(一社)日本ケーブルテレビ連盟

ええやん!!あかし

提供元:(一社)日本ケーブルテレビ連盟

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

明石ケーブルテレビ:制作
第42回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード 準グランプリ
「ええやん! ! あかし」は、その名のとおり明石の 「ええとこ」 にこだわり、地元情報を面白おかしく紹介することがモットー。地域を知り尽くした市民リポーターたちが、飾らない普段の言葉で 「わがまち自慢」 をしてくれることで、番組を見た市民が改めて地元明石に誇りを感じるきっかけとなっています。コミュニティづくりに一役買える番組として、これからも明石の魅力を発信していきたいと思います。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

eiga worldcup 2017 自由部門 Love Impossible

大阪府立阿倍野高等学校

さくらとあゆ アンコール特別篇~前編~

吉備ケーブルテレビ:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コミュニティ部門審査員特別賞 【番組概要】 主人公「さくら」は地元「高梁」を離れ東京で暮らしているが、たまたま帰省した時に、東京から移住してきた新規就農者「陽一」と出会う。価値観が違う二人はなぜか次第に引かれていく。地域住民たちもそんな二人を温かく見守り、やがて結婚。あたたかな家庭を気付いていく。当たり前に見えるけど特別な「ふつう」を作り出していく人々の物語。(一話30分・全五話のドラマのうち主に1話と2話で再編集したもの) 【審査員コメント】 ストーリーの展開は見え見え、演技は未熟だが、子育て世代を増やそうという企画の熱意は十分伝わる。現場で実務に当たる人の演技には説得力があり情報量も多い。カメラワークや映像処理は上手でケーブルTVの仕事として興味深い。自治体の町興し・縁結ぶサポーターの延長で婚活ドラマまで作る実行力には恐れ入る。ケーブルTVの信用度も想像され努力賞もの。

eiga worldcup 2017 自由部門 センチメートル

埼玉県立芸術総合高等学校

NAGASAKI水中散歩 ~タツノオトシゴと鮎~

長崎ケーブルメディア:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード 4K部門4K技術賞 【番組概要】 海に囲まれた長崎県。 北に玄界灘、西には東シナ海、そして県の中央には大村湾とそれぞれ性質の違った海に囲まれています。水産資源も多く全国でも有数の漁獲量を誇る長崎の海にはたくさんのいきものが生息しています。そんな生き物たちを毎日観察する水中監察家の中村拓朗さん。もっと自然のいきものと向き合いたいと勤めていた水族館を辞め、ダイビングショップを営みながら、毎日長崎の海に潜り、生き物たちを観察しています。中村さんが見る長崎の生き物たちの生き生きとした姿。美しくも儚いそんな生き物たちの姿を、水中観察家中村拓朗さんの解説とともに4K映像で取材しました。 【審査員コメント】 本当に見たことない世界をみせて頂ける、ものすごく興味深かった。タツノオトシゴの赤ちゃん、アユの卵が生き生きとそこにあるような、そこにいるような気持ちにさせる作り方になっている。

編集チームおすすめ

平成30年7月豪雨 義援金募集のお知らせ

ご支援・ご協力をお願いします。

ランキング

ほっとあーと ガラス作家 森康一朗

富山で活躍するアーティストを紹介しています

地域発見リポート やってみよ!老舗養蜂園で研修せよ!.MXF

MCTVの元気社員、西尾有加里が地元の色々な団体に潜入して自らもその体験をしながら活動の様子をリポートします。

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立東村山西高等学校

東村山市富士見町にある都立東村山西高等学校。 野球部員数は、1年生17人、2年生11人、3年生10人、 マネージャー5人の、あわせて43人です。 今年のチームは、ズバ抜けた選手はいませんが、 ひとりひとり個性があり、且つチームワークに優れているのが特徴です。

奈良イチ研究所<日本最古の「瓦」 世界遺産 元興寺>

奈良にある「一番」のものをなんでも「奈良イチ」として取り上げる『奈良イチ研究所』。番組では、「奈良イチ」の凄さや魅力、込められた想いなどを研究員が県内を駆け回って調べます。

あなたにおすすめ

なないろゆでたまご

BAN-BANネットワークス:制作 第42回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コミュニティ部門優秀賞 「なないろゆでたまご」は、番組のコンセプトが 「予算ゼロ」 という実験的な番組で、いかに地域を巻き込むかアイデアを出しながら、毎月企画を変えて放送しています。ケーブルテレビでは珍しく、再放送なし生放送一度きりの30分番組。2015 年11 月放送分は、地元小学校で開催された、学校のオリジナルキャラクター総選挙の前日特番を制作しました。

運だもしたんパラダイス

BTV:制作 第42回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コミュニティ部門奨励賞   『運だもしたんパラダイス』は、昨年8 月に始まった盆地限定バラエティ番組。タイトルになっている「うんだもしたん」とは、驚いたときに使う都城弁です。1 月放送の鹿児島県曽於市(そおし)の伝統行事「奇習 鬼追い」を紹介した回をエントリーしました。鬼追いは、曽於市にある「鬼追いの郷 深川」と呼ばれる小さな町で、1200 年以上続く伝統行事です。

