(株)ケーブルネット鈴鹿

レーシングスピリット 2018年9月号(SUZUKA10H参戦 ARN RACING)

提供元:(株)ケーブルネット鈴鹿

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

初開催の鈴鹿10時間耐久レース(SUZUKA 10H)参戦の地元チーム「ARN RACING」(三重県四日市市)の活動に密着。スーパー耐久で王者に輝き、フェラーリで優勝を狙うこのチームのレースと、今後のビジョンに迫ります。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

レーシングスピリット 2018年10月号(全日本モトクロス 小島庸平選手)

全日本モトクロス選手権のチャンピオン、小島庸平選手(三重県鈴鹿市出身)が新たなステージへ。今季、自らのチーム「ベルズレーシング」を立ち上げ、プライベート体制で参戦。名阪スポーツランド(奈良県)での全日本モトクロス選手権に密着しました。

レーシングスピリット 2018年8月号(鈴鹿8耐参戦、Honda Asia-Dream Racing)

今シーズン、三重県鈴鹿市に活動拠点を置き、鈴鹿8時間耐久ロードレースに出場する、Honda Asia-Dream Racingを特集。東南アジアのメカニックやライダーが中心となったこのチーム。彼らにとって鈴鹿、鈴鹿8耐、日本のレースとはどんな存在なのかに迫ります。

レーシングスピリット 2018年6月号(鈴鹿サンデーロードレース 中谷亜加音選手)

鈴鹿サンデーロードレースに参戦するオールオート(三重県四日市市)の女性ライダー、中谷亜加音選手に密着。昨年チャンピオンを獲得した実力派の女性選手が挑んだ、耐久レースを特集します。

レーシングスピリット 2018年12月号(全日本ロードレース参戦 岡谷雄太選手)

モリワキエンジニアリングのクラブチーム「モリワキクラブ」から全日本ロードレース選手権J-GP3クラスに参戦する岡谷雄太選手を特集。ランキング2位で逆転チャンピオンを狙った最終戦に密着しました。

レーシングスピリット 2017年11月号(86/BRZレース参戦 トヨタカローラ三重)

SUPER GT参戦をはじめ、積極的にレース活動を展開するトヨタカローラ三重。今回は従業員がドライバーとなって参戦する「86/BRZレース」に密着しました! 若手メカニックが自ら参戦するレース活動の先にあるものとは?

放送セミナー「なんて素敵 型紙デザイン」

鈴鹿市白子に伝わる伝統産業「伊勢型紙」。手技の結晶である伊勢型紙をデザインという視点から見つめ直し、その現代性と可能性をさぐります。

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

それいけ爆釣中!vol.20

平成26年12月放送「スズキさんに片思い編」 年末最後の放送にも関わらず、大きいスズキが釣れない限り顔は出さないと宣言。 過去最高に辛かったロケです。最後まで顔は映りませんが、どうぞご覧ください。

ならカフェめぐり「いとをかし」葛城市 もんちっち3

奈良にはお洒落で可愛いカフェがたくさんあります。おいしい料理やスイーツ、素敵な店内や雑貨など、カフェの『いとをかし』な魅力をのんびりご紹介する番組です。(放送:2017年10月)

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立山崎高等学校

キャプテンでエースの北村君を中心に、山崎高校が目指すのは単独チームとしての1勝です。 2008年の3回戦進出以来、負けが続いている山崎高校ですが、徹底的に守備力を強化してきました。 目指すは甲子園。勝利に向けてチームは結束を強めています。

レーシングスピリット 2016年11月号(トライアルライダー 小川友幸選手)

起伏に富んだ山肌や岩場をバイクで走破する競技「トライアル」。日本を代表するトップライダーとして、40歳を迎えた今も全日本選手権連覇をめざす小川友幸選手(三重県四日市市出身)の挑戦に迫ります。

ほんでミーゴ@Kパラnext 2018年3月15日

岩井・澤井の2人が県内のいろいろな場所を散策しながら、『ほんでミーゴ』を合言葉に皆さんに街のこと、人のことを根掘り葉掘り聞いちゃいます。今回も奈良市近鉄富雄駅周辺を散策しています。

あなたにおすすめ

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立府中西高等学校

中市日新町にある 都立府中西高等学校。 部員数は マネージャーを含め1年生10人、2年生11人、3年生24人の合計45人。 投手力、打撃力共に実力あるものの守備力が弱くその克服が課題ですが、 昨年夏の経験者が8人残り前大会を上回る投打力に期待。

【高校野球2018夏 東東京大会 チーム紹介】日本体育大学荏原高等学校

多摩川の河川敷にある野球部専用グラウンドで練習に励んでいる日本体育大学荏原高校。野球部は1904年の学校創立と同時に誕生。113年の歴史を誇ります。今年の選手数はなんと131人。たった20人のベンチ入りを目指して、熾烈な戦いが繰り広げられています。地元からの期待も大きく、練習場に見学に来る地域の人も多いのだとか。街の応援を受け、1976年以来の甲子園出場を目指します。

