(一社)日本ケーブルテレビ連盟

住民パワーでふるさと創り 下郷沢活性化組合

提供元:(一社)日本ケーブルテレビ連盟

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

上田ケーブルビジョン:制作
第42回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門審査員特別賞
1 6 万人だった上田市の人口は、合併から1 0 年で5 千人余り減りました。そのようななか、市街地周辺部にある下郷沢区では人口がほとんど変わっていません.
その秘密は活性化組合。番組では1 4 年前から始めた炭作りを中心に組合の活動を追い、住みやすいふるさとを創ろうと取り組む下郷沢の住民パワーの謎に迫ります。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

川越まつり

ジュピターテレコム:制作 川越まつりは、10月14日に氷川神社が執行する「例大祭」を根源に「神幸祭」「山車行事」から成り立つ。慶安元年(1648)に、当時の川越藩主、松平伊豆守信綱が氷川神社に神輿・獅子頭・太鼓等を寄進して祭礼を奨励したことに始まり、慶安4年(1651)から華麗な行列が氏子域の町々を巡行し、町衆も随行するようになった。これが「川越まつり」の起源とされる。以来、360年以上にわたって川越の文化として脈々と受け継がれている祭礼行事である。

天高く 三頭の龍が舞う町 ~長崎くんち 筑後町 龍踊~

長崎ケーブルメディア:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門奨励賞 【番組概要】 長崎くんちの踊町の一つ筑後町には、青龍2頭、白龍1頭 3頭の龍がいます。 この3頭の龍が、狭い踊り馬場をひしめき合いながら一斉に踊る「巴踊り」が筑後町最大の見せ場です。この筑後町の龍踊に憧れ、そして、長崎くんちの舞台に立つことを目標にしてきた田川省吾さん。田川さんは、保育園の頃から龍踊りを始め、今回ようやくその夢を実現させます。この夢の実現には、田川さんの恩師の存在がありました。かつては先生と園児という関係だった二人が、今回は仲間、そして、ライバルとして長崎くんちに出演します。二人の長崎くんちにかける想い、龍踊にかける想いを通して「長崎くんち 筑後町 龍踊」の魅力を伝えます。 【審査員コメント】 独特の音色で構成された導入部に引き付けられた。伝統文化を守る人達の熱意にも、もちろん魅せられたが、保育園の存在がとても効いている。 また、 私なら、若干インタビューを減らして、現場の生音をもう少し生かして臨場感を少し増やせていたのではないかと思う。地域の中に目標やほこりがあることは、素晴らしいと言うことを再認識させてもらえた。

にっぽんの富士2

いにしえの時代から日本人に愛され、心の拠り所であり続ける「富士山」。 2013年6月、世界文化遺産にも認定され、名実ともに世界の名峰となった。 美しい富士山の姿とともに“郷土富士”と呼ばれる山々を、各地のケーブルテレビが提供した映像で綴る。

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

「高校球児の夏2018」日本大学豊山高等学校

文京区大塚の日大豊山は2000年、平成12年に東東京大会制覇! この5年間は準優勝、ベスト8など常に安定した成績です。さらに昨年秋の大会はベスト4!18年ぶりの優勝も夢じゃない!今年の中心選手3人を紹介します。

【広報きりしまとMCTのコラボ番組】きりしまの植生~霧島樹帯トンネル~

霧島市の市報「広報きりしま」と南九州ケーブルテレビネットのコラボ番組です。今回は、県道480号線から高千穂河原までの道「霧島樹帯トンネル」に広がる霧島の植生の秘密に迫ります。

C016 かいじゅうたちの棲みつく街

eiga worldcup2016 地域部門出品作品 東京都立新宿山吹高等学校 映画クラブ 大衆が動めく大都会で暮らす孤独な女子生徒。流浪の日々をその街で暮らす女性は、自分の在処を見て何を思うのかという作品。特定の人物にフォーカスを当てることで1コマ1コマが写真のようになっています。

【高校野球2018夏 西東京大会チーム紹介】成蹊高校

創立100年以上の歴史を持つ、武蔵野市の成蹊高校。部員たちは「和をもって全力を尽くす」をはじめ、代々受け継がれてきた部訓のもと、日々練習に励んでいます。今年は打倒シード校を掲げ、さらなる躍進を目指します。

鮎の棲む川~長良川ストーリー~#7「瀬張り網漁~音と色に右往左往~」

世界農業遺産に認定された「清流長良川の鮎」。長良川流域の食文化は、鮎をはじめ、様々な川魚とともにあります。番組では、それらの食文化を中心に、長良川漁法・生態系・人々の暮らしを学びます。 今回のテーマは「瀬張り網漁」。 秋になると、長良川のあちこちで瀬張り網漁の仕掛けを目にするようになります。 撮影日は偶然にも大漁の日!水中で泳ぐ鮎の群れと、網いっぱいにかかる鮎の姿をご覧ください。