佐伯なぜ旅漫遊記 蒲江編

ケーブルテレビ佐伯:制作 第42回日本ケーブルテレビ大賞番組 コミュニティ部門奨励賞   平成の大合併により、大分県佐伯市も一市八町村がひとつの市として生まれ変わりましたが、新しい佐伯市民は、合併前の隣町隣村の歴史・風土に驚くほど無知だったのです。「佐伯なぜ旅漫遊記」は、このような状況を踏まえ、新佐伯市の各地域の歴史や風土を紹介する番組です。ドローンによる、日頃見ることの出来ない上空からの映像も番組に特色を出しています。

幸福のカタチ Report to the UN ~from the happiness city~ 夢を追いものづくりのまちに移住 ~子育て世帯 移住幸福度日本一 福井で暮らす~

丹南ケーブルテレビ:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門奨励賞 【番組概要】 番組では、丹南地域で、“幸福のカタチとは?”“女性が輝く社会とは何か” を探訪し、取材から感じたそのヒントを国連女性問題の第一人者アンワルル K チャウドリー国連大使(元国連事務次長、国連の友アジアパシフィック会長)にレポート。国連NY本部ハイレベルフォーラムやUNWOMAN、UNFPAなど関係機関にて報告を行う番組を掘り下げるファシリテーターに、国連の友アジアパシフィックと提携している日本歌手協会より、歌手で女優の大場久美子さんと、早見優さんを起用。進行役のモデレーターには、国連の友アジアパシフィックの小松田有理が担当。毎回二人の女性が、地域のデータを元に、地域で輝く様々な人に出会い、協働・持続可能な社会発展への考え方や施策、道筋などを探求し、そのヒントを探って行く。今回応募した番組は、「夢を追いものづくりのまちに移住~子育て世帯 移住幸福度日本一福井で暮らす~」と題し、高校卒業と同時に越前市に移住し、打刃物職人としての道を歩みはじめた山本直さんに、移住へのきっかけや、職人としての想い、地域の人との関わりについて話を聞いた。 【審査員コメント】 インタビューとスタジオトークの番組だが、事前リサーチがしっかりしていたのかインタビューが濃く、早見優さんのようなタレントさんを使うと善し悪しもあるが、出過ぎずに良い役割をしていた。全体構成として移住してきたご主人の仕事から入り、奥様の目線での移住生活、子育てなど住まう方の気持ちに沿っており好感が持てる。女性や高齢者が輝く社会が大事だが、このような形で情報発信が重要になっていくと思う。

ピックアップ

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立松が谷高等学校

チームのモットーは「感謝・努力・闘志」。支えてくれる周囲の人たちに感謝しながら夏に向かいます。

それいけ爆釣中!vol.41

平成28年9月放送「年に一度の本気釣り 幻のアカメ編」 そろそろ真面目に釣りをしないと怒られる。 そんな危機感を抱き、なお君は呼ばずにアカメを釣りに行く。 幻を本気で狙う男と、全然興味がないディレクター。 果たしてアカメを手にすることができるのか!?

櫻花之国 果物編

須坂市の特産の果物を紹介します。

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA-2016年5月後半号

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA- 今回、欣様がお伺いしたのは羽曳野市でーす。 羽曳野市は、大阪府南河内地域に位置する市。 ぶどう栽培などが盛んですね。 そして、古墳などの古代史跡の多い地としても知られています。 そんな羽曳野市では現在、有名な百舌鳥・古市古墳群の世界文化遺産登録に向けた催しなどが活発におこなわれています。 今回のふわっと欣様、5月後半号では、 百舌鳥・古市古墳群の世界文化遺産登録向けた活動の一環として4月29日に開催された、グリーンフェスタはびきのや、はまったら抜け出せなくなる拘りのカレー屋さんをご紹介しまーす。

ニルヴァーナ(予告編)

豊田工業高校 放送部 制作作品

J028 夕暮れの花火

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 東京都立工芸高等学校 全日制映画研究部 幼馴染の友里・明日香・たつき。3人は中学生の時から互いが変わっていったことに見て見ぬふりをしてきた。そんな3人が高校生になって初めての夏休みに「変わること」に向き合 っていく。

【高校野球2018夏 東東京大会 チーム紹介】立正大学付属立正高等学校

大田区西馬込にある立正大学付属立正高等学校。昭和5年に創部した野球部は、元プロ野球選手の内田和也監督のもと、2年連続で夏の大会4回戦進出、秋季東京都大会ではベスト8と着々と成績を上げています。今年は「練習は楽しく、試合は勝負強く」をモットーに、主将の青木選手を中心とした切れ目のない打線と1つのアウトを全力で取りに行く守備が特徴的です。チームの主砲でもある青木選手は4回戦で負けた昨年の悔しさを晴らすため、今年の夏は長打が打てるように練習を積んできました。今大会は一戦一勝、全力プレーで挑み、甲子園を目指します。

J023 ウィーアー☆ヒーローズ

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 共立女子中学高等学校 映画部 非公認の部活で活動する5人の活動風景から、自分で自分の意思を決定することの重要さ、自分を受け入れてくれる人が周りにいることの大切さを感じでください。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】日本工業大学駒場高等学校

チームのモットーは『義理・人情』。一試合、一試合大事に戦っていき、昨年よりも上を目指す。目標はベスト32。

ベイコム・地元ニュース(兵庫版)2018年6月5日号

交通安全キャンペーン(尼崎) 築地大運動会(尼崎) 高齢者見守り事業 協定締結式(西宮) 西宮・浜脇のふるさとづくり(西宮) 尼崎運河 de SUP YOGA体験(尼崎) 伊丹市水防工法訓練(伊丹)