eiga worldcup

Y043 10分先の彼女(予告編)

提供元:eiga worldcup

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

東京都立豊多摩高等学校映画研究部 制作

一見ただの学園の青春ものですが、シリアスな部分もあり、そこは演技力や編集で表現してみました。セリフが少なくいですが役者の演技が見どころです。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

J019 Questions Quest

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 関西学院高等部 映画部 突然今までの記憶を失った4人の学生たちが、自分自身について考えていく話です。彼らがどのような答えを出すのかが見どころです。

僕は星になった(予告編)

鹿児島立松陽高等学校美術科

C004 帰る場所

eiga worldcup2016 地域部門出品作品 東京都立若葉総合高等学校 映画制作部 主人公の高校生『香奈』は、田舎側育ちで都心の学校に憧れていた。母親に反対されていながらも憧れは止まず、彼女は押し切って家を出ていってしまう。望んでいたはずなのに、心が苦しい。故郷は彼女の帰りを待つ。

J022 Dreamer

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 東京都立新宿山吹高等学校 映画クラブ 一人の女の子が夢という抽象的な世界で抗い、巡る感情を表現した作品です。彼女が苦しみに飲み込まれそうになった時何に助けられるのか、そしてなにを感じるのか考えされられる作品になっています。水中撮影を見てください 。

Y053 Think You 予告編

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 静岡県立富士高等学校 映画研究部 「親友」という台詞がたくさん登場しますが、個々のキャラクターが考えている「親友」というものが食い違っていることに重点を置いています。「親友」と一言で言いますが、「親友」とは結局なんなのでしょうか?

成仏師

愛知県立昭和高等学校 映画研究部 制作作品 僕には霊が視える。隣にいる女の子も霊だ。そんな僕たちがやっていること、それは霊を成仏させること…一人の少年と一つの霊による過去を振り返る物語が今日も始まる。

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

【高校野球2019夏 東東京大会チーム紹介】都立両国高等学校

墨田区江東橋にある都立両国高校。 野球部の創部は1945年。 部員数は、3年生が6人、2年生が5人、1年生が1人、 それにマネージャーが2人の合わせて14人です。 部員数は、少ないものの今年のチームの総合力は、 ここ数年の中で一番だと、チームを率いる林監督は感じています。 夏の大会は、去年、一昨年ともに、2回戦敗退。 公式戦で結果を残せていないチームに変化をもたらしたいと、 キャプテンの松井淳選手を中心に全員が一丸となって 練習に打ち込んでいます。 ピッチャーにして、チーム内打率ナンバーワンを誇るのは、 3年生の松沢隼人選手。投打でチームを引っ張ります。

【高校野球2018夏 東東京大会チーム紹介】都立王子総合高等学校

都立王子総合高校野球部はマネージャーを含め54人が所属しています。彼らの練習着には「常笑」の二文字。きつい練習や試合で苦しい時も常に笑顔を絶やさず、野球に臨む・・・それが王子総合の伝統です。

【高校野球2019夏 西東京大会 チーム紹介】都立昭和高等学校

昨年4回戦まで勝ち進み、神宮を目前に涙を呑んだ都立昭和高校。3年生にとって集大成となる夏の目標は「負けない野球」をすること。その背中には、最後の大会、頂点に立とうと3年生19人で決めた「頂」の一文字が刻まれています。今年のチームカラーは「逆転の昭和」。粘って粘って終盤勝負に持ち込むとろこが持ち味。その最後まで粘れる心と体の練習後に食べるお結び。1日に焚く米の量は45合、約7キロになるそうです。守備でリズムを作り攻撃も波に乗るという昭和。 最後の夏、東京の頂を目指す挑戦が間もなく始まります。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】法政大学高等学校

春夏合わせて4度の甲子園出場経験を誇る伝統のある野球部。モットーは「野球は教育の一環であり、人間形成の場である」今年は走攻守バランスのとれたチームでまずは神宮を目指します!

夏の高校野球千葉大会 出場校紹介 印旛明誠

7月10日に開幕する千葉大会に向けて、エリア内の主な出場校をダイジェストで紹介。選手・監督のインタビューや練習風景を交えながらチームの一球に込めた想いを総力取材!この夏に向けた球児たちの姿をお見逃し無く!

あなたにおすすめ

おいかけっこ

埼玉県立狭山緑陽高等学校 映画部 制作作品 暇だなー。何か面白いことないかなー。って、あなたもつぶやいてみてください。でも、ひとつだけ注意事項が。体力に自信はありますか?

