(株)ケーブルメディア四国

オナガチャレンジin鵜来島

提供元:(株)ケーブルメディア四国

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

今月の我ら海遊人は、高知県宿毛市より年に1回の特別企画「尾長チャレンジ」をお送りします。今回は、ここまで惨敗続きのこの企画に終止符を打つため、海遊人軍団最強の布陣で臨みます!大型尾長の巣窟、鵜来島の水島2番を攻略することができたのか!?

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

ジギングでアカムツ&タチウオ狙い

今月の我ら海遊人は、高知県足摺岬沖のアカムツジギングと愛媛県のタチウオジギングの豪華2本立て!シーフロアコントロールの弘田さんをゲストに迎え、超高級魚のアカムツを吊り上げるべく水深300メートルを攻めます。 かなり潮が速く苦戦した海遊人軍団ですが・・・。はたしてアカムツを手にすることはできたのか!?

春のタイラバりんか軍団参戦in瀬戸内海

今月の我ら海遊人は、香川県高松沖にてシーズンインした真鯛釣りをお届けします。ゲストに釣りガールりんかさんを迎え、タイラバで大型真鯛を狙います! 海遊人軍団は、春の瀬戸内海で結果を残すことができたのか!?

朝&タマズメにモンスターアオリ狙い

今月の我ら海遊人は、高知県南西部より春の大型アオリイカを狙ったエギングをお届けします。2年連続キロアップを仕留めているやのっちが、さらなる大物を求めて奔走します。はたして記録更新の大物を釣りあげることができたのか!?

トップウォーターでチヌ→アコウ狙い!

今月の我ら海遊人は、高松市よりチヌのトップウォーターゲームと、アコウのルアーゲームの2本立てでお送りします。 近年、チヌ・アコウともにルアーで狙えるターゲットとして人気急上昇。Tictフィールドテスターの松浦宏紀さんをゲストに迎え夏の瀬戸内海に繰り出します。

我ら海遊人~りんかが参戦!徳島陸っぱりに挑戦!~

今月の我ら海遊人は、徳島県徳島市よりチヌ・シーバスのルアーゲームをお送りします。天候が不安定な中、徳島市内の河川をランガンします。そして、今回のゲストは、釣り業界で注目度『りんか』登場!カワイイだけじゃない!釣りガールりんかの腕前に注目です!!

秋のエギングin淡路島 後編

海遊人初上陸の淡路島から秋のエギングをお届けします! ゲストに餌木猿の米田塾長を迎え、淡路のアオリイカを攻略します。

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】大宮南高等学校

県立大宮南高等学校。部員数47人の野球部は、昭和57年に創部。平成元年には、埼玉大会で準優勝した戦績を持っています。昨年は同大会、4回戦進出の成績でした。部員一同、甲子園出場を目指して、練習に励んでいます。

J061 妄想したってイイじゃない!

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 独立行政法人国立高等専門学校機構 米子工業高等専門学校 放送部 親友の有紗と憧れの先輩を巡って喧嘩し、夏休みに遊び相手がいなくなった奈々。新たに紹介してもらったのは超変人のあんず。しかし、あんずもまた、恋(?)のライバルだった。彼女たちの歪んだ愛の形に注目です。

本條秀太郎のJ:COMシャミ専科~テレビでお稽古⑩~

今回は、端唄「潮来出島(いたこでじま)」のまとめ。弾き方をより詳しく解説します。 楽譜は番組ページからダウンロードできます。【シャミ専科】で検索 http://www.myjcom.jp/tv/channel/kanto/shamisenka.html この番組は、三味線演奏家・作曲家の本條流家元の本條秀太郎を講師に迎え、テレビの前で実際の教室さながらの三味線の稽古が受けられる番組です。【2015年10月後半放送】

ぎふでないと(祥庵)

岐阜の夜の街。スマホ片手に“いちはしだいすけ”が西へ東へ気の向くままに歩きます!大きなTVカメラはありません!すべてをスマホで撮影する番組です。是非、「岐阜の夜」をスマホ感覚でご覧下さい。 今回は岐阜市住吉町にある「祥庵」にぶらり立ち寄ります。

コロコロチキチキペッパーズの「やっべぇぞ!!」(京西中学校 野球部)

漫才コンビ「コロコロチキチキペッパーズ」がお届けする15分番組 「やっべぇぞ!!」 日々練習に励む学校の部活や、地元のサークルに突撃してガチンコ対決。 今回は「京西中学校 野球部」に突撃。

あなたにおすすめ

2016 高校球児の夏 九段中等教育学校

出演:我妻美月(オスカープロモーション)

テクノ探検隊 「まるで生きているように動くとり肉!」

新潟県長岡市にある長岡技術科学大学企画番組。 世界的な最先端技術の研究開発と教育を行っている長岡技術科学大学に小学生のテクノ探検隊が潜入。科学技術の専門家に果敢に挑戦し、科学のナゾに迫る小学生。専門用語を封印して奮闘する教授。異色のサイエンス番組。 今回のテーマ  「まるで生きているように動くとり肉!」

タチウオ狙いin愛媛

今月は、愛媛県松山沖よりタチウオのジギングをお送りします。 シーズン終盤を迎えているタチウオジギング。 2月の天候不良の合間をぬって出航しましたが、時化と寒風が海遊人軍団を襲います。厳しいコンディションの中、はたして貴重な1匹を釣りあげることができたのか!?

