となみ衛星通信テレビ(株)

2017となみ野の風景「となみチューリップフェア」

提供元:となみ衛星通信テレビ(株)

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

2017年も華やかにとなみチューリップフェアが開催され、会場の公園には色とりどりのチューリップ300品種700万本が咲き誇りました。砺波でチューリップが栽培されるようになって100年。1世紀にわたり大切な産業はつながれています。(2017年4月)

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

2017となみ野の風景「福光公園の桜」

南砺市の福光公園。休日になると麗らかな春の陽気に誘われ、のんびりと過ごす家族が訪れます。桜が満開になるころ春祭りが行われ、桜の下を御輿が通る様子は訪れた人を楽しませます。(2017年4月)

2017となみ野の風景「砺波出町子供歌舞伎曳山祭」

富山県砺波市の出町神明宮の春季祭礼行事「砺波出町子供歌舞伎曳山祭」2017年の演目は「壺坂霊験記」目が不自由な沢市と妻のお里の夫婦愛を描いています。情感豊かな子供たちの演技は多くの人の心を魅了しました。(2017年4月)

2017となみ野の風景「相倉合掌造り集落の田植え」

春の世界遺産相倉合掌造り集落は緑一色につつまれます。世界遺産の景観を維持しようと棚田の保全活動が行われています。田植えは昔ながらの手植えで機械を一切使わず行われました。子供から大人まで大自然の中、農業の苦労や喜びを体験し、集落には賑やかな声が響いていました。(2017年5月)

2018となみ野の風景「春の息吹」

雪解け水がとめどなく流れる庄川。小鳥たちのさえずりとともに、ひと時も休むことなく、川上から春を運んでいます 。(2018年3月)

しあわせの黄色いトラック(2018年11月)

漫才コンビ『コンパス』の二人が行くしあわせの黄色いトラック。11月のテーマは「秋空の下で」。砺波市で開かれた熱気球のイベント「スカイフェス」、となみ夢の平スキー場で開かれた「コスモスウォッチング」におじゃましました。

しあわせの黄色いトラック(2018年1月)

「しあわせの黄色いトラック」本年もどうぞよろしくお願いいたします。去年の大晦日、杢野隊員は高瀬神社を訪れました。高瀬神社で行われたのは「師走の大祓」 日常生活を送る中で知らず知らずのうちに身に降りかかった罪や穢れを人形に移して川に流し祓い清めます。年が変わる1時間前…杢野隊員は城端別院善徳寺を訪れて人生ではじめての除夜の鐘、イオックスアローザでは新年を迎えるカウントダウン花火が行われ来場者たちが新年を祝いました。今年も一年、みなさまにとって良い年でありますように…

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

UP!アップ!関ガール シーズン2 vol.94.MXF

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」が毎回、過酷な企画にチャレンジするバラエティ。

【高校野球2016夏 西東京大会 チーム紹介】都立田無高等学校

野球部員は、1年生14人、2年生19人、3年生15人、マネージャー5人の計53人。 チームのモットーは、『常勝常笑』 今年の夏は、全力で1点を取りに行く泥臭い野球で、目標の甲子園へ向けて1歩ずつ登って行きます!

【高校野球2018夏 東東京大会チーム紹介】帝京大学系属帝京高等学校

部員57人の板橋区稲荷台にある帝京高校は、夏の甲子園に12回出場し、平成元年と平成7年に2回優勝。春のセンバツには、過去14回出場。平成4年に全国制覇を果たすなど、全国にその名を轟かせる強豪校。目指すは全国制覇のみです。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立赤羽商業高等学校

北区西が丘、国立スポーツ科学センターの向かいにある赤羽商業高校野球部は、おととし創部して今年で3年目。総勢12人のメンバーで夏の大会に挑みます。チームのモットーは”one for all all for one” 。3年生は夏の大会が最後になるので悔いのないよう戦います。

【高校野球 2017夏 東東京大会チーム紹介】都立三田高等学校

今年で創部10年目の比較的新しいチームですが、 昨年、夏の大会で2勝したことで目標を高く持って練習に臨んでいます。

あなたにおすすめ

おおむら湾水中散歩#1

長崎の不思議な里海大村湾。 九州の海でありながら冬に結氷するとても不思議な環境にあるこの海には たくさんの里海の生き物が生きています。 そんな大村湾にこだわる一人のダイバーの目を通し 長崎の生き物たちを紹介します 5月の大村湾

櫻花之国 日本酒編

須坂市で作られているの日本酒をご紹介します。

【広報きりしまとMCTのコラボ番組】日本ジオパーク霧島大会について

霧島市の市報「広報きりしま」と南九州ケーブルテレビネットのコラボ番組です。今回は、今年10月27日から29日までの3日間霧島市で開催される第6回日本ジオパーク全国大会について、霧島市のジオパーク推進課のみなさんに大会の見どころを紹介してもらいました。

