(株)ケーブルネット鈴鹿

レーシングスピリット 2015年7月号(SUZUKA Sound of ENGINE)

提供元:(株)ケーブルネット鈴鹿

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

5月23日・24日に鈴鹿サーキットで初開催されたヒストリックイベント「SUZUKA Sound of ENGINE」。往年の名車が一堂に会したイベントのレポートをお届けします。また、1987年、鈴鹿サーキットで初めてF1日本グランプリが開催された当時の秘話を、鈴鹿サーキット総支配人荒木正和氏が語ります。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

レーシングスピリット 2015年8月号(鈴鹿8耐親子参戦 大内田親子)

鈴鹿8時間耐久ロードレースに親子で挑戦する、父・大内田実選手、息子・大内田拓選手に密着。2人の挑戦には思いがけないドラマの連続がありました。

レーシングスピリット 2015年6月号(鈴鹿8耐参戦 TSR ジョシュ・フック選手)

鈴鹿8時間耐久ロードレースを前に、地元トップチームTSRのジョシュ・フック選手に密着。全日本ロードレース開幕戦の模様や普段の生活ぶりをお届けします。

レーシングスピリット 2015年5月号(N-ONEレース 喜多千代美さん)

軽自動車レース「N-ONE OWNER'S CUP」に参戦する、HondaCars三重北の女性整備士に密着。整備士として、一人の女性として、そしてレーサーとして、彼女が感じるモータースポーツの魅力に迫りました。

レーシングスピリット 2015年10月号(鈴鹿商工会議所のモータースポーツ振興)

モータースポーツの盛り上げに積極的に取り組んでいる、鈴鹿商工会議所の活動を振り返ります。 鈴鹿8時間耐久ロードレースの決勝前日に行われている「バイクであいたいパレード」の誕生秘話、近鉄白子駅前に設置されたモニュメントにかける想いなどを聞きました。

レーシングスピリット 2015年3月号(若手が鈴鹿のモータースポーツを語る)

鈴鹿市のモータースポーツ都市宣言10周年を記念して2月22日に開催された、鈴鹿モータースポーツ祭の模様とともに、若手レース関係者が鈴鹿のモータースポーツを語ります。

レーシングスピリット 2016年9月号(SUPER GT 永井宏明選手)

8月に鈴鹿サーキットで開催された「SUPER GT SUZUKA 1000km」。この国内最高峰の自動車レースにトヨタプリウスで挑んだ、永井宏明選手(三重県菰野町出身)を紹介します。

編集チームおすすめ

志賀高原から始まる市川海老蔵「いのちを守る森」づくり

海老蔵さんの熱い想いをお聞き下さい。

ランキング

ぎふでないと(M's cafe)

岐阜の夜の街。スマホ片手に“いちはしだいすけ”が西へ東へ気の向くままに歩きます!大きなTVカメラはありません!すべてをスマホで撮影する番組です。是非、「岐阜の夜」をスマホ感覚でご覧下さい。 今回は柳ヶ瀬通にある「M's cafe」にぶらり立ち寄ります。

J036 トランキーロ タイムス

宮崎県立延岡高等学校I.W.M制作委員会 制作 ある女子高生の特別な二日間を見守ってあげてください。トランキーロはスペイン語で「静か」という意味があります。

明桜高校

いよいよ、夏の甲子園出場校を決める「第98回全国高校野球選手権秋田大会」が 12日に開幕しました。甲子園をかけた球児たちのアツイ思いをお伝えします。 今回は明桜高校を紹介します。

C001 3分間で故郷に対する意識が変わる動画

学校法人羽黒学園羽黒高等学校IMSC 制作 故郷の存在意義をこの動画を見た人が考え直して頂けたら良いな、という思いで作りました。都会と田舎の違いを知ることで、故郷ならではの良さを再発見できると思います。そんな故郷を私は失いたくありません。

C033 六本木坂めぐり

東洋英和女学院高等部映像制作部 制作 六本木、それはまさに都会のど真ん中。そんな場所にも昔から変わらないものがあります。少し足をのばしてみれば、きっと小さな発見があるはずです。

あなたにおすすめ

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】文教大学付属高等学校

チームのスローガンは「脚下照顧」。19人の少ない部員ですが一人ひとり全力プレー出来ることが持ち味。限界に挑むことをテーマに品川から江ノ島まで歩行訓練を実施、26時間掛けて往復した。

第33回魁星旗争奪全国高校女子剣道大会 酒田光陵 対 古川黎明

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

レーシングスピリット 2016年1月号(フヂイエンヂニアリング)

三重県鈴鹿市に拠点を移したレーシングチーム「フヂイエンヂニアリング」のレースに密着。クラブマンスポーツクラスのチャンピオンを既に決めた鈴木啓太選手が最終戦はFormula Enjoy2のレースに出場。代表の藤井充さんの個性的な車作りに対する思いにも迫ります。

