(一社)日本ケーブルテレビ連盟

ええやん!!あかし

提供元:(一社)日本ケーブルテレビ連盟

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

明石ケーブルテレビ:制作
第42回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード 準グランプリ
「ええやん! ! あかし」は、その名のとおり明石の 「ええとこ」 にこだわり、地元情報を面白おかしく紹介することがモットー。地域を知り尽くした市民リポーターたちが、飾らない普段の言葉で 「わがまち自慢」 をしてくれることで、番組を見た市民が改めて地元明石に誇りを感じるきっかけとなっています。コミュニティづくりに一役買える番組として、これからも明石の魅力を発信していきたいと思います。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

NAGASAKI水中散歩 ~タツノオトシゴと鮎~

長崎ケーブルメディア:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード 4K部門4K技術賞 【番組概要】 海に囲まれた長崎県。 北に玄界灘、西には東シナ海、そして県の中央には大村湾とそれぞれ性質の違った海に囲まれています。水産資源も多く全国でも有数の漁獲量を誇る長崎の海にはたくさんのいきものが生息しています。そんな生き物たちを毎日観察する水中監察家の中村拓朗さん。もっと自然のいきものと向き合いたいと勤めていた水族館を辞め、ダイビングショップを営みながら、毎日長崎の海に潜り、生き物たちを観察しています。中村さんが見る長崎の生き物たちの生き生きとした姿。美しくも儚いそんな生き物たちの姿を、水中観察家中村拓朗さんの解説とともに4K映像で取材しました。 【審査員コメント】 本当に見たことない世界をみせて頂ける、ものすごく興味深かった。タツノオトシゴの赤ちゃん、アユの卵が生き生きとそこにあるような、そこにいるような気持ちにさせる作り方になっている。

佐伯なぜ旅漫遊記 蒲江編

ケーブルテレビ佐伯:制作 第42回日本ケーブルテレビ大賞番組 コミュニティ部門奨励賞   平成の大合併により、大分県佐伯市も一市八町村がひとつの市として生まれ変わりましたが、新しい佐伯市民は、合併前の隣町隣村の歴史・風土に驚くほど無知だったのです。「佐伯なぜ旅漫遊記」は、このような状況を踏まえ、新佐伯市の各地域の歴史や風土を紹介する番組です。ドローンによる、日頃見ることの出来ない上空からの映像も番組に特色を出しています。

eiga worldcup 2017 自由部門 変わる一歩

北海道帯広緑陽高等学校

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】蕨高等学校

蕨高等学校は地元で「ワラコウ」の愛称で親しまれ、今年で開校60周年の節目の年を迎えました。伝統の機動力と打撃力を絡めた攻撃力、テンポの良い試合運びで節目の年に新たな歴史を残すべく甲子園出場を目指します。

J018 狐狗狸

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 北海道旭川東栄高等学校 放送局 みなさんも知っていたり、やったことのあるあのこっくりさんを題材にしたホラー映画です。4人の人間関係に注目しながら、ホラー映画独特の雰囲気を味わってください。

福丸がゆく2018年1月15日放送 大阪市港区築港

今回訪れたのは、浪速区築港。 海遊館で有名なエリアで、それだけじゃない魅力を求めて散策しました!! ユニークな趣味をお持ちの方や地域の歴史が残る神社など 興味深い出会いの連続でした!

J034 FOXGLOVE

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 東京都立国際高等学校 KHSIB STUDIO 現代的でダイバースな東京を舞台に、探偵ものと超能力ヒーローのジャンルを掛け合わせた作品です。社会で見落とされる傾向にある「ハーフ」が直面する問題が織り込まれており、新鮮なストーリーになっています。

掲示“番”7月後編

「掲示“番”」は、地域の皆様に出演いただき、1分間でイベント告知やメンバー募集などのお知らせを自由にしていただくことができる、地域住民参加型の番組です。また、毎週月曜日~金曜日に放送しているニュース番組、CACかわら“番”のコーナーとしても放送しています。 イベントや発表会の告知、出演者やスタッフの募集、各種サークル・教室の生徒募集、新商品のご案内、新店舗オープンのお知らせ、ご家族・ご友人に宛てたお祝いのメッセージ、特技の披露などなど何でもOK! 出演は随時受付中!あなたの伝えたいことを地域の人々に向けて発信してみませんか? 詳しくはこちら(http://www.cac12.jp/cac-channel/keijiban.html)