あなたにおすすめ

世間遺産 ~美浜町古布 後編~

知多半島ケーブルネットワーク:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コミュニティ部門奨励賞 【番組概要】  誰の心にもある「大切なもの」、「未来に残したいもの」をこの番組では『世間遺産』とよんでいます。『世間遺産』は、場所や物である必要はなく、その人が思う「大切なもの」、「未来に残したいもの」であれば、考え方でも人物でも何でも『世間遺産』になります。そのルールのもと、毎月放送エリア内の1つの地域をリポーターが散策し、出会った人たちの『世間遺産』を伺い、それにまつわるエピソードをご紹介していきます。平成24年3月から始まったこの番組は、今年で6年目を向かえ、地域の人たちからお伺いした『世間遺産』の数は350を超えました。この回は、太平洋戦争開戦に向けて海軍航空隊が設置されることになり、地区ごと移転を迫られた美浜町古布地区の人たちから『世間遺産』を伺いました。番組尺:1地域につき前半15分(月の上旬放送)、後半15分(月の下旬放送)リポーター:小島 一宏(フリーアナウンサー、大同大学准教授) アシスタント:松田 唯(知多半島ケーブルネットワーク株式会社 社員) 【審査員コメント】 未来に残したい大切なものを「世間遺産」と名付けそれを地域で探す。海軍航空基地建設の為に地域丸ごと強制移住された集落で、集まった数人の古老から言われたことは”平和ぐらい尊いものはない、守り続けなければ”ということだった。15分のシンプルな番組づくりだが、ふるさとの歴史の断面が切々と伝わる佳作。

平成28年国府宮はだか祭

稲沢シーエーティーヴィ:制作 第42回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門奨励賞   奈良時代に起源を持つ国府宮はだか祭。毎年このお祭では、触れると厄が落ちると言われている神男が神籤によって選ばれます。非常に危険が付きまとう神男に今年選ばれたのは池谷悟・44 歳。この番組は、その人間像や、それを見守る両親や仲間たち、さらに、鉄鉾会という歴代の神男で構成された組織に迫ったドキュメンタリーです。

品川に生きる

ケーブルテレビ品川:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門優秀賞 【番組概要】 2020年東京五輪に向けて開催準備の動きが加速し、日本の表玄関としても期待が高まるまち、品川。JR山手線大崎駅周辺地区では近代的ビル群が誕生し、街が生まれ変わろうとしている。一方で、旧東海道周辺の街並みは歴史の面影や江戸風情を残し、そこに住む人には、下町気質や人情、近隣とのふれあいなど今も変わらずに根付いているものがある・・・。そんな歴史と文化のまち品川を、そこに生きる人々にスポットを当て、まちの息づかいを伝えていく試みが本企画制作の狙いです。開局20周年を迎えたケーブルテレビ品川が積み重ねてきた映像制作の実績と地域とのネットワークを活かし、地域に根ざしたメディアとして当社ならではの特別番組を制作。 【審査員コメント】 品川という町の奥行きを感じる作品で訪れたくなった。一眼レフのカメラで撮られた表情とナレーターがマッチしていて温かい雰囲気を出している。4部構成だが4つの作品のクオリティーのばらつきは感じた。1、2本目は人の表情なども丁寧に取られていて好感が持てた。それに比べると3、4本目は、ナレーションありきで流れてしまった印象。全体的には街や人を描くというケーブルの大事なテーマをしっかり捉えている作品かと思う。

幸福のカタチ Report to the UN ~from the happiness city~ 夢を追いものづくりのまちに移住 ~子育て世帯 移住幸福度日本一 福井で暮らす~

丹南ケーブルテレビ:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門奨励賞 【番組概要】 番組では、丹南地域で、“幸福のカタチとは?”“女性が輝く社会とは何か” を探訪し、取材から感じたそのヒントを国連女性問題の第一人者アンワルル K チャウドリー国連大使(元国連事務次長、国連の友アジアパシフィック会長)にレポート。国連NY本部ハイレベルフォーラムやUNWOMAN、UNFPAなど関係機関にて報告を行う番組を掘り下げるファシリテーターに、国連の友アジアパシフィックと提携している日本歌手協会より、歌手で女優の大場久美子さんと、早見優さんを起用。進行役のモデレーターには、国連の友アジアパシフィックの小松田有理が担当。毎回二人の女性が、地域のデータを元に、地域で輝く様々な人に出会い、協働・持続可能な社会発展への考え方や施策、道筋などを探求し、そのヒントを探って行く。今回応募した番組は、「夢を追いものづくりのまちに移住~子育て世帯 移住幸福度日本一福井で暮らす~」と題し、高校卒業と同時に越前市に移住し、打刃物職人としての道を歩みはじめた山本直さんに、移住へのきっかけや、職人としての想い、地域の人との関わりについて話を聞いた。 【審査員コメント】 インタビューとスタジオトークの番組だが、事前リサーチがしっかりしていたのかインタビューが濃く、早見優さんのようなタレントさんを使うと善し悪しもあるが、出過ぎずに良い役割をしていた。全体構成として移住してきたご主人の仕事から入り、奥様の目線での移住生活、子育てなど住まう方の気持ちに沿っており好感が持てる。女性や高齢者が輝く社会が大事だが、このような形で情報発信が重要になっていくと思う。

