eiga worldcup

僕は星になった(予告編)

提供元:eiga worldcup

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

鹿児島立松陽高等学校美術科

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

J049 明日からの教室

飛鳥未来高等学校広島キャンパス有機部’s 制作 グループ発足後、初の作品です。生きるということを高校生なりに考えた作品になっていると思います。

望郷

愛知県立千種高等学校 映画研究部 チキンカレーに幸あれ制作

C017 ふるさとへの扉

eiga worldcup2016 地域部門出品作品 共立女子中学高等学校 映画部 都会で孤独を感じている「私」があるお店のおにぎりを食べることで郷里の記憶が蘇り、都会でもふとしたことで郷里が見つかることがわかります。また、おにぎりが持っている素朴さがより作品の温かさを引き立てます。

なつかしさんぽ

埼玉県立芸術総合高等学校 映像芸術科 制作作品 久しぶりに家の近くにある公園にビデオカメラを持って行きました。この自然をいつまでも残したいです。

Y008 インターセレブアル・イマジネーション(予告編)

関西学院高等部映画部 制作高校生活最後の作品です。3ヶ月の期間をフルに使い制作しました。世界の謎に迫っていく、SFアクションとなっています。最後の最後まで楽しめる作品であると思うので、是非見てください。

J001 リリーオブバリー

学校法人羽黒学園羽黒高等学校IMSC 制作 「今を生きる、今を頑張る意味」を訴えたかったのでこの作品を作りました。また、私たちの暮らす地域は田舎の美しい風景が自慢なので、「四季の風景の美しさ」を裏テーマに、画面に収めました

編集チームおすすめ

志賀高原から始まる市川海老蔵「いのちを守る森」づくり

海老蔵さんの熱い想いをお聞き下さい。

ランキング

満天!ゆるりと下呂(5月放送)

日本三名泉の下呂温泉。ゆるりと心から温まる宿の紹介や旅人をおもてなす料理を毎月紹介します。下呂に来たら是非立ち寄って頂きたいオススメスポットも紹介します。

万照の岐阜発!!音楽のチカラ 2018年2月放送 Track44「万照と愉快な楽市JAZZ楽団」

岐阜出身のプロサックスプレイヤー「野々田万照」 がお送りする音楽番組。 夏は鮎漁師、音楽スクールの校長先生など多彩な顔がある万照さん。 番組では岐阜だけでなく世界各国でのコンサートの裏話など 「ギョーカイ」の裏話も交えて楽しく語ってくれています。 2018年1月放送 Track44「万照と愉快な楽市JAZZ楽団」

高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介 開成高等学校

荒川区西日暮里の開成高校は、全国でも有数の進学校。その野球部が目指す野球は緻密な野球?? 今年の中心選手2人に選手同士でどんな選手か紹介していただきました。

レーシングスピリット 2016年7月号(いなべ福王ラリー)

公道で行われる自動車競技「ラリー」。6月に三重県いなべ市と菰野町で開催された「いなべ福王ラリー」を通して、大会を支えている地域のみなさんの活動とラリーの魅力に迫ります。

橘湾岸スーパーマラニックW部門ニュース

2017年11月2日から長崎県内で行われた橘湾岸スーパーマラニック 西日本最長276kmのコースにたくさんの選手が挑みました

あなたにおすすめ

Y058 運命の出逢い 予告編

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 愛知県立旭丘高等学校 映画製作部 『緑の風が花々を包み込む、その場所で、二人は出会った_。私が私に出逢う、3億分の1の運命』いのちってなんだろう?私たちの思いをぶつけた作品です。

C015 私のまち

eiga worldcup2016 地域部門出品作品 福岡県立修猷館高等学校 映画制作部 大した特徴もない町。でも、そんな町にもいいところはある。どこにでもあるような、親近感の湧く町を舞台にした温かい作品です。

Don't Touch Us!

兵庫県立赤穂高等学校 KIKIFILM 制作作品 二人を結びつけたのは「漫才」だった。 失った男、優樹。笑わせたい男、雅人。 そんな正反対のメンタルを持った二人が出会い、そして漫才コンビを志すが...

本日モ晴天ナリ(予告編)

東京都立新宿山吹高等学校 映画クラブ・放送部 制作作品 赤ずきん他(yuuka)童話世界におきた不思議な物語。かわいい画像にもご注目下さい。

ピックアップ

SMILE~美容師間俊輔~

長崎市でちいさな美容室を営む間俊輔さん 日々の感謝を忘れず様々なことにチャレンジする美容師間俊輔さんを取材しました

ヒットの兆し(tncデザイナー)

新たなビジネスで岐阜を盛り上げようとしている企業、岐阜の地で頑張る仕事人を紹介します。 今回は、「tncデザイナー」の中垣 朋子さんを紹介します。

ILC科学少年団 第3話

現在日本での建設が有力視されているILC(国際リニアコライダー)その謎を追うのは、宇宙に興味を持つ少年ハルくん。広大な宇宙と、最小な素粒子、大きな世界を紐解く小さな世界を調べていきます。 ILC科学少年団Facebookページ→https://www.facebook.com/ilcboys

UP!アップカンガール シーズン2 プロモーションビデオ

関のケーブルテレビを応援するアイドルユニット「関ガール」。 様々な企画にチャレンジするアイドル成長バラエティ! 今回は、念願のCDデビューを果たした彼女たちのPVを公開!