あなたにおすすめ

検証!屋島源平合戦 ~源義経軍の足跡を追う~

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門奨励賞 ケーブルメディア四国:制作 源義経が源平合戦の終盤に大きく活躍した「屋島の戦い」において、大坂を出発した義経軍が徳島に入ってから、どのようなルートを経て屋島(香川)までに至ったのか、実際のルートを大学の先生とたどりつつ、解説を加えながら紹介しました。 ルートの要所では、「各地に残る伝説」と「実際の歴史」を対比させ、定説とは異なる新たな考察から新しいルートを紹介し、最終章では、屋島で行われた戦いであったにも関わらず、屋島の対岸に多くの伝説が残っている理由を推測しました。 さらに、視聴者が同じルートを辿ることを想定し、現地への行き方、休憩場所としてランチの紹介を加えました。

世間遺産 ~美浜町古布 後編~

知多半島ケーブルネットワーク:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コミュニティ部門奨励賞 【番組概要】  誰の心にもある「大切なもの」、「未来に残したいもの」をこの番組では『世間遺産』とよんでいます。『世間遺産』は、場所や物である必要はなく、その人が思う「大切なもの」、「未来に残したいもの」であれば、考え方でも人物でも何でも『世間遺産』になります。そのルールのもと、毎月放送エリア内の1つの地域をリポーターが散策し、出会った人たちの『世間遺産』を伺い、それにまつわるエピソードをご紹介していきます。平成24年3月から始まったこの番組は、今年で6年目を向かえ、地域の人たちからお伺いした『世間遺産』の数は350を超えました。この回は、太平洋戦争開戦に向けて海軍航空隊が設置されることになり、地区ごと移転を迫られた美浜町古布地区の人たちから『世間遺産』を伺いました。番組尺:1地域につき前半15分(月の上旬放送)、後半15分(月の下旬放送)リポーター:小島 一宏(フリーアナウンサー、大同大学准教授) アシスタント:松田 唯(知多半島ケーブルネットワーク株式会社 社員) 【審査員コメント】 未来に残したい大切なものを「世間遺産」と名付けそれを地域で探す。海軍航空基地建設の為に地域丸ごと強制移住された集落で、集まった数人の古老から言われたことは”平和ぐらい尊いものはない、守り続けなければ”ということだった。15分のシンプルな番組づくりだが、ふるさとの歴史の断面が切々と伝わる佳作。

さくらとあゆ アンコール特別篇~前編~

吉備ケーブルテレビ:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コミュニティ部門審査員特別賞 【番組概要】 主人公「さくら」は地元「高梁」を離れ東京で暮らしているが、たまたま帰省した時に、東京から移住してきた新規就農者「陽一」と出会う。価値観が違う二人はなぜか次第に引かれていく。地域住民たちもそんな二人を温かく見守り、やがて結婚。あたたかな家庭を気付いていく。当たり前に見えるけど特別な「ふつう」を作り出していく人々の物語。(一話30分・全五話のドラマのうち主に1話と2話で再編集したもの) 【審査員コメント】 ストーリーの展開は見え見え、演技は未熟だが、子育て世代を増やそうという企画の熱意は十分伝わる。現場で実務に当たる人の演技には説得力があり情報量も多い。カメラワークや映像処理は上手でケーブルTVの仕事として興味深い。自治体の町興し・縁結ぶサポーターの延長で婚活ドラマまで作る実行力には恐れ入る。ケーブルTVの信用度も想像され努力賞もの。

運だもしたんパラダイス

BTV:制作 第42回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コミュニティ部門奨励賞   『運だもしたんパラダイス』は、昨年8 月に始まった盆地限定バラエティ番組。タイトルになっている「うんだもしたん」とは、驚いたときに使う都城弁です。1 月放送の鹿児島県曽於市(そおし)の伝統行事「奇習 鬼追い」を紹介した回をエントリーしました。鬼追いは、曽於市にある「鬼追いの郷 深川」と呼ばれる小さな町で、1200 年以上続く伝統行事です。

ピックアップ

UP!アップ!関ガール シーズン2vol.31

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」が、様々な企画にチャレンジするアイドル成長バラエティ!

