J:COM

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】早大本庄高等学校

提供元:J:COM

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

1982年に設立された野球部には現在62人が所属。限られた練習時間を最大限に生かし、声を掛け合ってプレーの問題点を指摘し合っています。真剣に、明るく、笑顔で、全員野球。チームワークで勝利を狙います。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会出場校 県立国分高校

部員43人の県立国分高校は、正統派の野球をモットーにバッティングやキャッチボールなどひとつひとつの動きを大切に夏の大会に向けて試合や練習に 取り組んできました。 今年は、ひとつひとつのプレーを大切に、真剣に野球を楽しみながら上位進出を目指します。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】大森学園高等学校

大田区大森西にある大森学園高等学校。 野球部員数は1年生17人、2年生23人、3年生24人、マネージャー3人の 合計67人です。 春の大会までは自分たちの実力が思うように発揮できず 初戦・2回戦敗退という悔しい想いをしました。 夏の大会では、その雪辱を果たすべく一戦一戦をしっかりと戦い 東東京大会優勝、そして甲子園出場を目指します。

高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】帝京大学高等学校

短時間ながら密度の濃い練習に取り組み、文武両道を実践してきた帝京大高野球部。今夏はどんな輝きを放つのか?

J:COMpark 2016年1月前半号「総集編2015 後編」

J:COMpark(ジェイコムパーク)2016年1月前半号をお届けします! 2015年放送分から、未公開シーンをお届けします! WEB:http://c.myjcom.jp/jch/p/jpa/ ブログ:http://jcomch-kansaiobp.blogspot.jp/ フェイスブック:https://www.facebook.com/jcompark/ ツイッター:https://twitter.com/JCOMPark

【高校野球2018夏 東東京大会チーム紹介】淑徳高等学校

板橋区にある淑徳高校の野球部は1994年に創部。現在の部員数は36人。チームの戦力の柱は主将の中駄凛太郎選手とエースの清水貴也選手という2人の3年生 先発投手。粘り強い野球で躍進を目指します。

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】穎明館高等学校

完全な中高一貫校であるため、野球部に高校からの入部者がなく、人数が少ないのが悩みの種ですが、向上心、凡事徹底、自律心をテーマに日々の練習に取り組んできました。

編集チームおすすめ

平成30年7月豪雨 義援金募集のお知らせ

ご支援・ご協力をお願いします。

ランキング

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立駒場高等学校

とにかく元気よく!勝ちにこだわる野球を追及し勝利をつかみたい。

NAGASAKI水中散歩#35 大村湾に大寒波襲来!

長崎にやってきた大寒波!! 大村湾は水温6度と真冬の津軽海峡なみの冷たい海となりました。 生き物たちは無事か!! 水中観察家中村さんが真冬の生き物を観察します

隠岐★ドキ!あまチャンネル・アーカイブ Vol.3(2016年6月放送)

諸事情により2015年10月制作の『月刊あまチャンネルVol.29』を、隠岐★ドキ!あまチャンネルVol.3(2016年6月放送分)としてリメイクした番組です。 タイトルは違っても番組のテイストは変わらないので、全く違和感は無いと思います。 明治の文豪ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)が、その著書「知られぬ日本の面影」の中で、ここで暮したいと書いた隠岐中ノ島(海士町)の菱浦には、ハーンと節夫人の銅像があります。 またその本の中で、日本で最も古く他のどこの地方とも違う美しいメロディの子守唄を菱浦で聴いた、と記しています。 番組では中ノ島菱浦でのハーンの軌跡と、最近再現されたハーンが聴いたとされる海士の子守唄の演奏もご覧いただきます! 番組後半はハーンが暮した松江と海士との縁結びリポートということで、番組ディレクターがノープランで松江ロケを慣行。 そこでなんと縁結びの奇跡が!

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立小平高等学校

小平市仲町にある都立小平高等学校。 野球部員数は、1年生12人、2年生26人、 3年生12人、マネージャー4人の、合計54人です。 チームの雰囲気は、とても明るく、全体がよくまとまっています。選手皆が大きな声を出して積極的に練習に参加しています。

ヒットの兆し(teizenこう㐂)

新たなビジネスで岐阜を盛り上げようとしている企業、岐阜の地で頑張る仕事人を紹介します。 今回は、「teizenこう㐂」の高見 直樹さんを紹介します。

あなたにおすすめ

めざせ!甲子園2018 立正大学付属立正高等学校

夏の甲子園出場を目指すイッツコムエリアの高校野球部をご紹介する「めざせ!甲子園2018」。大会を直前に控えた各チームの練習風景や主将・監督のインタビューをお届けします。 立正大学付属立正高等学校のスローガン・意気込み:「雰囲気よく練習は楽しく、試合は勝負強く」 【イッツコム夏の高校野球 特設サイト】 https://www.itscom.net/089

