eiga worldcup

J063 NOTE

提供元:eiga worldcup

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

eiga worldcup2016 自由部門出品作品

東京都立小石川中等教育学校 映画研究会

初応募なので至らないところがあるかもしれませんが、よろしくお願いいたします。エンディングの入り方を工夫しました。見てください。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

カレーパンは恋を呼ぶ!?

藤沢清流高校 スタジオりす(3年生有志)制作作品 見所は最終バトルの公園の場面。音楽制作担当に「ロック調の激しめの音楽」という希望を出して、打ち込みで作ってもらった。音楽が場面とうまくマッチし、より緊迫感を出すことに成功した。

VISITOR

中央大学附属横浜高等学校写真同好会制作 今年は、難しいテーマである「ホラー」に挑戦しました。回想シーンとの切り替えを工夫しています。見ていただく方ににゾッとしていただけると幸いです。

言葉、

国立筑波大学附属坂戸高等学校 Itsuki Project 制作作品 どんどんこの世から姿を消していく田舎。都市計画などに消えるあの風景。昔、一緒に駆け回ったあの道も、いつかはビルが立ち並ぶ街になってしまうのだろうか。この短編無声映画の舞台は「小江戸川越」の田んぼ道。誰目線でストーリーが展開していくのか、に注目してみてください。

Y033 アドレッセンス 予告編

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 国府台女子学院 映画部 中1から高2が団結し、さらに今年は演劇部にも協力してもらい作品を作り上げました。ストーリーは双子という複雑な関係をテーマとして、最後まで展開が分からない作品になっています。是非ご覧ください。

カレーパンは恋を呼ぶ!?(予告編)

藤沢清流高校 スタジオりす(3年生有志)制作作品 見所は最終バトルの公園の場面。音楽制作担当に「ロック調の激しめの音楽」という希望を出して、打ち込みで作ってもらった。音楽が場面とうまくマッチし、より緊迫感を出すことに成功した。

Y044 Fight For Freedom 予告編

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 埼玉県立松山高等学校 映像制作部 帰宅意識の高い放送部3人組VS帰宅願望者検挙率No1の生徒会長との壮絶なおにごっこをお楽しみください。

編集チームおすすめ

巨大な男根形の「ほだれ様」は農耕の実りと人の実りを守る神様

毎年3月の第2日曜日には地区をあげて、高さ2.2m、重さ約600kgの巨大な 男根形の御神体のご利益にあやかろうとする「ほだれ祭」が催されます。

ランキング

【高校野球2016夏 東東京大会 チーム紹介】成立学園高等学校

4年ぶりの甲子園出場を目指す成立学園高等学校野球部。 キャプテンが中心となって練習を組み立て、監督やコーチからアドバイスを貰いながらチームを育ててきました。部員の中から「学生コーチ」と呼ばれるポジションを設けたことが大きな特徴。「学生コーチ」は、練習をはじめ、チーム全体をサポートし、選手たちの生の声を拾い上げ、練習に生かしています。

第33回魁星旗争奪全国高校女子剣道大会 新潟商 対 中村学園女子

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

【高校野球 2017夏 東東京大会チーム紹介】東海大高輪台

現在、マネジャーを含む113人の部員が所属。 今年のモットーは「一戦一戦大切に全力で臨む」。 つなぐ打線で勝利をもぎ取り目指すは甲子園出場です

UP!アップ!関ガール シーズン2 vol.99.MXF

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」が毎回、過酷な企画にチャレンジするバラエティ。

What’s×BOSAI#1

肩のちからを抜いて、カジュアルに。 防災のある日常生活がイイと思う。 何かと何かを結びつけて楽しく愉快にBOSAIを考える新感覚コンテンツ。 オシャレでイマドキな防災グッズを紹介する「GOODS×BOSAI」や、エコノミークラス症候群を予防する「YOGA×BOSAI」、段ボールでマイトイレを作る「Carton×BOSAI」。 「防災」と日常とを結びつける「楽しくて」「愉快な」ショートコーナーを詰め込みました。

あなたにおすすめ

Y028 アスパラ=プリンセス(予告編)

國學院高等学校映画研究部 制作「人生は伊達じゃない。生きてればきっといいことがあるってね。」主人公の台詞です。今年の國學院高校映画研究部の映画『アスパラ=プリンセス』はあなたに少しの勇気と元気をくれます。渾身の一作。ご覧下さい!

ラビリンスから連れ出して(予告編)

埼玉県立芸術総合高等学校 映像芸術科 制作作品 自分自身を自分にしているのはだれ?いま見ているのはなに?だれはなにを考えているの?

Y048 THE CATMAN 予告編

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 大阪府立市岡高等学校 sora film 自主制作同好会 見どころはキャットマンと主人公の後川です。彼ら2人の素晴らしい演技にご期待下さい。驚異のサスペンス作品、ここに現る!

