J:COM

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】本庄第一高等学校

提供元:J:COM

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

77人が所属する野球部は1993年創部。2008年と2010年に甲子園出場を果たした強豪校の1つです。自主練習を長く取るスタイルで、足りない所を見つけ、さらに練習に生かします。キャプテンを中心に泥臭く、粘り強い野球で勝利を狙います。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】順天高等学校

おととしの夏は東東京大会でベスト32まで勝ち進んだ順天高校の野球部。今年の夏は33人の部員がこの記録を超えようと日々の練習に励んでいます。この春からの新チームは公式戦で1勝2敗。練習試合では15勝29敗の成績。この夏は足を使った野球で機動力をいかしベスト16を目指します。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】聖パウロ学園高等学校

「全力疾走 全力発声」がモットー。夏の大会では2年連続8強入り。今年はさらなる快進撃に期待!

第99回全国高等学校野球選手権千葉大会 出場校紹介動画 芝浦工業大学柏高等学校

39人の部員で構成される芝浦工業大学柏高校野球部。去年は2回戦で敗れましたが、今年はピッチャーを中心とした守備、そして粘り強い攻撃を仕掛けていき「徹底継続」を合言葉に4回戦進出を目指します。

デイリーニュース「2015ツール・ド・フランス さいたまクリテリウム」選手発表記者会見

9月24日、さいたま新都心にて開催された「J:COM presents 2015ツール・ド・フランス さいたまクリテリウム」選手発表記者会見の模様をJ:COM「デイリーニュース」関東全域で当日夕方生放送。 今回の大会では、J:COMは中継放送メディアとしてのみならず、プレゼンティングスポンサーとしても参加し、大会を盛り上げます。

【高校野球2016夏 東東京大会 チーム紹介】大山高等学校

大山高等学校野球部は部員数9人と少ないながらこの春の大会を経験した2年生と3年生の4人が中心となる少数精鋭のチーム。 キャプテンの井上選手は部員の少なさが、チームの結束を強くしていると抱負を語ってくれました。 チームのメンバーや監督からも信頼される、2年生の松尾選手は、打撃力を期待され、長打を意識して練習に励んでいます。

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】大宮武蔵野高等学校

大宮武蔵野高等学校野球部の現在の部員は18人。今年の春、7年ぶりに県大会に出場するなど、着実に努力の成果が現れてきています。2アウトからのねばりに定評のあるチームです。

編集チームおすすめ

志賀高原から始まる市川海老蔵「いのちを守る森」づくり

海老蔵さんの熱い想いをお聞き下さい。

ランキング

C015 私のまち

eiga worldcup2016 地域部門出品作品 福岡県立修猷館高等学校 映画制作部 大した特徴もない町。でも、そんな町にもいいところはある。どこにでもあるような、親近感の湧く町を舞台にした温かい作品です。

Departure of girl

東京家政大学附属女子高等学校 映画部 制作作品 私たちの学校の中庭の自然を取り入れてみました!

ぎふでないと(カマラズカ)

番組紹介文 岐阜の夜の街。スマホ片手に“いちはしだいすけ”が西へ東へ気の向くままに歩きます!大きなTVカメラはありません!すべてをスマホで撮影する番組です。是非、「岐阜の夜」をスマホ感覚でご覧下さい。 今回は岐阜市若宮町にある「カマラズカ」にぶらり立ち寄ります

ベイコム・地元ニュース(大阪版)2018年1月1日号

【特集】海遊館のわがままラッコ「パタ」 2017年10月に21歳で旅立ったラッコのパタ。 海遊館で生まれ海遊館で育ったパタを愛し続けた人たちの想いを紹介します。

高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介 都立日比谷高等学校

千代田区永田町の日比谷高校は、前身の東京都立第一中学校時代、1946年に東京大会で準優勝しています。 今年の中心選手に選手同士でどんな選手か紹介していただきました。

あなたにおすすめ

「高校球児の夏2016」(都立紅葉川高等学校)

創設88年の歴史と伝統を持つ都立紅葉川高等学校。野球部員はマネージャー7人を含む総勢62人の大所帯のチーム。昨年の秋季大会ではベスト16まで勝ち進んだ強豪校です。チームのモットーは「明るく、楽しく、軽快に」。苦しい時こそ、前を向いて逆境を乗りる!そんな強い気持ちで野球に取り組んでいます。 目指すは夢の舞台、甲子園。チーム一丸となり勝利を目指します。

【高校野球2017夏 神奈川大会 チーム紹介】橘高等学校(川崎市中原区)