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】明治大学付属明治高等学校

これまでに7回の甲子園出場実績がある明大明治の野球部。制球力を強みとする投手を要に、今年は総勢54人で甲子園出場を目標に夏の大会に挑みます。応援してくれるすべての人への感謝の気持ちも込めて大会に出場します。

第46回魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会 山形電波工業 対 秋田西

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

秋田西高校

いよいよ、夏の甲子園出場校を決める「第98回全国高校野球選手権秋田大会」が 12日に開幕しました。甲子園をかけた球児たちのアツイ思いをお伝えします。 今回は秋田西高校を紹介します。

第100回 全国高等学校野球選手権記念 東千葉・西千葉大会 出場校紹介 千葉学芸高等学校

7月11日に開幕する東千葉・西千葉大会に向けて、エリア内の主な出場校を紹介。選手・監督のインタビューや練習風景を交えながらチームの一球に込めた想いを総力取材!この夏に向けた球児たちの姿をお見逃しなく!

ピックアップ

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立松が谷高等学校

チームのモットーは「感謝・努力・闘志」。支えてくれる周囲の人たちに感謝しながら夏に向かいます。

ほんでミーゴ 2018年6月14日

岩井・澤井の2人が県内のいろいろな場所を散策しながら、『ほんでミーゴ』を合言葉に皆さんに街のこと、人のことを根掘り葉掘り聞いちゃいます。今回は磯城郡田原本町を散策しています。

【2018夏・第100回全国高等学校野球選手権記念南埼玉・北埼玉大会 チーム紹介】埼玉県立春日部東高等学校

春日部市樋籠にある埼玉県立春日部東高等学校。 野球部は、1979年に創部。現在、選手、マネージャー合わせて95人で活動しています。「仲間を信じて最後までやり抜く」という信念を胸に部員が一丸となって夏の大会に向けて練習に励んでいます。 今年は投手陣に、タイプの違う4人をそろえ、その時の調子や相手をみながら複数で1試合をしっかり投げ抜き勝利を目指します。 攻撃面では、個々のレベルアップを図り、どこからでも得点を狙える粘り強いバッティングで埼玉 夏の頂(いただき)を狙います。

だめんずきっちん(2016年5月放送分)

アラフォーの男たちが最も苦手な料理に挑戦する恥的料理番組。 素人5人衆のハチャメチャなガチ料理対決に乞うご期待!

【高校野球 2017夏 東東京大会チーム紹介】目白研心高等学校

3年生10人を筆頭に総勢38人 チームのエースは、 内角外角へと安定したコントロールが持ち味の2年生、石黒選手。 抑えの守護神はキャプテンの入江選手。 チーム一丸となって、悲願の甲子園進出を目指します。

コロコロチキチキペッパーズの 「やっべぇぞ!!」(富雄中学校 剣道部)

漫才コンビ「コロコロチキチキペッパーズ」がお届けする番組 「やっべぇぞ!!」 日々練習に励む学校の部活や、地元のサークルに突撃してガチンコ対決。 今回は「富雄中学校 剣道部」に突撃。ヒガシ逢ウサカ「高見」も登場。

ハイスクールチャンネル5月号

高校ディレクターが食リポと情報番組のキャスターに挑戦。 あなたの作品紹介しますのコーナーでは不二越工業高校のものづくり同好会の「からくり神社」富山北部高校情報デザイン科の「アニメ」を紹介。

J036 トランキーロ タイムス

宮崎県立延岡高等学校I.W.M制作委員会 制作 ある女子高生の特別な二日間を見守ってあげてください。トランキーロはスペイン語で「静か」という意味があります。

なるほど!聞きコミテレビ#11博労

東京出身のアナウンサー、菅野もえが、富山県高岡市のことをもっと知り、市民ともっと親しくなるべく、皆さんの住む小学校下におじゃまします。 “聞きコミ”とは“聞いてコミュニケーション”の略。 身近な話題から時事の話題まで、毎週さまざな質問を携え、いろいろな場所でインタビューします。 「みんなで!校歌♪」のコーナーでは、小学校を訪ねて子どもたちに話を聞き、校歌を披露してもらいます。 第11回:博労校下 テーマ「長く続けていることありますか?」

【高校野球2018夏 東東京大会 チーム紹介】都立つばさ総合高等学校

大田区本羽田にある都立つばさ総合高等学校。野球部員数は、1年生7人、2年生4人、3年生9人、マネージャー3人の合計23人。つばさ総合高校では、他の部活との兼ね合いがあり、グラウンドを使える日があまり多くありません。しかしその分、基礎練習や走塁練習に力を入れ、基本的な技術と体力をしっかりと身につけています。キャプテンでピッチャーの松本選手は負けず嫌いの努力家。常にチーム全体に気を配り、みんなをひとつにまとめています。新チームのモットーは、常に全力疾走。初回から目の前の相手に対し全力を出し切り、一つずつ勝利を重ねていくことが夏の大会の目標です。