(一社)日本ケーブルテレビ連盟

佐伯なぜ旅漫遊記 蒲江編

提供元:(一社)日本ケーブルテレビ連盟

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

ケーブルテレビ佐伯:制作
第42回日本ケーブルテレビ大賞番組 コミュニティ部門奨励賞  
平成の大合併により、大分県佐伯市も一市八町村がひとつの市として生まれ変わりましたが、新しい佐伯市民は、合併前の隣町隣村の歴史・風土に驚くほど無知だったのです。「佐伯なぜ旅漫遊記」は、このような状況を踏まえ、新佐伯市の各地域の歴史や風土を紹介する番組です。ドローンによる、日頃見ることの出来ない上空からの映像も番組に特色を出しています。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

eiga worldcup 2017 地域部門 都会の心

東洋英和女学院高等部

市民が創り上げた天下一

ケーブルメディアワイワイ:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コミュニティ部門奨励賞 【番組概要】 宮崎県北部の工業都市「延岡市」。企業城下町として発展してきた一方、城山公園をはじめ江戸時代以前からの歴史を感じられる町でもある。延岡では、旧藩時代から受け継がれる「天下一の能面」を活かし街づくりにとりくもうと、1997年から城山公園で薪能「のべおか天下一薪能」を上演してきた。市民ボランティアと能楽師の協働で創り上げられる舞台。城下町の歴史を体現するイベントとして2016年に開催20回を迎え、今年は屋外公演で記録のほとんどない能「道成寺」を上演した。また薪能は、次の世代への継承も始まっている。延岡の伝統文化として薪能を継承する姿や想いを伝える。 【審査員コメント】 延岡は室町時代から能に因があり天下一の面30点を残す。その延岡が20年前から始めた薪能。京都片山家10世、それに市民・学生が全力で参加、舞台や大道具の制作から舞や詠いに参加。能の大作道成寺を大雨の中で見事に成功。高感度の高い地域番組。

eiga worldcup 2017 自由部門 1年後

埼玉県立芸術総合高等学校

満州 富士見分村~戦後70年の証言~

エルシーブイ:制作   第42回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ・総務大臣賞   戦時中、長野県からは全国最多の約3 万3 千人が満州に渡りましたが、県内で最も多くの開拓移民を送った旧富士見村のことはほとんど知られていません。なぜ、多くの村人が満州に渡ったのか。そして、戦後の混乱をどう生き、今、何を思うのか。この番組は、元開拓団員とその家族の貴重な証言、資料映像をまとめたものです。

eiga worldcup 2017 自由部門 真夏の記憶

愛知県立昭和高等学校

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

万照の岐阜発!!音楽のチカラ 2018年7月放送 Track46「おかゆと万照ブラザーズ」

岐阜出身のプロサックスプレイヤー「野々田万照」 がお送りする音楽番組。 夏は鮎漁師、音楽スクールの校長先生など多彩な顔がある万照さん。 番組では岐阜だけでなく世界各国でのコンサートの裏話など 「ギョーカイ」の裏話も交えて楽しく語ってくれています。 2018年7月放送 Track46「おかゆと万照ブラザーズ」

めざせ!甲子園2018 国士舘高等学校

夏の甲子園出場を目指すイッツコムエリアの高校野球部をご紹介する「めざせ!甲子園2018」。大会を直前に控えた各チームの練習風景や主将・監督のインタビューをお届けします。 国士舘高等学校のスローガン・意気込み:「明るく元気よく軽快に」 【イッツコム夏の高校野球 特設サイト】 https://www.itscom.net/089

コロコロチキチキペッパーズの 「やっべぇぞ!!」(近畿大学農学部 食研究会)

漫才コンビ「コロコロチキチキペッパーズ」がお届けする番組 「やっべぇぞ!!」 日々練習に励む学校の部活や、地元のサークルに突撃してガチンコ対決。 今回は「近畿大学農学部 食研究会」に突撃。ヒガシ逢ウサカ「高見」も登場。

北信濃の美景~Amazing Place~

高精細映像の4Kカメラで収録した北信濃の素晴らしい景色をゆったりとお伝えします。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】文教大学付属高等学校

チームのスローガンは「脚下照顧」。19人の少ない部員ですが一人ひとり全力プレー出来ることが持ち味。限界に挑むことをテーマに品川から江ノ島まで歩行訓練を実施、26時間掛けて往復した。

