J:COM

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】飯能高等学校

提供元:J:COM

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

埼玉県立飯能高等学校。野球部は1955年創部と伝統があり、過去にはプロ野球選手も輩出しています。部員数は10人。少ない人数ながらも今年の春季大会西部地区予選では10年ぶりの県大会出場を果たしました。夏の大会でもチーム一丸となって戦います。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA- 9月後半号

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA- 今更ですが・・・ 番組リポーターの欣様こと安田欣司さんは、 河内地域のJ:COMチャンネルで活躍する、 もって生まれたオーバーリアクションと もって生まれた大きな声が特徴の地域タレントです。 さてさて、今回、私たちがお伺いしたのは、藤井寺市でーす。 藤井寺市は、大阪市から南東へおよそ15kにあるベッドタウン。 今回は、そんな藤井寺市の魅力をふわっとご紹介しまーす。 内容をちょこっとご紹介 ということで・・・ 早速、欣様はあの伝説のジャージに着替えて、ヨガレッスンを体験しまーす。 そして、岡田先生が自ら考えたという筋トレヨガを教えていただきます。 最後に、「たのしや」さんの素敵なメニューを試食させていただきまーす。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立大森高等学校

大田区蒲田にある都立大森高等学校。 野球部員数は1年生7人、2年生6人、3年生8人、マネージャー2人の合計23人です。 今年のチームの特徴は安定した守備力です。 試合でのエラーも少なく守備からリズムを作って先制点を取り、 それを最後まで守り抜きます。

Only Holy Christmas Show! presented by J:COM

12月19日(土)、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®で、「Only Holy Christmas Show!」が開催されました。大西ユカリを迎えておくる一夜限りのクリスマスライブで、来場者全員によるクリスマスソングの大合唱もお楽しみに!

【高校野球 2017夏 東東京大会チーム紹介】目白研心高等学校

3年生10人を筆頭に総勢38人 チームのエースは、 内角外角へと安定したコントロールが持ち味の2年生、石黒選手。 抑えの守護神はキャプテンの入江選手。 チーム一丸となって、悲願の甲子園進出を目指します。

【高校野球2016夏 西東京大会 チーム紹介】錦城高等学校

部員数は50人。 今年のチームは、 筋力トレーニングや バッティング練習に励んできた結果、 長打を狙える選手が増えてきました。 常に攻めの気持ちを忘れず、 全員野球で粘り強く勝ち進み ベスト8入りはもちろん 初の甲子園出場へ全力で臨みます!

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】東京工業高等専門学校

25歳の青年指揮官が率いる東京高専。学校近くの坂道を走って鍛え上げた強靭な足腰で、強豪校撃破を狙う!

編集チームおすすめ

平成30年7月豪雨 義援金募集のお知らせ

ご支援・ご協力をお願いします。

ランキング

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】東京都市大学付属高等学校

今年は、選手たちの食事内容の栄養指導、メンタルヘルスチェックなどで体格改善を図った結果、打力の向上につながりました。過去最高の戦力で大会に臨みます。

タイラバレディース対決!後編

瀬戸内海を舞台にマダイのタイラバゲームをお送りします。 ゲストに、釣りガールりんかさんと、シーフロアコントロールのエミリーさんを迎え、瀬戸内海の大型マダイに挑みます!女性アングラーとの負けられない戦い! 前編・後編と、ぜひご覧ください。

川越まつり

ジュピターテレコム:制作 川越まつりは、10月14日に氷川神社が執行する「例大祭」を根源に「神幸祭」「山車行事」から成り立つ。慶安元年(1648)に、当時の川越藩主、松平伊豆守信綱が氷川神社に神輿・獅子頭・太鼓等を寄進して祭礼を奨励したことに始まり、慶安4年(1651)から華麗な行列が氏子域の町々を巡行し、町衆も随行するようになった。これが「川越まつり」の起源とされる。以来、360年以上にわたって川越の文化として脈々と受け継がれている祭礼行事である。

【高校野球2018夏 西東京大会チーム紹介】駒場学園高校

世田谷区の駒場学園高校。夏の大会では2006年に東東京のべスト4に進出したのが最高の成績です。今年は32人の部員たちが、チームとして個人としてどうすればレベルアップできるのかを常に考え、高い意識を持って日々の練習に取り組んできました。俊足好打のトップバッター・越智キャプテンを中心に、飛躍を目指します。

UP!アップ!関ガール シーズン2 vol.98.MXF

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」が毎回、過酷な企画にチャレンジするバラエティ。

あなたにおすすめ

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】日本工業大学駒場高等学校

チームのモットーは『義理・人情』。一試合、一試合大事に戦っていき、昨年よりも上を目指す。目標はベスト32。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 関宿・清水・流山・船橋豊富連合チーム

