高岡ケーブルネットワーク(株)

イイモノウレシ #4 着色×お茶

提供元:高岡ケーブルネットワーク(株)

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

高岡発!クラフトショートムービー

■第4話 着色×お茶
鋳物の街・高岡を象徴する高岡大仏を訪れた3人。その大きさにびっくり。
このあと訪れた町屋でお茶席体験をします。
着色技法でさまざまな模様が浮かび上がった花器や時計がある室内で、
3人はお点前を習ってお茶をいただきます。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

イイモノウレシ #5 ドライブ×プロダクト

高岡発!クラフトショートムービー 「高岡鋳物と漆器」をテーマに高岡市内を旅します。 ■第5話 ドライブ×プロダクト 高岡市内をドライブする3人。ショッピングを楽しんだあとは、 高岡名物「吉宗のカレーうどん」と「宮田のたいやき」でお腹いっぱい。 そのあとは、山町筋のクラフトギャラリーに立ち寄って鋳物体験。 砂型に融けた錫を流し込んで、ぐい呑みを作ります。 高岡のオアシス・古城公園動物園を巡った3人だったが、気付くとそこは高岡駅・・・

イイモノウレシ #3 螺鈿×酒

高岡発!クラフトショートムービー ■第3話 螺鈿×酒 高岡市内の居酒屋を訪れた3人は、漆塗りの酒器で乾杯します。 赤や黒の漆塗の器には、富山湾でとれた鮮魚や料理が盛り付けられます。 周りに居合わせた先客とともに、高岡の夜を楽しみます。

イイモノウレシ #2 真鍮×祭り

高岡発!クラフトショートムービー ■第2話 真鍮×祭り 高岡市金屋町で開かれる御印祭を訪れた3人。高岡クラフトを扱う石畳通りの町屋を訪ねます。 店内で鋳物製品の説明をうけた後、真鍮製のフォークで和菓子をいただきます。 弥栄節踊りの町流しがあると聞いた3人は外へ出て、祭りの雰囲気を楽しみます。

なるほど!聞きコミテレビ#28戸出地域

高岡ケーブルネットワークアナウンサー、菅野もえが、 富山県高岡市のことをもっと知り、市民ともっと親しくなるべく、 皆さんの住む地域や市内のイベントにおじゃまします。 “聞きコミ”とは“聞いてコミュニケーション”の略。 身近な話題から時事の話題まで、毎週さまざな質問を携え、 いろいろな場所でインタビューします。

なるほど!聞きコミテレビ #1横田校下

 東京出身のアナウンサー、菅野もえが、富山県高岡市のことをもっと知り、市民ともっと親しくなるべく、皆さんの住む小学校下におじゃまします。  “聞きコミ”とは“聞いてコミュニケーション”の略。 身近な話題から時事の話題まで、毎週さまざな質問を携え、いろいろな場所でインタビューします。  「みんなで!校歌♪」のコーナーでは、小学校を訪ねて子どもたちに話を聞き、校歌を披露してもらいます。 第1回:横田校下 テーマ「北陸新幹線乗りましたか?」

なるほど!聞きコミテレビ#20国吉

東京出身のアナウンサー、菅野もえが、富山県高岡市のことをもっと知り、市民ともっと親しくなるべく、皆さんの住む小学校下におじゃまします。 “聞きコミ”とは“聞いてコミュニケーション”の略。 身近な話題から時事の話題まで、毎週さまざな質問を携え、いろいろな場所でインタビューします。 「みんなで!校歌♪」のコーナーでは、小学校を訪ねて子どもたちに話を聞き、校歌を披露してもらいます。 第20回:国吉校下 テーマ「健康のためにやっていること」

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

めざせ!甲子園2018 桜修館中等教育学校

夏の甲子園出場を目指すイッツコムエリアの高校野球部をご紹介する「めざせ!甲子園2018」。大会を直前に控えた各チームの練習風景や主将・監督のインタビューをお届けします。 桜修館中等教育学校のスローガン・意気込み:「みんなから応援される野球部になろう」 【イッツコム夏の高校野球 特設サイト】 https://www.itscom.net/089

わがまちの風景【尼崎市 東難波町】

わたしたちの住むまちの風景を音楽とともにお届けします。

【高校野球 2017夏 西東京大会チーム紹介】日本大学鶴ヶ丘高等学校

2014年夏、西東京大会を制し甲子園への切符を勝ち取った 日本大学鶴ヶ丘高校。 野球部専用グランドを持つ甲子園常連組とは違い、 サッカー、アメフトと共同の練習場。また住宅地にあるため、 練習は午後7時まで。 限られた環境の中で、日鶴(にっつる)の練習に 無駄な時間はいっさいありません。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 市立千葉高校

稲毛区小仲台にある、市立千葉高校。野球部には、現在、マネージャーを含め、42人の部員が所属。最後まで粘り強く守り、全員でつなぐ攻撃が特長です。

J021 clover

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 国立大学法人名古屋大学教育学部附属中高等学校 映像・演劇サークル 高校生としては部員がほとんどいませんが頑張ってみました。撮影日は晴ればかりで雨などは自分たちで作りました。みてください

あなたにおすすめ

醒めない夢(予告編)

