(一社)日本ケーブルテレビ連盟

放送セミナー戦後70年 「戦時下の鈴鹿市 戦争の記録と記憶」 「戦後の鈴鹿市 軍都から緑の工都へ」

提供元:(一社)日本ケーブルテレビ連盟

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

ケーブルネット鈴鹿:制作
第42回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コミュニティ部門奨励賞  
戦後70 年を機に、戦中・戦後の鈴鹿市の歩みをまとめました。軍都として生まれた鈴鹿市には、多くの軍需施設が作られ、苦難の道を歩みますが、戦後は、幾多の努力と逸話を重ねて、「軍都から緑の工都へ」と変わることができました。戦中・戦後の記録と記憶。それは一人ひとりの小さな体験から、市政の舵取りまで、鈴鹿市民の心の原点なのです。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

eiga worldcup 2017 自由部門 TRUE_END

埼玉県立川越東高等学校

eiga worldcup 2017 自由部門 punpunP

鹿児島県立松陽高等学校

ながさき原爆記録全集~アメリカ戦略爆撃調査団編総集編~

長崎ケーブルメディア:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞 【番組概要】 長崎に原子爆弾が投下されてから45日後、昭和20年9月23日から11月23日まで2か月に渡って長崎を撮影したカラーフィルム映像がある。通称、海兵隊フィルムと呼ばれる映像で、未編集の状態で1万700フィート、合計5時間30分のカラー映像だ。しかし、その映像はニュースなどで一部が使用されるだけで、全編が紹介されることはなかった。映像には廃墟と化した長崎の街の様子や人々が復興に向けて動き始めている様子が鮮明に映し出され、カラーで見る被爆地の臨場感は計り知れないものがある。長崎の人々に向けて、この映像を全て見せることが出来ないだろうか、それも詳しい解説付きで…。それはケーブルテレビにしか出来ない放送かもしれない。そんな思いで制作、放送を続けた。番組の反響は大きく、地元大学の研究室から映像提供協力の申し出があり、2016年4月からは、米戦略爆撃調査団撮影の6時間30分を解説付きで紹介する「ながさき原爆記録全集」の第2弾の制作放送制作を開始した。放送を続ける中、視聴者からの反応も多く寄せられ、そんな反応を盛り込みながら放送を続けている。 【審査員コメント】 まず、コミュニティ部門からグランプリが出たことに評価したい。衝撃を受けました。テレビメディアというものが行き着いたひとつのかたちを見た。記録映像を単に流すということだけではなく、番組に寄せられた様々な発見や意見を取り入れた番組で、まさに双方向の番組。また画面が片隅に情報が出ているが、邪魔に思わずとても有効的に出ている。この様な例をあまり見たことがない。

eiga worldcup 2017 地域部門 岡山の魅力

岡山県立岡山東商業高等学校

にっぽんの富士1

いにしえの時代から日本人に愛され、心の拠り所であり続ける「富士山」。 2013年6月、世界文化遺産にも認定され、名実ともに世界の名峰となった。 美しい富士山の姿とともに“郷土富士”と呼ばれる山々を、各地のケーブルテレビが提供した映像で綴る。

編集チームおすすめ

平成30年7月豪雨 義援金募集のお知らせ

ご支援・ご協力をお願いします。

ランキング

企画 信州須坂みそ蔵探訪「糀屋本藤醸造舗」

長野県須坂市には、多くのみそ蔵があります。今回はその中の「糀屋本藤醸造舗」をご紹介します。次世代映像4Kカメラで撮影。職人がこだわり抜いた味噌と昔ながらの製法をご覧ください。

金足農業高校

いよいよ、夏の甲子園出場校を決める「第98回全国高校野球選手権秋田大会」が 12日に開幕しました。甲子園をかけた球児たちのアツイ思いをお伝えします。 今回は秋田県立金足農業高校を紹介します。

ヒットの兆し(FRUTICO)

新たなビジネスで岐阜を盛り上げようとしている企業、岐阜の地で頑張る仕事人を紹介します。 今回は、「FRUTICO」の相馬 慎悟さんを紹介します。

それいけ爆釣中!vol.35

平成28年3月放送「何も釣れない編」 いよいよちゃんとした魚を釣らないとヤバいと焦る我々。 下した決断は四国外への逃亡。 初めて四国を飛び出し向かったのは淡路島。 この地で、ある巨大魚を狙うが…完全なるボウズで終わる。 魚が一匹も映らないというある意味伝説を残した回ですw