野田市の関宿高校・清水高校、流山市の流山高校、そして船橋市の船橋豊富高校の4校で今年の夏の大会を戦い抜く合同チーム。今年の春から週末を中心に合同での練習をスタートし、徐々にチームワークも高まってきています。「一球へのこだわり」を強く持ち、一球一球大切にプレーして勝利をつかみに行きます。

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立富士森高等学校

昭和39年に創部となった八王子市の富士森高等学校 野球部。チームの特徴は「団結力」の強さ。昨年以上に厳しい練習を耐え、総勢54名で心を一つにチーム力を発揮します。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】目黒学院高等学校

チームのモットーは『目黒魂の復活』。練習が終わった後も主将が部員を集めて数時間、自主練習を行っている。今年はその成果が出れば、良い結果を出せそう。

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】大宮武蔵野高等学校

大宮武蔵野高等学校野球部の現在の部員は18人。今年の春、7年ぶりに県大会に出場するなど、着実に努力の成果が現れてきています。2アウトからのねばりに定評のあるチームです。

ピックアップ

太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2018秋田大会【#24-29】

5月26日・27日にあきぎんスタジアム(秋田県秋田市)で開催された、今シーズン2戦目となる秋田大会の#24-29試合の模様をお届けします。

隠岐★ドキ!あまチャンネル・アーカイブ Vol.14(2017年5月放送)

2017年5月に放送された『隠岐★ドキ!あまチャンネルVol.14』のリメイク版です。 今回は、雑誌「アンアン」や「ポパイ」「オリーブ」など、数多くの雑誌のアートディレクションに携わったデザイナーで、現在は生まれ故郷の海士町に暮らす新谷雅弘さんをアイランダースの一員にお迎えし、昭和初期に商業デザイナーの草分けとして全国的に活躍した、海士町出身の広瀬貫川氏の絵を訪ねて町内をめぐりました。

ならカフェめぐり「いとをかし」葛城市 もんちっち3

奈良にはお洒落で可愛いカフェがたくさんあります。おいしい料理やスイーツ、素敵な店内や雑貨など、カフェの『いとをかし』な魅力をのんびりご紹介する番組です。(放送:2017年10月)

【高校野球2016夏 東東京大会 チーム紹介】高島高等学校

板橋区・高島平にある都立高島高校・硬式野球部は、昭和49年に創部し、今年で42年目。 失点やエラーなど、守備に関して「0(ゼロ)」にこだわり練習に励む高島高校は、チームを率いて4年目の島監督のもと、甲子園出場を目指します。 チームのスローガンは、「一球の緊張感」。 練習は、試合本番の緊張感を意識しながら行われ、1球1球を大事にする精神を養っています。

なるほど!聞きコミテレビ#28戸出地域

高岡ケーブルネットワークアナウンサー、菅野もえが、 富山県高岡市のことをもっと知り、市民ともっと親しくなるべく、 皆さんの住む地域や市内のイベントにおじゃまします。 “聞きコミ”とは“聞いてコミュニケーション”の略。 身近な話題から時事の話題まで、毎週さまざな質問を携え、 いろいろな場所でインタビューします。

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】飯能高等学校

埼玉県立飯能高等学校。野球部は1955年創部と伝統があり、過去にはプロ野球選手も輩出しています。部員数は10人。少ない人数ながらも今年の春季大会西部地区予選では10年ぶりの県大会出場を果たしました。夏の大会でもチーム一丸となって戦います。

ほんでミーゴ@Kパラnext 2017年11月16日

岩井・澤井の2人が県内のいろいろな場所を散策しながら、『ほんでミーゴ』を合言葉に皆さんに街のこと、人のことを根掘り葉掘り聞いちゃいます。

どーでもネタ百科 第25回 県農の福丸くんって…?

どうでもいいけど何か気になる・・・街にあふれるそんな話題を徹底取材!明日からすぐに使える「話のネタ」をご提供します。

まる○ひたち散歩#24「Beach Burger 9」

いばらき大使の林家まる子が日立市周辺の魅力的なお店をまるまる紹介します! 「Beach Burger 9」

【高校野球2018夏 東東京大会チーム紹介】駿台学園高等学校

今年、部員55人で大会に挑む駿台学園は、昭和7年創部の伝統校です。チームのテーマは「主体性」。練習の大枠を監督が決め、具体的な内容は選手自らが決めるという、工夫した練習を行っています。選手一人ひとりの自主性が高まり野球への取り組み方も変わってきました。選手の成長がチーム力の向上に繋がりました。