となみ衛星通信テレビ(株)

2018となみ野の風景「コスモスウォッチング2018」

提供元:となみ衛星通信テレビ(株)

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

コスモスのお花畑。砺波市夢の平スキー場のゲレンデには100万本のコスモスが咲き誇ります。ゲレンデに咲き誇るのは6品種のコスモス。ほんのわずかな時間、花の美しさを見せてくれるコスモスは、となみ野の秋の風景です。(2018年10月)

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

2018となみ野の風景「秋雨」

季節は夏から秋へ。夏の空気と秋の空気のせめぎ合い。大気の状態が不安定になり前線が居座ることで長雨を降らせます。これが秋雨。夏から秋へ昼間の時間も少しずつ短くなってきました。(2018年9月)

2018となみ野の風景「KIRAKIRAミッション2018」

2018年12月。となみチューリップ公園は今年もイルミネーションで彩られています。およそ十万球のイルミネーション。となみの冬の風物詩。幻想的な光の世界が訪れる人に安らぎの一時を与えてくれます。(2018年12月)

2017となみ野の風景「ゆく年くる年」

ゆく年くる年。平成28年12月31日、おやべクロスランドには大勢の人が集います。人それぞれ様々な出来事があった1年。華やかなカウントダウン花火で新年を迎えます。越中一宮高瀬神社には今年1年、無病息災、幸せに暮らせることを祈る人々が訪れていました。(2017年1月)

2017となみ野の祭り「となみ夜高まつり」

砺波市に大正時代から続く豊年満作を祈る田祭。若衆の力が結集され、大小合わせて約20本の夜高行燈が街を練りまわり絢爛豪華を競います。また2日目の突き合わせでは、2台の大行燈が左右に分かれ、勢いよく走ってきた両者の行燈が激しくぶつかり合い、会場は熱気に満ち溢れます。(2017年6月9日~10日)

しあわせの黄色いトラック(2018年8月)

漫才コンビ『コンパス』の二人が行くしあわせの黄色いトラック。今回は南砺市福光地域荒木の伝統の祭り「荒木ねつおくり祭り」におじゃましました。大人たちの祭りの準備、そして参加している地元の子供たちともふれあいました

2016となみ野の祭り「城端曳山祭」

南砺市城端地域で毎年5月4日・5日に行われる約300年の伝統を誇るお祭り。越中の小京都と呼ばれる城端市街を、鮮やかな彫刻と塗りが施された6つの曳山が御神像を乗せて町中を練り歩き、京都祇園の一力茶屋を模した精巧な「庵屋台」が先導します。庵屋台の中では、笛、三味線の音色にのせて江戸端唄の流れをくむ「庵唄」が披露されます。(2016年5月5日)

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】日本大学鶴ヶ丘高等学校

3回の甲子園出場を果たしている日本大学鶴ケ丘高等学校野球部。今年のチームはバットを振る強さ、フィジカル面での強さがあり攻撃面では文句なし。また投手陣も充実。

第101回全国高等学校野球選手権千葉大会 出場校紹介動画 県立小金高校

小金高校野球部は総勢21人。 全員で守り、粘り勝つという意味の「全員粘勝」というスローガンを掲げる、 エースの由良投手を中心にしたチームです。 また、今年は、持ち味の守備に加え、バントやエンドランなど攻撃のバリエーションを増やす練習に重点を置いてきました。 注目の選手は、1年生からマウンドを任されているエースの由良一翔選手。 守備の要、ショートの安田悠喜選手。 クリーンナップを打つ副キャプテンの三橋海太選手です。 チームのキャプテンはセンターを守る中島啓太選手。 寡黙なキャプテンは、言葉より練習の姿勢でチームを引っ張りたいと語ります。 少数精鋭で夏の大会に挑む小金高校。 それぞれの選手が自分の役割を果たし、粘って勝つ野球で甲子園出場を目指します。

福丸がゆく2018年7月23日放送 西宮市西宮浜

前回に引き続いて、西宮市西宮浜を散策しました。 西宮浜ならでは、船舶関係のショップを訪れたり、 西宮浜に幼い時から住んでいる若者たちの地元愛の強さに驚かされたりと、 今回も、たくさんの触れ合いを重ねました。

UP!アップ!関ガール  シーズン2 vol.41

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」。この番組はそんな彼女たちが毎回ゆる~いチャレンジを繰り返しながら アイドルとして成長していくバラエティ!