橘高等学校(川崎市中原区) スローガン・意気込み「笑顔でテッペンを取る」

第46回魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会 秋田北 対 長岡

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立蒲田高等学校

都立蒲田高校は三年生4人をふくむ部員8人の小さな野球部。 今年、新チームになってから公式戦は2戦2敗と勝ちに恵まれてはいませんが、 小さいチームならではのチームワークの良さで夏の大会にのぞみます。 この夏エースとしてマウンドにたつのが小松優介選手。 気持ちが強くマウンド度胸の良さには定評があります。 また、その球を受けるキャッチャーが小松優一選手。 そう、二人はなんと双子のバッテリーなんです。

第99回全国高等学校野球選手権千葉大会 出場校紹介動画 県立我孫子高等学校

千葉県立我孫子高校野球部は今年で創部47年目でこれまでに2回 甲子園に出場した経歴をもつ強豪校です。今年のチームはチームワークが良く、足を活かした攻撃のリズムが特徴で、投手陣が最小失点でおさえ、打撃では小技をつないで点を重ねることを戦略としています。1年生から3年生までの部員総勢55人が、予選を勝ち抜くために、日々練習に汗を流しています。

ピックアップ

目黒区動画ニュース(2015年8月18日更新)

目黒区内のイベントや取り組みなどをご紹介する 「目黒区動画ニュース」 8月6日の広島原爆の日、 目黒区では、平和を祈るつどいなどが開かれました。 目黒区総合庁舎前にある、中目黒しぜんとなかよし公園では、 原爆が投下された午前8時15分にあわせて 萠友会(目黒区被爆者団体)の会員や 区民、区の職員などが黙祷を行いました。 また、区民センターでは平和祈念のつどいが開かれ、 参加者による献花のほか、 平和祈念標語優秀賞受賞者への表彰が行われました。 正午からは、区民センター公園で平和の鐘が打ち鳴らされました。 参加者は平和への思いをこめて鐘を鳴らしました。 今年は終戦から70年という節目の年を迎えました。 番組では、 平和の尊さを改めて感じる日となった様子をご紹介します。

なるほど!聞きコミテレビ#21戸出東部

東京出身のアナウンサー、菅野もえが、富山県高岡市のことをもっと知り、市民ともっと親しくなるべく、皆さんの住む小学校下におじゃまします。 “聞きコミ”とは“聞いてコミュニケーション”の略。 身近な話題から時事の話題まで、毎週さまざな質問を携え、いろいろな場所でインタビューします。 「みんなで!校歌♪」のコーナーでは、小学校を訪ねて子どもたちに話を聞き、校歌を披露してもらいます。

神保シェフと茨城をたべよう SEASON3 #3

日立市や茨城県で採れる食材を使って神保シェフ・オリジナルレシピをご紹介します! #3 茨城野菜で梅雨を吹き飛ばすカラフルレシピ

明日を創る関のまち5月号

岐阜県関市の広報番組。匠の街、関市のお知らせや催し物などの情報をお伝えします。

C023 地方戦隊!故郷をマモルンジャー!!!!

日本大学藤沢高等学校放送部 制作 失われゆく故郷…それは都怪人による過度な開拓によって深刻なものとなっていた…都怪人の魔の手から故郷を守るため、地方戦隊故郷をマモルンジャーが立ち上がる。故郷を守るため、戦え!故郷をマモルンジャー!

J005 隣りのロッカー

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 埼玉県立芸術総合高等学校 映像芸術科 高校最後の年を迎えた九条雅美は悩んでいた。合わない友達とずるずる付き合う日々に。バイト先の非常識な自称ロッカーに。そして九条雅美は知ってしまった。非常識な自称ロッカーが、長い間抱えている悩みを。

なるほど!聞きコミテレビ#47下関校下

高岡ケーブルネットワークアナウンサー、菅野もえが、富山県高岡市のことをもっと知り、市民ともっと親しくなるべく、皆さんの住む地域や市内のイベントにおじゃまします。 “聞きコミ”とは“聞いてコミュニケーション”の略。 身近な話題から時事の話題まで、毎週さまざな質問を携え、いろいろな場所でインタビューします。 第47回:下関校下 テーマ「テレビ・ラジオ・新聞に出たことありますか?」

J005 雨やどり

法政大学第二高等学校映画研究部 制作 雨宿りするために偶然入ってしまったとある館で次々と起こる不可解な事件や、それぞれの役の演技にも注目してもらいたいです。

What a beautiful place! ~なんて素敵な場所でしょう!~

2018年の須高地域の「桜の風景」お送りします。高精細4Kカメラで撮影した北信濃の映像美をお楽しみください。

なるほど!聞きコミテレビ#22川原

東京出身のアナウンサー、菅野もえが、富山県高岡市のことをもっと知り、 市民ともっと親しくなるべく、皆さんの住む小学校下におじゃまします。 “聞きコミ”とは“聞いてコミュニケーション”の略。 身近な話題から時事の話題まで、毎週さまざな質問を携え、 いろいろな場所でインタビューします。 「みんなで!校歌♪」のコーナーでは、小学校を訪ねて子どもたちに話を聞き、 校歌を披露してもらいます。