J:COM

【高校野球2016夏 西東京大会 チーム紹介】都立大泉高等学校

提供元:J:COM

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

部員数は、マネージャーを含め13人と少ないですが、「一連托生」をモットーに、「全員野球」で勝利を目指します。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

第99回全国高等学校野球選手権千葉大会出場校紹介動画「県立八千代西高校」

昨年夏の大会初戦にて、大差のコールドゲームで相手校を下し、 2回戦まで駒を進めた県立八千代西高校。 部員数が11人と少人数ですが、負けん気の強い3年生を 中心に勝ちにこだわる試合を目指すチームが仕上がりました。 この夏の大会は、3年生4人を軸とした打線で、 チャンスを確実に生かし、元島監督の采配の元、 足をからめたヒットエンドランやランエンドヒットからの 得点をものにする攻撃で、まずは1勝を目指します。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】連合チーム 都立六郷工科・都立大山・都立産業技術・東京学園

今大会4校による連合チームで臨む 都立大山、都立六郷工科、都立産業技術高専、 そして、東京学園の野球部。 各校マネジャーを含む18人の部員が所属しています。 今年のモットーは、「連合旋風」。 合同練習は、毎週土日と少ない時間を有効に活かし練習に励んできました。 少ない時間ながらも濃厚に過ごした各選手たちの絆は、どの野球部にも負けません。 連合チームの底力を見せ、まずは初戦突破を目指します。

【高校野球2016夏 東東京大会 チーム紹介】北豊島工業高等学校

住宅街の中にある都立北豊島工業高等学校。 近隣住民への配慮から、バットの音を少なくするカバーを付けて、打撃練習を行ったり、選手同士の掛け声の大きさに注意したりと、工夫をしながら練習に励んできました。 攻撃力の中でも、打撃に強みがあると語る小椋監督。春の大会で3勝をあげた実績をバネに、この夏の大会で、更なる飛躍をと、チームを指導しています。

【高校野球 2017夏 東東京大会チーム紹介】芝高等学校

人数は少ないながらも、その分、選手同士の深い絆を養いながら1年間練習に励んできました。 1年生の時からずっとスコアラーやサードコーチなど、 主に裏方としてチームに貢献してきた吉岡選手が今年、春の大会で初めてのレギュラーを獲得。 現在、夏の大会に向けレギュラー争いをしています。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立成瀬高等学校

都立成瀬高校は、部員27名が牧野監督指導の下、練習に励んでいます。 チームのために心を一つにして戦おうというスローガンを掲げ、試合に挑みます。 エース加藤選手を中心に試合を組み立て、どこからでも点が狙える打線で勝負! 開校40周年の節目の年。成瀬高校は昨年の3回戦を上回る勝利を目指します。

J:COMpark 2017年3月後半号「祝!40歳記念!たつをマイホーム計画」

J:COMpark3月後半号は、たつをくんが40歳を迎えたということで 番組が余計なお世話をした企画「祝!40歳記念!たつをマイホーム計画」。 ということで、グランフロント大阪にあるパナソニックセンター大阪にお邪魔しました! パナソニックというから電化製品が置いてあるとお思いの方も多いと思いますが、 このパナソニックセンター大阪は違います! ここは暮らし、住まいの夢を叶えてくれる場所なんです! そんなこんなで、今回はたつをくんの夢をドラマ形式で、2つのリライフストーリーをご紹介しております。 いつものJパとは一味も二味も違いまっせ! WEB:http://c.myjcom.jp/jch/p/jpa/ ブログ:http://jcomch-kansaiobp.blogspot.jp/ フェイスブック:https://www.facebook.com/jcompark/ ツイッター:https://twitter.com/JCOMPark

編集チームおすすめ

志賀高原から始まる市川海老蔵「いのちを守る森」づくり

海老蔵さんの熱い想いをお聞き下さい。

ランキング

C055 忘れてしまった故郷

埼玉県立芸術総合高等学校映像芸術科 制作 4歳のころまで暮らしていた故郷僕はそのころのことをあまり覚えていません。

ならカフェめぐり「いとをかし」奈良市 ちてはこカフェ

奈良にはお洒落で可愛いカフェがたくさんあります。おいしい料理やスイーツ、素敵な店内や雑貨など、カフェの『いとをかし』な魅力をのんびりご紹介する番組です。(放送:2016年7月)

【高校野球2016夏 東東京大会 チーム紹介】大森学園高等学校

部員98人が所属する大森学園高校は区内でも有数の大きな野球部です。 現在3年生47人は2年前の東東京大会でベスト8に入ったときの先輩を見て、 入部した人が多いということです。 本番が近づき、練習にもいっそう気合がはいる大森学園高校。 最高の夏にしたいと部員全員が意気込んでいます。

