J:COM

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】川越工業高等学校

提供元:J:COM

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

埼玉県立川越工業高等学校野球部。昭和21年に創部。公立高校ながら過去2度の甲子園出場を果たした実績を持ち、昭和48年には全国ベスト4にまで進出しました。3年生が主体で経験豊富な上級生が引っ張り走攻守共にバランスの取れたチームです。今年のスローガンは「全力意識」常に全力でプレーします。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】創価高等学校

小平市たかの台にある『創価高校』 練習は毎日、学校が終わってから東大和市のグラウンドで行っています。 2007年の甲子園出場以来あと一歩甲子園への道が遠く昨年は準決勝敗退です。 そんな状況を打破するべく、今年は安定感ある守備に加えて、厚みを増した打線と足を使った戦術で力をつけてきています。

さっぽろ見聞録「見て触れて考えてみよう 札幌市青少年科学館」

札幌市内の様々な地域の歴史や文化、話題などを紹介しその魅力を伝えるミニ紀行番組。今回は新たに、天文・地域科学のコーナーが登場した「札幌市青少年科学館」を紹介します。 巨大な地球をイメージしたドームを中心に太陽系から北海道の成り立ちまでを学べる施設とともに、実演などを通して自ら触れ体験して考えることができる科学の不思議と楽しさをお伝えします。

【高校野球2019夏 西東京大会 チーム紹介】都立片倉高等学校

去年の夏、ベスト8に入ったメンバーが主力となる都立片倉高等学校。68人いるナインらはワクワクした気持ちを大切にすることをモットーとし、課題を自分たちで見つけながら白球を追いかけます。エースの室津泰介投手は去年の夏に怪我をしたあと自分の体と向き合いながらトレーグングを重ねた結果復活し、チームの大黒柱として最後の夏を迎えます。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介 都立科学技術高校 かえつ有明高校都立浅草高校連合チーム 】

江東区大島にある都立科学技術高校。 グラウンドでは、同じ江東区にある「かえつ有明高校」との連合チームが練習をしています。 2校は、2016年の夏に連合チームとして初出場しています。 そして、この2校にこの夏から新たに、今年創部した 台東区の都立浅草高校野球部が加わりました。 その浅草高校の選手として出場するのは、3年生の臺一慶選手です。 実は、このチーム、3年生は二人だけ。 もう一人は、チームのキャプテンで科学技術高校の3年生、宮下選手です。 浅草高校野球部としてひとりで大会に挑む臺選手にとって、頼もしい仲間です。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立両国高等学校

墨田区江東橋にある両国高校。野球部の創部は1945年。部員数は、マネージャーを含めて19人です。 今年のチームのスローガンは「下剋上」 強豪校に打ち勝ち、過去の最高成績であるベスト16を上回るベスト8進出を狙います。 そんな両国を率いるのは、OBで2010年から采配を振る石川敏雄監督です。 このチームに欠かせない存在なのが3年生の大石遼選手。持ち前の明るい性格でチームを盛り上げます。 キャプテンは、エースの古澤知樹選手。持ち球はスライダーとカーブで、緩急をうまく使ったピッチングで、最後の夏の大会に挑みます。

「高校球児の夏2016」(都立小松川高等学校)

文武両道を校訓に創設100年を迎えた都立小松川高等学校。野球部員はマネージャー3人を含む総勢32人。チームのモットーは「ワンプレーを大切に」。チームメンバーがお互いフォローし合い1球1プレーを大切にする気持ちを常に持ち、野球に取り組んでいます。一人一人が積み重ねてきた成果を、この夏、全力で出し切ります

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

おすすめ!グルメ図鑑2018年5月号

先月に引き続き、プリマ旦那の河野さんが登場! 今回頂いたのは「見取り図のおすすめするお店を教えて」という依頼。 それならあそこでしょ!と3人で大阪市西区北堀江へ。 見取り図が大好き♪美味しい!と絶賛の「焼鳥・鳥料理てげてげ」さんで 二人のおすすめメニューをご紹介!

ILC科学少年団シーズン2第3話

日本が建設予定候補地となっている国際プロジェクト、「国際リニアコライダー」を軸に、素粒子物理の世界を紹介していくILC科学少年団の続編です。シーズン2は全12回を予定しております。

福丸がゆく2018年4月16日放送 大阪市住之江区平林

前回に引き続き住之江区平林を散策する福丸さん。 大和川の堤防では、街を明るくしようと行われているアート作品を発見! さらに、平林といえば貯木場。 街の方にお話しを聞くと意外な歴史を教えてくださいました!

