(株)ケーブルネット鈴鹿

レーシングスピリット 2017年3月号(外国人エンジニア フィレップ・タマス)

提供元:(株)ケーブルネット鈴鹿

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

レーシングガレージ・フヂイエンヂニアリング(三重県鈴鹿市)で働くハンガリー出身の外国人エンジニアに密着。彼が来日してまで情熱を注ぐプロジェクトとは。そして、外国人から見た日本、鈴鹿のレースの印象も聞きました。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

レーシングスピリット 2017年4月号(2017年シーズン開幕特集)

2017年シーズン開幕特集! 鈴鹿サーキットのモータースポーツシーズンの幕開けを告げる「鈴鹿モータースポーツファン感謝デー」。 番組では、3月に開催されたこのイベントで地元トップチームに注目!今シーズンの見どころを紹介します。もちろん、イベントの見所となった往年の名ライダー、名ドライバーも登場します。

レーシングスピリット 2017年2月号(2016年チャンピオン特集)

2016年に全日本ロードレース選手権J-GP3クラスでチャンピオンを獲得した、徳留真紀選手(三重県鈴鹿市在住)をはじめ、番組で取り上げた選手のみなさんの2016年の活躍を振り返ります。

レーシングスピリット 2017年1月号(窪田俊浩選手)

2016年スーパー耐久レースST5クラスの王者に輝いた、三重県鈴鹿市在住のレーシングドライバー窪田俊浩選手。今回は、鈴鹿サーキットで開催された鈴鹿クラブマンレースのHonda FITによるレース参戦の模様を中心に紹介します。

レーシングスピリット 2016年10月号(鈴鹿サンデーロードレース参戦 久保直諒選手)

鈴鹿サンデーロードレースJP250クラスに参戦する久保直諒選手(三重県立稲生高等学校卒業)が再び登場。優勝争いをするほどに成長した久保選手のレースに迫ります。

放送セミナー「長太の祭、鯨船行事」

毎年、鈴鹿市長太地区の飯野神社で奉納される鯨船行事は、上下歌とともに鯨船を引き回し、かつての鯨漁を再現する伝統ある祭りです。祭り行事を紹介しながらその背景にある、かつて伊勢湾沖で繰り広げられた鯨漁に迫ります。

レーシングスピリット 2016年6月号(新アトラクション「サーキットチャレンジャー」)

この春新たに登場した、鈴鹿サーキット国際レーシングコースを走る乗り物「サーキットチャレンジャー」。新設計のゴーカートに込めた鈴鹿サーキットの思いに迫ります。

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

万照の岐阜発!!音楽のチカラ 2018年7月放送 Track46「おかゆと万照ブラザーズ」

岐阜出身のプロサックスプレイヤー「野々田万照」 がお送りする音楽番組。 夏は鮎漁師、音楽スクールの校長先生など多彩な顔がある万照さん。 番組では岐阜だけでなく世界各国でのコンサートの裏話など 「ギョーカイ」の裏話も交えて楽しく語ってくれています。 2018年7月放送 Track46「おかゆと万照ブラザーズ」

めざせ!甲子園2018 国士舘高等学校

夏の甲子園出場を目指すイッツコムエリアの高校野球部をご紹介する「めざせ!甲子園2018」。大会を直前に控えた各チームの練習風景や主将・監督のインタビューをお届けします。 国士舘高等学校のスローガン・意気込み:「明るく元気よく軽快に」 【イッツコム夏の高校野球 特設サイト】 https://www.itscom.net/089

コロコロチキチキペッパーズの 「やっべぇぞ!!」(近畿大学農学部 食研究会)

漫才コンビ「コロコロチキチキペッパーズ」がお届けする番組 「やっべぇぞ!!」 日々練習に励む学校の部活や、地元のサークルに突撃してガチンコ対決。 今回は「近畿大学農学部 食研究会」に突撃。ヒガシ逢ウサカ「高見」も登場。

北信濃の美景~Amazing Place~

高精細映像の4Kカメラで収録した北信濃の素晴らしい景色をゆったりとお伝えします。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】文教大学付属高等学校

チームのスローガンは「脚下照顧」。19人の少ない部員ですが一人ひとり全力プレー出来ることが持ち味。限界に挑むことをテーマに品川から江ノ島まで歩行訓練を実施、26時間掛けて往復した。

あなたにおすすめ

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】青稜高等学校

スローガンは「常笑(じょうしょう)」。練習は厳しく、でも試合ではいつも笑顔で楽しく野球ができる雰囲気のチーム。目標はベスト32。

第100回 全国高等学校野球選手権記念 東千葉・西千葉大会 出場校紹介 県立佐倉東高等学校

7月11日に開幕する東千葉・西千葉大会に向けて、エリア内の主な出場校を紹介。選手・監督のインタビューや練習風景を交えながらチームの一球に込めた想いを総力取材!この夏に向けた球児たちの姿をお見逃しなく!

