高岡ケーブルネットワーク(株)

なるほど!聞きコミテレビ#35ふれあい福祉センター

提供元:高岡ケーブルネットワーク(株)

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

高岡ケーブルネットワークアナウンサー、菅野もえが、
富山県高岡市のことをもっと知り、市民ともっと親しくなるべく、
皆さんの住む地域や市内のイベントにおじゃまします。

“聞きコミ”とは“聞いてコミュニケーション”の略。
身近な話題から時事の話題まで、毎週さまざな質問を携え、
いろいろな場所でインタビューします。

第35回:ふれあい福祉センター
テーマ「捨てられないもの」

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

なるほど!聞きコミテレビ#36東五位校下

高岡ケーブルネットワークアナウンサー、菅野もえが、 富山県高岡市のことをもっと知り、市民ともっと親しくなるべく、 皆さんの住む地域や市内のイベントにおじゃまします。 “聞きコミ”とは“聞いてコミュニケーション”の略。 身近な話題から時事の話題まで、毎週さまざな質問を携え、 いろいろな場所でインタビューします。 第36回:東五位校下 テーマ「年末年始何してました?」

なるほど!聞きコミテレビ#34伏木地域

高岡ケーブルネットワークアナウンサー、菅野もえが、富山県高岡市のことをもっと知り、市民ともっと親しくなるべく、皆さんの住む地域や市内のイベントにおじゃまします。 “聞きコミ”とは“聞いてコミュニケーション”の略。 身近な話題から時事の話題まで、毎週さまざな質問を携え、いろいろな場所でインタビューします。

なるほど!聞きコミテレビ#33高岡法科大学大学祭(後編)

高岡ケーブルネットワークアナウンサー、菅野もえが、富山県高岡市のことをもっと知り、市民ともっと親しくなるべく、皆さんの住む地域や市内のイベントにおじゃまします。 “聞きコミ”とは“聞いてコミュニケーション”の略。 身近な話題から時事の話題まで、毎週さまざな質問を携え、いろいろな場所でインタビューします。 第33回:高岡法科大学大学祭(後編) テーマ「2016年 あなたのトップニュース」

なるほど!聞きコミテレビ#16石堤

東京出身のアナウンサー、菅野もえが、富山県高岡市のことをもっと知り、 市民ともっと親しくなるべく、皆さんの住む小学校下におじゃまします。 “聞きコミ”とは“聞いてコミュニケーション”の略。 身近な話題から時事の話題まで、毎週さまざな質問を携え、 いろいろな場所でインタビューします。 「みんなで!校歌♪」のコーナーでは、小学校を訪ねて子どもたちに話を聞き、 校歌を披露してもらいます。

なるほど!聞きコミテレビ #1横田校下

 東京出身のアナウンサー、菅野もえが、富山県高岡市のことをもっと知り、市民ともっと親しくなるべく、皆さんの住む小学校下におじゃまします。  “聞きコミ”とは“聞いてコミュニケーション”の略。 身近な話題から時事の話題まで、毎週さまざな質問を携え、いろいろな場所でインタビューします。  「みんなで!校歌♪」のコーナーでは、小学校を訪ねて子どもたちに話を聞き、校歌を披露してもらいます。 第1回:横田校下 テーマ「北陸新幹線乗りましたか?」

イイモノウレシ #1錫×海の見える民宿

「高岡発!クラフトショートムービー」 400年以上の歴史を持つ高岡銅器と高岡漆器。 かつては銅像や仏具、盆などを多く出荷していましたが、 現在はインテリアや食器など現代的な商品が多く生まれています。 番組は、高岡クラフトと町の魅力を紹介するショートムービーで、 高岡を訪れた外国人旅行者と地元の大学生が、 市内を巡りながら高岡クラフト製品に出会います。 全5回。月1回更新。 ■第1話 錫×海の見える民宿 海のそばに建つ民宿を訪れた主人公は、温泉や食事を楽しみます。 花器や料理の器、酒器などさまざまなシーンで錫(すず)製品に触れ 使い心地を確かめます。 今話題の、錫のぐい飲みや皿、すずがみなどが登場します。

編集チームおすすめ

巨大な男根形の「ほだれ様」は農耕の実りと人の実りを守る神様

毎年3月の第2日曜日には地区をあげて、高さ2.2m、重さ約600kgの巨大な 男根形の御神体のご利益にあやかろうとする「ほだれ祭」が催されます。

ランキング

第46回魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会 高岡工芸 対 福岡第一

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

201703地域発見リポートやってみよ!.MXF

MCTVの元気印・ぐっさんが地域の企業や様々な活動を体当たりでリポートする「地域発見リポートやってみよ!」。3月は県内トップレベルの実力を誇る「松阪工業高校合唱部」を紹介します。

防災戦士マモルンジャー#5 家具転倒から身を守れ!

