J:COM

【高校野球2016夏 東東京大会 チーム紹介】都立中野工業高等学校

提供元:J:COM

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

「出来ることを全力でやる」をモットーに、少数精鋭で取り組んできた団結力を活かし、チームワークで戦うことを心がけています。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

2016夏・高校野球千葉大会チーム紹介 県立京葉工業高等学校

25人の部員が所属。固い守備からリズムをつくり 攻撃に移るスタイルで大会での勝利を目指します。

「2016夏・高校野球千葉大会チーム紹介」千葉商科大学付属高等学校

関西の強豪校と練習試合を重ね、自信、実力ともに力を付けてきた千葉商科大学付属高校。 今年は、甲子園制覇をめざします。

地域の逸品 ~長野県・杏都ブランド~

日本各地には、まだまだ知られていない隠れた逸品が存在する… この番組は、逸品が生まれるまでの様々なドラマと生産者たちの熱い想いに迫ります。 今回は「日本一のあんずの里」として知られる長野県千曲市の地域活性化プロジェクトに密着。そのプロジェクトではこの地を“杏都”と名付け、「杏都ブランド」としての新商品開発に力を入れています。果たして、そこにはどんなストーリーがあるのでしょうか?

関東甲信越ふるさとタイム#29神奈川県特集(2016/12/06 OA)

毎回一つの県にスポットを当てて、地元のケーブルテレビ局が作った地方色たっぷりの番組と旬な地域情報を紹介する「ニッポンのふるさと情報バラエティ」。 今回は神奈川県特集! ご紹介する番組横浜ケーブルビジョン制作の「地域発信バラエティーのんビリー行こう」。 「生涯ロカビリー」が座右の銘のビリー諸川さんが、横浜の街をぶらり散歩する名物番組。今回は泉区 下飯田駅周辺を散策します。どんな楽しい出会いがあるのか。さらにスタジオ内にビリー諸川さんが召し上がったある商品をMCの2人もいただきます。MC2人はビリー諸川さんより美味しそうな「おい〇ー」を言えるのか!? 後半の「ふるさと便り」のコーナーは、 2016年を締めくくる!ご当地年末行事特集 「さがみ湖イルミリオン」を紹介します。 去年もご紹介した関東最大級の光の祭典がさらにパワーアップして今年もやってきました。電球の量が増えただけでなく今年は日本一の眺めを2つ新設しました。何が日本一の眺め?なのかをゲストの方がいらしてご説明しております。また去年行けなかった方でもすぐ行けるように移動プランも考えて頂きました。 ■MC 江戸むらさき野村浩二(茨城県出身)、芹澤みづき(栃木県出身)

東海・北陸ふるさとタイム#30(2016/12/21 OA)

毎回一つの県にスポットを当てて、地元のケーブルテレビ局が作った地方色たっぷりの番組と旬な地域情報を紹介する「ニッポンのふるさと情報バラエティ」。 今回は年末特集。 ご紹介する番組は新川地域介護保険・ケーブルテレビ事業連合制作の「コトマチ ~子どもが育む、地域の未来~」。 第42回 日本ケーブルテレビ大賞特集の中のコンペティション部門の優秀賞を獲得した番組をご紹介。黒部市の社会福祉法人あいじ福祉会理事長 岩井 恵澄さんへのインタビューを軸に、地元の保育環境の変遷を振り返るとともに、「シニアサポーター」という取り組みを紹介します。少子高齢化・労働力人口の減少・女性の活躍・地域コミュニティの希薄化・保育士の負担軽減など、諸問題に波及していきます。 *今回ふるさとタイム版として編集をしてありますが、完全版はインターネット「じもテレ」で視聴する事が出来ます。 https://jimotv.jp/products/movie_detail.php?product_id=4971 後半の「ふるさと便り」のコーナーは、 もう一度食べたい2016!ご当地グルメランキング この1年間に紹介した様々な選りすぐりのご当地グルメの中から、MC澤田南がもう一度食べたいベスト3を発表!! 東海・北陸グルメランキング1位に輝いたのは・・・ ■MC 江戸むらさき野村浩二(茨城県出身)、澤田南(岐阜県出身)