大和歳時記9(大和さくらい万葉祭り・飛鳥 光の回廊)

古都奈良で行われる伝統行事・イベントをセレクトし、月ごとにご覧いただける番組です。

万照の岐阜発!!音楽のチカラ 2017年12月放送 Track43「ゴージャス☆モンキーズライブ その③」

岐阜出身のプロサックスプレイヤー「野々田万照」 がお送りする音楽番組。 夏は鮎漁師、音楽スクールの校長先生など多彩な顔がある万照さん。 番組では岐阜だけでなく世界各国でのコンサートの裏話など 「ギョーカイ」の裏話も交えて楽しく語ってくれています。 2017年12月放送 Track43「ゴージャス☆モンキーズライブ その③」

目黒区動画ニュース(2016年3月1日更新)

目黒区内のイベントや取り組みなどをご紹介する 「目黒区動画ニュース」 目黒区と目黒区美術館は、 いま東日本大震災を風化させないために復興の一環として 展覧会「気仙沼と、東日本大震災の記憶」を開催しています。 会場には目黒区と友好都市の気仙沼市にあるリアス・アーク美術館で 公開されている震災に関する写真や資料などの一部、 およそ400点が並べられています。 写真はリアス・アーク美術館の学芸員が 震災直後からおよそ2年にもわたり気仙沼市や南三陸町の被害を 撮影したもので、学芸員が感じたこと考えたことが文章として添えられています。 「気仙沼と、東日本大震災の記憶」は3月21日まで開かれています。

隠岐★ドキ!あまチャンネル・アーカイブ Vol.4(2016年7月放送)

2016年7月に初回放送した『Vol.4 隠岐★ドキ!あまチャンネル~野鳥調査に早朝ブラあま!~』です。 実は隠岐は、最近では鳥の研究および写真家としてもご活躍の高円宮妃殿下も野鳥観察のために海士町に来られたほどの、非常に多くの種類の野鳥が観察できる、その道のマニアにとっては絶対に訪れたい憧れの地なのです。 今回は環境省が実施する野鳥調査に同行させてもらって番組を進行するわけですが、番組サブテーマが世界中で人気の高い野鳥「アカショウビン」を撮影することでした。 さて、調査隊はアカショウビンに出会えたのでしょうか!?

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立南葛飾高等学校

葛飾区立石にある「都立南葛飾高校」。 漫画「キャプテン翼」の作者、高橋陽一さんの母校としても知られています。 野球部員は15人と少数精鋭のチーム。 人数が少ない分、グランドを広く使え、密度の濃い練習が出来るのが強みです。この日も2時間みっちりと汗を流しました。 勢いづいたら止まらないという今年の南葛飾。守備でリズムをつかめるかが勝負のカギを握っています。 得意の打撃に更なる磨きをかけてまずは、1勝。チーム一丸となり、勝利を目指します!

隠岐★ドキ!あまチャンネル・ドキュメントAMA「保々見の庚申祭~12年後に引き継ぐための記録~」

隠岐ドキ!あまチャンネル、今回からまた新シリーズが加わります。 名づけて「ドキュメントAMA」、隠岐海士町の産業、自然、暮らし、人、など、さまざまな分野にカメラを向けて、現在の海士町を記録に残します。 第1回目となる今月は、海士町14地区のうち、3番目に世帯数が少ない保々見地区で、しかも12年に一度しか行われないという貴重な行事「庚申祭」を追いかけました。 中国三大宗教のひとつ「道教」の説く「三尸説」によると、庚申の日の夜、人の体の中にいるという三尸(さんし)の虫が、その体から抜けだし、天に昇って天帝にその人の悪事を告げ、天帝はその罪の重さに応じて、人の寿命を決めるといわれています。 そこで、三尸の虫が体から抜け出さないよう、寝ずに夜を明かすため、かつては庚申の夜、人々が集まって、会食や談笑をしながら一夜を過ごしたそうです。これを庚申待ちと言います。 この珍しい風習が、今でもまだ行われているのか、それに興味を持ち追いかけ撮影した2年前の映像です。 じつはこれ、「庚申祭は何のためにするのか、どうやってやるのか、また12年後忘れないように記録してほしい」と保々見地区の人に頼まれて撮影した映像なのですが、町内の多くの人にテレビで観てもらった方が良いと思い、今回番組として制作することになりました。 「庚申の日」の行事は、昔は町内すべての地区で行われていたそうですが、今では保々見地区だけになりました。 また12年後に引き継がれるように、この番組を保々見のみなさんに捧げます。