近鉄ケーブルネットワーク(株)

ならカフェめぐり「いとをかし」奈良市 udon&cafe 麺喰

提供元:近鉄ケーブルネットワーク(株)

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

奈良にはお洒落で可愛いカフェがたくさんあります。おいしい料理やスイーツ、素敵な店内や雑貨など、カフェの『いとをかし』な魅力をのんびりご紹介する番組です。(放送:2019年1月)

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

ならカフェめぐり「いとをかし」奈良市 奈良の雑貨とカフェBAR ことのまあかり

奈良にはお洒落で可愛いカフェがたくさんあります。おいしい料理やスイーツ、素敵な店内や雑貨など、カフェの『いとをかし』な魅力をのんびりご紹介する番組です。(放送:2019年2月)

ならカフェめぐり「いとをかし」生駒市 Pattiser Cafe Frau

奈良にはお洒落で可愛いカフェがたくさんあります。おいしい料理やスイーツ、素敵な店内や雑貨など、カフェの『いとをかし』な魅力をのんびりご紹介する番組です。(放送:2018年12月)

ならカフェめぐり「いとをかし」五條市 cafeこもれび

奈良にはお洒落で可愛いカフェがたくさんあります。おいしい料理やスイーツ、素敵な店内や雑貨など、カフェの『いとをかし』な魅力をのんびりご紹介する番組です。(放送:2018年11月)

おしえて奈良医大2 vol.5

「食」をテーマにした3回シリーズ。 2回目は「高血圧の予防と減塩レシピ」。 塩分の摂取量が多いことが原因で起こる生活習慣病、そして減塩調理のポイントや減塩生活を送るために気を付けることを解説。

奈良イチ研究所<生産量日本一 野球用グラブ>奈良県三宅町

奈良にある「一番」のものをなんでも「奈良イチ」として取り上げる『奈良イチ研究所』。番組では、「奈良イチ」の凄さや魅力、込められた想いなどを研究員が県内を駆け回って調べます。

ならカフェめぐり「いとをかし」奈良市 奈良祥楽

奈良にはお洒落で可愛いカフェがたくさんあります。おいしい料理やスイーツ、素敵な店内や雑貨など、カフェの『いとをかし』な魅力をのんびりご紹介する番組です。(放送:2016年6月)

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】駒澤大学高等学校

チームのスローガンは「日本一 バカになってやる」。それくらい野球に打ち込むということ。

テクテク鬼コ「おやさい食堂カラコマ」

盛岡市上ノ橋町にある「おやさい食堂カラコマ」。和食やマクロビオティックを勉強してきた店主の三浦さんは、東日本大震災をきっかけに夫婦でキッチンカーを始める。被災地でのあたたかい料理の提供、その後岩手県内でのイベントに出店しながら口コミで広まり人気店となった。お客さんにゆっくり食べてもらえる環境を整えたいと、お店を出すことに。マクロビオティックをベースにした料理とその店内の雰囲気について紹介。

CCJ三重×新潟 みりょく探訪リレー ~日本初のビール醸造家 中川清兵衛~

日本人初のビール醸造家・中川清兵衛についてお伝えします。 幕府の禁を破って海外へ渡航した清兵衛は、 わずか2年半で本場ドイツのビール醸造を極めました。 その技術は現在のサッポロビールの基礎となっています。 清兵衛を突き動かした答えを探しに 出身地・長岡市与板地域を訪ねました。

防災特番 あの日からの私たち~船橋・習志野・八千代~(ダイジェスト)

ジェイコム船橋習志野:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コミュニティ部門優秀賞 【番組概要】 2011年3月11日の記憶はそれぞれにある。何を感じ、考え、どうしたのか? 番組では「命を守るために」「帰宅困難に備えよう」「生活のベースを確保しよう」「地域とつながろう」「情報収集」の5つのテーマをベースに、あの日を振り返りながら東日本大震災を教訓に進められている各自治体や各団体の備えの取り組みを紹介。保育所では「あの日」、何人もの子ども達の迎えが来られずにいた。そして先生達は泊まりで子ども達をあずかる事を決断。食事は? 寝床は? 親との連絡は? ・・・。あの日、気がついた多くの事は今の備えに活かされていた。備蓄倉庫や災害時の体制等、行政でもあの日を教訓に様々な備えが進んでいる。自治会や近所付き合いが希薄といわれているマンションでも災害時に共助を可能とする備えが進んでいた。残念ながら「あの日」は、また、やって来る。様々な取り組みの紹介を通して『今』だから備えられる事例を盛り込みながら、あの日からの私たちを紹介する。 【審査員コメント】 これほど優れた地域防災番組を見たことがない。観念的でなく実務的な知恵と知識と実例が報告されている。液状化現象など首都圏では最も過酷な被害体験が自治体を動かし、メディアがそれを増幅した成果である。J:COMは日本全体でキャンペーンすべきだ。

2018となみ野の祭り「となみ夜高まつり」

砺波市に大正時代から続く豊年満作を祈る田祭。若衆の力が結集され、大小合わせて約20本の夜高行燈が街を練りまわり絢爛豪華を競います。また2日目の突き合わせでは、2台の大行燈が左右に分かれ、勢いよく走ってきた両者の行燈が激しくぶつかり合い、会場は熱気に満ち溢れます。(2018年6月8日~9日)

あなたにおすすめ

ほんでミーゴ@Kパラnext 2018年4月5日

岩井・澤井の2人が県内のいろいろな場所を散策しながら、『ほんでミーゴ』を合言葉に皆さんに街のこと、人のことを根掘り葉掘り聞いちゃいます。今回は奈良市ならまち界隈を散策しています。

ヒットの兆し(ぺルル バロック)