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】東京工業高等専門学校

今年のチームは、人数は少ないですがその分チームワークに優れており、メンバーは学年の垣根を越えて仲良くまとまっています。守備からリズムを作って得点を重ねるのが得意のスタイルです。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立産業技術高等専門学校

部員は5人のため、周辺高校と連合チームで出場。今まで夏の大会で勝ったことがないので、先輩たちのためにもまずは1勝を目指して頑張っている。

【高校野球2018夏 東東京大会チーム紹介】成立学園高等学校

成立学園は部員数45人。第94回大会で甲子園に出場したこともある強豪チームです。理想としたのはは失点を最小限に抑え、勝つ野球!偉大な先輩の後を追い甲子園の出場を目指す。

ピックアップ

満天!ゆるりと下呂(5月放送)

日本三名泉の下呂温泉。ゆるりと心から温まる宿の紹介や旅人をおもてなす料理を毎月紹介します。下呂に来たら是非立ち寄って頂きたいオススメスポットも紹介します。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】東京都立町田工業高等学校

町田工業高等学校は、3年生が3人、2年生が1人とこれまでは連合チームで大会に出場していましたが、7人の1年生が加わり、単独チームとしてこの夏は大会に挑みます。念願の単独チームとしての大会出場。1つでも多くの勝ち星をあげるため、3年生を中心に、チームは猛練習に励んでいます。

平成28年国府宮はだか祭

稲沢シーエーティーヴィ:制作 第42回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門奨励賞   奈良時代に起源を持つ国府宮はだか祭。毎年このお祭では、触れると厄が落ちると言われている神男が神籤によって選ばれます。非常に危険が付きまとう神男に今年選ばれたのは池谷悟・44 歳。この番組は、その人間像や、それを見守る両親や仲間たち、さらに、鉄鉾会という歴代の神男で構成された組織に迫ったドキュメンタリーです。

掲示“番”3月後編

「掲示“番”」は、地域の皆様に出演いただき、1分間でイベント告知やメンバー募集などのお知らせを自由にしていただくことができる、地域住民参加型の番組です。また、毎週月曜日~金曜日に放送しているニュース番組、CACかわら“番”のコーナーとしても放送しています。 イベントや発表会の告知、出演者やスタッフの募集、各種サークル・教室の生徒募集、新商品のご案内、新店舗オープンのお知らせ、ご家族・ご友人に宛てたお祝いのメッセージ、特技の披露などなど何でもOK! 出演は随時受付中!あなたの伝えたいことを地域の人々に向けて発信してみませんか? 詳しくはこちら(http://www.cac12.jp/cac-channel/keijiban.html)

おおむら湾水中散歩#10

長崎の里海大村湾はとても不思議な海です。 蝶閉鎖性水域と言われるまるで湖のようなこの海は 塩分濃度も低く冬には結氷することもあります。 そんな里海大村湾を見つめる水中観察家の中村拓朗さんと、不思議な海の生き物を季節と共に観察していきます 3月の大村湾

ラーメン会長の事件簿—新聞部と奇妙な暗号—

神奈川県立大磯高等学校 SF研究部 制作作品 とにかくみんなの個性を活かしたにぎやかな作品です。のんびりした日常の中にある謎やシリアスをお楽しみください。

コロコロチキチキペッパーズの 「やっべぇぞ!!」(生駒市 スタジオノン)

漫才コンビ「コロコロチキチキペッパーズ」がお届けする番組 「やっべぇぞ!!」 日々練習に励む学校の部活や、地元のサークルに突撃してガチンコ対決。 今回は「生駒市 スタジオノン」に突撃。ヒガシ逢ウサカ「高見」も登場。

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA- 11月後半号

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA- 今回、私たちがお伺いしたのは、羽曳野市でーす。 羽曳野市は、大阪府南河内地域に位置するぶどう栽培が盛んなまち。 古墳などの古代史跡の多い地としても知られています。 今回は、そんな羽曳野市にお伺いして、地域の魅力をご紹介しまーす。

明日を創る関のまち6月号

岐阜県関市の広報番組。 匠の街、関市のお知らせや催し物などの情報をお伝えします。

【高校野球 2017夏 東東京大会チーム紹介】都立中野工業高等学校

今年就任3年目の 深谷(ふかや)健(けん)介(すけ)監督率いる 都立中野工業高等学校野球部。 現在、11人の部員が所属しています。 これまでの最高は、 14年の夏に1回戦突破。 去年の大会は、勝つことができず、 1回戦で退いています。 今年のモットーは、 「出来る事を全力でやる」。 少数精鋭で、 まずは1回戦突破を目指します。