レーシングスピリット 2015年9月号(小学生カートレーサー 伊藤琢磨選手)

鈴鹿市出身の小学生カートレーサー、伊藤琢磨選手のレースに密着します。 今シーズン、全日本でトップ争いをする活躍ぶりで注目を集めています。

レーシングスピリット 2017年3月号(外国人エンジニア フィレップ・タマス)

レーシングガレージ・フヂイエンヂニアリング(三重県鈴鹿市)で働くハンガリー出身の外国人エンジニアに密着。彼が来日してまで情熱を注ぐプロジェクトとは。そして、外国人から見た日本、鈴鹿のレースの印象も聞きました。

ピックアップ

西三河フォークジャンボリー2016 #5

2016年4月に愛知県刈谷市の「ハイウエイオアシス刈谷」で開催された「西三河フォークジャンボリー2016」の模様をお届けします。 懐かしの70年代フォークソングから、80年代のニューミュージック、そしてロックまで、名曲の数々をお届けします! 登場アーティスト 16:Heal The Monkey(愛知県岡崎市) 曲:真夜中のギター/切手のないおくりもの 登場アーティスト 17:座・団かいーズ(愛知県碧南市) 曲:栄光の架橋/海・その愛 登場アーティスト 18:浮浪雲&ポニョ(静岡県富士宮市) 曲:そよ風の誘惑/青春の輝き 登場アーティスト 19:Kariyars(愛知県刈谷市) 曲:糸/あの素晴らしい愛をもう一度 登場アーティスト 20:安城みなみのフォークソング同好会(愛知県安城市) 曲:22才の別れ/僕の胸でおやすみ

Akita Dog Movie 秋田美人編

CNA秋田ケーブルテレビでは、CNA社員の秋田犬「し~なだいすけとさくら」が全世界に向けて、秋田をPRする動画コンテンツを発信しています。最新作は「秋田犬×秋田美人」です。ぜひご覧ください!

洛西いきものグラフティ.4

京都市が誇る生物多様性のまち、「洛西ニュータウン」。 自然と人が共に生きるこのまちの四季を通じて、生物多様性の重要さを再発見します。 Vol.4は、「竹のまち、洛西ニュータウン」。竹の名産地である洛西地域。竹の不思議な生態を、京都市洛西竹林公園の竹博士が紹介します。古き時代から人々と共にあった、竹の文化を改めて見直します。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】安田学園高等学校

安田学園高等学校野球部は創部89年。千葉県鎌ケ谷市にあるグランドで練習をしています。2013年には、春の選抜高校野球大会で甲子園に初出場を果たし、今年も2度目の甲子園を目指します。 走・攻・守の3拍子が揃った今年の安田学園。打線の主軸を担うのは、渡部賢也選手です。 また投手陣もエースの森航洋選手を中心に充実したメンバーで大会に挑みます。 マネージャーもおむすびを作って選手たちをバックアップしています。 安田学園野球部は「今日一日のこと」、この学校創始者 安田善次郎のことばをモットーに、全力でプレーしています。

「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2017」第1戦 秋田大会 ARUKAS KUMAGAYA 対 RKUラグビー龍ケ崎GRACE

5月13日・14日に秋田市のあきぎんスタジアムで開催された第1戦 秋田大会の試合をお送りします。エキサイティングなゲームをお見逃しなく!

頌春ブレイクダウン

埼玉県立狭山緑陽高等学校 映画部 制作作品 思い出は、いつも明晰ではなく、断片的。思い出そうとすればするほど、思い出せないものです。 故郷の形、あの日喋った言葉・・・。移りゆく時代に蓋をするように、過去と決別し、今を生きるのも大事なのではないでしょうか?

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立桜町高等学校

チームのスローガンは日々精進。今回の目標は、去年の3年生がなしえなかった、BEST32。

水になる

狭山緑陽高等学校 映画部制作作品 僕は健常者です。何をもって、健常者か、障害者か、を区別するのかはわかりません。 障害者も、いまや、障がい者と書かなくてはいけません。 ですが、あえて障害者と、書かせていただきます。これは健常者の作る、障害者の一生の物語です。 ただ、孤独な健常者がいるように、TVなんかじゃ映されない孤独な障害者がいることをわかってほしかったんです。

まる○ひたち散歩「#8パティスリーましぇり」

いばらき大使の林家まる子が日立市周辺の魅力的なお店をまるまる紹介します! 「#8パティスリーましぇり」

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】大宮西高等学校

創部が昭和37年という大宮西高等学校野球部は、県大会ベスト4が最高成績で、毎年コンスタントにベスト32、16まで進出しています。センターラインを軸として守りを強化し、チームカラーの「考える野球」を実践しています。