ケーブルテレビ品川

ドラマ 池上線#1

提供元:ケーブルテレビ品川

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

ケーブルテレビ品川が送るオリジナルドラマ!品川の商店街を舞台に、8人の若者が地域を盛り上げるべく悪戦苦闘する姿を描きます。

【#1あらすじ】
地方放送局の勤務を経て、久々に地元品川に帰ってきた主人公・しげる。時代の流れで街並みも人も変わってしまう昨今、変わらない仲間と街がここにはあった。その情緒に触れていく中しげるは、ある決意をする。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

ドラマ 池上線#2

ケーブルテレビ品川が送るオリジナルドラマ!品川の商店街を舞台に、8人の若者が地域を盛り上げるべく悪戦苦闘する姿を描きます。 【#2あらすじ】 変わらない良さが残る品川。しかし、世代が変わって行く中、親父たちと同じことをやっていてこの街は本当に生き残っていけるのか。商店街の若者たちは暗中模索するなか、ある街おこし策を考えつく。それにはしげるの力が不可欠なのだが・・・。

ドラマ 池上線#4

ケーブルテレビ品川が送るオリジナルドラマ!品川の商店街を舞台に、8人の若者が地域を盛り上げるべく悪戦苦闘する姿を描きます。 【#4あらすじ】 幼馴染から荒療治を受けたしげる。昔を思い出し素の自分をとりもどしつつあることに気づく。これからのこの街、この商店街を仲間たちとどうしていくのか。何をやるべきなのかに気づく。それは派手や奇抜なものではない俺たちらしいことだった。

ドラマ 池上線#3

ケーブルテレビ品川が送るオリジナルドラマ!品川の商店街を舞台に、8人の若者が地域を盛り上げるべく悪戦苦闘する姿を描きます。 【#3あらすじ】 街おこし策に乗り気でないしげるを何とかその気にさせようと幼馴染たちは策を練る。その為にはちょっとした荒療治が必要と言う結論に達する。その荒療治とは、子どもの頃にやったある遊びがヒントとなった。果たしてしげるの反応は・・・。

めざせ!甲子園2018 小山台高校

夏の甲子園出場をめざす品川区内の高校野球部を紹介する「めざせ!甲子園2018」。大会を直前に控えた各チームの練習風景や主将・監督のインタビューをお届けします。 小山台高校のスローガン・意気込み: 甲子園行くぞ! ケーブルテレビ品川 高校野球特設サイト http://www.cts.ne.jp/special/18baseball/

めざせ!甲子園2018 産業技術高等専門学校

夏の甲子園出場をめざす品川区内の高校野球部を紹介する「めざせ!甲子園2018」。大会を直前に控えた各チームの練習風景や主将・監督のインタビューをお届けします。 産業技術高等専門学校のスローガン・意気込み: 一回戦突破するぞ! ケーブルテレビ品川 高校野球特設サイト http://www.cts.ne.jp/special/18baseball/

めざせ!甲子園2018 青稜高校

夏の甲子園出場をめざす品川区内の高校野球部を紹介する「めざせ!甲子園2018」。大会を直前に控えた各チームの練習風景や主将・監督のインタビューをお届けします。 青稜高校のスローガン・意気込み: 革新 ケーブルテレビ品川 高校野球特設サイト http://www.cts.ne.jp/special/18baseball/

編集チームおすすめ

平成30年7月豪雨 義援金募集のお知らせ

ご支援・ご協力をお願いします。

ランキング

それいけ爆釣中!vol.23

平成27年3月放送「釣れたのはクズ編」 なにを血迷ったのか、自転車で釣りに行くと言いだした。 しかし季節は冬…まともな魚は釣れない。 第一回爆釣中!じゃんけん大会が開催された回です。

わがまちの風景【尼崎市寺町】

わたしたちの住むまちの風景を音楽とともにお届けします。

ならカフェめぐり「いとをかし」奈良市 phool

奈良にはお洒落で可愛いカフェがたくさんあります。おいしい料理やスイーツ、素敵な店内や雑貨など、カフェの『いとをかし』な魅力をのんびりご紹介する番組です。(放送:2016年12月)

つぶらな瞳のサンショウウオの物語

かえるが好き!いきものが好き!そして自然が大好き! かえる先生と歩くといろいろないきものたちの姿が見えてきます。 見つけたよ!かえる先生のいきもの交遊録。 今回はつぶらな瞳のサンショウウオの物語です。

第100回 全国高等学校野球選手権記念 東千葉・西千葉大会 出場校紹介 東京学館高等学校

7月11日に開幕する東千葉・西千葉大会に向けて、エリア内の主な出場校を紹介。選手・監督のインタビューや練習風景を交えながらチームの一球に込めた想いを総力取材!この夏に向けた球児たちの姿をお見逃しなく!