普段はケーブルテレビの制作スタッフとして働く防災戦士マモルンジャーは、災害に乗じて市民を混乱に陥れようとする悪の組織サイガインと今日も戦うのだ!

C020 暑いぞ坂戸高校!

eiga worldcup2016 地域部門出品作品 埼玉県立坂戸高等学校 放送部 日本であって日本じゃない、44,9度という脅威の最高気温を記録した、埼玉県立坂戸高等学校・放送部部室。「どうしてこんなに暑いんだ!!」……その謎に迫った検証番組。

第46回魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会 東陵 対 大館桂桜

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

あなたにおすすめ

UP!アップ!関ガール シーズン2 vol.36

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」。この番組はそんな彼女たちが毎回ゆる~いチャレンジを繰り返しながら アイドルとして成長していくバラエティ!

奈良イチ研究所<生産量日本一 二輪菊>奈良県葛城市

奈良にある「一番」のものをなんでも「奈良イチ」として取り上げる『奈良イチ研究所』。番組では、「奈良イチ」の凄さや魅力、込められた想いなどを研究員が県内を駆け回って調べます。

だめんずきっちん 2014年10月

アラフォーの男たちが最も苦手な料理に挑戦する恥的料理番組。 勝てば天国!負ければ地獄!罰ゲームでハリセンを食らうのは一体誰なのか? 素人5人衆のハチャメチャなガチ料理対決に乞うご期待!

福丸がゆく20160620西宮北口南東前編

福丸がゆく20160620西宮北口南東前編

なるほど!聞きコミテレビ#41野村校下

高岡ケーブルネットワークアナウンサー、菅野もえが、 富山県高岡市のことをもっと知り、市民ともっと親しくなるべく、 皆さんの住む地域や市内のイベントにおじゃまします。 “聞きコミ”とは“聞いてコミュニケーション”の略。 身近な話題から時事の話題まで、毎週さまざな質問を携え、 いろいろな場所でインタビューします。 第41回:野村校下 テーマ「最近気になっていること」

ピックアップ

J015 あどりぶ

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 学校法人羽黒学園羽黒高等学校 ITメディアサイエンスクラブ 「本気でふざける」がテーマです。映画館で観る=大勢が笑顔で包まれる空間を作りたいと思い制作しました。これをきっかけに出演した後輩も含め、観てくれた方が「映像制作、演じるって楽しそう」と思ってくれれば。

NAGASAKI水中散歩#13 神楽島上陸編

周りを海で囲まれた長崎県。その海には様々な生き物たちが生き 命を育んでいます。 そんな長崎の海の生き物たちを観察する水中観察家の中村拓朗さん! 中村さんと水中に入るとこれまで気がつかなかった生き物たちの息吹を感じることができます。中村さんの案内で、水中の生き物たちの世界を一緒に散歩しましょう!! 今回は神功皇后が神楽を舞ったと言われる神楽島に上陸します。 神楽島はどんな島なのでしょうか

Y060 DREAMER(予告編)

埼玉県立芸術総合高等学校映像芸術科 制作夢はありますか?どんな夢ですか?その夢は何を犠牲にできていますか……?「ひとりぼっちでも、バカにされても、周りの人がわかってくれなくても、かまわないんだ。」

まる○ひたち散歩#15「R´eset」

いばらき大使の林家まる子が日立市周辺の魅力的なお店をまるまる紹介します! 「R´eset」

くじら公園

日本大学鶴ケ丘高等学校 NTH Family 通学路の途中にある玉川上水公園通称くじら公園。遊んだこと、練習をしたこと、撮影をしたこと。たくさんの思い出で溢れているくじら公園は、いつまでもかけがえのない場所として在り続けます。。

STRANGE(予告編)

埼玉県立芸術総合高等学校 映像芸術科 制作作品 世の中には不思議がある。今日はその一つ「瞬間移動」です。主人公・夏希は瞬間移動できるぬいぐるみを手に入れ、便利に過ごしていた。そんな夏希にある出来事が起こる。

第46回魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会 由利工 対 佐野日大

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

ジオパーク情報局_阿蘇火砕流について学ぼう!

日本ジオパークネットワークに加盟認定されている豊後大野市。 今回は、豊後大野市の大地を形成する「阿蘇火砕流」について紹介しています。

清流と緑のまち やまがた 3月号

自然豊かで美しい岐阜県山県市を紹介する番組。 市の取り組みのほか、元気な山県の子供達も沢山紹介します。

J024 俺はリウマチの障害者

栃木県立那須清峰高等学校和氣組 制作 自分が中一の頃に若年性関節リウマチになり野球をやめたどん底の頃を映画にしました。少ないスタッフでどうにか完成させることができました。