世界農業遺産-高千穂郷・椎葉山地域-

ケーブルメディアワイワイ:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード 4K部門4K技術賞 【番組概要】 高千穂郷・椎葉山地域は、面積の9割以上を森林が占める。林業と共に原木椎茸の栽培や、日本で唯一継承されている焼畑、山を切り拓いて作られた棚田での米作りなど、独自の伝統農法が継承されている。これらは、地域共同の作業によって維持されるものが多く、各地区で受け継がれる伝統芸能「神楽」によってコミュニティが形成されてきた。一方、過疎化による人口減少により地域の将来を担う人材不足などの課題もある。これに対し、地元の高校では独自の農村文化を伝える授業も始まり、世界農業遺産を契機とした地域の再生が期待されている。 【審査員コメント】 色がすごかった。自然が持っている豊かな色がいろんなところに出てきたと感じた。朝とか夕方とか時間によっても違うところが良く出ていた。

ピックアップ

Lost Hometown credits

横浜インターナショナルスクール 新映画部:Filmeisters 制作作品 家族、そして家の大切さを思い知らされる作品です。

Y068 街中アンケート(予告編)

神奈川県立大磯高等学校SF研究部 制作 主人公の変わっていく姿に注目してほしいです。

2018となみ野の風景「クロスランドからの冬景色」

富山県小矢部市のランドマーク、クロスランドタワーからの景色。辺りは一面の銀世界。除雪車が雪を掻き分け真っ白な大地に人々の生活道路の線を描きます。冬でしか見ることのできない景色に出会います。(2018年2月)

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立両国高等学校

墨田区江東橋にある両国高校。野球部の創部は1945年。部員数は、マネージャーを含めて19人です。 今年のチームのスローガンは「下剋上」 強豪校に打ち勝ち、過去の最高成績であるベスト16を上回るベスト8進出を狙います。 そんな両国を率いるのは、OBで2010年から采配を振る石川敏雄監督です。 このチームに欠かせない存在なのが3年生の大石遼選手。持ち前の明るい性格でチームを盛り上げます。 キャプテンは、エースの古澤知樹選手。持ち球はスライダーとカーブで、緩急をうまく使ったピッチングで、最後の夏の大会に挑みます。

J:COMpark 2016年12月後半号「J:COMpark2016総集編」前編

J:COMpark12月後半号は、2016年の総決算! J:COMpark2016総集編の前編!今年もいろいろありましたねぇ・・・ 今年の初回放送は・・・そして4月からは放送エリアも拡大! さらに2016年もKC,sさんとのコラボグッズ作りました! さらには山登りにもチャレンジしたし、大阪城周辺に突如現れた施設で遊び、たつをもメロメロのお姉さんにも出会いました。 いや~23分じゃ足りないよぉ~ WEB:http://c.myjcom.jp/jch/p/jpa/ ブログ:http://jcomch-kansaiobp.blogspot.jp/ フェイスブック:https://www.facebook.com/jcompark/ ツイッター:https://twitter.com/JCOMPark

この坂のぼれば 3月総集編

坂の街長崎の坂道を一本一本歩きながら、そこに住む人たちに 町の話を聞くこの坂のぼれば。 今回は一年間を振り返ります

本條秀太郎のJ:COMシャミ専科~テレビでお稽古①~

初心者でも分かる三味線のお稽古。 初回は、座り方、指かけのつけ方、三味線や撥の持ち方、 また「勘所」と「調弦」のおはなしです。 この番組は、三味線演奏家・作曲家の本條流家元の本條秀太郎を講師に迎え、テレビの前で実際の教室さながらの三味線の稽古が受けられる番組です。【2015年6月前半放送】

万照の岐阜発!!音楽のチカラ 2014年10月放送 Track15 「サルでもわかる音楽理論」

岐阜出身のプロサックスプレイヤー「野々田万照」 がお送りする音楽番組。 夏は鮎漁師、音楽スクールの校長先生など多彩な顔がある万照さん。 番組では岐阜だけでなく世界各国でのコンサートの裏話など 「ギョーカイ」の裏話も交えて楽しく語ってくれています。 2014年10月放送 Track15「サルでもわかる音楽理論」

万照の岐阜発!!音楽のチカラ 2015年10月放送 Track25 「ほろよいバンド 熱燗党 前編」

岐阜出身のプロサックスプレイヤー「野々田万照」 がお送りする音楽番組。 夏は鮎漁師、音楽スクールの校長先生など多彩な顔がある万照さん。 番組では岐阜だけでなく世界各国でのコンサートの裏話など 「ギョーカイ」の裏話も交えて楽しく語ってくれています。 2015年10月放送 Track25「ほろよいバンド 熱燗党 前編」

【高校野球2016夏 東東京大会 チーム紹介】都立六郷工科高等学校

12年前の平成16年に創部の都立六郷工科高等学校野球部。 現在、マネージャーを含め13人の部員が所属しています。 平日で、グラウンドが全面使用できるのは、 週1回の水曜日、午後4時からの1時間。 部員たちは、その貴重な時間を効率よく使い、一生懸命練習しています。 六郷工科ナインは、思いを一つにし、全力で初戦突破を目指します。