UP!アップ!関ガール シーズン2 vol.114.MXF

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」が毎回、過酷な企画にチャレンジするバラエティ。

あなたにおすすめ

幸福のカタチ Report to the UN ~from the happiness city~ 夢を追いものづくりのまちに移住 ~子育て世帯 移住幸福度日本一 福井で暮らす~

丹南ケーブルテレビ:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門奨励賞 【番組概要】 番組では、丹南地域で、“幸福のカタチとは?”“女性が輝く社会とは何か” を探訪し、取材から感じたそのヒントを国連女性問題の第一人者アンワルル K チャウドリー国連大使(元国連事務次長、国連の友アジアパシフィック会長)にレポート。国連NY本部ハイレベルフォーラムやUNWOMAN、UNFPAなど関係機関にて報告を行う番組を掘り下げるファシリテーターに、国連の友アジアパシフィックと提携している日本歌手協会より、歌手で女優の大場久美子さんと、早見優さんを起用。進行役のモデレーターには、国連の友アジアパシフィックの小松田有理が担当。毎回二人の女性が、地域のデータを元に、地域で輝く様々な人に出会い、協働・持続可能な社会発展への考え方や施策、道筋などを探求し、そのヒントを探って行く。今回応募した番組は、「夢を追いものづくりのまちに移住~子育て世帯 移住幸福度日本一福井で暮らす~」と題し、高校卒業と同時に越前市に移住し、打刃物職人としての道を歩みはじめた山本直さんに、移住へのきっかけや、職人としての想い、地域の人との関わりについて話を聞いた。 【審査員コメント】 インタビューとスタジオトークの番組だが、事前リサーチがしっかりしていたのかインタビューが濃く、早見優さんのようなタレントさんを使うと善し悪しもあるが、出過ぎずに良い役割をしていた。全体構成として移住してきたご主人の仕事から入り、奥様の目線での移住生活、子育てなど住まう方の気持ちに沿っており好感が持てる。女性や高齢者が輝く社会が大事だが、このような形で情報発信が重要になっていくと思う。

NAGASAKI水中散歩 ~タツノオトシゴと鮎~

長崎ケーブルメディア:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード 4K部門4K技術賞 【番組概要】 海に囲まれた長崎県。 北に玄界灘、西には東シナ海、そして県の中央には大村湾とそれぞれ性質の違った海に囲まれています。水産資源も多く全国でも有数の漁獲量を誇る長崎の海にはたくさんのいきものが生息しています。そんな生き物たちを毎日観察する水中監察家の中村拓朗さん。もっと自然のいきものと向き合いたいと勤めていた水族館を辞め、ダイビングショップを営みながら、毎日長崎の海に潜り、生き物たちを観察しています。中村さんが見る長崎の生き物たちの生き生きとした姿。美しくも儚いそんな生き物たちの姿を、水中観察家中村拓朗さんの解説とともに4K映像で取材しました。 【審査員コメント】 本当に見たことない世界をみせて頂ける、ものすごく興味深かった。タツノオトシゴの赤ちゃん、アユの卵が生き生きとそこにあるような、そこにいるような気持ちにさせる作り方になっている。

ありがとう 三浦屋

ケーブルテレビ品川:制作   第42回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門優秀賞   半世紀続いた北品川にある老舗天麩羅屋「船宿天ぷら 三浦屋」がのれんを下ろした。江戸前にこだわったネタと継ぎ足しのタレが人気だった三浦屋は、堀江雅子さんと娘夫婦が切り盛りしていた。生粋の品川っ子。大の神輿好きの雅子さん。閉店日は、品川神社の例大祭の最終日に決めた。番組では、この「三浦屋の最後」を追いかけました。

品川に生きる

ケーブルテレビ品川:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門優秀賞 【番組概要】 2020年東京五輪に向けて開催準備の動きが加速し、日本の表玄関としても期待が高まるまち、品川。JR山手線大崎駅周辺地区では近代的ビル群が誕生し、街が生まれ変わろうとしている。一方で、旧東海道周辺の街並みは歴史の面影や江戸風情を残し、そこに住む人には、下町気質や人情、近隣とのふれあいなど今も変わらずに根付いているものがある・・・。そんな歴史と文化のまち品川を、そこに生きる人々にスポットを当て、まちの息づかいを伝えていく試みが本企画制作の狙いです。開局20周年を迎えたケーブルテレビ品川が積み重ねてきた映像制作の実績と地域とのネットワークを活かし、地域に根ざしたメディアとして当社ならではの特別番組を制作。 【審査員コメント】 品川という町の奥行きを感じる作品で訪れたくなった。一眼レフのカメラで撮られた表情とナレーターがマッチしていて温かい雰囲気を出している。4部構成だが4つの作品のクオリティーのばらつきは感じた。1、2本目は人の表情なども丁寧に取られていて好感が持てた。それに比べると3、4本目は、ナレーションありきで流れてしまった印象。全体的には街や人を描くというケーブルの大事なテーマをしっかり捉えている作品かと思う。

