eiga worldcup

J040 AYAKO

提供元:eiga worldcup

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

東京都立工芸高等学校全日制映画研究部 制作

私達、工芸高校の映画研究部員たちの夏の活動の結晶です。かくれんぼをテーマにした、不思議な夏の体験。個性の光る編集や演技、台詞をぜひご覧ください。おまけもあります。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

曖想の先に

埼玉県立芸術総合高等学校 映像芸術科 制作作品 高校三年生。六月。不安や期待。憧れや嫉妬。さまざまな感情を抱きわたしたちは生きている。それは、ぼんやりしていてはっきりとした形を持たないもの。

VISITOR

中央大学附属横浜高等学校写真同好会制作 今年は、難しいテーマである「ホラー」に挑戦しました。回想シーンとの切り替えを工夫しています。見ていただく方ににゾッとしていただけると幸いです。

C018 SHIRAKUMO

eiga worldcup2016 地域部門出品作品 日本工業大学駒場高校 映画愛好会

J006 CUBE

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 埼玉県立芸術総合高等学校 映像芸術科 性格の全く異なる2人の男子高校生。ひょんなことからボイラー室で出会った2人だったが、ボイラー室の扉が開かなくなり、そして・・・この作品は、危機的状況のなかで、2人の男子高校生が友情をはぐくむ物語です。

J012 「呼吸」

東京都立六本木高等学校映画部 制作 短い作品ですが、楽しんでいただけますと幸いです。

心霊クラブ(予告編)

屋久島おおぞら高等学校 映画研究部 制作作品 “心霊クラブ”というチャットで心霊スポットに行くことになった5人組。最初は霊などいないと思っていたが、「あること」がきっかけに壊れていく人間関係。途方にくれる5人に更なる追い討ち。果たして5人の運命は?

編集チームおすすめ

志賀高原から始まる市川海老蔵「いのちを守る森」づくり

海老蔵さんの熱い想いをお聞き下さい。

ランキング

第99回全国高等学校野球選手権千葉大会出場校紹介動画「県立船橋東高校」

昨年の夏は3回戦で涙を飲んだ県立船橋東高校野球部。今年はキャプテンの中野 敦史選手を中心にどんな局面でもあきらめず全員野球で粘り強い攻撃ができるチームに仕上がりました。志を同じくすることを意味する「同腹一心」を合言葉に選手一丸となって夏の大会に挑みます

2017となみ野の祭り「となみ夜高まつり」

砺波市に大正時代から続く豊年満作を祈る田祭。若衆の力が結集され、大小合わせて約20本の夜高行燈が街を練りまわり絢爛豪華を競います。また2日目の突き合わせでは、2台の大行燈が左右に分かれ、勢いよく走ってきた両者の行燈が激しくぶつかり合い、会場は熱気に満ち溢れます。(2017年6月9日~10日)

朝&タマズメにモンスターアオリ狙い

今月の我ら海遊人は、高知県南西部より春の大型アオリイカを狙ったエギングをお届けします。2年連続キロアップを仕留めているやのっちが、さらなる大物を求めて奔走します。はたして記録更新の大物を釣りあげることができたのか!?

UP!アップ!関ガール シーズン2 vol.81.MXF

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」が毎回、過酷な企画にチャレンジするバラエティ。

ほんでミーゴ@Kパラnext 2017年9月14日

岩井・澤井の2人が県内のいろいろな場所を散策しながら、『ほんでミーゴ』を合言葉に皆さんに街のこと、人のことを根掘り葉掘り聞いちゃいます。

あなたにおすすめ

守るべきものとは

西大和学園高等学校 映画研究部 制作作品 故郷とはなんだろうかと考えた末に完成しました。映画研究部の次世代が核となって作った作品です。今後の成長に期待してください!

Y038 僕らの友情(予告編)

早稲田大学本庄高等学院映画部 制作何気ない日常を送る高校生たちが突然宇宙人と対峙することになります。非日常を目の前にしたとき、われわれ人間はどのような選択をするのでしょうか。主人公ジャックと親友トミーの友情あふれる物語です。

香川県+鳥取県=香取村

国立米子工業高等専門学校 放送部 制作作品 鳥取県の大山の麓にある「香取村」は,戦後,香川県出身の方の手によって開拓され,できあがった新しい村です。開拓に携わった方に耕作する土地を求めて故郷を離れた思いなどを伺いました。村の歴史に触れることで故郷のあり方や大切さを伝えていきます。

J028 夕暮れの花火

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 東京都立工芸高等学校 全日制映画研究部 幼馴染の友里・明日香・たつき。3人は中学生の時から互いが変わっていったことに見て見ぬふりをしてきた。そんな3人が高校生になって初めての夏休みに「変わること」に向き合 っていく。

J032 if

日本工業大学駒場高等学校映画愛好会 制作 10代匿名希望 「すべてがifでした。」

ピックアップ

ボウリングアカデミー#13

「ボウリング」は近年、運動不足の解消に効果的で自分の体力にあわせて続けられることなどから、男女・年齢を問わず気軽に楽しめる『健康スポーツ』としても注目されています。この番組では、ボウリングをよりいっそう楽しめるよう、ボウリングの楽しさをお伝えします。『ボウリング座学』のコーナーでは「延長戦について」を姫路プロらの実践を交えてご紹介。『安嶋プロのワンポイントレッスン』は視聴者からの質問について解説します。

J015 神様がいた。

東京都立若葉総合高等学校映画制作部 制作 へんな助っ人が出てくるお話です。自分の友人に対しての想いを込めた作品にしました。登場人物の心情を表現するためにカメラワークにこだわりました。しかし、音質はあまりいいものではないです。よろしくです。

どーでもネタ百科 第6回 東加古川駅前のたこ焼き屋は大丈夫!?

