J:COM

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】星野高等学校

提供元:J:COM

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

星野高等学校野球部の創部は、2012年。現在、93人の部員が日々、グラウンドで汗を流しています。創部5年目にして初めて「春の県大会」に出場しました。春の経験を選手たちの自信につなげ、守り抜く野球で、夏の大会は、1つでも上を目指します。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立両国高等学校

墨田区江東橋にある両国高校。野球部の創部は1945年。部員数は、マネージャーを含めて19人です。 今年のチームのスローガンは「下剋上」 強豪校に打ち勝ち、過去の最高成績であるベスト16を上回るベスト8進出を狙います。 そんな両国を率いるのは、OBで2010年から采配を振る石川敏雄監督です。 このチームに欠かせない存在なのが3年生の大石遼選手。持ち前の明るい性格でチームを盛り上げます。 キャプテンは、エースの古澤知樹選手。持ち球はスライダーとカーブで、緩急をうまく使ったピッチングで、最後の夏の大会に挑みます。

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】慶應志木高等学校

慶應義塾志木高等学校の過去夏の大会最高成績は、1966年のベスト8。現在部員数43名で甲子園を目指しています。スローガンは「練習ハ不可能ヲ可能ニス俺たちはそれを証明する 挑戦」この言葉を胸に刻み、一戦必勝で粘り強い野球を目指します。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立葛西工業高等学校

江戸川区一之江にある都立葛西工業高等学校。 「真理を愛し、勤労をたっとび、責任を重んずる」を校訓に ものづくりを通した人づくりを実践している高校です。 野球部員はマネージャー1人を含む総勢16人。 ことしは、保護者の方たちも横断幕などを作成してくれており、応援側も準備万端。 センターラインの守備力の高さとクリーンナップの勝負強さで夏に挑みます。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立光丘高等学校

練馬区旭町にある都立光丘高等学校。 野球部員数は、1年生4人、2年生8人、3年生7人、マネージャー6人の、合計25人です。 「凡事徹底」がチームのモットー。 練習のみならず、普段の生活から当たり前のことを一生懸命やる、という姿勢で全ての事に取り組んでいます。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立武蔵高等学校

春までは人数が足りず、他校と合同チームで試合に出場していましたが、この夏は1年生を迎え選手たちのモチベーションも高まっています。センターラインの守備を強みに、チーム一丸となって大会に挑みます!

【高校野球2019夏 西東京大会 チーム紹介】都立東村山高等学校

東村山市恩多町にある東村山高等学校。 練習は、校舎の改築により学校のグラウンドが使えないため、東久留米市内のグラウンドを借りて守備練習を行っています。部員は11人と少人数ですが、野球に取り組む姿勢は一生懸命。チームは、ここ数年初戦敗退が続いていて、何としても一勝が目標となっています。

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

2018となみ野の風景「ひまわり畑」

一面の花の絨毯。南砺市土生新の田んぼにはひまわりが育っています。まぶしい黄色い花が真夏の太陽に向かい日差しを受けています。このひまわりからはひまわりオイルが抽出されます。芳醇な香りと風味が特徴で、南砺の恵みとして多くの人を元気づけています。(2018年8月)

レーシングスピリット 2018年12月号(全日本ロードレース参戦 岡谷雄太選手)

モリワキエンジニアリングのクラブチーム「モリワキクラブ」から全日本ロードレース選手権J-GP3クラスに参戦する岡谷雄太選手を特集。ランキング2位で逆転チャンピオンを狙った最終戦に密着しました。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】東京農業大学第一高等学校

創部61年目を迎える農大一高、野球部。チームをまとめる主将は、昨年からのレギュラーですが、怪我で新チームになってから公式戦の出場はなくこの夏は、人一倍強い想いをもって大会に挑みます。コツコツ積み重ねた練習の成果を発揮し、一戦必勝でベスト16を目指します!

福丸がゆく2019年2月18日放送 大阪市大正区小林

街の方々の紹介で出演者を数珠繋ぎ! 定年間近で独立した鉄工所のご主人とその奥様の愛の物語や、 最近流行のハーバリウムに初挑戦したりと なんとも濃ゆ~い出会いをたくさん経験しました!

