J:COM

まるごと動物ウォッチ#14 福岡市動物園(福岡)

提供元:J:COM

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

テレビで楽しめるバーチャル動物園番組!今回は、福岡市動物園をご紹介。ゴリラのビンドンくんは、最近太り気味なので、ダイエットに励んでます!

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】駒場学園高等学校

個々の武器を試合の中で結集しチーム全体で戦うことを目標にしている駒場学園野球部。ベスト16の壁をこえられるよう全員野球で試合に挑みます!

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA- 7月後半号

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA- 今年もPR大使を務める欣様が9月9日と10日に 八尾市の久宝寺緑地で開催される 「第40回八尾河内音頭まつり」のたすきかけて 地域を練り歩きながら町の魅力をふわっとご紹介します。

【高校野球2018夏 東東京大会 チーム紹介】都立新宿高等学校

JR新宿駅から歩いて3分、新宿御苑のすぐ隣にある新宿高校。部員たちのモットーは、「考える」ということ。文武両道を掲げる新宿高校らしく、頭を使う野球に取り組んでいます

さっぽろ見聞録「見て触れて考えてみよう 札幌市青少年科学館」

札幌市内の様々な地域の歴史や文化、話題などを紹介しその魅力を伝えるミニ紀行番組。今回は新たに、天文・地域科学のコーナーが登場した「札幌市青少年科学館」を紹介します。 巨大な地球をイメージしたドームを中心に太陽系から北海道の成り立ちまでを学べる施設とともに、実演などを通して自ら触れ体験して考えることができる科学の不思議と楽しさをお伝えします。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立南葛飾高等学校

葛飾区立石にある「都立南葛飾高校」。 漫画「キャプテン翼」の作者、高橋陽一さんの母校としても知られています。 野球部員は15人と少数精鋭のチーム。 人数が少ない分、グランドを広く使え、密度の濃い練習が出来るのが強みです。この日も2時間みっちりと汗を流しました。 勢いづいたら止まらないという今年の南葛飾。守備でリズムをつかめるかが勝負のカギを握っています。 得意の打撃に更なる磨きをかけてまずは、1勝。チーム一丸となり、勝利を目指します!

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 敬愛学園高校

かたい守り、そして攻撃力が自慢の敬愛学園高校。昨年の夏、4回戦で負けた悔しさを晴らすべく、3年生を中心に、部員一丸となり練習に励んでいます。一戦一勝を合言葉に、チーム一丸となり、勝利をつかみ取ります。

編集チームおすすめ

平成30年7月豪雨 義援金募集のお知らせ

ご支援・ご協力をお願いします。

ランキング

J020 探偵同好会VS怪盗同好会

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 昭和第一高等学校 映画制作同好会 人間の心情を表した作品となっております。喜怒哀楽、様々な感情が渦巻き非常な現実を突きつけられる。そんな中で彼らはどう行動するのか?最後に意外な結末が・・・。上映時間20分で疲れることなくご覧出来ます。

うらら栃木版 9月3日号

栃木エリア(栃木市・壬生町・下野市)、群馬エリア(館林市、邑楽郡)、茨城エリア(結城市・筑西市)のお店、企業、気になるスポット、活躍している皆さんをう・ら・らリポーターが取材、体験リポートする番組。「Wish you Luck and Laughter」、名づけて「う・ら・ら」! 今週は、栃木市の「美容室LI'L FOREST」と「ゲストハウス蔵の街キッチン」をご紹介します! 「う・ら・ら」専用サイトでも動画配信中です→ulala-tv.jp

福丸がゆく2017年12月11日放送 伊丹市瑞ヶ丘~荻野

今回も伊丹市瑞ヶ丘から荻野にかけて散策中の福丸さん。 見所満載の山中育樹園で樹齢100年超えの松など数々の名木も拝見しました! さらに荻野の陽気な奥様方に出会うと、 界隈ではかなり話題になった驚きのエピソードも飛び出しました!

スイカ帝国の逆襲

国立米子工業高等専門学校 放送部 制作作品 廊下を歩いているときにスイカに襲われた池口君に出会った少女は,スイカと闘う羽目に。池口君を助けるために,スイカをどんどん倒して行くと,そこには衝撃の真実が待っていた。 主人公とスイカの戦闘シーンにご注目下さい。

壱岐の名水をたずねて第5話

全5話。第5話殿川井戸(とんごう)御手水の滝(おちょうずの滝)犬の井(いんごう)常盤井(ときわごう)を紹介します。 長崎県壱岐市。玄界灘に浮かぶ小さな島。豊かな穀倉地帯があり、昔から豊富な水源に恵まれていました。米や麦、大豆などが栽培され、さらには麦焼酎が作られ、いまでは壱岐の特産品のひとつでもあります。壱岐には大きな川があるわけではありません。島なのになぜ水が豊富なのか、人々はどうやって水を得て暮らしてきたのか、壱岐の名水をたずねながら、その謎に迫ります。