Y003 Flush!! 予告編

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 東京都立若葉総合高等学校 映画制作部 この話は青春学園物語です。青春といえば友情ものや恋愛を想像しがちですが、この話はちょっとズレた青春物語となっています。きっと今まで見たこともない青春になったと思います。楽しんでいただければ幸いです。

飛翔

都立青井高校 映像研究会 制作作品 私の生まれ育った地域は、東京なのに交通の便が悪くとても田舎な街でした。団地と畑と商店街しかない街に、私が小学生のころ新しい駅ができました。鉄道が通って何が変わったのか。少年の心象風景を通して描きます。

ピックアップ

海遊人

今月の我ら海遊人は、お手軽に釣りが楽しめるということで人気が高まっているマイクロテンヤゲームをお届けします。釣れる魚は多くガシラやメバル、高級魚のアコウも狙えるマイクロテンヤ。簡単にお魚ゲットを目論んでいた海遊人軍団ですが・・・強力助っ人も参戦して大漁を目指します!!

道草食べる

埼玉県立芸術総合高等学校 映像芸術科 制作作品 幼いころ遊んだ公園、学校からの帰り道、そんな懐かしさを映像にしてみました。

2016 高校球児の夏 駒込高等学校

出演:我妻美月(オスカープロモーション)

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】東京学園高等学校

部員は1人。都大会に出場するために周辺高校の4連合チームで出場。東京学園の最後の試合になりますが、連合チームで出場して先輩の伝統を受け継いで最後まであきらめないで頑張りたいと思います。

なるほど!聞きコミテレビ#29千鳥丘

高岡ケーブルネットワークアナウンサー、菅野もえが、富山県高岡市のことをもっと知り、市民ともっと親しくなるべく、皆さんの住む地域や市内のイベントにおじゃまします。 “聞きコミ”とは“聞いてコミュニケーション”の略。 身近な話題から時事の話題まで、毎週さまざな質問を携え、いろいろな場所でインタビューします。 第29回:千鳥丘校下 テーマ「子どものころなりたかった職業」

だめんずきっちん 2014年11月

アラフォーの男たちが最も苦手な料理に挑戦する恥的料理番組。 勝てば天国!負ければ地獄!罰ゲームでハリセンを食らうのは一体誰なのか? 素人5人衆のハチャメチャなガチ料理対決に乞うご期待!

おしえて!獅子舞テレビ #37西部金屋(前編)

1400年の歴史を持つ日本の民俗芸能。獅子舞。 中でも富山県は1170の地区で舞が伝承されていて、獅子舞の数が日本一だといわれています。 おしえて!獅子舞テレビは地域の宝として受け継がれてきた獅子舞の魅力を富山県高岡市から発信する日本初の獅子舞エンターテインメント番組です。 ★第37回:西部金屋(前編)※読み:にしぶかなや ・ある方が大勢いる!? ・メス獅子の特徴は? ・演目の人選発表 ・オスメス獅子の共演会 ・5分で分かる獅子舞講座  「#15 私たちはどうして獅子舞が好きなのか?その1」

福丸がゆく2018年1月1日放送 尼崎市東難波町・西難波町

今回訪れたのは西宮市東難波町と西難波町。 まずは、2015年に開院した尼崎総合医療センターを訪れ、 最新医療設備が搭載されたドクターカーやヘリポートを見学した後、 公民館で行われていた三味線教室におじゃまするなど、 色んな経験と出会いを重ねました。

第46回魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会 習志野 対 磐田東

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

3年1組ロド先生

第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門優秀賞 【番組概要】 豊田市立保見中学校。そこに1人の教師がいる。日系ブラジル人3世 伊木ロドリゴ、通称「ロド先生」。愛知県の公立中学校における外国籍教員の数は、わずか6人。 外国からの出稼ぎ労働者が多く住む保見地区の保見中学校は、外国籍の生徒が約3割を占める。一口に外国籍の生徒と言っても、その内実は様々。夢に向かって頑張る生徒もいれば、学校に馴染めない生徒もいる。日本の社会の中で生き、様々な壁を乗り越えて教師となったロド先生。厳しくも前向きなメッセージを生徒達に伝えている。ロド先生の言葉を胸に、生徒達は保見中学校を巣立っていく。ブラジル人としてではなく、1人の人間として、生徒達に向き合うロド先生の1年を追った。 ※数字は2016年4月の放送当時のものです 【審査員コメント】 良くできている作品だと改めて感じた。1つの教室なかだけでカメラを据えてそこから見えてくるものをすくい上げ、地域そのもが見えてくる。子供たちの背景も丁寧に描かれている。先生と生徒のやり取りなど良く撮れており感慨深いものがある。見終わった時に感動もある。見ている中から考えさせられる良い作りとなっている。信頼があったから家庭も含めた困難な取材を可能とし、番組全体の温かさに繋がっているように思う。