作 「裁判が普通に行われている学校」という非現実的な空間で繰り広げられる戦い。これは誰と誰の戦いなのか、是非そこに注目して見てみてください。

おしえて!獅子舞テレビ #30西田(後編)

1400年の歴史を持つ日本の民俗芸能。獅子舞。 中でも富山県は1170の地区で舞が伝承されていて、獅子舞の数が日本一だといわれています。 おしえて!獅子舞テレビは地域の宝として受け継がれてきた獅子舞の魅力を富山県高岡市から発信する日本初の獅子舞エンターテインメント番組です。 ★第30回:西田(後編)※読み:さいだ ・手作りの獅子舞道具 ・西田に伝わる伝家の宝刀 ・“一撃必殺”獅子殺し ・若手を支える西田獅子舞保存会 ・1年に2回獅子舞を行うってホント? ・にっぽん獅子舞紀行「獅子頭総覧1」

だめんずきっちん 2014年05月

アラフォーの男たちが最も苦手な料理に挑戦する恥的料理番組。 勝てば天国!負ければ地獄!罰ゲームでハリセンを食らうのは一体誰なのか? 素人5人衆のハチャメチャなガチ料理対決に乞うご期待!

ニュースウォーカー0203放送「信州須坂プロモーション事業」

2月3日放送のSTVニュースウォーカーから、全国・世界で活躍する須坂にゆかりの深い首都圏在住の方々が、観光・スポーツ・地域資源などをテーマにさまざまな提案を行いました。

品川に生きる

ケーブルテレビ品川:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門優秀賞 【番組概要】 2020年東京五輪に向けて開催準備の動きが加速し、日本の表玄関としても期待が高まるまち、品川。JR山手線大崎駅周辺地区では近代的ビル群が誕生し、街が生まれ変わろうとしている。一方で、旧東海道周辺の街並みは歴史の面影や江戸風情を残し、そこに住む人には、下町気質や人情、近隣とのふれあいなど今も変わらずに根付いているものがある・・・。そんな歴史と文化のまち品川を、そこに生きる人々にスポットを当て、まちの息づかいを伝えていく試みが本企画制作の狙いです。開局20周年を迎えたケーブルテレビ品川が積み重ねてきた映像制作の実績と地域とのネットワークを活かし、地域に根ざしたメディアとして当社ならではの特別番組を制作。 【審査員コメント】 品川という町の奥行きを感じる作品で訪れたくなった。一眼レフのカメラで撮られた表情とナレーターがマッチしていて温かい雰囲気を出している。4部構成だが4つの作品のクオリティーのばらつきは感じた。1、2本目は人の表情なども丁寧に取られていて好感が持てた。それに比べると3、4本目は、ナレーションありきで流れてしまった印象。全体的には街や人を描くというケーブルの大事なテーマをしっかり捉えている作品かと思う。

ILC科学少年団シーズン2第2話

日本が建設予定候補地となっている国際プロジェクト、「国際リニアコライダー」を軸に、素粒子物理の世界を紹介していくILC科学少年団の続編です。シーズン2は全12回を予定しております。