ナイトキャスティングでキス狙いin鳴門

今月の海遊人は、キスの投げ釣りをお送りします。大型のキスを狙うため、夜の投げ釣りにチャレンジ!目指すは、30cmオーバーのシロギス。がまかつテスターの矢野勝彦さんをゲストに迎え「ダブルやのっち」でお送りします!

それいけ爆釣中!vol.3

平成25年7月放送「清流の女王を捕まえろ編」 この回はもはや、とみ~の趣味。 事故の影響で足を引きずりながら撮影するディレクターを無視し、河原を一人で進む優しい男が主役です。

ピックアップ

コロコロチキチキペッパーズの 「やっべぇぞ!!」(バドミントン ハイタッチ【生駒市】)

漫才コンビ「コロコロチキチキペッパーズ」がお届けする番組 「やっべぇぞ!!」 日々練習に励む学校の部活や、地元のサークルに突撃してガチンコ対決。 今回は生駒市のバドミントンチーム「ハイタッチ」に突撃。ヒガシ逢ウサカ「高見」も登場。

Y027 鈴木ん家の婆ちゃん 予告編

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 大阪学院大学高等学校 個人 人手が足りない資金が足りない機材が足りない。そんな言い訳は甘えでしかない。センス、実力、情熱があればこんなものが1人でも撮れるということを証明したかった。

第46回魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会 新潟南 対 京華

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

【高校野球2018夏 東東京大会 チーム紹介】成城高等学校

チームワークの良さがこの野球部の持ち味です。学生の自主性を尊重し、練習メニューは、すべて選手たちが決めています。

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】早大本庄高等学校

1982年に設立された野球部には現在62人が所属。限られた練習時間を最大限に生かし、声を掛け合ってプレーの問題点を指摘し合っています。真剣に、明るく、笑顔で、全員野球。チームワークで勝利を狙います。

Y055 明日もいつもと同じ朝(予告編)

埼玉県立芸術総合高等学校映像芸術科 制作 ある日お母さんと喧嘩しました。お母さんを思う気持ちはあるけれど素直になれない、そんな自分が嫌になる。

目黒区動画ニュース(2015年12月29日更新)

目黒区の様々な情報をお届けする目黒区動画ニュース。 今回は、12月12日 土曜日に目黒区立中央体育館で行われた 「2015 目黒区綱引き大会」の話題をお届けします。 大人から子どもまで、一緒になって楽しんでいた 綱引き大会の様子をぜひご覧ください。

C026 虚構彼女 Girlfriend

eiga worldcup2016 地域部門出品作品 大阪府立市岡高等学校 sora film 自主制作同好会 観る人によって印象の異なる不気味な作品。あなたはこの映画をどのようにとらえますか。

2017となみ野の風景「だまし川のホタル」

富山県南砺市福光の道の駅近くを流れるだまし川。毎年夏になるとホタルが乱舞します。真夏をむかえる、ほんのわずかな期間に精いっぱいの光を放つホタル。美しさはそんな姿から生まれるものなのかもしれません。(2017年7月)

「やまぐちひわだ」で伝統を継ぐ

山口ケーブルビジョン:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門奨励賞 【番組概要】 約200年前から山口県で唯一、桧の皮で寺社の屋根を葺く「桧皮葺」(ひわだぶき)を専門に請け負う「有限会社ひわだや」。番組では、「ひわだや」が初めて生産した県内産の桧皮「やまぐちひわだ」を作る過程、そして作った桧皮で30年ぶりに屋根を葺いた山口県山口市阿知須の「北方八幡宮」の本堂の屋根葺きの様子を約半年間かけて取材しました。番組では、社長で職人の佐々木さんが「やまぐちひわだ」を作るための職人不足に対応するため、「ひきこもり」の人たちを職人に育てる様子や「ひきこもり」の人たちのサポートをする様子、材料となる桧の皮を確保するため山口市内の森林を保全しながら桧の皮を採取する様子を紹介するほか、「北方八幡宮」で職人たちが竹の釘で屋根を葺く伝統的な屋根葺きの姿を紹介しながら、「やまぐちひわだ」を通し屋根葺きに関わる人たちの情熱や想いをお伝えします。 【審査員コメント】 ヒノキの皮の柔らかい手触りが、伝わってくるような作品。質感を感じ、良いきれいな作品と感じた。審査の過程でもかなり審査委員の方からの評価もあった。