C014 空、進む。

eiga worldcup2016 地域部門出品作品 北海道旭川東栄高等学校 放送局  自分の意見を伝えられずに周りに流されてしまうことはありませんか?そんな経験をテーマとして、旭川の自然をモチーフに、主人公の空と、ちょっと変わり者のみどりの心の交流と成長を描きました。

あなたにおすすめ

STVニュースウォーカー1006放送「新品種の赤いぶどう・・・そのお名前は?」

10月6日放送のSTVニュースウォーカーから、「新品種の赤いぶどう」の話題を紹介します。

なんて素敵な場所でしょう 桜2018追加追加.MXF

2017年の須高地域の「桜の風景」をお送りします。高精細4Kカメラで撮影した北信濃の映像美をお楽しみください。

それいけ爆釣中!vol.23

平成27年3月放送「釣れたのはクズ編」 なにを血迷ったのか、自転車で釣りに行くと言いだした。 しかし季節は冬…まともな魚は釣れない。 第一回爆釣中!じゃんけん大会が開催された回です。

おしえて!獅子舞テレビ 特別編「5分でわかる獅子舞講座総集編2」

1400年の歴史を持つ日本の民俗芸能。獅子舞。 中でも富山県は1170の地区で舞が伝承されていて、獅子舞の数が日本一だといわれています。 おしえて!獅子舞テレビは地域の宝として受け継がれてきた獅子舞の魅力を富山県高岡市から発信する日本初の獅子舞エンターテインメント番組です。 ★特別編:5分でわかる獅子舞講座 総集編2  ・ムカデ獅子って何? その1  ・ムカデ獅子って何? その2  ・天狗が舞い~踊る~ その1  ・天狗が舞い~踊る~ その2  ・氷見の獅子舞 その1  ・全国獅子舞調査 ほか

人生の教科書 絆がつなぐ秋田学習旅行40周年

秋田県仙北市は、自然と文化と観光の町。この町で40年続く行事があります。それは、人と人とがつなぐ絆の物語です。 東京都町田市にある和光中学校は、2年生の秋になると秋田を訪れ、文化と農業体験を通じてさまざまな人と出会います。 「秋田学習旅行」。それは、人生の学びの場。「秋田学習旅行」は、農家と和光中学校とわらび座の信頼関係が築いた、長年続く行事です。 番組では、40年続いた“理由”を探ります。観光とも文化とも違う秋田の魅力がそこにありました。

ピックアップ

高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】帝京大学高等学校

短時間ながら密度の濃い練習に取り組み、文武両道を実践してきた帝京大高野球部。今夏はどんな輝きを放つのか?

にじいろのたね

長崎市大橋町で絵本と雑貨の店を営む女性をご紹介します 絵本を愛する気持ちやほんわりとした魅力をご覧ください

滄海の一粟

立教新座高等学校 映画研究会 制作作品 独特のアングル。独特のストーリー。独特な演出に注目して下さい。

目黒区動画ニュース(2017年1月31日更新)

目黒区内のイベントや取り組みなどをご紹介する 「目黒区動画ニュース」 「成人の日」の1月9日、 めぐろパーシモンホールで目黒区主催による 「成人の日のつどい」が開かれました。 今年目黒区では、 およそ2000人が新たに大人の仲間入りをしました。 式典では 「みどりがおか子ども園」の園児たちが歌や踊りを披露し、 青木英二目黒区長も新成人たちにはなむけの言葉を贈りました。 この日、大人への一歩を踏み出した新成人は、 気持を新たにしていました。

高校野球2019夏 東東京大会 チーム紹介 都立高島高等学校

昭和48年創部の都立高島高等学校野球部。現在マネージャーを含め、72人の部員が所属し、日々練習に励んでいます。去年の夏の大会では、5回戦に進出。今年のチームは、優れた打者が多く揃い、攻撃面は万全。長所を最大限に発揮し、大会制覇を狙います。変わらぬチームのモットーは、「気づき、考え、行動する」!選手たちは、モットーを胸に刻み、一戦必勝で大会に臨みます

おしえて!獅子舞テレビ #10角(後編)

1400年の歴史を持つ日本の民俗芸能。獅子舞。 中でも富山県は1170の地区で舞が伝承されていて、獅子舞の数が日本一だといわれています。 おしえて!獅子舞テレビは地域の宝として受け継がれてきた獅子舞の魅力を富山県高岡市から発信する日本初の獅子舞エンターテインメント番組です。

eiga worldcup 2017 自由部門 アワ族

埼玉県立坂戸高等学校

まる○ひたち散歩「焼きおにぎり専門店 HOT」

いばらき大使の林家まる子が日立市周辺の魅力的なお店をまるまる紹介します! 「焼きおにぎり専門店 HOT」

夏の高校野球千葉大会 出場校紹介 佐倉東

7月10日に開幕する千葉大会に向けて、エリア内の主な出場校をダイジェストで紹介。選手・監督のインタビューや練習風景を交えながらチームの一球に込めた想いを総力取材!この夏に向けた球児たちの姿をお見逃し無く!

ながさき水中散歩#3アマモを移植しよう

長崎県の中央に位置する里海大村湾 そこにはアマモが茂り、命のゆりかごとなってきました。 しかし、近年そのアマモが減りつつある場所が増えてきていることに 危機感を持った水中観察家の中村さんは、アマモを移植することにしました