ILC科学少年団シーズン2第3話

日本が建設予定候補地となっている国際プロジェクト、「国際リニアコライダー」を軸に、素粒子物理の世界を紹介していくILC科学少年団の続編です。シーズン2は全12回を予定しております。

あなたにおすすめ

レーシングスピリット 2019年4月号(カート加藤大翔選手)

レーシングカートのカデットクラスで昨年チャンピオンになった、小学6年生の加藤大翔選手(ハラダカートクラブ所属、三重県多気郡多気町在住)。ジュニアのレースを卒業し、大人と争う本当の戦いへ! デビュー戦に密着しました。

「高校球児の夏2018」郁文館高等学校

文京区向丘の郁文館は、ある有名人が野球部に所属していました。その先輩が成しえなかった甲子園を目指し、練習に励む!今年の中心選手3人を紹介します。

高校野球2019夏 西東京大会 チーム紹介「大成高校」

三鷹市上連雀にある 大成高等学校は明治30年に創立され 100年以上の伝統を持つ名門校です。 現在野球部には40人が所属。日々練習に励んでいます。 この夏はサッカー部が全国高校総体に出場。 野球部のメンバーも大きな刺激を受けています。 ミスの少ない野球で、 仲間とともに勝利を掴み取ります。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 県立千葉工業高校

中央区今井町にある千葉工業高校。国家資格習得にも力を入れている公立の工業高校です。野球部には一年生から三年生まで46人が所属。練習から常に大きな声を出し、部員全員でチームを盛り上げます。

高校野球2019夏 東東京大会 チーム紹介「都立紅葉川高等学校」

江戸川区臨海町にある都立紅葉川高等学校。 3年連続4回戦敗退で夏を終えているチームは、今年その壁を突破すべく、練習に練習を重ねています。 マウンドを任されているのは3年生の二人、田中、砂川両投手です。ダブルエースとして大会に臨み、相手バッターを抑えて試合を勝利に導きます。 キャプテンはキャッチャーの鈴木選手。ハツラツとした声でチームを勇気づけています。

ピックアップ

鯛&ヒラメ狙いin瀬戸内海

今回の我ら海遊人は、瀬戸内海の船釣りをお届け!初冬の海を満喫します。

J006 寺門呪音の診断~吸血鬼の血~

神奈川県立大和南高等学校引中OBs 制作 除霊怪薬師それは、陰陽師やエクソシストとは違い、薬を調合することで、除霊・および怪異を退治する人達のことを指す。そんな除霊怪薬師の一人、寺門呪音はとある奇妙な依頼を受ける。

What a beautiful place! ~なんて素敵な場所でしょう!

信州長野県、北信濃の美しい風景を次世代映像4Kで撮影しました。是非ご覧下さい

激流と闘う乙女たち ~栄光への軌跡~

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞 ケーブルテレビ徳島・池田ケーブルネットワーク:制作 2017年10月、日本で初めて徳島県三好市でラフティング世界選手権が開催されました。 ラフティングとは、「ラフト」と呼ばれるゴムボートを川に浮かべ、チームで操り急流を下るウォータースポーツです。舞台は四国三郎とも呼ばれる日本三大暴れ川の一つ吉野川。「瀬」と呼ばれる激流ポイントがいくつもあり、落差は大きいもので2メートルを超えます。 その激流で世界の強豪たちに挑むのは日本代表チーム「ザ・リバーフェイス」。 メンバーは、吉野川に魅せられ、全国各地から徳島に移住してきた女性8人です。 地域の人々に支えられての日々の練習。その姿に憧れて世界大会初出場を果たした地元女子ユースチーム「TRAKT」の奮闘と成長。激しい戦いが繰り広げられるレースラフティングの世界で勝ち抜く、彼女たちの強さの秘密に迫ります。

【高校野球2019夏 西東京大会 チーム紹介】都立府中東高等学校

府中市押立町にある都立府中東高等学校。 今年のチームは、学年の垣根を越えて仲が良く、元気で明るいのが特徴です。冬から、ケースバッティングを取り入れ、より実戦に近い練習を重ねたところ、守備からリズムを作って攻撃につなげる自分たちのスタイルが、しっかりと確立されてきました。チームのスローガンは「感謝・素直・謙虚」。毎日の練習を支えてくれた方々に精一杯の恩返しができるよう、一戦必勝の強い気持ちを胸に夏の大会に挑みます。

J043 酸とアルカリ

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 埼玉県立松山高等学校 映像制作部 この話の見どころは、タイトルの通り、酸とアルカリの中和を人間関係で表現したところです。話の急な展開にも注目していただきたいです。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立北豊島工業高等学校

板橋区富士見町の住宅街にある 都立・北豊島工業高等学校野球部は、 創部して今年で8年目。 15人の部員が、夏の大会に向けて 練習に励んでいます。 選手1人1人が勝ちにこだわり、 意識を高く持つことが、チームのモットーです。

第33回魁星旗争奪全国高校女子剣道大会 酒田光陵 対 古川黎明

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

【高校野球 2017夏 東東京大会チーム紹介】目白研心高等学校

3年生10人を筆頭に総勢38人 チームのエースは、 内角外角へと安定したコントロールが持ち味の2年生、石黒選手。 抑えの守護神はキャプテンの入江選手。 チーム一丸となって、悲願の甲子園進出を目指します。

C027 此処にいる

eiga worldcup2016 地域部門出品作品 埼玉県立芸術総合高等学校 映像芸術科 私の昔よくいた場所。其処にいたのは今も変わらぬ景色と、何か知らないものだった。私は此処にはもういないけれど、確かに彼らは此処にいる。