どうでもいいけど何か気になる・・・街にあふれるそんな話題を徹底取材!明日からすぐに使える「話のネタ」をご提供します。

「高校球児の夏2016」(都立紅葉川高等学校)

創設88年の歴史と伝統を持つ都立紅葉川高等学校。野球部員はマネージャー7人を含む総勢62人の大所帯のチーム。昨年の秋季大会ではベスト16まで勝ち進んだ強豪校です。チームのモットーは「明るく、楽しく、軽快に」。苦しい時こそ、前を向いて逆境を乗りる!そんな強い気持ちで野球に取り組んでいます。 目指すは夢の舞台、甲子園。チーム一丸となり勝利を目指します。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】早大系属早稲田実業学校

国分寺市にある早稲田実業学校。 春夏あわせて甲子園に50回出場している古豪です。 2015年の夏の甲子園では、ベスト4に進出。 この夏は、全員野球で春夏連続甲子園出場を狙います。 チームの特徴は、高校通算100本塁打を放っている3番でキャプテンの清宮選手、4番の野村選手による得点力の高さと、どの打順からもつながる打線。 早実は、最後まであきらめない粘り強い野球をモットーに、春夏連続で甲子園出場を目指します。

アダムのリンゴ

埼玉県立芸術総合高等学校 映像芸術科 制作作品 どうせなら、どうせなら、禁断の果実を喰おうじゃないか。頼む、俺を成功させてくれ。

おしえて!獅子舞テレビ #16立野東町(後編)

1400年の歴史を持つ日本の民俗芸能。獅子舞。 中でも富山県は1170の地区で舞が伝承されていて、獅子舞の数が日本一だといわれています。 おしえて!獅子舞テレビは地域の宝として受け継がれてきた獅子舞の魅力を富山県高岡市から発信する日本初の獅子舞エンターテインメント番組です。 ★第16回:立野東町(後編) ・巨大太鼓台? ・餅まきで大抽選会? ・獅子殺しダイジェスト ・菅野もえの獅子舞体験コーナー「目録」

幸福のカタチ Report to the UN ~from the happiness city~ 夢を追いものづくりのまちに移住 ~子育て世帯 移住幸福度日本一 福井で暮らす~

丹南ケーブルテレビ:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門奨励賞 【番組概要】 番組では、丹南地域で、“幸福のカタチとは?”“女性が輝く社会とは何か” を探訪し、取材から感じたそのヒントを国連女性問題の第一人者アンワルル K チャウドリー国連大使(元国連事務次長、国連の友アジアパシフィック会長)にレポート。国連NY本部ハイレベルフォーラムやUNWOMAN、UNFPAなど関係機関にて報告を行う番組を掘り下げるファシリテーターに、国連の友アジアパシフィックと提携している日本歌手協会より、歌手で女優の大場久美子さんと、早見優さんを起用。進行役のモデレーターには、国連の友アジアパシフィックの小松田有理が担当。毎回二人の女性が、地域のデータを元に、地域で輝く様々な人に出会い、協働・持続可能な社会発展への考え方や施策、道筋などを探求し、そのヒントを探って行く。今回応募した番組は、「夢を追いものづくりのまちに移住~子育て世帯 移住幸福度日本一福井で暮らす~」と題し、高校卒業と同時に越前市に移住し、打刃物職人としての道を歩みはじめた山本直さんに、移住へのきっかけや、職人としての想い、地域の人との関わりについて話を聞いた。 【審査員コメント】 インタビューとスタジオトークの番組だが、事前リサーチがしっかりしていたのかインタビューが濃く、早見優さんのようなタレントさんを使うと善し悪しもあるが、出過ぎずに良い役割をしていた。全体構成として移住してきたご主人の仕事から入り、奥様の目線での移住生活、子育てなど住まう方の気持ちに沿っており好感が持てる。女性や高齢者が輝く社会が大事だが、このような形で情報発信が重要になっていくと思う。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立蒲田高等学校

都立蒲田高校は三年生4人をふくむ部員8人の小さな野球部。 今年、新チームになってから公式戦は2戦2敗と勝ちに恵まれてはいませんが、 小さいチームならではのチームワークの良さで夏の大会にのぞみます。 この夏エースとしてマウンドにたつのが小松優介選手。 気持ちが強くマウンド度胸の良さには定評があります。 また、その球を受けるキャッチャーが小松優一選手。 そう、二人はなんと双子のバッテリーなんです。

【地方の時代映像祭】ゴンザ

第37回「地方の時代」映像祭 ケーブルテレビ部門選奨 制作:BTV