壱岐ビジョン(株)

映像詩いき11月.mp4

提供元:壱岐ビジョン(株)

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

壱岐の小島神社の朝日です。小波が立っていますが、この日は大時化。でも島の内陸部は穏やか。厳しい環境にさらされても心は穏やかにいようみたいなことを思いながらつないでみました。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

映像詩いき10月

秋風、秋空。秋の実り。そして伝えられませんが秋の香り。今回はそんなテーマを探して島内をプラプラ。 濱裕子さんの素敵な詩と朗読でお楽しみください。

壱岐の名水をたずねて第4話

全5話。第4話峰井(みねごう)と鍋の窪の湧水(なべのくぼのゆうすい)を紹介します。 長崎県壱岐市。玄界灘に浮かぶ小さな島。豊かな穀倉地帯があり、昔から豊富な水源に恵まれていました。米や麦、大豆などが栽培され、さらには麦焼酎が作られ、いまでは壱岐の特産品のひとつでもあります。壱岐には大きな川があるわけではありません。島なのになぜ水が豊富なのか、人々はどうやって水を得て暮らしてきたのか、壱岐の名水をたずねながら、その謎に迫ります。

セナの週末トピックス 4消防訓練体験篇 ~その1~

壱岐市CATVのアナウンサーが壱岐はもちろん、時に島を飛び出して各地で体験したことを壱岐の人たちに紹介します。今回は、壱岐市芦辺町にある消防本部を訪ねました。そこで唯一の女性消防士である下條さんに出会い、下條さんの指導のもと、特別に訓練を体験させていただきました。

セナの週末トピックス 15~一支国博物館 展示室編 その2~

壱岐市CATVのアナウンサーが壱岐はもちろん、時に島を飛び出して各地で体験したことを壱岐の人たちに紹介します。 今回も前回に引き続き一支国博物館の常設展示について、博物館の松嶋さんに案内してもらいます。

壱岐の名水をたずねて第2話

全5話。第2話清水井(きよみずごう)と御手水井(おちょうずごう)を紹介します。 長崎県壱岐市。玄界灘に浮かぶ小さな島。豊かな穀倉地帯があり、昔から豊富な水源に恵まれていました。米や麦、大豆などが栽培され、さらには麦焼酎が作られ、いまでは壱岐の特産品のひとつでもあります。壱岐には大きな川があるわけではありません。島なのになぜ水が豊富なのか、人々はどうやって水を得て暮らしてきたのか、壱岐の名水をたずねながら、その謎に迫ります。

セナの週末トピックス 2インターンシップ期間を終えて ピーヤワンさん帰郷篇

壱岐市CATVのアナウンサーが壱岐はもちろん、時に島を飛び出して各地で体験したことを壱岐の人たちに紹介します。今回は、タイ出身で法政大学大学院のピーヤワンさんがインターンシップの期間を終えて帰郷することになりました。ピーヤワンさんに壱岐の思い出などを聞きました。

編集チームおすすめ

巨大な男根形の「ほだれ様」は農耕の実りと人の実りを守る神様

毎年3月の第2日曜日には地区をあげて、高さ2.2m、重さ約600kgの巨大な 男根形の御神体のご利益にあやかろうとする「ほだれ祭」が催されます。

ランキング

ジオパーク情報局_層状石灰岩を学ぼう!

日本ジオパークネットワークに加盟認定されている豊後大野市。 今回は、層状石灰岩について紹介しています。

【高校野球2016夏 東東京大会 チーム紹介】東京高等学校

今年で創部85年目を迎える伝統校、東京高校野球部。 現在、マネージャーを含め、75人の部員が所属しています。 野球部が掲げるスローガンは、「家族」「笑顔」「向上心」。 失点を抑え、数少ないチャンスをチーム一丸となって掴み勝つ野球で戦います。

高岡しっとる検定#1 高岡古城公園検定

富山県高岡市に関するさまざまな話題を“検定クイズ”形式で取り上げます。 出演は、高岡市出身の津軽三味線芸人、中山孝志と安藤有希子。 ディープな高岡ネタ満載のトークバラエティです。 第1回:高岡古城公園検定

J:COMpark 2016年8月前半号「大阪市東成区」

J:COMpark8月前半号は、お便りをいただき 初!?となる「大阪市東成区」を街ぶらです! 東成区役所の方にも登場していただき、東成区の魅力を語っていただきました。 東成区はモノづくりの街で有名ですが、そんな街を象徴する会社にお邪魔し、 工場見学をさせていただきました。 さらには東成区を横断する長い長い商店街へも行きました!! あまりに長すぎて・・・ WEB:http://c.myjcom.jp/jch/p/jpa/ ブログ:http://jcomch-kansaiobp.blogspot.jp/ フェイスブック:https://www.facebook.com/jcompark/ ツイッター:https://twitter.com/JCOMPark