新たなビジネスで岐阜を盛り上げようとしている企業、岐阜の地で頑張る仕事人を紹介します。 今回は、「ぺルル バロック」の宮本 ちいこさんを紹介します。

Kパラnext Tuesday2018年3月13日

奈良で放送中! スタジオから飛び出し、MC藤原・中村が今話題のスポットから送りする番組です。 何が起こるかハラハラドキドキな中継番組。皆さんもテレビの前に釘付け間違いなしですよ!ぜひご覧ください!(中継:平城宮跡歴史公園)

ならカフェめぐり「いとをかし」奈良市 ごはんかふぇ にこちゃん堂

奈良にはお洒落で可愛いカフェがたくさんあります。おいしい料理やスイーツ、素敵な店内や雑貨など、カフェの『いとをかし』な魅力をのんびりご紹介する番組です。(放送:2015年5月)

おしえて奈良医大2 vol.6

「食」をテーマにした3回シリーズ。 3回目は「飲酒と喫煙が引き起こす病気とその予防」。 お酒やたばこでストレスを発散したり、気分をリラックスさせている方も多いと思います。今回は視聴者さまからの飲酒や喫煙に関する悩み・質問にお答えします。

ピックアップ

レーシングスピリット 2015年8月号(鈴鹿8耐親子参戦 大内田親子)

鈴鹿8時間耐久ロードレースに親子で挑戦する、父・大内田実選手、息子・大内田拓選手に密着。2人の挑戦には思いがけないドラマの連続がありました。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 県立千葉南高等学校

中央区花輪町にある千葉南高校。野球部には、37人の部員が所属。鈴木監督指導の下、今年は、夏の大会に向けて実践を想定した練習に力を入れてきました。

レーシングスピリット 2015年6月号(鈴鹿8耐参戦 TSR ジョシュ・フック選手)

鈴鹿8時間耐久ロードレースを前に、地元トップチームTSRのジョシュ・フック選手に密着。全日本ロードレース開幕戦の模様や普段の生活ぶりをお届けします。

福丸がゆく2018年10月1日放送 大阪市港区南市岡

前回の市岡元町に続き、今回は南市岡を散策。 瓦を扱うお店が多いというその理由をお聞きしたり、 福丸さんのお知り合いの方々を訪ねたりと地元ならではのふれあい満載! 福丸さんの交友関係も垣間見ながら南市岡の魅力をご紹介します!

なるほど!聞きコミテレビ#19成美

東京出身のアナウンサー、菅野もえが、富山県高岡市のことをもっと知り、 市民ともっと親しくなるべく、皆さんの住む小学校下におじゃまします。 “聞きコミ”とは“聞いてコミュニケーション”の略。 身近な話題から時事の話題まで、毎週さまざな質問を携え、 いろいろな場所でインタビューします。 「みんなで!校歌♪」のコーナーでは、小学校を訪ねて子どもたちに話を聞き、 校歌を披露してもらいます。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立桜町高等学校

チームのスローガンは日々精進。今回の目標は、去年の3年生がなしえなかった、BEST32。

Akita Nakakoji Street 秋田犬さんぽ~仲小路商店街 編~

CNA秋田ケーブルテレビでは、CNA社員の秋田犬「し~なだいすけとさくら」が全世界に向けて、秋田をPRする動画コンテンツを発信しています。最新作は「Akita Nakakoji Street 秋田犬さんぽ~仲小路商店街 編~」です。ぜひご覧ください!

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立府中西高等学校

府中市日新町にある都立府中西高等学校。 野球部員数は、1年生13人、2年生24人、3年生10人、マネージャー5人の、合計52人です。 今年のチームは、2年生が多めながら3年生を中心に良くまとまっています。 強化してきたのは守備練習。 走り込みで基礎体力をつけ、基本動作を大事にしながらミスのない、「攻めの守り」でリズムを作り、攻撃につなげられるチームに仕上げて来ました。 夏の大会では、一戦必勝の強い気持ちを胸にチーム一丸となって戦いに臨みます。

病院は何処へ 地域医療を考える(ダイジェスト版)

伊万里ケーブルテレビジョン:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード 準グランプリ 【番組の概要】  へき地医療を担ってきた公的病院が老朽化のため移転新築を計画していることがわかった。過疎化が進む現地では黒字が見込めないとして建て替えはせず、伊万里市中心部か隣県の松浦市へ移転するという。伊万里市は公的病院の流出を防ごうと市内移転を推進するが、医師会は医療圏内で統合したばかりの自治体病院と競合するとして猛反対。一方、救急告示病院のない長崎県松浦市も誘致を表明、事実上の誘致合戦に発展した。しかしこの移転は、国が進める地域医療構想に逆行する様々な問題をはらんでいた。専門家や関係者の意見を聞きながら、過剰病床、救急救命、医師・財源不足など、地域医療の課題を考察する。 【審査員コメント】 ・すごく優れた作品。病院問題は、全国どこでもある問題だが丁寧に描いている。病院、医師会、議会、行政を多角的に分かり易く描かれている。記者会見とインタビュー中心の構成ながら普通のドラマより緊迫感があり、ドラマチックで構成力が優れている。 ・問題意識が良い。今伝えるべきことを今伝えるというジャーナリズムに挑む姿勢が素晴らしい。 ・導入部、複雑な話を分かり易く入った。気配りが生き届いた作品。 ・3つ学んだ。公立病院の経営が厳しく統廃合が進んでいること。国は緊急医療に力を入れている。医師会が依然として力を持っている。 ・日常から市、医師会に対し積極的に取材してきたことがこのような番組の制作を可能としたと思う。  ・ケーブルテレビのジャーナリズム性を提起している。

こころ百景 島川の麦芽飴

富山の美しい自然とそれを愛する人々を紹介しています