(株)秋田ケーブルテレビ

秋田西高校

提供元:(株)秋田ケーブルテレビ

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

いよいよ、夏の甲子園出場校を決める「第98回全国高校野球選手権秋田大会」が
12日に開幕しました。甲子園をかけた球児たちのアツイ思いをお伝えします。
今回は秋田西高校を紹介します。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

明桜高校

いよいよ、夏の甲子園出場校を決める「第98回全国高校野球選手権秋田大会」が 12日に開幕しました。甲子園をかけた球児たちのアツイ思いをお伝えします。 今回は明桜高校を紹介します。

新屋高校

いよいよ、夏の甲子園出場校を決める「第98回全国高校野球選手権秋田大会」が 12日に開幕しました。甲子園をかけた球児たちのアツイ思いをお伝えします。 今回は秋田県立新屋高校を紹介します。

五城目高校

いよいよ、夏の甲子園出場校を決める「第98回全国高校野球選手権秋田大会」が 12日に開幕しました。甲子園をかけた球児たちのアツイ思いをお伝えします。 今回は秋田県立五城目高校を紹介します。

第46回魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会 東京農大二 対 熊谷

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

犬旅 Daisuke & Sakura@Ogata-mura,Akita

CNA秋田ケーブルテレビでは、CNA社員の秋田犬「し~なだいすけとさくら」が全世界に向けて、秋田をPRする動画コンテンツを発信しています。最新作は「犬旅 Daisuke & Sakura@Ogata-mura, Akita」です。ぜひご覧ください!

「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2017」第1戦 秋田大会 YOKOHAMA TKM 対 自衛隊体育学校

5月13日・14日に秋田市のあきぎんスタジアムで開催された第1戦 秋田大会の試合をお送りします。エキサイティングなゲームをお見逃しなく!

編集チームおすすめ

巨大な男根形の「ほだれ様」は農耕の実りと人の実りを守る神様

毎年3月の第2日曜日には地区をあげて、高さ2.2m、重さ約600kgの巨大な 男根形の御神体のご利益にあやかろうとする「ほだれ祭」が催されます。

ランキング

J062 学級裁判

埼玉県立芸術総合高等学校映像芸術科 制作 「裁判が普通に行われている学校」という非現実的な空間で繰り広げられる戦い。これは誰と誰の戦いなのか、是非そこに注目して見てみてください。

おしえて!獅子舞テレビ #10角(後編)

1400年の歴史を持つ日本の民俗芸能。獅子舞。 中でも富山県は1170の地区で舞が伝承されていて、獅子舞の数が日本一だといわれています。 おしえて!獅子舞テレビは地域の宝として受け継がれてきた獅子舞の魅力を富山県高岡市から発信する日本初の獅子舞エンターテインメント番組です。

J:COMpark 2016年3月前半号「地下鉄今里筋線 井高野駅周辺」

番組紹介文 J:COMpark(ジェイコムパーク)2016年3月前半号、 今回のぶらぶらスポットは大阪市東淀川区、地下鉄今里筋線 井高野駅周辺です! WEB:http://c.myjcom.jp/jch/p/jpa/ ブログ:http://jcomch-kansaiobp.blogspot.jp/ フェイスブック:https://www.facebook.com/jcompark/ ツイッター:https://twitter.com/JCOMPark

第46回魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会 花輪 対 白鵬大足利

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

第46回魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会 準決勝 島原 対 土浦日大

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

あなたにおすすめ

第46回魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会 磐城 対 佐野日大

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

第99回全国高等学校野球選手権千葉大会出場校紹介動画「県立津田沼高校」

県立津田沼高校野球部は、打撃・守備ともにバランスのとれた 正統派のチーム。 選手全員が硬式経験ゼロからのスタートでしたが、 監督たちの熱い指導のもと練習を重ね、 今では守備力に定評のあるチームに仕上がりました。

第33回魁星旗争奪全国高校女子剣道大会 ふじみ野 対 筑紫台

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

第99回全国高等学校野球選手権千葉大会 出場校紹介動画 県立松戸六実高等学校

千葉県立松戸六実高校・野球部は、学校創設と同時に創部され、今年で40年目を迎えます。部員は、選手53人、マネージャー6人の総勢59人。今年は「限界のちょっと先の積み重ね」というスローガンを掲げ、自分の限界に挑みながら、厳しい練習を続けています。課題は、チーム全体として「得点力をつける」こと。特にバッティングの強化メニューを増やして大会に臨みます。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】渋谷教育学園渋谷高等学校