あなたにおすすめ

運だもしたんパラダイス

BTV:制作 第42回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コミュニティ部門奨励賞   『運だもしたんパラダイス』は、昨年8 月に始まった盆地限定バラエティ番組。タイトルになっている「うんだもしたん」とは、驚いたときに使う都城弁です。1 月放送の鹿児島県曽於市(そおし)の伝統行事「奇習 鬼追い」を紹介した回をエントリーしました。鬼追いは、曽於市にある「鬼追いの郷 深川」と呼ばれる小さな町で、1200 年以上続く伝統行事です。

8月7日の語り部~記憶の継承者たち~

中部ネーブルネットワーク:制作 第42回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門奨励賞   豊川市にあった豊川海軍工廠(こうしょう)は、機銃・弾丸の製造を行い、東洋随一の規模と言われていましたが、昭和2 0 年8 月7 日の爆撃により壊滅的な被害を受け、2 , 5 0 0 名以上の尊い命が奪われました。「語り部」、「戦争体験者の絵」、「空襲の劇」、「2 , 5 0 0 人での空襲再現」の4 つの視点で市民の取り組みを追っていくドキュメンタリー番組です。

NAGASAKI水中散歩 ~タツノオトシゴと鮎~

長崎ケーブルメディア:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード 4K部門4K技術賞 【番組概要】 海に囲まれた長崎県。 北に玄界灘、西には東シナ海、そして県の中央には大村湾とそれぞれ性質の違った海に囲まれています。水産資源も多く全国でも有数の漁獲量を誇る長崎の海にはたくさんのいきものが生息しています。そんな生き物たちを毎日観察する水中監察家の中村拓朗さん。もっと自然のいきものと向き合いたいと勤めていた水族館を辞め、ダイビングショップを営みながら、毎日長崎の海に潜り、生き物たちを観察しています。中村さんが見る長崎の生き物たちの生き生きとした姿。美しくも儚いそんな生き物たちの姿を、水中観察家中村拓朗さんの解説とともに4K映像で取材しました。 【審査員コメント】 本当に見たことない世界をみせて頂ける、ものすごく興味深かった。タツノオトシゴの赤ちゃん、アユの卵が生き生きとそこにあるような、そこにいるような気持ちにさせる作り方になっている。

病院は何処へ 地域医療を考える(ダイジェスト版)

伊万里ケーブルテレビジョン:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード 準グランプリ 【番組の概要】  へき地医療を担ってきた公的病院が老朽化のため移転新築を計画していることがわかった。過疎化が進む現地では黒字が見込めないとして建て替えはせず、伊万里市中心部か隣県の松浦市へ移転するという。伊万里市は公的病院の流出を防ごうと市内移転を推進するが、医師会は医療圏内で統合したばかりの自治体病院と競合するとして猛反対。一方、救急告示病院のない長崎県松浦市も誘致を表明、事実上の誘致合戦に発展した。しかしこの移転は、国が進める地域医療構想に逆行する様々な問題をはらんでいた。専門家や関係者の意見を聞きながら、過剰病床、救急救命、医師・財源不足など、地域医療の課題を考察する。 【審査員コメント】 ・すごく優れた作品。病院問題は、全国どこでもある問題だが丁寧に描いている。病院、医師会、議会、行政を多角的に分かり易く描かれている。記者会見とインタビュー中心の構成ながら普通のドラマより緊迫感があり、ドラマチックで構成力が優れている。 ・問題意識が良い。今伝えるべきことを今伝えるというジャーナリズムに挑む姿勢が素晴らしい。 ・導入部、複雑な話を分かり易く入った。気配りが生き届いた作品。 ・3つ学んだ。公立病院の経営が厳しく統廃合が進んでいること。国は緊急医療に力を入れている。医師会が依然として力を持っている。 ・日常から市、医師会に対し積極的に取材してきたことがこのような番組の制作を可能としたと思う。  ・ケーブルテレビのジャーナリズム性を提起している。

平成28年国府宮はだか祭

稲沢シーエーティーヴィ:制作 第42回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門奨励賞   奈良時代に起源を持つ国府宮はだか祭。毎年このお祭では、触れると厄が落ちると言われている神男が神籤によって選ばれます。非常に危険が付きまとう神男に今年選ばれたのは池谷悟・44 歳。この番組は、その人間像や、それを見守る両親や仲間たち、さらに、鉄鉾会という歴代の神男で構成された組織に迫ったドキュメンタリーです。

