(一社)日本ケーブルテレビ連盟

平成28年国府宮はだか祭

提供元:(一社)日本ケーブルテレビ連盟

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

稲沢シーエーティーヴィ:制作
第42回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門奨励賞  
奈良時代に起源を持つ国府宮はだか祭。毎年このお祭では、触れると厄が落ちると言われている神男が神籤によって選ばれます。非常に危険が付きまとう神男に今年選ばれたのは池谷悟・44 歳。この番組は、その人間像や、それを見守る両親や仲間たち、さらに、鉄鉾会という歴代の神男で構成された組織に迫ったドキュメンタリーです。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

【地方の時代映像祭】眼差し ヒロシマから沖縄へ(広島経済大学)

第37回地方の時代映像祭 市民・学生・自治体部門 優秀賞 制作:広島経済大学徳永ゼミ沖縄班

さくらとあゆ アンコール特別篇~後編~

吉備ケーブルテレビ:制作 主人公「さくら」は地元「高梁」を離れ東京で暮らしているが、たまたま帰省した時に、東京から移住してきた新規就農者「陽一」と出会う。価値観が違う二人はなぜか次第に引かれていく。地域住民たちもそんな二人を温かく見守り、やがて結婚。あたたかな家庭を気付いていく。当たり前に見えるけど特別な「ふつう」を作り出していく人々の物語。(一話30分・全5話のドラマのうち主に3~5話で再編集したもの)

eiga worldcup 2017 地域部門 岡山の魅力

岡山県立岡山東商業高等学校

高山祭

飛騨高山ケーブルネットワーク:制作 春の高山祭(山王祭)は日枝神社の例祭で毎年4月に開催。秋の高山祭(八幡祭)は櫻山八幡宮の例祭で毎年10月に開催。高山祭とはこの二つを指し、日本三大美祭のひとつに上げられる。 「祭屋台」が春には12台、秋には11台曳き揃えられ、その豪華絢爛な姿を披露する。総勢数百名におよぶ祭行列は、闘鶏楽や裃姿の警固など伝統の衣装を身にまとい、お囃子や雅楽、獅子舞に先導されて地域をまわる。夜には各屋台100個にもおよぶ提灯を灯し、艶やかに夜の闇を飾る。

【地方の時代映像祭】里山のふところ

第37回「地方の時代」映像祭 ケーブルテレビ部門優秀賞 制作:上越 『食べるマンマより大事な生きるマンマがある! 』上越市西部をながれる桑取川、全長15kmの流域に生きる人々の暮らしを1年間カメラが追いました。そこには、ゆたかな水をはぐくむブナ林や棚田を「まかなう」人々の姿があり、古老が語る自然への畏れや共生の教えが息づいています。お年寄りたちは明るく声をかけあい、自ら娯楽を「まかない」、笑顔いっぱいです。農の神を祀る宮司たちは小学生に神楽舞を伝え「ムラの心」を託そうとします。過疎化が進む中、集落を元気にする「生きるマンマ」とはなんでしょうか?里山のふところでみつけた「ちいさな宝物」を描きます。

編集チームおすすめ

志賀高原から始まる市川海老蔵「いのちを守る森」づくり

海老蔵さんの熱い想いをお聞き下さい。

ランキング

第46回魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会 真岡 対 能代

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

UP!アップ!関ガール シーズン2 vol.85.MXF

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」が毎回、過酷な企画にチャレンジするバラエティ。

ほんでミーゴ@Kパラnext 2018年1月25日

岩井・澤井の2人が県内のいろいろな場所を散策しながら、『ほんでミーゴ』を合言葉に皆さんに街のこと、人のことを根掘り葉掘り聞いちゃいます。今回は天理駅周辺を散策しています。

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA- 7月後半号

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA- 今回、お伺いしたのは大阪府南東部にある、羽曳野市でーす。 某有名選手を輩出した卓球センターで汗を流したり、 名産品であるブドウの栽培農家で何故か動物と触れ合ったり、 大盛りメニューをひたすらワンパクに食べたりしながら、 地域の魅力をご紹介しまーす。

【高校野球2017夏 神奈川大会 チーム紹介】森村学園高等部(横浜市緑区)

