J:COM

第99回全国高等学校野球選手権千葉大会 出場校紹介動画 県立清水高等学校

提供元:J:COM

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

千葉県立清水高校は12人の部員で切磋琢磨しながら日々練習に取り組んでいます。今年は打撃力のあるチームに仕上がっていることからクリーンナップの長打を武器に初戦突破を狙います。投打ともに期待の高いキャプテンや走塁で得点のチャンスを狙うキャッチャーなど部員それぞれの持てる力を発揮し、一致団結して夏の大会に臨みます。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

第99回全国高等学校野球選手権千葉大会 出場校紹介動画 流山・関宿連合チーム

流山・関宿連合チームは流山高校3人、関宿高校8人、マネージャー1人の総勢12人で構成されています。去年の秋から連合チームを組んでいることから、普段は別々の学校でもお互いの意見をよく聞き、一体感のあるチームに仕上がっています。大会での連合チームの勝利が未だないことから全員野球で慈愛に臨み、初勝利を目指します。

第99回全国高等学校野球選手権千葉大会 出場校紹介動画「県立千城台高校」

若葉区千城台西にある県立千城台高校。現在、野球部員は、マネージャーを含め、25人が所属。少ない部員数ながらも、チームの一人一人が与えられた役割をしっかりと果たす「全員野球」が、今年の県立千城台高校・野球部のモットー。堅い守りから試合のリズムを作り、夏の大会に「全員野球」で挑みます。

第99回全国高等学校野球選手権千葉大会 出場校紹介動画 芝浦工業大学柏高等学校

39人の部員で構成される芝浦工業大学柏高校野球部。去年は2回戦で敗れましたが、今年はピッチャーを中心とした守備、そして粘り強い攻撃を仕掛けていき「徹底継続」を合言葉に4回戦進出を目指します。

「高校球児の夏2016」(都立足立西高等学校)

足立区江北にある都立足立西高等学校今年の部員数は20人。リズムとテンポの良い試合運び、強気な戦略で得点を重ねる野球が持ち味です。 守備からリズムをつくり、少ないチャンスを得点につなげる勝負強さが持ち味。少数精鋭のチームメイトとともに勝利を目指します。

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA- 1月後半号

さてさて、今回、私たちがお伺いしたのは、 東大阪市でーす。 近鉄電車の河内小阪駅から番組をスタートし、 市内の素敵なお店などをご紹介しながら地域の魅力をふわっとご紹介しまーす。

第99回全国高等学校野球選手権千葉大会 出場校紹介動画「市立船橋高校」

市立船橋高校野球部は、春夏合わせて、7回の甲子園出場経験を持つ強豪校です。 昨年の夏は、決勝戦で木更津総合高校に接戦の末敗れ、涙を飲みました。 今年は、98人の選手とそれを支える8人のマネージャーが一体となり夏の大会に挑みます。今年のチームは、市立船橋高校野球部OB櫻内監督指導の元、守りを重視。エースの渕上選手を軸に、失点を少なく確実に攻めこむ、バランスのとれたチームに仕上がりました。

編集チームおすすめ

巨大な男根形の「ほだれ様」は農耕の実りと人の実りを守る神様

毎年3月の第2日曜日には地区をあげて、高さ2.2m、重さ約600kgの巨大な 男根形の御神体のご利益にあやかろうとする「ほだれ祭」が催されます。

ランキング

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】西武文理高等学校

西武学園文理高等学校は、入間川の流れと武蔵野台地に囲まれた 狭山市柏原にあります。 野球部は1981年創部、去年の埼玉県大会、今年の春の大会とベスト8。 部員77人が持ち前のチーム力を発揮し全国大会出場を目標に日々練習に励んでいます。

第99回全国高等学校野球選手権千葉大会 出場校紹介動画「県立木更津高等学校」

質実剛健、自主自律を校訓とし、学問とスポーツの両立を実践する木更津高校野球部。47人の部員一人一人が工夫を凝らした練習をしています。練習はコーディネーショントレーニングから始まります。体の動きをスムーズにしたり筋肉が反応して体を早く動かす事ができるように、このトレーニングを取りいれています。また、練習の後半では道具を使わず、一流の野球選手をイメージしてその動作をまねるトレーニングもしています。バッティング練習では、木のバットを使用し一人ひとりが課題に取り組んでいます。

