(株)秋田ケーブルテレビ

第46回魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会 川口総合 対 高岡工芸

提供元:(株)秋田ケーブルテレビ

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

第46回魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会 千葉明徳 対 福島

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

第46回魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会 大曲 対 日大高

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

第46回魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会 鶴岡東 対 常総学院

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

第46回魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会 高千穂 対 米沢工

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

第33回魁星旗争奪全国高校女子剣道大会 準決勝 中村学園女子 対 守谷

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

「太陽生命ウィメンズセブンズシリーズ2017」第1戦 秋田大会 チャレンジチーム 対 千葉ペガサス

5月13日・14日に秋田市のあきぎんスタジアムで開催された第1戦 秋田大会の試合をお送りします。エキサイティングなゲームをお見逃しなく!

編集チームおすすめ

巨大な男根形の「ほだれ様」は農耕の実りと人の実りを守る神様

毎年3月の第2日曜日には地区をあげて、高さ2.2m、重さ約600kgの巨大な 男根形の御神体のご利益にあやかろうとする「ほだれ祭」が催されます。

ランキング

オナガチャレンジin鵜来島

今月の我ら海遊人は、高知県宿毛市より年に1回の特別企画「尾長チャレンジ」をお送りします。今回は、ここまで惨敗続きのこの企画に終止符を打つため、海遊人軍団最強の布陣で臨みます!大型尾長の巣窟、鵜来島の水島2番を攻略することができたのか!?

わがまちの風景【伊丹市南野】

わたしたちの住むまちの風景を音楽とともにお届けします。

2017となみ野の祭り「城端曳山祭」

南砺市城端地域で毎年5月4日・5日に行われる約300年の伝統を誇るお祭り。越中の小京都と呼ばれる城端市街を、鮮やかな彫刻と塗りが施された6つの曳山が御神像を乗せて町中を練り歩き、京都祇園の一力茶屋を模した精巧な「庵屋台」が先導します。庵屋台の中では、笛、三味線の音色にのせて江戸端唄の流れをくむ「庵唄」が披露されます。(2017年5月5日)

新屋高校

いよいよ、夏の甲子園出場校を決める「第98回全国高校野球選手権秋田大会」が 12日に開幕しました。甲子園をかけた球児たちのアツイ思いをお伝えします。 今回は秋田県立新屋高校を紹介します。

第33回魁星旗争奪全国高校女子剣道大会 花巻南 対 ふじみ野

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

あなたにおすすめ

第46回魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会 筑紫台 対 明豊

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

第33回魁星旗争奪全国高校女子剣道大会 本庄第一 対 五泉

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

第46回魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会 山形南 対 西大寺

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

第46回魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会 保善 対 米沢中央

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

第46回魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会 滝川第二 対 三条東

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

ピックアップ

What a beautiful place!~なんて素敵な場所でしょう!~

須高地域の桜をお送りします。次世代映像4Kで撮影した風景をご覧ください。 ~高山村の五大桜~須坂市臥竜公園の桜(ほか)~

【高校野球2017夏 東東京大会チーム紹介】都立日本橋高等学校

墨田区八広の、都立日本橋高校、 去年夏の新チーム発足以来 公式戦での勝利はまだありませんが 今年4月に就任した豊田監督のもと、チーム一丸となって練習に励んでいます。 キャプテンは3年生の竹田翔馬選手。 優しく部員思いで練習も率先して声を出し、チームを引っ張ります。 注目の選手はエースで4番、3年生の吉原伶選手。 ストレートとカーブを武器にどんな場面でも落ち着いて 自分のピッチングができると豊田監督も期待を寄せています。 選手ひとりひとりが力を発揮し丁寧な野球を目指す日本橋。 チーム27人が全員野球で勝利を目指します。

第99回全国高等学校野球選手権千葉大会 出場校紹介動画 千葉敬愛高等学校

7月11日に開幕する千葉大会に向けて、主な出場校をダイジェストでご紹介。選手・監督インタビューや練習風景を交えながらチームの一球に込めた想いを総力取材!この夏に向けた球児たちの姿をお見逃し無く!

