海士町

海士X(アマックス)崎みかん再生プロジェクト編

提供元:海士町

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

日本海の離島、隠岐・海士町が、島を元気にするために挑戦しているさまざまな取り組みについて紹介する番組「海士X(アマックス)」第2作目です。

島根半島から北へ約60キロの日本海に浮かぶ離島「隠岐中ノ島・海士町」
昭和30年代、この島では温州みかんの栽培が盛んで、特に島の最南端「崎地区」で作られたものは「崎みかん」と呼ばれ、その独特の甘酸っぱくて深みのある味わいが、町内はもとより近隣の島々でも大人気でした。
やがて、本土から安いミカンが大量に入ってきたことや、高度経済成長期に島を離れ都会で就職する若者が増え、後継者不足による生産者の高齢化などにより衰退。みかん農家の数も一気に減ってしまいました。
しかし、崎みかんの甘酸っぱくて美味しい味は島民の記憶から消えることはなく、2013年、海士町は「崎みかん再生プロジェクト」として島のみかん産業の担い手を全国に募集し、崎みかんの復活に向けての本格的な取組みを開始しました。
その呼びかけに応えてみかん農家研修生として海士町に移住した二人の男性をキーパーソンに、崎みかんの歴史、海士町住民の崎みかんへの思いなどを取材しながら、海士町の「みかん産業」復活への取組みを番組にしました。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

第9回中国地区番組アワ-ド生活情報・教養部門 優秀賞受賞作品「海士X(アマックス)離島キッチン編」

日本海の離島、隠岐・海士町が、島を元気にするために挑戦しているさまざまな取り組みについて紹介する番組。タイトルの海士X(アマックス)とは、海 士(あま)×(かける)・・という意味で、毎回ひとつのテーマを多面的に伝えます。 島内はもちろん島外も含めて、幅広い年代の多くの皆様に観ていただけるように、分かりやすく、ひとつのテーマをじっくり掘り下げた番組となるよう意識して制作しています。 第1作目の「海士×離島キッチン編」では、日本中の離島にネットワークを広げ、島同士が交流して離島の食文化の発信基地として共に育てていくことをコンセプトにしている「離島限定アンテナショップ型レストラン『離島キッチン』」が、どのようにして誕生し何を目指しているか、そのストーリーを紹介します

海士X(アマックス)自然保護編

日本海の離島、隠岐・海士町が、島を元気にするために挑戦しているさまざまな取り組みについて紹介する番組「海士X(アマックス)」第3作目です。 地球誕生の歴史を直(じか)に見ているような、ダイナミックで豊かな自然に恵まれた隠岐諸島。 その隠岐の4つの有人離島のひとつ、島前中ノ島・海士町で「小さな島だからこそ人の手によって環境が急激に変わりやすい」と、この島の自然環境の現状について警鐘を鳴らす人が今回のキーパーソンです。 「環境保全」は人間のために自然を守ることですが、「自然保護」は自然のために自然を守ること。 島の宝であるこの豊かな自然を守り、さらには島の活性化へとつなげるための取組みは、まだ始まったばかりです。

隠岐★ドキ!あまチャンネル・アーカイブ Vol.19「歴史と伝説の島々~海士の推恵神社~」(2017年10月放送)

隠岐ドキ!あまチャンネルの新シリーズ「歴史と伝説の島々」 その第一回目は、出雲松江藩の第2代藩主、松平綱隆公により隠岐島・海士に配流され、延宝6年(西暦1678年)に隠岐中ノ島(海士)で亡くなった、日御碕神社宮司の小野尊俊の物語です。 小泉八雲の代表作「知られぬ日本の面影」にも「哀れにも恐ろしい伝説」として書かれているその話。史実としては次のように伝えられています。 松平綱隆公が日御碕神社参拝の折、おもてなしをした尊俊の奥方に一目惚れし、側室にしようとしたが果たせず、それでは主人の尊俊を亡き者にして自分元へ来るように仕向けようと、いわれのない罪を着せて隠岐へ流罪に処した。しかし綱隆公の目論見は叶わず、尊俊を流罪に処した一年後に自分が先に急死。尊俊の奥方は実家の井戸に入水自殺したと.. その後松江藩に不幸が続き、6代目が3歳で世継ぎとなるに至り、これは尊俊の祟りだと、松江、出雲の日御碕、隠岐の海士の三箇所に神社を建立し「推恵神社」と呼び、尊俊を祭神として祭りました。 後鳥羽上皇をご祭神とする隠岐神社の敷地から100メートルほど森に分け入ったところにある推恵神社は、小野尊俊のお墓であり実際に埋葬された場所でもあります。 加持祈祷に優れた能力を持っていたといわれる小野尊俊は、隠岐に流され悲嘆にくれながらも海士の島民を助けてあげていたらしく、亡くなった後も盆になると島中から島民が集まり、廟所で歌や踊りのお祭りが行われていたという記録が残っています。 しかし、今では訪れる人も少なく森の中にひっそりとたたずむ推恵神社。 番組では、隠岐神社と並び非常に強力なパワースポットである推恵神社を、独自の視点から紹介していきます。

