J:COM

【高校野球2016夏 東東京大会 チーム紹介】桐ヶ丘高等学校(連合チーム)

提供元:J:COM

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

北区赤羽北にある桐ヶ丘高等学校。今年は葛飾区の農産高等学校、足立区の足立東高等学校、目黒区の東京学園高等学校、三宅島の三宅高等学校の5校で連合チームを結成し、東東京大会に挑みます。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立国分寺高等学校

国分寺市新町にある都立国分寺高等学校。 限られた時間で集中し勉強もしっかりこなす文武両道のチームです。 部員数は、1年生10人、2年生25人、3年生16人、マネージャー6人の総勢57人で甲子園を目指しています。 日々の練習で心身ともに鍛え上げてきた国分寺高校 野球部。 自分たちの力を信じチーム一丸となって甲子園を目指します。

第99回全国高等学校野球選手権千葉大会 出場校紹介動画「市立習志野高校」

市立習志野高校野球部は、春、夏の大会を合わせて11回の甲子園出場を果たし、 2度の全国制覇を成し遂げている千葉県を代表する名門です。 春の大会はベスト8で優勝に手の届くところの敗戦に選手達は悔しい思いをしてきましたが、 春の敗戦で生まれた危機感を原動力に換え、練習では打撃強化に取り組みました。 ミーティングでは選手から活発的に意見がでるようになり、 強豪校との練習試合では粘り強さが表れ、春の大会の敗戦は、習志野高校を更に成長させました。 習志野高校は、夏の大会で活躍してきたことから「夏の習志野」の異名で呼ばれています。 12回目の甲子園出場にむけて習志野高校の夏が熱くなりそうです。

【高校野球2016夏 東東京大会 チーム紹介】聖学院高等学校

北区中里にある聖学院高等学校。野球部は、創部明治41年と長い歴史を誇ります。今年は部員18名と決して多くはありませんが、2年生中心のチームで、チャレンジする気持ちが強いのが特徴です。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】東京工業高等専門学校

25歳の青年指揮官が率いる東京高専。学校近くの坂道を走って鍛え上げた強靭な足腰で、強豪校撃破を狙う!

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】慶應志木高等学校

慶應義塾志木高等学校の過去夏の大会最高成績は、1966年のベスト8。現在部員数43名で甲子園を目指しています。スローガンは「練習ハ不可能ヲ可能ニス俺たちはそれを証明する 挑戦」この言葉を胸に刻み、一戦必勝で粘り強い野球を目指します。

【高校野球2016夏 西東京大会 チーム紹介】都立小川高等学校

走塁や守備で主導権を取り、有意に試合を進めれば勝機があります。個々の力が劣る分、チームワークでこの夏1勝を目指します。

編集チームおすすめ

巨大な男根形の「ほだれ様」は農耕の実りと人の実りを守る神様

毎年3月の第2日曜日には地区をあげて、高さ2.2m、重さ約600kgの巨大な 男根形の御神体のご利益にあやかろうとする「ほだれ祭」が催されます。

ランキング

【高校野球2016夏 東東京大会 チーム紹介】日本ウェルネス高等学校

ピッチャーを中心とした守備力で、今年の夏の大会に挑む日本ウェルネス高等学校。春の大会でベスト16まで進んだ経験を元に、甲子園出場の歴史を作ろうと、日々の練習に励んでいます。 今年は3年生6人、2年生22人、1年生21人の若いチーム。注目選手はショートを守る渡部選手。横浜商大高校から転入し今年の春からチームに加わり打線の要となりました。

美濃和紙とうだつのまちから 8月号

岐阜県美濃市の広報番組。市の取り組みやできごとをお届けします。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立両国高等学校

墨田区江東橋にある両国高校。野球部の創部は1945年。部員数は、マネージャーを含めて19人です。 今年のチームのスローガンは「下剋上」 強豪校に打ち勝ち、過去の最高成績であるベスト16を上回るベスト8進出を狙います。 そんな両国を率いるのは、OBで2010年から采配を振る石川敏雄監督です。 このチームに欠かせない存在なのが3年生の大石遼選手。持ち前の明るい性格でチームを盛り上げます。 キャプテンは、エースの古澤知樹選手。持ち球はスライダーとカーブで、緩急をうまく使ったピッチングで、最後の夏の大会に挑みます。

第99回全国高等学校野球選手権千葉大会 出場校紹介動画 県立佐倉南高等学校

7月11日に開幕する千葉大会に向けて、主な出場校をダイジェストでご紹介。選手・監督インタビューや練習風景を交えながらチームの一球に込めた想いを総力取材!この夏に向けた球児たちの姿をお見逃し無く!