【高校野球2016夏 東東京大会 チーム紹介】明治大学中野高等学校

毎年あと一歩のところで悔しい思いをしてきた部員たち。マネージャーが「今年はチャンスの年」と言うように、夏の大会にかける思いはどのチームよりも強い。

編集チームおすすめ

巨大な男根形の「ほだれ様」は農耕の実りと人の実りを守る神様

毎年3月の第2日曜日には地区をあげて、高さ2.2m、重さ約600kgの巨大な 男根形の御神体のご利益にあやかろうとする「ほだれ祭」が催されます。

ランキング

J002 Deleted

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 東京都立若葉総合高等学校 映画制作部 最底辺県立高校の旧校舎に乗り込もうとした主人公と、その尾行を企んだ三人。彼らは何者かによって旧校舎に閉じ込められてしまう。強制的にゲームを仕掛けられた彼らには、裏で意外な繋がりがあったのだが…。

2016夏・高校野球千葉大会チーム紹介 県立千城台高等学校

野球部員は、マネージャーを含め35人。 スタメン9人中5人がホームランを打てる「打って勝つ」打撃重視のチームです。

【広報きりしまとMCTのコラボ番組】山の温泉①

霧島市の市報「広報きりしま」と南九州ケーブルテレビネットのコラボ番組です。今回は、霧島ジオガイドで森林セラピストの遠竹美代子さんをナビゲーターに硫黄谷噴気地帯や丸尾滝、丸尾自然探勝路にいき、山の温泉の魅力に迫ります。

おしえて!奈良医大04

奈良医大の先生に「知っておきたい病気のあれこれ」や「気になる体のあれこれ」について、わかりやすく教えていただく番組です。 今回は「本当はこわい脂肪肝」について伺います。

オトナはミナイデ! 2017年4月放送 #16

まだオトナになる一歩手前の岐阜の女の子が 放課後トークする番組。だからオトナはミナイデ!ね(笑) 2017年4月放送 #16 出演:岐阜美少女図鑑 あやの・まりん・ことね

あなたにおすすめ

2016夏・高校野球千葉大会チーム紹介 暁星国際高等学校

木更津市矢那にある暁星国際学園。幼稚園から高校まで一貫教育を実践していて、授業を英語で行うインターナショナルコースなど世界を見据えた教育を行っています。暁星国際高校野球部には、1年生11人、2年生17人が所属。チーム一丸となって練習に取り組んでいます。エースピッチャーの梅田選手は、長身から投げ下ろすストレートとキレのあるスライダーが武器。ピッチャーを中心に得点を抑え少ないチャンスを確実にものにするのが暁星国際の野球です。学校のスローガンでもある「より高く」を胸に、今大会に挑みます。

【高校野球2016夏 西東京大会 チーム紹介】都立国立高等学校

野球部は1980年、都立高として初の夏の甲子園出場を果たしており、現在、51人の部員が、一丸となり先輩に続けと、「文武両道」の精神で練習に励んでいます。今年のチームは、「攻撃を重視した野球」。一発の長打に、期待するのではなく、着実に打線をつないで、攻撃のリズムを掴んでいくことを目指す。「先ずは一勝、そしてその先の高みへ…」先輩達の残した偉業に国立ナインが挑む。

2016夏・高校野球千葉大会チーム紹介 県立清水高等学校

県立清水高校の野球部員は9人。去年は1回戦で敗退しましたが、今年は「はつらつと元気よくプレーする事」をモットーに日々練習に汗を流しています。チームを引っ張るのは、ピッチャーの戸辺選手。応援される野球部を目指し率先して練習に打ち込みます。