Y014 メッケ犬 秘伝 予告編

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 学校法人羽黒学園羽黒高等学校 ITメディアサイエンスクラブ 地元に伝わるメッケ犬伝説をアレンジした物語です。撮影では「るろうに剣心」「おしん」などで使われた庄内オープンセットを使用させて頂きました。色んな苦労を乗り越えて、約1年かけて作り上げた作品です。

Y038 いる夏、いない夏。 予告編

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 愛知県立昭和高等学校 映画研究部 転校生碧海は夏空に近づき互いに惹かれ合うがやがて碧海の存在に違和感を抱き出す夏空。言葉が紡ぐ青春SFファンタジー

ケスノート(予告)

日本工業大学駒場高等学校 映画愛好会 制作作品 謎のノート「ケスノート」。書いた言葉が消えてしまうとてもミステリアスなノートを使った事件(笑)が、始まるぜ!!!

ニルヴァーナ(予告編)

豊田工業高校 放送部 制作作品

ピックアップ

高校野球2019夏 西東京大会 チーム紹介「東京都市大付属高校」

世田谷区にある 東京都市大付属高等学校。 硬式野球部は現在、19人の部員が在籍しています。 試合に出るメンバー、ベンチ、スタンドが 一体となって戦い抜くことをモットーに活動しています。 春の大会は、 接戦の末、一次予選の初戦で敗戦。 現在は、好投手から いかにヒットを放つかを、常にイメージしながら、 筋力トレーニングにも積極的に取り組み、 打撃の強化を図っています。 おととしと、去年の夏は ともに3回戦で涙をのんだ都市大高。 今年は、自慢の投手力と、切れ目ない打線で ベスト8を目指します。

【高校野球2019夏 西東京大会 チーム紹介】武蔵高等学校

練馬区豊玉上にある私立武蔵高等学校。 今年のチームは、練習時にグラウンドを広く使えることを活かし、バッティング練習に力を入れてきました。どの打順からでもヒットを打って出塁し得点につなげることができます。守備の面でも、中学校から同じ学び舎で過ごしているチームメイトたちの連携力は抜群。堅い守りで相手をロースコアに押さえます。今年の夏の大会は、過去最高となるベスト8に入ることを目標に一戦一戦勝負に挑みます。

Akita dog Daisuke & Sakura meet "Top Athletes"

CNA秋田ケーブルテレビでは、CNA社員の秋田犬「し~なだいすけとさくら」が全世界に向けて、秋田をPRする動画コンテンツを発信しています。最新作は「Akita dog Daisuke & Sakura meet "Top Athletes"」です。ぜひご覧ください!

ほんでミーゴ@Kパラnext 2017年10月19日

岩井・澤井の2人が県内のいろいろな場所を散策しながら、『ほんでミーゴ』を合言葉に皆さんに街のこと、人のことを根掘り葉掘り聞いちゃいます。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立足立西高等学校

足立区江北にある「足立西高校」。 野球部員は3年生5人、2年生7人、1年生9人の総勢21人。 笑顔を絶やさず、全力疾走をモットーに日々練習に励んでいます。 チームの持ち味は楽しく元気ハツラツ全力プレー! 選手が一丸となり、みんなで声を出してチームを盛り上げます。 いつでも全力プレー!1戦必勝で足立区からの甲子園出場を目指します!

バンディブレーカーズ 第2回

加古川市を拠点に活動するサッカーチーム バンディオンセ加古川応援番組。 バンディオンセ加古川は、全国に9つある地域リーグの一つ「関西サッカーリーグ」に所属し、JFL昇格を目指しています。 番組では試合結果や選手の素顔などをご紹介しています!

アンドロイドのやりたい12のコト 第5回 教師になりたい!

ハイスクール漫才で日本一に輝いた高砂市在住の高校生漫才師「アンドロイド」がテレビの舞台でやってみたいことにひたすらチャレンジする番組!彼らがやってみたい12のコトとは…

Y028 アスパラ=プリンセス(予告編)

國學院高等学校映画研究部 制作 「人生は伊達じゃない。生きてればきっといいことがあるってね。」主人公の台詞です。今年の國學院高校映画研究部の映画『アスパラ=プリンセス』はあなたに少しの勇気と元気をくれます。渾身の一作。ご覧下さい!

PACいちのみや

打合せから撮影・編集まで、市民ボランティアが手掛ける「市民制作番組」です。 今回は「ロコモヨガ138」をご紹介します。

紙上の空寂

国立米子工業高等専門学校 放送部 制作作品 いつもひとりで絵を描いている美術部員足澤尚(なお)は,コンクールの〆切に追われるばかりで,描きたいものが分からなくなっていた。一向に進まない絵筆。そんな足澤に話しかけてきたのは自分のことをユーレイと言う女。真っ白な紙の上で、彼女たちの目には、どんな景色が広がっているのか。