それいけ爆釣中!vol.13

平成26年5月放送「微笑みの国でぷち怪魚ハンター編1」 初めての海外ロケinタイランド。 いっぱい釣れた!管理釣り場だったからw

あなたにおすすめ

レーシングスピリット 2017年4月号(2017年シーズン開幕特集)

2017年シーズン開幕特集! 鈴鹿サーキットのモータースポーツシーズンの幕開けを告げる「鈴鹿モータースポーツファン感謝デー」。 番組では、3月に開催されたこのイベントで地元トップチームに注目!今シーズンの見どころを紹介します。もちろん、イベントの見所となった往年の名ライダー、名ドライバーも登場します。

特別番組「高校球児の夏2017」

高校球児応援特番 荒川区・文京区・千代田区“あらぶんちょ地区”の注目校を選手や監督へのインタビューでご紹介! ナビゲーター:大山楓

第46回魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会 花巻東 対 市立川口

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立紅葉川高等学校

江戸川区臨海町ある「都立紅葉川高等学校」。 部員数はマネージャーを含む総勢59名。 一昨年の夏の大会はベスト16過去にはベスト8まで勝ち残った実績のある都立の強豪高です。 今年のチームは、昨年の秋の大会で、チャンスを生かせず逆転された 悔しい経験から、例年以上にバッティングを強化してきました。 一方、守備面では、チームの大黒柱でエース右腕の吉本投手に期待がかかります。 チームのモットーは「明るく、楽しく、軽快に」。 キャプテンを務める岸選手を中心に全員が積極的に声を出しチームを盛り上げます。

第33回魁星旗争奪全国高校女子剣道大会 寒河江 対 盛岡白百合

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

ピックアップ

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介 上野学園】

上野学園野球部は 今年で創部から、10年と比較的新しいチームです。 2010年夏の大会ではベスト16に入り、今年は更に上位をめざします。 エースの傍島選手は主力打者でもあり。上位を目指すチームの中心選手です。 上野学園野球部は革命・レボリューションを合言葉にチーム一丸となってこの大会に挑みます。

東海の肖像「おてんとさんにまかせなさい!太陽熱温水器のルーツここにあり」

屋根に載せてお湯を沸かす太陽熱温水器。 近年、再生可能エネルギーが注目を集める中、 人類が最も古くから活用している自然エネルギーの利用法のひとつです。そのルーツがなんとキャッチエリアにありました。そのあゆみを辿ると、日本のエネルギー政策の課題も見えて来ます。世界的に進む再生可能エネルギーの利用。 番組では効率が良く、一般家庭での設置に有利な太陽熱利用のあゆみと そこから見える課題をご紹介します。 ※「東海の肖像」は毎月第4金曜夜7時からキャッチ地上デジタル12chで初回放送!

J073 パンティフルエンザ

神奈川県立横浜翠嵐高等学校SHBC映像班 制作 今年度発足したSHBC(放送委員会)映像班のデビュー作品です。この映画は「男子高校生の夢」が詰まった作品です。皆さんも若かりし日の「ひとかけらのロマン」に思いを馳せてみてはいかがでしょうか?

ヒットの兆し(柏屋商事)

新たなビジネスで岐阜を盛り上げようとしている企業、岐阜の地で頑張る仕事人を紹介します。 今回は、「柏屋商事㈱」の武藤 昭成さんを紹介します。

それいけ爆釣中!vol.33

平成28年1月放送「1月恒例総集編」 毎年一月は都合により総集編をお届けする。 見所は眉毛勝負に負けたディレクターの断髪式ならぬ「剃眉式」 予想外の結末を見逃すな!!

29NAGASAKI水中散歩#29「ウミシダの観察]

恐竜よりも昔から地球に生息していると言われている面白いいきもの「ウミシダ」植物のようにみえますが、実はウニなどの仲間である棘皮動物です。どんないきものなのか、水中観察家の中村拓朗さんと見ていきましょう

HYPER DASH基地#8【おたすけパーツが二人を救う!もうコースアウトなんてしたくないっ!!】

この世のどこかに存在するHYPER DASH基地。笑いあり!涙あり!レーサーに必要な情報あり!“ミニ四駆”にかけたあの頃の熱い想いを持った大人達必見!心のスイッチをONにするのは今だ!

ベイコム・地元ニュース(大阪版)2017年7月25日号

三社神社 夏祭り 宵宮(港) 浪速区食育フェア(浪速) 大野・百島連合 納涼盆踊大会(西淀川) ラジオの電波に声をのせてみよう!(北) 三津神社 夏祭り 本宮(港) 夏季館蔵品展「鹿 幸せのどうぶつ」(西宮市) 特集展「いたこんパラダイス」(伊丹市)

川越まつり

ジュピターテレコム:制作 川越まつりは、10月14日に氷川神社が執行する「例大祭」を根源に「神幸祭」「山車行事」から成り立つ。慶安元年(1648)に、当時の川越藩主、松平伊豆守信綱が氷川神社に神輿・獅子頭・太鼓等を寄進して祭礼を奨励したことに始まり、慶安4年(1651)から華麗な行列が氏子域の町々を巡行し、町衆も随行するようになった。これが「川越まつり」の起源とされる。以来、360年以上にわたって川越の文化として脈々と受け継がれている祭礼行事である。

インド布に魅せられて

西海市大瀬戸町でインド布に魅せられ自ら工房を開き 制作する女性を取材しました