隠岐★ドキ!あまチャンネル・アーカイブ Vol.31「ふるさと映像ライブラリー~海士町の今、昔・その2~」(2018年10月放送)

前回に続いて、海士町の広報紙からセレクトした記事を元に、昔の海士の様子や出来事をご案内する内容で、今回はさらに濃い内容でお届けします。 例えばこのようなラインナップです。 ・現在の隠岐空港ができる前に、隠岐~松江をむすぶ航空路がすでにあった話。 ・金光寺山に霊泉があり、島内外から湯治客が訪れて賑わっていたという話。 ・海士の推恵神社についての、もうひとつの恐ろしい伝説「十二種類の動物の生血による十二支の秘法」の話。 ・テレビドラマ「悪霊島」ロケ中に起きたドラマよりもミステリーな話。 などなど。 番組進行役は、現在の「広報海士」編集担当、海士町役場職員まりえさんと、海士町で放送中のニュース番組「週刊あまネット」キャスター、キンニャモニャ人形のキン太の二人。 ご案内する昔の記事の出来事についてよく知る住民への聞き込みVTRや、懐かしい昭和30年代の海士町の写真の数々を交えながら、島外のみなさまにも分かりやすい内容になるよう制作しました。

隠岐★ドキ!あまチャンネル・アーカイブ Vol.23 ドキュメントAMA「保々見の庚申祭~12年後に引き継ぐための記録~」(2018年2月放送)

2016年2月。海士町14地区のうち、3番目に世帯数が少ない保々見地区で、しかも12年に一度しか行われないという貴重な行事「庚申祭」が行われました。 中国三大宗教のひとつ「道教」の説く「三尸説」によると、庚申の日の夜、人の体の中にいるという三尸(さんし)の虫が、その体から抜けだし、天に昇って天帝にその人の悪事を告げ、天帝はその罪の重さに応じて、人の寿命を決めるといわれています。 そこで、三尸の虫が体から抜け出さないよう、寝ずに夜を明かすため、かつては庚申の夜、人々が集まって、会食や談笑をしながら一夜を過ごしたそうです。これを庚申待ちと言います。 この珍しい風習が、今でもまだ行われているのか、それに興味を持ち追いかけ撮影した2年前の映像です。 じつはこれ、「庚申祭は何のためにするのか、どうやってやるのか、また12年後忘れないように記録してほしい」と保々見地区の人に頼まれて撮影した映像なのですが、町内の多くの人にテレビで観てもらった方が良いと思い、今回番組として制作することになりました。 「庚申の日」の行事は、昔は町内すべての地区で行われていたそうですが、今では保々見地区だけになりました。 また12年後に引き継がれるように、この番組を保々見のみなさんに捧げます。

隠岐★ドキ!あまチャンネル・アーカイブ Vol.15「島暮らしの休日1日目」(2017年6月放送)

「すすめ!アイランダース」シリーズの中でも、これぞ「すすめ!アイランダース」という楽しい番組に仕上がりました。 いつも番組に協力していただいている『隠岐しぜんむら』が主催する自然体験型宿泊プラン『島暮らしの休日』を、出演アイランダーがまるごと体験! 普通の観光名所を巡るツアーじゃなく、短い期間だけど島の自然に溶け込んで島の暮らしを味わえるとても楽しいプログラムを徹底的に紹介します。

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】自由ヶ丘学園高等学校

基本的な練習で積み重ねた堅実な守備力。夏の大会ではまず1回戦を突破し、1つ1つ目の前のプレーに集中してコツコツと勝ち進んでいきたい。

おすすめ!グルメ図鑑2016年08月号

「ちょっと変わった冷たい料理を教えてほしい」という依頼を手に、梅田へ~。「冷やしちゃんこ」の幟を見つけて「依頼にぴったり!」と、お店に入ります。が、なかなか「冷やしちゃんこ」を出してもらえず、店員さんのおすすめ料理に舌鼓を打つレポーター見取り図…。そしてついに登場した「冷やしちゃんこ」は!?

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立農業高等学校

府中市の都立農業高校と調布市の都立神代高校は、去年につづいて、連合チームで夏の大会に出場します。 野球部の部員は、両校であわせて15人。 特徴である機動力などを活かし、夏の大会のに挑みます。

20180630STVニュースウォーカー「オープンガーデン」

6月30日放送のSTVニュースウォーカーから、台湾人観光客たちが須坂市のオープンガーデンに感激する様子をお送りします。

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】川口高等学校

埼玉県川口高等学校の部員数はマネージャーを含め88人で、2年生が最も多く、レギュラーにも2年生が多く起用されています。一糸乱れぬ団結力と溢れる気迫が持ち味。部のモットーはずばり、「男の修行」です。