ベイコム・地元ニュース(兵庫版)2018年1月1日号

【特集】海遊館のわがままラッコ「パタ」 2017年10月に21歳で旅立ったラッコのパタ。 海遊館で生まれ海遊館で育ったパタを愛し続けた人たちの想いを紹介します。

第46回魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会 福大大濠 対 東海大浦安

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

妙なる島~佐渡金銀山 世界遺産への道~ 其の一~其の四

日本の近代化遺産のひとつである佐渡金銀山。鉱山技術は当時の最先端が注ぎ込まれていました。世界遺産登録に向けて、今改めて佐渡金銀山の魅力に迫ります。 其の一 妙なる島 其の二 西三川砂金山 其の三 水路は語る 其の四 集落は伝える

あなたにおすすめ

第46回魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会 東海大札幌 対 常総学院

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

第33回魁星旗争奪全国高校女子剣道大会 秋田西 対 習志野

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立つばさ総合高等学校

大田区本羽田にある都立つばさ総合高等学校。 野球部員数はマネージャーを含め合計16人。 今年は、5人の新しい仲間が加わり チームワークをはぐくみながら日々の練習に励んでいます。 つばさ総合高校では他の部活との兼ね合いがあって グラウンドを使える日があまり多くありませんが、 その分、基礎練習や走塁練習に力を入れ、 基本的な技術と体力をしっかりと身につけています。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立赤羽商業高等学校

北区西が丘、国立スポーツ科学センターの向かいにある赤羽商業高校野球部は、おととし創部して今年で3年目。総勢12人のメンバーで夏の大会に挑みます。チームのモットーは”one for all all for one” 。3年生は夏の大会が最後になるので悔いのないよう戦います。

第46回魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会 島原 対 土浦日大

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

ピックアップ

万照の岐阜発!!音楽のチカラ 2014年10月放送 Track15 「サルでもわかる音楽理論」

岐阜出身のプロサックスプレイヤー「野々田万照」 がお送りする音楽番組。 夏は鮎漁師、音楽スクールの校長先生など多彩な顔がある万照さん。 番組では岐阜だけでなく世界各国でのコンサートの裏話など 「ギョーカイ」の裏話も交えて楽しく語ってくれています。 2014年10月放送 Track15「サルでもわかる音楽理論」

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立農産高等学校

葛飾区の都立農産高等学校の野球部は、北区の桐ヶ丘高校と、八丈島の八丈高校を合わせた、都立高校の合同チームを作り、夏の大会に挑みます。 この日は、農産高校と桐ヶ丘高校のメンバーが集まり、大東学園高校と練習試合を行いながら、チームの連携を確認しました。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立蒲田高等学校

都立蒲田高校は三年生4人をふくむ部員8人の小さな野球部。 今年、新チームになってから公式戦は2戦2敗と勝ちに恵まれてはいませんが、 小さいチームならではのチームワークの良さで夏の大会にのぞみます。 この夏エースとしてマウンドにたつのが小松優介選手。 気持ちが強くマウンド度胸の良さには定評があります。 また、その球を受けるキャッチャーが小松優一選手。 そう、二人はなんと双子のバッテリーなんです。

セナの週末トピックス 4消防訓練体験篇 ~その1~

壱岐市CATVのアナウンサーが壱岐はもちろん、時に島を飛び出して各地で体験したことを壱岐の人たちに紹介します。今回は、壱岐市芦辺町にある消防本部を訪ねました。そこで唯一の女性消防士である下條さんに出会い、下條さんの指導のもと、特別に訓練を体験させていただきました。

郷に想いを馳せて

埼玉県立芸術総合高等学校 映像芸術科 制作作品 見慣れた地元と、都会の風景。なぜかあたたかい見慣れた風景を、いつまでも残せたらいいですね。

Y026 青春コード(予告編)

愛知県立旭丘高等学校映画制作部 制作――彼女の青春は謎と共にある。閉架書庫の古書から見つかった暗号文。それが告げる真実とは?世代を越えた小さな青春(ミステリー)をご覧ください。

まる○ひたち散歩「フィットネスクラブ スパーク鮎川」

いばらき大使の林家まる子が日立市周辺の魅力的なお店をまるまる紹介します! 「フィットネスクラブ スパーク鮎川」 太平洋を臨み爽快フィットネス! 最新鋭のトレーニングマシンや、広々2面のスタジオ、25m×7コースのプールをはじめ、温浴設備も充実しています。

VISITOR

中央大学附属横浜高等学校写真同好会制作 今年は、難しいテーマである「ホラー」に挑戦しました。回想シーンとの切り替えを工夫しています。見ていただく方ににゾッとしていただけると幸いです。

レーシングスピリット 2017年10月号(モトクロスライダー小島庸平選手)

2015年に全日本モトクロス選手権の最高峰クラスIA1で王者に輝いた、小島庸平選手(三重県鈴鹿市出身・在住)に密着。今季は怪我で欠場など苦しいシーズンを送るも、モトクロス界のリーダーとして積極的に取り組む姿をカメラが追いました。