あなたにおすすめ

ドラマ 池上線#1

ケーブルテレビ品川が送るオリジナルドラマ!品川の商店街を舞台に、8人の若者が地域を盛り上げるべく悪戦苦闘する姿を描きます。 【#1あらすじ】 地方放送局の勤務を経て、久々に地元品川に帰ってきた主人公・しげる。時代の流れで街並みも人も変わってしまう昨今、変わらない仲間と街がここにはあった。その情緒に触れていく中しげるは、ある決意をする。

宍粟市PR動画 本編「宍粟に恋しそう」.

市域の9割を森林が占めている宍粟市は、何といっても自然が豊富。 空気がきれいで水も美味しく、地域の方も温かい。この豊かな自然や人情、風土など、癒しが満載の宍粟市を多くの方に知っていただくため、宍粟の魅力をふんだんに取り入れた動画を制作しました。 宍粟市には、動画に登場する河原でのバーベキュー、波賀のシャワークライミング、一宮の石垣まつり、森林セラピーなどのほか、まだまだ隠れたスポットがたくさんあります。 田舎への移住・定住を考えておられる皆さん、動画に登場するような宍粟の自然や地域の中で、のんびり温かな生活を送りませんか。 ぜひ、ご覧ください。

ピックアップ

本條秀太郎のJ:COMシャミ専科~テレビでお稽古④~

初心者でも分かる三味線のお稽古。 今回は「開放弦」のおはなしです。また日本古謡「さくらさくら」の弾き方を詳しく解説します。 楽譜は番組ページからダウンロードできます。【シャミ専科】で検索 http://www.myjcom.jp/tv/channel/kanto/shamisenka.html この番組は、三味線演奏家・作曲家の本條流家元の本條秀太郎を講師に迎え、テレビの前で実際の教室さながらの三味線の稽古が受けられる番組です。【2015年7月後半放送】

掲示“番”1月後編

「掲示“番”」は、地域の皆様に出演いただき、1分間でイベント告知やメンバー募集などのお知らせを自由にしていただくことができる、地域住民参加型の番組です。また、毎週月曜日~金曜日に放送しているニュース番組、CACかわら“番”のコーナーとしても放送しています。 イベントや発表会の告知、出演者やスタッフの募集、各種サークル・教室の生徒募集、新商品のご案内、新店舗オープンのお知らせ、ご家族・ご友人に宛てたお祝いのメッセージ、特技の披露などなど何でもOK! 出演は随時受付中!あなたの伝えたいことを地域の人々に向けて発信してみませんか? 詳しくはこちら(http://www.cac12.jp/cac-channel/keijiban.html)

20180616STVニュースウォーカー 中国から農業視察

6月16日放送のSTVニュースウォーカーから、中国から農業関係者が視察した果樹王国・須高の模様をお送りします 。

どーでもネタ百科 第20回 明姫幹線の突き当りは…?

どうでもいいけど何か気になる・・・街にあふれるそんな話題を徹底取材!明日からすぐに使える「話のネタ」をご提供します。

【第100回全国高等学校野球選手権記念東東京大会 出場チーム紹介】都立葛西南高校

江戸川区南葛西にある都立葛西南高校。「 自主」「 創造」「 連携」を教育目標に挙げ、地元と連携した地域貢献にも積極的な学校です。野球部員はマネージャー4人を含む総勢17人。3年生がチームの結束力を高めます。キャプテンの萩原魁登選手は、常に真剣で、声がけも自ら率先して行い、チーム全体を引っ張ります。「歴史を作り変える」を合言葉に、この夏、初戦突破を目指します。

OH YEAH ぐっjob vol8

いつも笑顔全開・開高明日香と3代目奈良県住みます芸人・ゆりやんレトリィバァが、 様々な企画をひっさげてKCNハルカススタジオからお送りする番組。 今回は、明日香・ゆりやんのプライベートビデオの紹介です。

どーでもネタ百科 第37回 幻の西条廃寺テレカを探せ!

どうでもいいけど何か気になる・・・街にあふれるそんな話題を徹底取材!明日からすぐに使える「話のネタ」をご提供します。

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】早稲田実業学校

1903年に創部した早稲田実業学校・硬式野球部。 部員数は93人と、100人に迫ります。 去年は、決勝戦で東海大菅生に敗れ、惜しくも甲子園の切符を逃してしまいました。 あと一歩だった悔しさをバネに、この夏は、3年ぶりの優勝を目指します。 チームの中心は、1年生からレギュラーで活躍し、今年は主将としてチームをまとめる野村選手です。

UP!アップ!関ガール シーズン2 vol.9

関西のケーブルテレビを応援するアイドルユニット「関ガール」が 様々な企画に挑戦するアイドル成長バラエティ!

福丸がゆく2018年6月25日放送 尼崎市富松町

今回も、尼崎市富松町を散策します。 ロケ中に声をかけてもらってお伺いした整骨院や 地産地消のイタリア料理店で富松一寸豆を味わえたりと、 この地域ならではの触れ合いを重ねました。