第46回魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会 下館工 対 札幌日大

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

あなたにおすすめ

さっぽろ見聞録「見て触れて考えてみよう 札幌市青少年科学館」

札幌市内の様々な地域の歴史や文化、話題などを紹介しその魅力を伝えるミニ紀行番組。今回は新たに、天文・地域科学のコーナーが登場した「札幌市青少年科学館」を紹介します。 巨大な地球をイメージしたドームを中心に太陽系から北海道の成り立ちまでを学べる施設とともに、実演などを通して自ら触れ体験して考えることができる科学の不思議と楽しさをお伝えします。

犬山祭の車山行事

1635年に始まって以来、今日まで継承されている「犬山祭」。 祭りの主役は三層から成る豪華な13輌の車山。 車山の上では江戸時代から伝わるからくり人形が操られ、様々な演技が奉納されます。

おしえて!獅子舞テレビ #19常国(前編)

1400年の歴史を持つ日本の民俗芸能。獅子舞。 中でも富山県は1170の地区で舞が伝承されていて、 獅子舞の数が日本一だといわれています。 おしえて!獅子舞テレビは地域の宝として受け継がれてきた獅子舞の魅力を富山県高岡市から発信する日本初の獅子舞エンターテインメント番組です。 ★第19回:常国(前編) ・炎の宮参り ・獅子頭チェック! ・謎の歌「伊勢ハな」 ・5分でわかる獅子舞講座「天狗が舞い踊る」ほか

28NAGASAKI水中散歩#28「ホヤが作る不思議な世界」

ホヤと聞くと東北などの北の生き物のように思いますが 実は長崎にもホヤはいるんです! 今回は水中観察家の中村さんが発見した珍しいカンザシボヤの 群生地をご紹介いたします

2017となみ野の祭り「井波よいやさ祭り」

天保4年(1833年)商売繁盛・家内安全を祈願する神事として始まった南砺市井波地域のお祭。若衆が担ぐ神輿は3基あり、子ども神輿と合わせて6基の神輿が威勢のいい掛け声とともに町内を練り歩きます。獅子舞の獅子頭は地元井波彫刻の技が光る勇壮な表情。(2017年5月3日)

ピックアップ

守ってあげたい

神奈川県立藤沢清流高等学校 映画同好会 制作作品 親友から告白され戸惑う主人公。次第に彼から慣れて日常へ。しかし大事な約束を思い出し、動き出す。愛とは様々な形がある事を考えさせる作品。ラストの湘南の海が全てをつつみこむ。

ラーメン会長の事件簿—新聞部と奇妙な暗号—

神奈川県立大磯高等学校 SF研究部 制作作品 とにかくみんなの個性を活かしたにぎやかな作品です。のんびりした日常の中にある謎やシリアスをお楽しみください。

オトナはミナイデ! 2015年5月放送 #2

まだオトナになる一歩手前の岐阜の女の子が 放課後トークする番組。だからオトナはミナイデ!ね(笑) 2015年5月放送 #2 出演:岐阜美少女図鑑 しほ・まいか・なつき・なな・まい

どーでもネタ百科 第11回 電車通勤を短縮できるか!?

どうでもいいけど何か気になる・・・街にあふれるそんな話題を徹底取材!明日からすぐに使える「話のネタ」をご提供します。

神保シェフと茨城をたべようvol.9

神保シェフと茨城をたべようvol.9 ★料理好き女子にオススメ★ 東京・表参道の「HATAKE AOYAMA」のオーナーシェフ・神保佳永(茨城県出身)が、毎回、視聴者のリクエストに応えて、茨城県内の農家で採れた旬の食材を使ったオリジナル”簡単レシピ”をご紹介! 第9回「白菜を使った料理」(全12回) 協力:茨城県・日立市・茨城をたべよう運動推進協議会

チェンジ!

福岡県立修猷館高等学校 映画制作部 制作作品 内気な少年健太は、見た夢が現実になる能力を身につける。それをきっかけに、友達も増え、順風満帆な生活を送っていたが、ある日クラスメイトが死ぬ夢を見てしまい…

出雲のほそ道

ふるさと出雲のありのままの姿から 出雲地方の言葉や文化をたどります。 ・「田部のほそ道歩き」のコーナーで訪れたのは今市地区・大津地区。  商業の町として知られるこの地ならではのエピソードを紹介! ・出雲地方かわら版「出雲弁一口スピーチ大会」

福丸がゆく20170320福島区 海老江・後編

福丸がゆく20170320福島区 海老江・後編

おおむら湾水中散歩#2

長崎の不思議な里海大村湾。 九州の海でありながら冬に結氷するとても不思議な環境にあるこの海には たくさんの里海の生き物が生きています。 そんな大村湾にこだわる一人のダイバーの目を通し 長崎の生き物たちを紹介します 6月の大村湾

なるほど!聞きコミテレビ#37日本海高岡なべ祭り(前編)

高岡ケーブルネットワークアナウンサー、菅野もえが、富山県高岡市のことをもっと知り、市民ともっと親しくなるべく、皆さんの住む地域や市内のイベントにおじゃまします。 “聞きコミ”とは“聞いてコミュニケーション”の略。 身近な話題から時事の話題まで、毎週さまざな質問を携え、いろいろな場所でインタビューします。 第37回:日本海高岡なべ祭り(前編) テーマ「あなたの寒さ対策」