J:COM

「高校球児の夏2016」(都立小岩高等学校)

提供元:J:COM

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

江戸川区本一色にある都立小岩高等学校。野球部員は、三年生12人 二年生16人 一年生14人 マネージャー3人を含む総勢45人。
全力疾走、カバーリング、ベンチワークをチームの目標に掲げ、日々練習に励んでいます。一戦必勝で大会に臨み、甲子園出場を目指します。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】明星高等学校

府中市栄町にある明星高等学校。 野球部員数は、1年生23人、2年生21人、3年生18人、マネージャー7人の、 あわせて69人です。 野球部の方針は文武両道。学校生活を含め、規律をきちんと守り 常に全力でプレーすることをモットーにしています。

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立清瀬高等学校

清瀬市松山にある都立清瀬高等学校。 夏の大会では、2017年は3回戦、2016年は2回戦で退いていますが 今年は『ベスト8』を目標に日々練習に励んでいます。 この日はあいにくの雨。選手たちは、筋力トレーニングやバッティングなど、室内の練習メニューに取り組んでいました。 チームの強みは「打撃力」。 勝負強いバッティングの野村選手、安定感のある寺谷選手、 思い切りのよいスイングが持ち味の金澤選手を中心に、 強く積極的なバッティングを心がけています。

【高校野球 2017夏 東東京大会チーム紹介】都立三田高等学校

今年で創部10年目の比較的新しいチームですが、 昨年、夏の大会で2勝したことで目標を高く持って練習に臨んでいます。

【高校野球2018夏 東東京大会 チーム紹介】正則高等学校

港区のシンボル 、東京タワーに見守られながら、練習を行うのは、正則(せいそく)高等学校野球部。1901年に創部されたこの歴史ある野球部は現在、部員33人で活動。校舎に囲まれた、人工芝のグランドで日々汗を流しています。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 日本大学習志野高校

今年は、総勢41人の部員と選手を支える3人のマネージャーで日々練習に励んでいる日本大学習志野高校。日大野球部OBの吉岡監督指導のもと、失点を恐れず打撃で獲り返すという打撃力重視の攻撃的な野球で夏の大会に臨みます。

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立南平高等学校

自立を重んじ、選手、自らがメニューを決めて練習に励んでいます。今年は『バッティングの強化』をテーマに選手全員でバットを振り続けてきました。

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

それいけ爆釣中!vol.55

平成29年11月放送「チャリティー罰金企画・前編」 毎年恒例の罰金編。今年のルールは英語禁止じゃない…!? 果たして誰が一番お金を払うのかw お楽しみに!!

オナガチャレンジin鵜来島

今月の我ら海遊人は、高知県宿毛市より年に1回の特別企画「尾長チャレンジ」をお送りします。今回は、ここまで惨敗続きのこの企画に終止符を打つため、海遊人軍団最強の布陣で臨みます!大型尾長の巣窟、鵜来島の水島2番を攻略することができたのか!?

この坂のぼれば 2017年7月

今回はたくさんの人が知る出島をスタートして ドンの山を目指します

大和歳時記2(飛鳥坐神社おんだ祭・なら瑠璃絵)

古都奈良で行われる伝統行事・イベントをセレクトし、月ごとにご覧いただける番組です。

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】西武台高等学校

西武台高等学校野球部は104人。 物事が成功するもしないも心がけ次第という意味の「高下在心(こうげざいしん)」をモットーに日々、練習に励んでいます。守備からリズムを作り、少ない攻撃のチャンスをものにしその得点を守り抜くチームです。

あなたにおすすめ

五城目高校

いよいよ、夏の甲子園出場校を決める「第98回全国高校野球選手権秋田大会」が 12日に開幕しました。甲子園をかけた球児たちのアツイ思いをお伝えします。 今回は秋田県立五城目高校を紹介します。

めざせ!甲子園2018 桜町高等学校

夏の甲子園出場を目指すイッツコムエリアの高校野球部をご紹介する「めざせ!甲子園2018」。大会を直前に控えた各チームの練習風景や主将・監督のインタビューをお届けします。 桜町高等学校のスローガン・意気込み:「練習100%試合と同じ」 【イッツコム夏の高校野球 特設サイト】 https://www.itscom.net/089

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】石神井高等学校

正門にくすの木が出迎える、都立石神井高等学校。 野球部員は1年生8人、二年生16人、3年生8人の合計32人。 伝統である全力疾走、バックアップに加え新チームでは、 下克上をモットーとして掲げ練習に取り組んでいます。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立大崎高等学校

チームのモットーは「常に感謝の気持ちを忘れないこと」。創部4年目で、公式戦では一度も勝てていないので、まずは一勝を目標に頑張っています。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】城北高等学校

板橋区東新町にある城北高等学校は、創部して65年。 32人の部員が、東東京大会でベスト8を目指し練習に励んでいます。 チームのモットーは、 守備からリズムを作ってバッティングに繋いでいく、流れを大事にした野球です。