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立農業高等学校

府中市寿町にある都立農業高等学校。 部員数は、マネージャーを含め7人ですが、 都立片倉高校から部員を派遣してもらい、今年は、単独での出場となります。 この日は、練習試合の予定でしたが、あいにくの雨で中止に。 選手たちは、筋力トレーニングなどの室内練習で汗を流しました。

高校野球2018 九州高校

2018年の高校野球、福岡県の注目校を紹介。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 秀明八千代高校

秀明八千代高校は、少ないチャンスを生かし確実に点を取る事を目標に、マネージャーを含めた38人の部員全員が夏の大会に向け日々練習に励んでいます。 この夏は全力疾走、全員野球で初戦突破を目指します。

ピックアップ

高校野球2018 小倉高校

2018年の高校野球、福岡県の注目校を紹介。

夜な夜なヨルグルメ #高浜のお店

三河の夜を楽しむグルメスポットは沢山あります。 しかし、通りかかってもなかなか入りづらい店構え、 番組では、そんな気になるお店におじゃまして、店主おすすめの一品を紹介。 店主のこだわりやお店の楽しみ方をお伝えします。 視聴者が夜な夜な出かけたくなる「極上の夜グルメ」情報をお届けします! (キャッチネットワークで2018年●月●日(●)初回放送)

39NAGASAKI水中散歩「大村湾の無人島周辺のいきもの」7月

水中観察家 中村拓朗さんと今回観察するのは 長崎の里海大村湾に浮かぶ無人島周辺の海 海岸近くではみることができない魚達も観察できました

目黒区動画ニュース(2015年4月29日更新)

目黒区内のイベントや取り組みなどをご紹介する「目黒区動画ニュース」 4月29日更新分の放送では、「目黒区総合庁舎建築ガイドツアー」の様子を ご紹介しています。 日本を代表する建築家・村野藤吾が設計した目黒区総合庁舎。 かつては、生命保険会社の本社ビルでしたが目黒区が買い取り、 2003年に庁舎として再生しました。 目黒区美術館は、この文化的価値の高い建築物を 知ってもらおうと毎年、建築ガイドツアーを開いています。 コンバージョンした建物として注目を集め、 毎回多くの人が参加するツアーの様子を是非ごらんください。

Y061 妄想したってイイじゃない! 予告編

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 独立行政法人国立高等専門学校機構 米子工業高等専門学校 放送部 親友の有紗と憧れの先輩を巡って喧嘩し、夏休みに遊び相手がいなくなった奈々。新たに紹介してもらったのは超変人のあんず。しかし、あんずもまた、恋(?)のライバルだった。彼女たちの歪んだ愛の形に注目です。

「高校球児の夏2018」筑波大学附属高等学校

文京区大塚の筑波大学附属は、前身の東京高等師範学校付属中学時代、1946年に東京大会を制し、甲子園に出場!全国でもベスト4に進んでいます。 今年の中心選手2人を紹介します。

高岡しっとる検定#3 秋のスポーツジム検定

富山県高岡市に関するさまざまな話題を“検定クイズ”形式で取り上げます。 出演は、高岡市出身の津軽三味線芸人、中山孝志と安藤有希子。 ディープな高岡ネタ満載のトークバラエティです。

目黒区動画ニュース(2015年12月1日更新)

目黒区内のイベントや取り組みなどをご紹介する 「目黒区動画ニュース」 11月20日金曜日、 目黒区総合庁舎で「大切な子どものあんぜんを考える一日 ~乳幼児の事故予防と実際の手当てを学ぼう~」が開かれました。 日本は、家庭内やその周辺での、 子どもの不慮の事故が特に多いそうです。 おもちゃなどを誤って飲み込んでしまうことによる不慮の窒息や お風呂の残り湯で溺れる事故などが後を絶たないということです。 イベントでは、保護者などに事故の予防や応急手当に関する 実技などが行われました。 参加者にとっては、大切な子どもの命を守るため 何が出来るかを見直す機会にもなったようです。

【高校野球2018夏 東東京大会 チーム紹介】高輪高等学校

高輪高校は、赤穂浪士が眠る泉岳寺の隣にある133年の歴史を持つ学校です。チームをまとめるキャプテンは、キャッチャーで4番をつとめる倉崎俊輔選手。3年生として最後の夏に挑みます。

第99回全国高等学校野球選手権千葉大会出場校紹介動画「県立船橋二和高校」

日ごろから、自分の欠点を克服しようと 下級生からも積極的に上級生に相談し、 その内容を練習メニューに反映するなどの工夫をしながら、 チームを作り上げてきた、県立船橋二和高校野球部。 この夏は、堅実なバッティングの3年生を軸に、 今年度で定年を迎える監督を一つでも高い所へ連れて行こうと 笑顔と団結力で挑みます。