あなたにおすすめ

わがまちの風景【此花区高見】

わたしたちの住むまちの風景を音楽とともにお届けします。

STVニュースウォーカー0728放送「須坂みんなの花火大会」.MXF

07月28日放送のSTVニュースウォーカーから、「須坂みんなの花火大会」を紹介します。須坂の夜空を彩る夏の風物詩をご覧ください。

隠岐★ドキ!あまチャンネル・アーカイブ Vol.10「いも代官 井戸平左衛門ものがたり」(2017年1月分)

江戸時代中期、享保の大飢饉の際に石見銀山領の代官だった平左衛門は、年貢の取り立てを減らしたり、やせた土地でも育てられるさつまいもを伝えて領民を救い、今でも「いも代官」と親しみを込めて呼ばれています。 番組では、隠岐でも石碑が多く建てられている「いも代官・井戸平左衛門」をアニメで紹介。 そして、隠岐に残る石碑に刻まれた名前が、なぜか「井戸平右衛門」になっていたり「伊藤平左衛門」になっている謎について調査します。

KCN情報発信スタジオ Kスタ! (2018/07/17)

【トピックス】 ・マスターズ甲子園2018 奈良県予選大会 準決勝第2試合:郡山高校vs耳成高校 決勝:大和広陵高校vs耳成高校  【お知らせ】 ・FCバルセロナ サマー奈良キャンプ2018 ・第2回 高校生ビジネスグランプリin斑鳩      【ピックアップTHEなら】 ・奈良の伝統産業 奈良晒と蚊帳ふきんの魅力 岡井麻布商店 麻布おかい奈良店(リポーター:新田佳津子)

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA- 9月後半号

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA- さてさて、今回、私たちがお伺いしたのは、八尾市でーす。 とある街角から番組をスタートし、 欣様は今回も様々な人とふれあいながら、地域の魅力をご紹介しまーす。

ピックアップ

懐中時計を失くした孤独な男の戦い

小松原高等学校 演劇映画部 制作作品 何気ない日常でさまざまな想いや感情が故郷を思う人々の縮図を表している、それがこの作品の見所です。

おしえて!獅子舞テレビ #37西部金屋(前編)

1400年の歴史を持つ日本の民俗芸能。獅子舞。 中でも富山県は1170の地区で舞が伝承されていて、獅子舞の数が日本一だといわれています。 おしえて!獅子舞テレビは地域の宝として受け継がれてきた獅子舞の魅力を富山県高岡市から発信する日本初の獅子舞エンターテインメント番組です。 ★第37回:西部金屋(前編)※読み:にしぶかなや ・ある方が大勢いる!? ・メス獅子の特徴は? ・演目の人選発表 ・オスメス獅子の共演会 ・5分で分かる獅子舞講座  「#15 私たちはどうして獅子舞が好きなのか?その1」

雪の刹那

大阪学園高等学校 映画部 制作作品 音楽著作権むずかしいので、出品作には音楽なしになってしまいました。とても悲しい作品ですが、感動作なのでぜひ感情移入してみていただけたらと思います。

STVニュースウォーカー0602「中国・大連で須坂市をPR」

6月2日放送のSTVニュースウォーカーから、中国・大連で須坂市をPRした話題をお送りします。

ヒットの兆し(BAR NICE)

新たなビジネスで岐阜を盛り上げようとしている企業、岐阜の地で頑張る仕事人を紹介します。 今回は、「BAR NICE」の森部 俊之さんを紹介します。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】日出高等学校

守備を中心に粘り強くたたかい、最後まであきらめないで一戦一戦勝ち抜いて勝利につなげたい。目標はベスト32。

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA- 5月後半号

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA- 今回、私たちがお伺いしたのは、柏原市でーす。 4月から異動してきた新しい番組スタッフとともに 創業明治25年の老舗企業にお伺いしたり、 極真空手の柏原道場で空手の体験をさせて頂いたりしながら 地域の魅力をご紹介しまーす。

万照の岐阜発!!音楽のチカラ 2018年5月放送 Track45【東京発!万照とおかゆの 「アバンチュール柳ケ瀬」】

岐阜出身のプロサックスプレイヤー「野々田万照」 がお送りする音楽番組。 夏は鮎漁師、音楽スクールの校長先生など多彩な顔がある万照さん。 番組では岐阜だけでなく世界各国でのコンサートの裏話など 「ギョーカイ」の裏話も交えて楽しく語ってくれています。 2018年5月放送 Track45【東京発!万照とおかゆの「アバンチュール柳ケ瀬」】

ほんでミーゴ@Kパラnext 2017年5月11日

岩井・澤井の2人が県内のいろいろな場所を散策しながら、『ほんでミーゴ』 を合言葉に皆さんに街のこと、人のことを根掘り葉掘り聞いちゃいます。

ならカフェめぐり「いとをかし」明日香村 コッコロカフェ

奈良にはお洒落で可愛いカフェがたくさんあります。おいしい料理やスイーツ、素敵な店内や雑貨など、カフェの『いとをかし』な魅力をのんびりご紹介する番組です。 (放送:2016年4月)