検証!屋島源平合戦 ~源義経軍の足跡を追う~

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門奨励賞 ケーブルメディア四国:制作 源義経が源平合戦の終盤に大きく活躍した「屋島の戦い」において、大坂を出発した義経軍が徳島に入ってから、どのようなルートを経て屋島(香川)までに至ったのか、実際のルートを大学の先生とたどりつつ、解説を加えながら紹介しました。 ルートの要所では、「各地に残る伝説」と「実際の歴史」を対比させ、定説とは異なる新たな考察から新しいルートを紹介し、最終章では、屋島で行われた戦いであったにも関わらず、屋島の対岸に多くの伝説が残っている理由を推測しました。 さらに、視聴者が同じルートを辿ることを想定し、現地への行き方、休憩場所としてランチの紹介を加えました。

ピックアップ

【高校野球2018夏 東東京大会チーム紹介】大東文化大学第一高等学校

板橋区高島平にある大東文化大学第一高等学校。野球部は1961年に創部し、現在は53人で活動しています。夏の大会では去年、一昨年と三回戦敗退。新チームになってから公式戦での勝利はまだありませんが、「まず一勝」を目標にチーム一丸となって練習に取り組んでいます。

高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介 郁文館高等学校

文京区向丘の郁文館は、ある有名人が野球部に所属していました。 その先輩が成しえなかった甲子園を目指し、練習に励みます。 今年の中心選手に選手同士でどんな選手か紹介していただきました。

J051 レッツゴー!アカパンマン

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 宮城県仙台第一高等学校 放送部 赤パン残し全てを脱ぎ捨て、君は戦う平和のために。高校生が青春と夏とアカパンをそそいだ、笑いあり苦笑いありのコメディストーリー!「あの変態さん誰?」「彼らはアカパンマン、赤パン一丁で町を守るのさ…。」

【高校野球2018夏 東東京大会 チーム紹介】都立新宿高等学校

JR新宿駅から歩いて3分、新宿御苑のすぐ隣にある新宿高校。部員たちのモットーは、「考える」ということ。文武両道を掲げる新宿高校らしく、頭を使う野球に取り組んでいます

ベイコム・地元ニュース(大阪版)2018年10月16日号

オータム・チャレンジ・スポーツ2018in福島(福島) 大和川水位上昇による避難訓練(住之江) 災害ボランティア養成講座(大正) 全国地域安全運動 此花区民大会(此花) 全国地域安全運動 西成区民大会(西成) すみのえミュージックフェスティバル!(住之江)

関ガール2vol.26.MXF

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」が、様々な企画にチャレンジするアイドル成長バラエティ!

涙雨ナダヌアミ

沖縄県立開邦高等学校 映画研究部 制作作品 この作品は、とある少女と少年、それぞれの悩みを描いたメッセージ性の強い作品です。部員の力を合わせて作りました。見てくださった方の心に残れば嬉しいです。

隠岐★ドキ!あまチャンネルVol.27(2018年6月分)すすめ!アイランダース

今回は「すすめ!アイランダース」シリーズで、これから夏のレジャーシーズンに向けて、隠岐中ノ島(海士町)のアウトドアでの楽しみ方を自然・環境系アイランダーの2人に紹介してもらいます。 1本目は、島留学で本土からやってきた島前高校の女子寮生と一緒に海士町の海岸で天然の宝石を探します。 2本目は、この島に遊びに来た人が必ず訪れる島随一の観光スポット、そして隠岐ユネスコ世界ジオパーク屈指のジオサイトでもある明屋海岸を、カリスマ・ネイチャーガイドが徹底的にガイドします。

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA-2016年3月後半号

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA-、今回、欣様がお邪魔したのは東大阪市です。 東大阪市の中でも欣様とカメラマンは八戸ノ里商店街にお伺いして、 活気溢れる様々なお店を皆様にご紹介したいと思いまーす。 欣様~今回もふわっとしたコメントで番組をふわふわっとお届けしましょうね~ ■ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA-  web: http://www.myjcom.jp/tv/channel/kansai/fuwakin.html  BLOG: http://blog.zaq.ne.jp/fuwakin/

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立大崎高等学校

チームのモットーは「常に感謝の気持ちを忘れないこと」。創部4年目で、公式戦では一度も勝てていないので、まずは一勝を目標に頑張っています。