神奈川県立麻生総合高校 塚ノ森プロダクション 制作作品

J025 輪廻の鎖-AiHana-

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 共立女子中学高等学校 映画部 少女達の愛憎うずまく時をこえた終わることのない世界

One Boy’s Story2

法政大学第二高等学校 映画研究部 制作作品 昨年度出品した「One Boy’s Story」の続編です。あの衝撃のラストから一年。あの少年はまたもや絶体絶命の危機に立たされていた!果たして彼の運命は?あの悲鳴が今年も帰ってくる…。

傷つくのは、(予告編)

埼玉県立狭山緑陽高等学校 映画部 制作作品 某CMのような短くメッセージのある作品を作りたく、撮影しました。言いたいことは2分に詰まってます。見てください。

ピックアップ

コロコロチキチキペッパーズの 「やっべぇぞ!!」(添上高校 体操競技部)

漫才コンビ「コロコロチキチキペッパーズ」がお届けする番組 「やっべぇぞ!!」 日々練習に励む学校の部活や、地元のサークルに突撃してガチンコ対決。 今回は「添上高校 体操競技部」に突撃。

まる○ひたち散歩#38「アルフレスコダイニング」

いばらき大使の林家まる子が日立市周辺の魅力的なお店をまるまる紹介します! #38「アルフレスコダイニング」

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立町田工業高等学校

広いグラウンドを擁する恵まれた環境を生かし、週末には都立校や神奈川の県立校と練習試合を行なっている都立町田工業高校・野球部。今年は、11人の部員達が、6年前から遠ざかっている夏の大会での勝利に向けて日々練習に取り組んでいます。

海遊人

今月の我ら海遊人は、お手軽に釣りが楽しめるということで人気が高まっているマイクロテンヤゲームをお届けします。釣れる魚は多くガシラやメバル、高級魚のアコウも狙えるマイクロテンヤ。簡単にお魚ゲットを目論んでいた海遊人軍団ですが・・・強力助っ人も参戦して大漁を目指します!!

NAGASAKI水中散歩#16 タツノオトシゴのハッチアウト

長崎の中心に位置する大村湾 そこで水中観察家の中村拓朗さんが毎年時間をかけて観察を行うのが タツノオトシゴ!オスが卵をお腹の袋に持ち子供たちが孵るまで子育てをするタツノオトシゴのハッチアウト(孵化)の様子は とても神秘的でとてもダイナミック。 2016年、のタツノオトシゴの孵化を見つめました

【高校野球2017夏 神奈川大会 チーム紹介】横浜翠陵高等学校(横浜市緑区)

横浜翠陵高等学校(横浜市緑区) スローガン・意気込み「走打圧倒 (そうだあっとう)」

【高校野球 2017夏 東東京大会チーム紹介】芝高等学校

人数は少ないながらも、その分、選手同士の深い絆を養いながら1年間練習に励んできました。 1年生の時からずっとスコアラーやサードコーチなど、 主に裏方としてチームに貢献してきた吉岡選手が今年、春の大会で初めてのレギュラーを獲得。 現在、夏の大会に向けレギュラー争いをしています。

【広報きりしまとMCTのコラボ番組】霧島の石文化の歴史を紐解く

霧島市の市報「広報きりしま」と南九州ケーブルテレビネットのコラボ番組です。ナビゲーターは霧島ジオガイドの原田徳子さん。街に残されている霧島の石文化の歴史をひも解きます。

Kパラnext Tuesday2017年8月15日

奈良で放送中! スタジオから飛び出し、MC藤原・中村が今話題のスポットから送りする番組です。 何が起こるかハラハラドキドキな中継番組。皆さんもテレビの前に釘付け間違いなしですよ!ぜひご覧ください!!(特選集②)

世間遺産 ~美浜町古布 後編~

知多半島ケーブルネットワーク:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コミュニティ部門奨励賞 【番組概要】  誰の心にもある「大切なもの」、「未来に残したいもの」をこの番組では『世間遺産』とよんでいます。『世間遺産』は、場所や物である必要はなく、その人が思う「大切なもの」、「未来に残したいもの」であれば、考え方でも人物でも何でも『世間遺産』になります。そのルールのもと、毎月放送エリア内の1つの地域をリポーターが散策し、出会った人たちの『世間遺産』を伺い、それにまつわるエピソードをご紹介していきます。平成24年3月から始まったこの番組は、今年で6年目を向かえ、地域の人たちからお伺いした『世間遺産』の数は350を超えました。この回は、太平洋戦争開戦に向けて海軍航空隊が設置されることになり、地区ごと移転を迫られた美浜町古布地区の人たちから『世間遺産』を伺いました。番組尺:1地域につき前半15分(月の上旬放送)、後半15分(月の下旬放送)リポーター:小島 一宏(フリーアナウンサー、大同大学准教授) アシスタント:松田 唯(知多半島ケーブルネットワーク株式会社 社員) 【審査員コメント】 未来に残したい大切なものを「世間遺産」と名付けそれを地域で探す。海軍航空基地建設の為に地域丸ごと強制移住された集落で、集まった数人の古老から言われたことは”平和ぐらい尊いものはない、守り続けなければ”ということだった。15分のシンプルな番組づくりだが、ふるさとの歴史の断面が切々と伝わる佳作。