森村学園高等部(横浜市緑区) スローガン・意気込み「全員野球」

あなたにおすすめ

思いを伝えよう心の詩コンクール10周年記念特別番組(ダイジェスト)

大垣ケーブルテレビ:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コミュニティ部門奨励賞 【番組概要】 岐阜県大垣市で小学生を対象に開催されている「思いを伝えよう心の詩コンクール」の10周年記念番組。入賞作品の紹介やコンクール関係者へのインタビュー、過去の最優秀受賞者の今など。 【審査員コメント】 子供の詩が素晴らしい。高校生の朗読と映像も素晴らしい。審査風景や教育長の挨拶は余計のようだが、これも地域社会ぐるみで次世代を見守る気持ちが伝わってくる。10年間付き合ったケーブルテレビの姿勢も見えてくる。

佐伯なぜ旅漫遊記 蒲江編

ケーブルテレビ佐伯:制作 第42回日本ケーブルテレビ大賞番組 コミュニティ部門奨励賞   平成の大合併により、大分県佐伯市も一市八町村がひとつの市として生まれ変わりましたが、新しい佐伯市民は、合併前の隣町隣村の歴史・風土に驚くほど無知だったのです。「佐伯なぜ旅漫遊記」は、このような状況を踏まえ、新佐伯市の各地域の歴史や風土を紹介する番組です。ドローンによる、日頃見ることの出来ない上空からの映像も番組に特色を出しています。

品川に生きる

ケーブルテレビ品川:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門優秀賞 【番組概要】 2020年東京五輪に向けて開催準備の動きが加速し、日本の表玄関としても期待が高まるまち、品川。JR山手線大崎駅周辺地区では近代的ビル群が誕生し、街が生まれ変わろうとしている。一方で、旧東海道周辺の街並みは歴史の面影や江戸風情を残し、そこに住む人には、下町気質や人情、近隣とのふれあいなど今も変わらずに根付いているものがある・・・。そんな歴史と文化のまち品川を、そこに生きる人々にスポットを当て、まちの息づかいを伝えていく試みが本企画制作の狙いです。開局20周年を迎えたケーブルテレビ品川が積み重ねてきた映像制作の実績と地域とのネットワークを活かし、地域に根ざしたメディアとして当社ならではの特別番組を制作。 【審査員コメント】 品川という町の奥行きを感じる作品で訪れたくなった。一眼レフのカメラで撮られた表情とナレーターがマッチしていて温かい雰囲気を出している。4部構成だが4つの作品のクオリティーのばらつきは感じた。1、2本目は人の表情なども丁寧に取られていて好感が持てた。それに比べると3、4本目は、ナレーションありきで流れてしまった印象。全体的には街や人を描くというケーブルの大事なテーマをしっかり捉えている作品かと思う。

ながさき原爆記録全集~アメリカ戦略爆撃調査団編総集編~

長崎ケーブルメディア:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞 【番組概要】 長崎に原子爆弾が投下されてから45日後、昭和20年9月23日から11月23日まで2か月に渡って長崎を撮影したカラーフィルム映像がある。通称、海兵隊フィルムと呼ばれる映像で、未編集の状態で1万700フィート、合計5時間30分のカラー映像だ。しかし、その映像はニュースなどで一部が使用されるだけで、全編が紹介されることはなかった。映像には廃墟と化した長崎の街の様子や人々が復興に向けて動き始めている様子が鮮明に映し出され、カラーで見る被爆地の臨場感は計り知れないものがある。長崎の人々に向けて、この映像を全て見せることが出来ないだろうか、それも詳しい解説付きで…。それはケーブルテレビにしか出来ない放送かもしれない。そんな思いで制作、放送を続けた。番組の反響は大きく、地元大学の研究室から映像提供協力の申し出があり、2016年4月からは、米戦略爆撃調査団撮影の6時間30分を解説付きで紹介する「ながさき原爆記録全集」の第2弾の制作放送制作を開始した。放送を続ける中、視聴者からの反応も多く寄せられ、そんな反応を盛り込みながら放送を続けている。 【審査員コメント】 まず、コミュニティ部門からグランプリが出たことに評価したい。衝撃を受けました。テレビメディアというものが行き着いたひとつのかたちを見た。記録映像を単に流すということだけではなく、番組に寄せられた様々な発見や意見を取り入れた番組で、まさに双方向の番組。また画面が片隅に情報が出ているが、邪魔に思わずとても有効的に出ている。この様な例をあまり見たことがない。