第98回全国高等学校野球選手権長崎大会シード校紹介「長崎総合科学大学附属高校」

第98回全国高等学校野球選手権長崎大会シード校紹介「長崎総合科学大学附属高校」

【高校野球2016夏 東東京大会 チーム紹介】大山高等学校

大山高等学校野球部は部員数9人と少ないながらこの春の大会を経験した2年生と3年生の4人が中心となる少数精鋭のチーム。 キャプテンの井上選手は部員の少なさが、チームの結束を強くしていると抱負を語ってくれました。 チームのメンバーや監督からも信頼される、2年生の松尾選手は、打撃力を期待され、長打を意識して練習に励んでいます。

ピックアップ

第46回魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会 秋田南 対 日本航空

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

壱岐巨樹名木物語第4話

長崎県壱岐市の巨樹・名木を草木に詳しい郷土研究家と訪ねます。長い時を超えてつなぐ命。生き残るための木々の知恵と神秘の世界を全4回に渡って紹介します。その最終回になります。

超次元おにごっこ(予告編)

秋田県立秋田高等学校 映画同好会 制作作品 おにごっこなのに、おにごっこらしくない!?常識はずれのおにごっこが今始まる!

万照の岐阜発!!音楽のチカラ 2013年10月放送 Track02 「野々田万照」とは…その2

岐阜出身のプロサックスプレイヤー「野々田万照」 がお送りする音楽番組。 夏は鮎漁師、音楽スクールの校長先生など多彩な顔がある万照さん。 番組では岐阜だけでなく世界各国でのコンサートの裏話など 「ギョーカイ」の裏話も交えて楽しく語ってくれています。 2013年10月放送 Track02「野々田万照」とは…その2

まる○ひたち散歩#17「cotton´s」

いばらき大使の林家まる子が日立市周辺の魅力的なお店をまるまる紹介します! 「cotton´s」

豊浦 NOW and THEN

北海道シュタイナー高等学園いずみの学校 映画研究部 制作作品 古き良き時代から、この町に住み続ける夫婦に話を聞き、今とどのように違うのか、いろいろな話を聞き、それを昔と今とで比較してみました。

【高校野球2016夏 西東京大会 チーム紹介】成蹊高等学校

「明るく・厳しく・貧欲に」をモットーに49人の部員全員で甲子園を目指します。

道を歩く(予告編)

埼玉県立芸術総合高等学校 映像芸術科 制作作品 人は必ず迷走する それが大きな壁であればあるほど、余計に走り続ける。走って走って走って…… それでも道は歩いていたい

高山祭

飛騨高山ケーブルネットワーク:制作 春の高山祭(山王祭)は日枝神社の例祭で毎年4月に開催。秋の高山祭(八幡祭)は櫻山八幡宮の例祭で毎年10月に開催。高山祭とはこの二つを指し、日本三大美祭のひとつに上げられる。 「祭屋台」が春には12台、秋には11台曳き揃えられ、その豪華絢爛な姿を披露する。総勢数百名におよぶ祭行列は、闘鶏楽や裃姿の警固など伝統の衣装を身にまとい、お囃子や雅楽、獅子舞に先導されて地域をまわる。夜には各屋台100個にもおよぶ提灯を灯し、艶やかに夜の闇を飾る。

目黒区動画ニュース(2017年4月11日更新)

目黒区内のイベントや取り組みなどをご紹介する 「目黒区動画ニュース」 3月21日・火曜日、都立目黒高等学校で 「選挙出前授業」が行われました。 これは公職選挙法の改正により選挙権の年齢が 「満20歳以上」から「満18歳以上」に引き下げられたことを 受けて実施しているものです。 目黒区選挙管理委員会は政治を身近に感じてもらい 参加意識の向上を図ろうと 昨年度から区内の高校を回りこの授業を行っています。 今回は、都立目黒高等学校の2年生236人を対象に実施しました。 授業では、本格的な模擬選挙が行われたほか、 去年の参議院議員選挙を経験した3年生から 投票した感想やアドバイスがあり、 生徒たちは選挙を身近に感じることができたようです。