鉄ぶらCM15秒.mpg

自然をこよなく愛するアウトドア派タレント鉄崎幹人が東海地方を中心とした自然スポットに出かけ、自然の大切さをお伝えします。

ベイコム・地元ニュース(大阪版)2018年3月13日号

2018消防体験メッセ(此花) 氷あそびしチャオ!(西淀川) 大阪開市 開港105年と川口居留地(北) 第19回 子育ての集い(西成) 障がい児・者とともにふれあう広場(西淀川) 北恩加島地域防災訓練(大正)

あなたにおすすめ

【高校野球2018夏 東東京大会 チーム紹介】大森学園高等学校

昭和20年に創部し、73年の歴史を誇る大森学園高等学校野球部。去年の夏の東東京大会では4回戦まで進み、東海大高輪に2対3で惜しくも敗れました。今年はチャンスでの1本など試合のポイントを意識した練習の結果を出し、甲子園を目指します。監督によるとケガや故障した選手も復帰しチーム体制は万全。今年に入って打率5割を超える不動の1番長尾選手からクリーンナップの佐々木選手・竹田選手を中心とした打線がチームの要になると話していました。エースピッチャーは田中選手。130キロ台の威力のあるストレートと、落差のある変化球を武器に相手打線を押さえます。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立深沢高等学校

チームのスローガンは「全員野球」。人数が少ないので全員で協力して泥臭く点をとったり、泥臭く守って、相手より1点でも多くとって粘り強く勝ちすすんでいきたい。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立府中東高等学校

府中市押立にある都立府中東高校.』 部員は1年生12人、2年生7人 3年生14人、マネージャー3人の 合わせて36人。 チームスローガン、『一球無二』を胸に 一球一球大事に日々 練習に励んでいます。 3年生を中心にチーム力を高める府中東。 全員野球でまずは初戦突破を目指します!

第46回魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会 秋田南 対 北上翔南

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

バンディブレーカーズ 第1回

加古川市を拠点に活動するサッカーチーム バンディオンセ加古川応援番組。 バンディオンセ加古川は、全国に9つある地域リーグの一つ「関西サッカーリーグ」に所属し、JFL昇格を目指しています。 番組では試合結果や選手の素顔などをご紹介しています!

ピックアップ

UP!アップ!関ガール シーズン2 vol.83.MXF

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」が毎回、過酷な企画にチャレンジするバラエティ。

STVニュースウォーカー0414「急増する特殊詐欺被害」

4月14日放送のSTVニュースウォーカーから、須高地区で被害が急増している特殊詐欺をご紹介します。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立大森高等学校

大田区蒲田にある都立大森高等学校。 野球部員数は1年生7人、2年生6人、3年生8人、マネージャー2人の合計23人です。 今年のチームの特徴は安定した守備力です。 試合でのエラーも少なく守備からリズムを作って先制点を取り、 それを最後まで守り抜きます。

「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2017」第1戦 秋田大会 北海道バーバリアンズディアナ 対 石見智翠館高等学校

5月13日・14日に秋田市のあきぎんスタジアムで開催された第1戦 秋田大会の試合をお送りします。エキサイティングなゲームをお見逃しなく!

こころ百景 とやま土人形 

富山の美しい自然とそれを愛する人々を紹介しています

だめんずきっちん2017年6月放送分

最も苦手な料理に挑戦する料理バラエティー番組です

J021 CRIMISONAL

共立女子中学高等学校映画部 制作 とある女子校で起きた不可解な事件。それを解決するためにミステリー研究部が動き出す。事件解決が難航していくが、彼女達は果たして真実を見抜くことができるのか!?最後の3分、あなたの予想は裏切られる・・・

【広報きりしまとMCTのコラボ番組】山の温泉②

霧島市の市報「広報きりしま」と南九州ケーブルテレビネットのコラボ番組です。ナビゲーターは霧島ユニバーサルデザインフォーラムで霧島ジオガイドの西島昭治さん。妙見温泉や安楽温泉、塩浸温泉にいき、霧島山麓の温泉の魅力に迫ります。

eiga worldcup 2017 地域部門 変わらないもの

名古屋市立中央高等学校

【高校野球2016夏 西東京大会 チーム紹介】和光高等学校

公式戦で実力が発揮できる度胸の良さがあるチーム。先制すると勢いがある。昨年のメンバーが半数残り、昨年よりパワーアップした3年生引っ張る。エースを中心に有終の美を飾りたい。