8月7日の語り部~記憶の継承者たち~

中部ネーブルネットワーク:制作 第42回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門奨励賞   豊川市にあった豊川海軍工廠(こうしょう)は、機銃・弾丸の製造を行い、東洋随一の規模と言われていましたが、昭和2 0 年8 月7 日の爆撃により壊滅的な被害を受け、2 , 5 0 0 名以上の尊い命が奪われました。「語り部」、「戦争体験者の絵」、「空襲の劇」、「2 , 5 0 0 人での空襲再現」の4 つの視点で市民の取り組みを追っていくドキュメンタリー番組です。

ピックアップ

『ようこそ坂出へ!』サウサリート市から修学旅行生が坂出市へ到着!

5月10日(木)、サウサリート市から訪れた修学旅行生が坂出市へ到着しました。修学旅行生らは、17日(木)まで「交流の里 おうごし」や「府中湖」などで、様々な体験を通じ、日本文化を学ぶことになっています。 KBNいきいきワイド2018年5月10日(木)放送 (動画の公開期間は30日間程度)

J027 鈴木ん家の婆ちゃん

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 大阪学院大学高等学校 個人 人手が足りない資金が足りない機材が足りない。そんな言い訳は甘えでしかない。センス、実力、情熱があればこんなものが1人でも撮れるということを証明したかった。

第46回魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会 秋田 対 酒田西

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

デイリーニュース「2015ツール・ド・フランス さいたまクリテリウム」選手発表記者会見

9月24日、さいたま新都心にて開催された「J:COM presents 2015ツール・ド・フランス さいたまクリテリウム」選手発表記者会見の模様をJ:COM「デイリーニュース」関東全域で当日夕方生放送。 今回の大会では、J:COMは中継放送メディアとしてのみならず、プレゼンティングスポンサーとしても参加し、大会を盛り上げます。

ほんでミーゴ@Kパラnext 2018年1月11日

岩井・澤井の2人が県内のいろいろな場所を散策しながら、『ほんでミーゴ』を合言葉に皆さんに街のこと、人のことを根掘り葉掘り聞いちゃいます。今回は奈良市近鉄学園前駅周辺を散策しています。

超次元おにごっこ

秋田県立秋田高等学校 映画同好会 制作作品 おにごっこなのに、おにごっこらしくない!?常識はずれのおにごっこが今始まる!

Y002 蘖(予告編)

埼玉県立芸術総合高等学校映画部 制作転校を繰り返し、友達が一度も出来たことのない向井祐樹。変わり者で友達のいない町田真知男。ワケありの二人の、新鮮で、ちょっぴりしょっぱい日々を描いた作品です。独特のキャラクターに注目してご覧下さい。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立蒲田高等学校

都立蒲田高校は三年生4人をふくむ部員8人の小さな野球部。 今年、新チームになってから公式戦は2戦2敗と勝ちに恵まれてはいませんが、 小さいチームならではのチームワークの良さで夏の大会にのぞみます。 この夏エースとしてマウンドにたつのが小松優介選手。 気持ちが強くマウンド度胸の良さには定評があります。 また、その球を受けるキャッチャーが小松優一選手。 そう、二人はなんと双子のバッテリーなんです。

高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介 獨協高等学校

文京区関口の獨協高校のチームスローガンは、独りが己を磨き、互いを助け協力する。これが獨協野球なり。 今年の中心選手に選手同士でどんな選手か紹介していただきました。

なるほど!聞きコミテレビ#60成美校下

高岡ケーブルネットワークアナウンサー、菅野もえが、富山県高岡市のことをもっと知り、市民ともっと親しくなるべく、皆さんの住む地域や市内のイベントにおじゃまします。 “聞きコミ”とは“聞いてコミュニケーション”の略。 身近な話題から時事の話題まで、毎週さまざな質問を携え、いろいろな場所でインタビューします。 第60回:成美校下 テーマ「夏休みの予定」