ピックアップ

病院は何処へ 地域医療を考える(ダイジェスト版)

伊万里ケーブルテレビジョン:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード 準グランプリ 【番組の概要】  へき地医療を担ってきた公的病院が老朽化のため移転新築を計画していることがわかった。過疎化が進む現地では黒字が見込めないとして建て替えはせず、伊万里市中心部か隣県の松浦市へ移転するという。伊万里市は公的病院の流出を防ごうと市内移転を推進するが、医師会は医療圏内で統合したばかりの自治体病院と競合するとして猛反対。一方、救急告示病院のない長崎県松浦市も誘致を表明、事実上の誘致合戦に発展した。しかしこの移転は、国が進める地域医療構想に逆行する様々な問題をはらんでいた。専門家や関係者の意見を聞きながら、過剰病床、救急救命、医師・財源不足など、地域医療の課題を考察する。 【審査員コメント】 ・すごく優れた作品。病院問題は、全国どこでもある問題だが丁寧に描いている。病院、医師会、議会、行政を多角的に分かり易く描かれている。記者会見とインタビュー中心の構成ながら普通のドラマより緊迫感があり、ドラマチックで構成力が優れている。 ・問題意識が良い。今伝えるべきことを今伝えるというジャーナリズムに挑む姿勢が素晴らしい。 ・導入部、複雑な話を分かり易く入った。気配りが生き届いた作品。 ・3つ学んだ。公立病院の経営が厳しく統廃合が進んでいること。国は緊急医療に力を入れている。医師会が依然として力を持っている。 ・日常から市、医師会に対し積極的に取材してきたことがこのような番組の制作を可能としたと思う。  ・ケーブルテレビのジャーナリズム性を提起している。

JICFuSムービー:計算科学最前線

計算基礎科学連携拠点(JICFuS)は、素粒子・原子核・宇宙物理を大規模計算により探求する研究組織です。本番組は、その活動の様子を紹介した動画「JICFuSムービー」をお借りし、放送用に再編集したものです。

あなたとふるさと

富山県立志貴野高校 演劇同好会 制作作品

2018となみ野の風景「秋雨」

季節は夏から秋へ。夏の空気と秋の空気のせめぎ合い。大気の状態が不安定になり前線が居座ることで長雨を降らせます。これが秋雨。夏から秋へ昼間の時間も少しずつ短くなってきました。(2018年9月)

カナメの宅配ひとり旅~お菓子がいっぱい!~(2018年9月放送)

今回は日本クラウンの知里(ちさと)さんをゲストに迎え、「名物 かまど」総本店におじゃましました。かまど大使(?)と あれこれ商品やお菓子作りのこだわりなどを楽しく紹介します! 唄は、カラオケ喫茶「吹花」(すいか)さんです。

コロコロチキチキペッパーズの「やっべぇぞ!!」(グラミーゴ三笠FC)

漫才コンビ「コロコロチキチキペッパーズ」がお届けする15分番組 「やっべぇぞ!!」 日々練習に励む学校の部活や、地元のサークルに突撃してガチンコ対決。 今回は奈良市大安寺西小学校で活動する「グラミーゴ三笠FC」に突撃。

秋のエギングin淡路島 前編

海遊人初上陸の淡路島から秋のエギングをお届けします! ゲストに餌木猿の米田塾長を迎え、淡路のアオリイカを攻略します。

目黒区動画ニュース(2017年5月23日更新)

目黒区内のイベントや取り組みなどをご紹介する 「目黒区動画ニュース」 今回は、毎年ゴールデンウィークに開かれる 恒例の「自由が丘スイーツフェスタ」の様子を紹介します。 イベントでは、自由が丘にお店を構える人気のスイーツ店を巡る スタンプラリーなど様々なプログラムが行われます。 スタンプラリーには今年、 過去最多となる25店舗のスイーツ店が参加していて 訪れた人たちは自由が丘の街を散策しながらお店巡りを楽しみました。 5月3日・水曜日には、 「自由が丘スイーツフェスタ」をアピールしようと オープニングセレモニーが開かれ 青木英二目黒区長などが参加しました。 この日は式典に引き続き、 「自由が丘スイーツ大使」の任命式が行われました。 大使として任命されたのは、鳴門親方です。 現役時代は大関「琴欧州」として活躍しました。 鳴門親方は、去年から自由が丘で開かれた多くのイベントに参加していて この街に縁があります。 また親方がスイーツ好きということで 今回任命されることになりました。

わがまちの風景【大阪市港区 築港】

わたしたちの住むまちの風景を音楽とともにお届けします。

まる○ひたち散歩#17「cotton´s」

いばらき大使の林家まる子が日立市周辺の魅力的なお店をまるまる紹介します! 「cotton´s」