あなたにおすすめ

2017となみ野の風景「春を待つチューリップ」

4月を迎えるとなみ野。まだまだ冷え込む日は続きますが、球根栽培用のチューリップは春を感じて、たくましく育っています。一日一日暖かくなるとなみ野。春は着実に近づいています。(2017年3月)

NAGASAKI水中散歩#19 長崎の外洋

海に囲まれている長崎県 内海もあれば、湾もある。その中で、角力灘は対馬海流などの影響を受け、様々な魚たちを見ることができます。 今回は、池島の近くにある母子島(ハコジマ)の周辺を中心に 外海(外洋)の生き物を観察します

おおむら湾水中散歩#8

長崎の里海大村湾はとても不思議な海です。 蝶閉鎖性水域と言われるまるで湖のようなこの海は 塩分濃度も低く冬には結氷することもあります。 そんな里海大村湾を見つめる水中観察家の中村拓朗さんと、不思議な海の生き物を季節と共に観察していきます 1月の大村湾

2018となみ野の祭り「井波八幡宮春季大祭よいやさ祭り」

天保4年(1833年)商売繁盛・家内安全を祈願する神事として始まった南砺市井波地域のお祭。若衆が担ぐ神輿は3基あり、子ども神輿と合わせて6基の神輿が威勢のいい掛け声とともに町内を練り歩きます。獅子舞の獅子頭は地元井波彫刻の技が光る勇壮な表情。(2018年5月3日)

壱岐の名水をたずねて第2話

全5話。第2話清水井(きよみずごう)と御手水井(おちょうずごう)を紹介します。 長崎県壱岐市。玄界灘に浮かぶ小さな島。豊かな穀倉地帯があり、昔から豊富な水源に恵まれていました。米や麦、大豆などが栽培され、さらには麦焼酎が作られ、いまでは壱岐の特産品のひとつでもあります。壱岐には大きな川があるわけではありません。島なのになぜ水が豊富なのか、人々はどうやって水を得て暮らしてきたのか、壱岐の名水をたずねながら、その謎に迫ります。

ピックアップ

40NAGASAKI水中散歩「初夏のそとうみ」8月素材

水中観察家 中村拓朗さんと観察するのは、夏を間近に迎えた 長崎の外海!マリンシーズンを先取りでいきもの観察を行います

eiga worldcup 2017 自由部門 1年後

埼玉県立芸術総合高等学校

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 県立柏高等学校

16人の部員が所属する柏市の県立柏高校野球部。今年は「愛される野球部」をスローガンに去年以上の成績を目指します。今年のチームの特徴として、攻撃面では足で点を稼いでき、守備面では周りが互いにフォローしあいながら守りを固めています。チームワークでこの夏の大会を勝ち抜いていきます。

第46回魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会 花輪 対 白鵬大足利

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

幻覚

東京都立若葉総合高等学校 映画制作部 制作作品 ホラーとミステリーの狭間のような作品です。シリアスな演技に苦労しました。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 我孫子二階堂高等学校

野球部創部当初から続く「心の野球」をモットーに野球だけでなく、私生活や学校生活を大切にしながら日々練習に取り組んでいる我孫子二階堂高校野球部。今年は投手力・攻撃力・守備力ともに非常に充実した選手がそろっているそうで特に守備では1点を大切にする野球を目指します。選手全員が一丸となって憧れの甲子園の舞台へ駆け抜けます。

忘遠郷

埼玉県立芸術総合高等学校 映像芸術科 制作作品 遠い遠いふるさと、望郷の思いを馳せて、もう一度幼かったころ歩いた道のりを歩いてみた。

島の成り立ち物語第1話

長崎県壱岐は玄界灘に浮かぶ小さな離島。その島の成り立ちを探る。島ではマンモスや淡水魚の化石などが発見されている。マンモスが海を渡ったのではなく、かつては島は大陸とつながっていたことが分かる。島の土台となっているのは勝本層と呼ばれる堆積岩。島にはいくつもの火山口があり、島の中央には東西に走る大断層がある。壱岐の「巨樹」、「名水」と紹介してきた島の自然シリーズ最終章。第一話は島の土台となる勝本層を見る。解説は山内正志さん、聞き手は井山裕貴さん。

川越まつり

ジュピターテレコム:制作 川越まつりは、10月14日に氷川神社が執行する「例大祭」を根源に「神幸祭」「山車行事」から成り立つ。慶安元年(1648)に、当時の川越藩主、松平伊豆守信綱が氷川神社に神輿・獅子頭・太鼓等を寄進して祭礼を奨励したことに始まり、慶安4年(1651)から華麗な行列が氏子域の町々を巡行し、町衆も随行するようになった。これが「川越まつり」の起源とされる。以来、360年以上にわたって川越の文化として脈々と受け継がれている祭礼行事である。

ほんでミーゴ@Kパラnext 2018年3月22日

岩井・澤井の2人が県内のいろいろな場所を散策しながら、『ほんでミーゴ』を合言葉に皆さんに街のこと、人のことを根掘り葉掘り聞いちゃいます。今回は近鉄下田駅周辺を散策しています。