KCN情報発信スタジオ Kスタ! (2018/08/07)

【トピックス】 ・いこまどんどこまつり(8/4 生駒健民グラウンド・ベルテラスいこま)  ・タクシーフェア(8/5 イオンモール大和郡山) ・ウィーラースクールイン田原(8/5 四条畷市 グリーンホール田原)   【ピックアップTHEなら】 なら燈花会2018(中継 レポーター:市川まゆ・葉山ひまり)

【2019夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】西武学園文理高等学校

狭山市にある西武学園文理高等学校は創部38年目で部員数は44人。佐藤監督は練習時間を有効に使えるよう選手たちに昼のミーティングで練習メニューを決めさせるなど、自主性や意思の疎通などを重視し、指導してきました。チームの合言葉は「恩返し」。これを実現するのが初の甲子園出場と選手たちは燃えています。

ひかりぼうし

埼玉県立芸術総合高等学校 映像芸術科 制作作品 独立をしようと考えてる女の子とみんなとまじわろうとしない一匹狼の男の子の成長物語!…かも。

レーシングスピリット 2019年1月号(Honda鈴鹿レーシングチーム)

本田技研工業鈴鹿製作所(三重県鈴鹿市)の社内クラブチーム「Honda鈴鹿レーシングチーム」。近年は部員が増加し、鈴鹿8耐だけでなく様々なレースに参戦しています。今回は鈴鹿サンデーロードレースに密着し、彼らの未来に迫ります。

高校野球2019夏 西東京大会 チーム紹介「中央大学杉並高等学校」

昭和40年に創部した中央大学杉並高等学校・野球部。 マネージャーを含む36人の部員たちは 今年の春の都大会で初戦コールド負けという悔しさをバネに、 これまで練習に励んできました。 多彩な変化球を持つエースと 春の大会のホームランバッターを擁した打線を武器に、 最高な状態で夏の大会に挑みます。

本條秀太郎のJ:COMシャミ専科~テレビでお稽古⑦~

今回は「口三味線(三味線の音を言葉で表現)」と「掛け声」のおはなしです。 また、新たに端唄「潮来出島(いたこでじま)」をお稽古します。 楽譜は番組ページからダウンロードできます。【シャミ専科】で検索 http://www.myjcom.jp/tv/channel/kanto/shamisenka.html この番組は、三味線演奏家・作曲家の本條流家元の本條秀太郎を講師に迎え、テレビの前で実際の教室さながらの三味線の稽古が受けられる番組です。【2015年9月前半放送】

掲示“番”1月後編

「掲示“番”」は、地域の皆様に出演いただき、1分間でイベント告知やメンバー募集などのお知らせを自由にしていただくことができる、地域住民参加型の番組です。また、毎週月曜日~金曜日に放送しているニュース番組、CACかわら“番”のコーナーとしても放送しています。 イベントや発表会の告知、出演者やスタッフの募集、各種サークル・教室の生徒募集、新商品のご案内、新店舗オープンのお知らせ、ご家族・ご友人に宛てたお祝いのメッセージ、特技の披露などなど何でもOK! 出演は随時受付中!あなたの伝えたいことを地域の人々に向けて発信してみませんか? 詳しくはこちら(http://www.cac12.jp/cac-channel/keijiban.html)

J063 NOTE

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 東京都立小石川中等教育学校 映画研究会 初応募なので至らないところがあるかもしれませんが、よろしくお願いいたします。エンディングの入り方を工夫しました。見てください。

【高校野球2019夏 西東京大会 チーム紹介】都立八王子北高等学校

一昨年の夏から、2年連続のベスト16、過去にはベスト8入りの実績もある八王子北高等学校。現在、部員数は43人、「先輩を超える」という目標のもとベスト8、ベスト4、更には甲子園を目指します。注目は、左右に打ち分け、長打が期待される栗原 弘樹選手。昨年よりも、攻撃力がパワーアップした八王子北高等学校。ベスト8以上、更には甲子園を目指し全力で戦います。