ピックアップ

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA-2016年1月前半号

皆さま~新年明けましておめでとうございます。 皆さまにとって素晴らしい一年の始まりですね! 今年一年も心身ともに健やかな一年となりますように! さてさて、新年、最初の放送は、羽曳野市で~す。 羽曳野市でいちじくの加工食品を作っているお店にお伺いしたり、商工物産館「タケル館」にお伺いしたりして地域の魅力をご紹介しまーす。そして、番組の最後には正月早々美味しい焼肉をいただいて、幸せいっぱいの気持ちになりましたー。 ■ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA-  web: http://www.myjcom.jp/tv/channel/kansai/fuwakin.html  BLOG: http://blog.zaq.ne.jp/fuwakin/

めざせ!甲子園2018 小山台高校

夏の甲子園出場をめざす品川区内の高校野球部を紹介する「めざせ!甲子園2018」。大会を直前に控えた各チームの練習風景や主将・監督のインタビューをお届けします。 小山台高校のスローガン・意気込み: 甲子園行くぞ! ケーブルテレビ品川 高校野球特設サイト http://www.cts.ne.jp/special/18baseball/

ヒットの兆し(玉井屋本舗)

新たなビジネスで岐阜を盛り上げようとしている企業、岐阜の地で頑張る仕事人を紹介します。 今回は、「玉井屋本舗副工場長」の山本 隆広さんを紹介します。

本條秀太郎のJ:COMシャミ専科~テレビでお稽古⑰~

楽譜は番組ページからダウンロードできます。【シャミ専科】で検索 http://www.myjcom.jp/tv/channel/kanto/shamisenka.html この番組は、三味線演奏家・作曲家の本條流家元の本條秀太郎を講師に迎え、テレビの前で実際の教室さながらの三味線の稽古が受けられる番組です。【2016年2月後半放送】

隠岐★ドキ!あまチャンネルVol.25(2018年4月分)ふるさと映像ライブラリー「海士の春」

今回はふるさと映像ライブラリーのシリーズです。 早春の隠岐海士町の様子を、いくつかのシーンをピックアップしてご覧いただきます。 特にこれまで番組で取り上げなかった、多井、日須賀、家督山のシーンは是非ご覧いただきたいです! 三箇所とも、絶対に自分の足で歩いてみたくなる、そんな場所です。 今回はナレーションやシーンチェンジも控えめに、春のゆったりとした雰囲気を味わっていただきたいと思って制作しました。 今後とも、「ふるさと映像ライブラリー」のシリーズをよろしくお願いします!

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 日本体育大学柏高等学校

柏市の私立 日本体育大学柏高校野球部には現在77人が在籍し、練習に励んでいます。特に3年生は体格が大きい大型選手が多いため、闘志あふれる打線でチームをリードしています。去年の夏は2回戦敗退の成績でしたが、チームのスローガンである「商店が百貨店を倒す」を胸にベスト4を目指します。

2017となみ野の風景「相倉合掌造り集落の田植え」

春の世界遺産相倉合掌造り集落は緑一色につつまれます。世界遺産の景観を維持しようと棚田の保全活動が行われています。田植えは昔ながらの手植えで機械を一切使わず行われました。子供から大人まで大自然の中、農業の苦労や喜びを体験し、集落には賑やかな声が響いていました。(2017年5月)

真田幸村と三光神社

大阪市天王寺区にある三光神社は戦国の英雄真田幸村と非常に縁のある神社。 三光神社周辺には真田幸村に纏わる史跡が残っていた。 実際の史跡を見ながら、幸村の活躍ぶりを紹介する。

桐原冬夜の生録大自然の旅「信越トレイルの一年を追う」6話

長野と新潟県境の里山を巡る全長80kmの「信越トレイル」 豊な自然と歴史・文化を感じる国内第一号の本格的ロングディスタンスハイキングコースです。 6日間を要するこのコースにはたくさんの動物や植物が生息しています。 自然大好きなパーソナリティー桐原冬夜がこのトレイルを一年間かけて追います。 全11話

おすすめ!グルメ図鑑2018年1月号

レポーター:見取り図の先輩芸人「おいでやす小田」さんをゲストに迎えてお届けします! プロバスケットボールチーム、大阪エヴェッサのアリーナ「府民共済SUPERアリーナ」でバスケ大好き芸人おいでやす小田さんが二人を連れて行ってくれたのはアスリートのためのメニューを出している「アスリート・テーブル」さん。 ヘルシーというよりは栄養バランスを考えた日替わり定食とカレーを頂きます。 そして、おいでやす小田さんのパイプを使って大阪エヴェッサの合田選手・藤髙選手も登場!!