【高校野球2019夏 西東京大会 チーム紹介】都立山崎高等学校

町田市にある東京都立山崎高等学校。「全力プレー」をモットーに、常に全力で野球に取り組んでいます。

あなたにおすすめ

第33回魁星旗争奪全国高校女子剣道大会 神大附属 対 日大東北

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

デイリーニュース「2015ツール・ド・フランス さいたまクリテリウム」選手発表記者会見

9月24日、さいたま新都心にて開催された「J:COM presents 2015ツール・ド・フランス さいたまクリテリウム」選手発表記者会見の模様をJ:COM「デイリーニュース」関東全域で当日夕方生放送。 今回の大会では、J:COMは中継放送メディアとしてのみならず、プレゼンティングスポンサーとしても参加し、大会を盛り上げます。

第101回全国高等学校野球選手権 千葉大会 出場校紹介動画 県立袖ヶ浦高校

夢・挑戦・感動・日本一をかかげ 夏の大会に挑む袖ヶ浦高校。 野球部には55人が在籍しています。 県立袖ヶ浦高校の「とっておき」は 選手の活躍を祈って作られた、マネージャー特製おにぎりです。 昨年の悔しさを晴らすため、チーム一丸となって 最後まで全力で練習に励みます。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立大崎高等学校

チームのモットーは「常に感謝の気持ちを忘れないこと」。創部4年目で、公式戦では一度も勝てていないので、まずは一勝を目標に頑張っています。

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】日本大学第二高等学校

立川市にあるグラウンドで日々練習に励む日本大学第二高等学校。チームのモットーは『振りまかす野球』強力打線を武器に攻撃力を強化して昨年の夏はベスト4入り。

ピックアップ

【高校野球2016夏 東東京大会 チーム紹介】大山高等学校

大山高等学校野球部は部員数9人と少ないながらこの春の大会を経験した2年生と3年生の4人が中心となる少数精鋭のチーム。 キャプテンの井上選手は部員の少なさが、チームの結束を強くしていると抱負を語ってくれました。 チームのメンバーや監督からも信頼される、2年生の松尾選手は、打撃力を期待され、長打を意識して練習に励んでいます。

C017 ふるさとへの扉

eiga worldcup2016 地域部門出品作品 共立女子中学高等学校 映画部 都会で孤独を感じている「私」があるお店のおにぎりを食べることで郷里の記憶が蘇り、都会でもふとしたことで郷里が見つかることがわかります。また、おにぎりが持っている素朴さがより作品の温かさを引き立てます。

2018となみ野の風景「夏の水田」

夏の風景。となみ野の水田の稲が夏の朝日を浴びて輝いています。青青とした水田に心地よい風が吹き抜け、自然の模様が誕生しています。水田の稲は夏の強い日差しを受けて今年も実りの秋を変えようとしています。(2018年8月)

【高校野球2018夏 西東京大会チーム紹介】明星学園高校

三鷹市牟礼にある明星学園高校。去年夏は連合チームでの出場でしたが、今年は1年生9人が入部し、単独での出場が叶いました。ミスを恐れないのびのびプレイで、初戦突破を目指します。

なるほど!聞きコミテレビ#32高岡法科大学大学祭(前編)

高岡ケーブルネットワークアナウンサー、菅野もえが、富山県高岡市のことをもっと知り、市民ともっと親しくなるべく、皆さんの住む地域や市内のイベントにおじゃまします。 “聞きコミ”とは“聞いてコミュニケーション”の略。 身近な話題から時事の話題まで、毎週さまざな質問を携え、いろいろな場所でインタビューします。 第32回:高岡法科大学大学祭(前編) テーマ「2016年 あなたのトップニュース」

わちゃごなDo第6回

東播磨をもっと面白く!もっと活動的に! 街に繰り出すきっかけとなるようなホットな話題を お届けします!

【高校野球 2017夏 西東京大会チーム紹介】都立西高等学校

「明るく、楽しく、元気良く」のスローガンのもと 初の甲子園出場を目指す都立西高等学校野球部。 現在、マネージャーを含む20人の部員が所属し、 日々、練習に汗を流しています。 専用グランドがない環境は、決して恵まれているとは言えませんが 監督と選手が一丸となって練習に取り組んでいます。

ほんでミーゴ@Kパラnext 2018年3月22日

岩井・澤井の2人が県内のいろいろな場所を散策しながら、『ほんでミーゴ』を合言葉に皆さんに街のこと、人のことを根掘り葉掘り聞いちゃいます。今回は近鉄下田駅周辺を散策しています。

なるほど!聞きコミテレビ #2南条校下

 東京出身のアナウンサー、菅野もえが、富山県高岡市のことをもっと知り、市民ともっと親しくなるべく、皆さんの住む小学校下におじゃまします。  “聞きコミ”とは“聞いてコミュニケーション”の略。  身近な話題から時事の話題まで、毎週さまざな質問を携え、いろいろな場所でインタビューします。  「みんなで!校歌♪」のコーナーでは、小学校を訪ねて子どもたちに話を聞き、校歌を披露してもらいます。 第2回:南条校下 テーマ「最近始めたことありますか?」

Ingress A GoGo!(4)

今や誰しもが持っているスマートフォン、連絡ツールに限らず情報収集やゲームツールとしても多く利用され楽しまれています。そんなゲームアプリのなかでも、異彩を放ち注目を集めているのが、GPS連動アプリの「Ingress」です。このゲームアプリは現実の世界が舞台となっており、今や地域活性化のツールとしても感心が高まっています。「Ingress A GoGo!」はこのゲームアプリを介して秋田の魅力を再発見していく番組です。ゲーム内の「ポータルキー」は実際に存在するモニュメントや街の看板です。番組ナビゲーターが実際に足を運び、普段見逃していた街の風景を、エージェントがゲームを介して歴史やバックボーンをお伝えし、ポップな雰囲気でリポートしていきます。