第46回魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会 新屋 対 札幌東

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】桜丘高等学校

北区滝野川にある桜丘高校の硬式野球部。今年は3年生が不在で1・2年生だけで構成される総勢13人のチームです。モットーは「考え、工夫し、行動する」。ipadを使った練習をとりいれるなど主体性を意識し「誰からも応援されるチーム」を目指します。一つ一つ、目の前の敵に全力でぶつかることを目標に夏の大会に挑みます。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】日本工業大学駒場高等学校

チームのモットーは『義理・人情』。一試合、一試合大事に戦っていき、昨年よりも上を目指す。目標はベスト32。

ドラマ 池上線#1

ケーブルテレビ品川が送るオリジナルドラマ!品川の商店街を舞台に、8人の若者が地域を盛り上げるべく悪戦苦闘する姿を描きます。 【#1あらすじ】 地方放送局の勤務を経て、久々に地元品川に帰ってきた主人公・しげる。時代の流れで街並みも人も変わってしまう昨今、変わらない仲間と街がここにはあった。その情緒に触れていく中しげるは、ある決意をする。

西三河フォークジャンボリー2016 #7

2016年4月に愛知県刈谷市の「ハイウエイオアシス刈谷」で開催された「西三河フォークジャンボリー2016」の模様をお届けします。 懐かしの70年代フォークソングから、80年代のニューミュージック、そしてロックまで、名曲の数々をお届けします! 登場アーティスト 25:KARIYASHIKI(愛知県碧南市) 曲:俺らの家まで/勇次 登場アーティスト 26:Wind Bell(愛知県高浜市) 曲:悲しくてやりきれない/笑顔に出逢えたから(オリジナルソング) 登場アーティスト 27:みなみ風(愛知県名古屋市) 曲:FolkSong Medley 2016 登場アーティスト 28:クレッセント(神奈川県大和市) 曲:海岸通/なごり雪      登場アーティスト 29:外伝(愛知県新城市) 曲:時代/上を向いて歩こう

幸福のカタチ Report to the UN ~from the happiness city~ 夢を追いものづくりのまちに移住 ~子育て世帯 移住幸福度日本一 福井で暮らす~

丹南ケーブルテレビ:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門奨励賞 【番組概要】 番組では、丹南地域で、“幸福のカタチとは?”“女性が輝く社会とは何か” を探訪し、取材から感じたそのヒントを国連女性問題の第一人者アンワルル K チャウドリー国連大使(元国連事務次長、国連の友アジアパシフィック会長)にレポート。国連NY本部ハイレベルフォーラムやUNWOMAN、UNFPAなど関係機関にて報告を行う番組を掘り下げるファシリテーターに、国連の友アジアパシフィックと提携している日本歌手協会より、歌手で女優の大場久美子さんと、早見優さんを起用。進行役のモデレーターには、国連の友アジアパシフィックの小松田有理が担当。毎回二人の女性が、地域のデータを元に、地域で輝く様々な人に出会い、協働・持続可能な社会発展への考え方や施策、道筋などを探求し、そのヒントを探って行く。今回応募した番組は、「夢を追いものづくりのまちに移住~子育て世帯 移住幸福度日本一福井で暮らす~」と題し、高校卒業と同時に越前市に移住し、打刃物職人としての道を歩みはじめた山本直さんに、移住へのきっかけや、職人としての想い、地域の人との関わりについて話を聞いた。 【審査員コメント】 インタビューとスタジオトークの番組だが、事前リサーチがしっかりしていたのかインタビューが濃く、早見優さんのようなタレントさんを使うと善し悪しもあるが、出過ぎずに良い役割をしていた。全体構成として移住してきたご主人の仕事から入り、奥様の目線での移住生活、子育てなど住まう方の気持ちに沿っており好感が持てる。女性や高齢者が輝く社会が大事だが、このような形で情報発信が重要になっていくと思う。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立蒲田高等学校

都立蒲田高校は三年生4人をふくむ部員8人の小さな野球部。 今年、新チームになってから公式戦は2戦2敗と勝ちに恵まれてはいませんが、 小さいチームならではのチームワークの良さで夏の大会にのぞみます。 この夏エースとしてマウンドにたつのが小松優介選手。 気持ちが強くマウンド度胸の良さには定評があります。 また、その球を受けるキャッチャーが小松優一選手。 そう、二人はなんと双子のバッテリーなんです。