ヒットの兆し(㈱田中金属製作所)

新たなビジネスで岐阜を盛り上げようとしている企業、岐阜の地で頑張る仕事人を紹介します。 今回は、「㈱田中金属製作所」の田中 和広さんを紹介します。

鮎の棲む川~長良川ストーリー~「絶品アマゴと高級サツキマス」

鮎もかなわないと言われる絶品アマゴと、入手困難の川魚サツキマスの漁法や味、そして生態に迫ります。

ピックアップ

ニュースウォーカー1202放送「信州岩波講座 高校生編」

12月2日放送のSTVニュースウォーカーから、須坂市内の高校生たちが企画運営し開催した「岩波講座 高校生編」をご紹介します。フォトジャーナリスト・大塚敦子さんが高校生に向け講演しました。

海遊人 

今回の我ら海遊人は、高知県宿毛市で開催された第3回チヌパラダイスカップに参戦した模様をお届します。番組で何度も挑戦している宿毛のマッスルチヌ。ここまで思ったような釣果が出せず苦戦続きのチヌ釣りですが、今回は結果を出すことができたのか?!一人の素人がチヌ釣り名人たちに挑戦します!!

2017となみ野の風景「花火」

夏の風物詩「花火」 8月15日、砺波市では花火大会が行われました。約2000発のスターマインや単発の花火が打ち上げられ、中にはひまわりやアサガオをイメージした花火も。鮮やかに彩った美しい大輪を咲かせると見物客から歓声が沸き起こります。(2017年8月)

KCN情報発信スタジオ Kスタ! (2018/06/19)

【トップニュース】 PKやり直し問題 奈良クラブが見解 【トピックス】 ・榛生昇陽高校生徒が保育実習(宇陀市しらゆり保育園)  ・元興寺 国宝禅室 屋根裏探検  ・天理市山田町 虫送り(6/16)  ・三枝祭(6/17 奈良市率川神社) 【おしらせ】男女共同参画週間 【ピックアップTHEなら】 下市町にオープンしたばかりのキッシュとタルトの専門店「ベイクハウス アン」(新田佳津子)

掲示“番”1月後編

「掲示“番”」は、地域の皆様に出演いただき、1分間でイベント告知やメンバー募集などのお知らせを自由にしていただくことができる、地域住民参加型の番組です。また、毎週月曜日~金曜日に放送しているニュース番組、CACかわら“番”のコーナーとしても放送しています。 イベントや発表会の告知、出演者やスタッフの募集、各種サークル・教室の生徒募集、新商品のご案内、新店舗オープンのお知らせ、ご家族・ご友人に宛てたお祝いのメッセージ、特技の披露などなど何でもOK! 出演は随時受付中!あなたの伝えたいことを地域の人々に向けて発信してみませんか? 詳しくはこちら(http://www.cac12.jp/cac-channel/keijiban.html)

おしえて奈良医大2 vol.6

「食」をテーマにした3回シリーズ。 3回目は「飲酒と喫煙が引き起こす病気とその予防」。 お酒やたばこでストレスを発散したり、気分をリラックスさせている方も多いと思います。今回は視聴者さまからの飲酒や喫煙に関する悩み・質問にお答えします。

Y053 Think You 予告編

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 静岡県立富士高等学校 映画研究部 「親友」という台詞がたくさん登場しますが、個々のキャラクターが考えている「親友」というものが食い違っていることに重点を置いています。「親友」と一言で言いますが、「親友」とは結局なんなのでしょうか?

ニュースウォーカー0113放送「須坂商工会議所 賀詞交換会」

1月13日放送のSTVニュースウォーカーから、「須坂商工会議所 賀詞交換会」をご紹介します。須高地区の経済を担う方々が参加し、今年の景気の行方をお聞きしました。

目黒区動画ニュース(2015年9月29日更新)

目黒区内のイベントや取り組みなどをご紹介する 「目黒区動画ニュース」 9月20日(日)に恒例の「目黒のさんま祭」が 田道広場公園で開催されました。 会場周辺は、朝から大行列が。 前日の夜から泊り込みで並んでいる人もいました。 今年も目黒区と友好都市の宮城県気仙沼市の新鮮なサンマ 5000尾が炭火で焼かれ、来場者に無料で振舞われました。 今年は「目黒のさんま祭」が開催20周年を迎えたことを記念し、 前日には前夜祭が開かれ、気仙沼観光大使も務める ジャズドラマー・バイソン片山さんが属する 「バイソン片山SWING6」のライブも開催されました。 4年前、東日本大震災で気仙沼市が被災した時、 目黒区は気仙沼の人たちを支援し、 気仙沼市民も感謝を込めて、この「さんま祭」を続けてきました。 20周年という節目の年を迎えた 「目黒のさんま祭」 の様子をご紹介します。