3年が2人で2年が中心のチームで人数も少ないので先輩、後輩関係なく何でもいいあえるチーム。しっかり練習してできることを発揮できるようにしたい。

ピックアップ

まる○ひたち散歩「Evoluzione」

ばらき大使の林家まる子が日立市周辺の魅力的なお店をまるまる紹介します! 「Evoluzione」

ベイコム・地元ニュース(兵庫版)2017年8月29日号

バヌアツってどんなところ?(西宮) 親子で機織り体験(尼崎) 和ろうそく作り~兵庫県の伝統工芸を体験しよう~(西宮) 銭塚地蔵尊 詠歌踊り(西宮) 学童保育の夏祭り(尼崎) 第14回夏季いたっボール大会(伊丹) 大庄中学校 武庫川河川敷を清掃(尼崎)

HYPER DASH基地#8【おたすけパーツが二人を救う!もうコースアウトなんてしたくないっ!!】

この世のどこかに存在するHYPER DASH基地。笑いあり!涙あり!レーサーに必要な情報あり!“ミニ四駆”にかけたあの頃の熱い想いを持った大人達必見!心のスイッチをONにするのは今だ!

清流と緑のまち やまがた 5月号

自然豊かで美しい岐阜県山県市を紹介する番組。 市の取り組みのほか、元気な山県の子供達も沢山紹介します。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】東京都市大学等々力高等学校

チームスローガンは「最後まで諦めず戦う」今年のチームは昨年から試合に出ていた選手が少ない新チーム。明るさと元気で団結して諦めずにがんばっていきたい。

おしえて!獅子舞テレビ #21上北島(前編)

1400年の歴史を持つ日本の民俗芸能。獅子舞。 中でも富山県は1170の地区で舞が伝承されていて、獅子舞の数が日本一だといわれています。 おしえて!獅子舞テレビは地域の宝として受け継がれてきた獅子舞の魅力を富山県高岡市から発信する日本初の獅子舞エンターテインメント番組です。 ★第21回:上北島(前編) ・日本一の獅子頭? ・獅子頭チェック ・花のコーナー ・手の込んだ余興 ・名作余興 ・5分でわかる獅子舞講座「天狗が舞い踊る その2」ほか

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立田無工業高等学校

西東京市向台町)にある都立田無工業高等学校。 野球部員数は1年生7人、2年生7人、年生6人の、合計20人です。 人数は少ないもののその分 学年の垣根を越えたチームワークを武器に、全員が同じ目標を胸に日々の練習に取り組んでいます。 今年のチームは守備の堅実さが特徴。 各選手が、自分のポジションをしっかりと守り抜き相手に点を取らせないことで流れを作ります。 また堅実さは攻撃の戦略にも表れています。 無理に長打を狙うのではなく、飛距離は短くても確実にヒットを打って後ろにつなぎ、一点一点 点数を重ねることを心がけています。

わがまちの風景【大阪市港区 築港】

わたしたちの住むまちの風景を音楽とともにお届けします。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立王子総合高等学校

北区滝野川にある王子総合高等学校野球部は今年で7年目のチーム。 部員数は現在47人で2年生が多く荒削りなところはあるものの勢いがつくと大きい力を出す攻撃型のチームです。夏は3年続けて3回戦で敗退。今年の夏はその壁を破り、チーム一丸となって甲子園出場、背中に掲げる「日本一」を目指します。

防災特番 あの日からの私たち~船橋・習志野・八千代~(ダイジェスト)

ジェイコム船橋習志野:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コミュニティ部門優秀賞 【番組概要】 2011年3月11日の記憶はそれぞれにある。何を感じ、考え、どうしたのか? 番組では「命を守るために」「帰宅困難に備えよう」「生活のベースを確保しよう」「地域とつながろう」「情報収集」の5つのテーマをベースに、あの日を振り返りながら東日本大震災を教訓に進められている各自治体や各団体の備えの取り組みを紹介。保育所では「あの日」、何人もの子ども達の迎えが来られずにいた。そして先生達は泊まりで子ども達をあずかる事を決断。食事は? 寝床は? 親との連絡は? ・・・。あの日、気がついた多くの事は今の備えに活かされていた。備蓄倉庫や災害時の体制等、行政でもあの日を教訓に様々な備えが進んでいる。自治会や近所付き合いが希薄といわれているマンションでも災害時に共助を可能とする備えが進んでいた。残念ながら「あの日」は、また、やって来る。様々な取り組みの紹介を通して『今』だから備えられる事例を盛り込みながら、あの日からの私たちを紹介する。 【審査員コメント】 これほど優れた地域防災番組を見たことがない。観念的でなく実務的な知恵と知識と実例が報告されている。液状化現象など首都圏では最も過酷な被害体験が自治体を動かし、メディアがそれを増幅した成果である。J:COMは日本全体でキャンペーンすべきだ。