J:COM

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立雪谷高等学校

提供元:J:COM

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

昭和28年創部で平成15年の夏には甲子園出場を果たしている都立雪谷高校野球部。
現在マネージャーを含め92人の部員が所属しています。
今年は、投手陣が失点を少なく抑え機動力を生かした攻撃で
一試合一試合、着実に勝利をつかみとります。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

【高校野球2016夏 西東京大会 チーム紹介】都立町田高等学校

投手が安定し、リズムのある投球が出来るようになってきたので、失点も少なくなってきました。打撃が繋がれば常に優位な展開が期待できます。すべての力を発揮し、神宮の舞台に立ち、頂点を目指します。

高校野球2018 八幡高校

2018年の高校野球、福岡県の注目校を紹介。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立葛飾商業高等学校

葛飾区新宿にある「都立葛飾商業高等学校」。 部員数は選手25人、マネージャー5人の総勢30人。 葛飾商業高校野球部は、バランスのとれた守備と 下位打線からも得点が取れる強力打線が特徴のチーム。 この日は、夏の大会に向けたベンチ入りメンバー20人の発表日。 チームを率いる山田監督は、ベンチ外となった選手も含めた 30人チーム全員で一丸となって勝ちに行こうと選手たちに声をかけていました。

【第100回全国高等学校野球選手権記念東東京大会 出場チーム紹介】都立江戸川高校

江戸川区松島にある都立江戸川高等学校。野球部員は総勢51人。監督に指示された練習だけではなく、選手自らも練習メニューを考え、試合に生かせるよう取り組んでいます。昨年のチームとは違い、機動力の高さを生かし、バントや盗塁で一点をもぎ取りにいきます。このチームをまとめるのは、主将の吉野 陸人選手。主将として先陣を切って行動し、先頭バッターとしても出塁を目指します。守備では、泊 広哉選手がチームをひっぱります。ストレートの伸びがよくコントロールも抜群です。この夏、まずは江戸高 史上最強をめざします。

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立日野台高等学校

現在、校舎の耐震補強工事が進められているため、野球部はグラウンドを使うことができず、外部の球場などを借り練習しています。

まるごと動物ウォッチ#8 到津の森公園(福岡)

全国各地にある動物園は、多種多様な動物の繁殖、保護、飼育と、様々な工夫を凝らした展示を行っている。そんな動物園の可愛い動物たちのありのままの生態と肉声を、高画質&高音質でじっくりとご紹介!家にいながら動物たちの姿を楽しめる、まさにバーチャル動物園。また、毎回ピックアップ動物として、1種類の動物にスポットを当ててご紹介します。 /ミーアキャット 到津の森公園(福岡)

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

コロコロチキチキペッパーズの 「やっべぇぞ!!」(広陵町立真美ケ丘中学校 ソフトボール部)

漫才コンビ「コロコロチキチキペッパーズ」がお届けする番組 「やっべぇぞ!!」 日々練習に励む学校の部活や、地元のサークルに突撃してガチンコ対決。 今回は「広陵町立真美ケ丘中学校 ソフトボール部」に突撃。ヒガシ逢ウサカ「高見」も登場。

わがまちの風景【伊丹市大鹿】

わたしたちの住むまちの風景を音楽とともにお届けします。

高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介 郁文館高等学校

文京区向丘の郁文館は、ある有名人が野球部に所属していました。 その先輩が成しえなかった甲子園を目指し、練習に励みます。 今年の中心選手に選手同士でどんな選手か紹介していただきました。

検証!屋島源平合戦 ~源義経軍の足跡を追う~

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門奨励賞 ケーブルメディア四国:制作 源義経が源平合戦の終盤に大きく活躍した「屋島の戦い」において、大坂を出発した義経軍が徳島に入ってから、どのようなルートを経て屋島(香川)までに至ったのか、実際のルートを大学の先生とたどりつつ、解説を加えながら紹介しました。 ルートの要所では、「各地に残る伝説」と「実際の歴史」を対比させ、定説とは異なる新たな考察から新しいルートを紹介し、最終章では、屋島で行われた戦いであったにも関わらず、屋島の対岸に多くの伝説が残っている理由を推測しました。 さらに、視聴者が同じルートを辿ることを想定し、現地への行き方、休憩場所としてランチの紹介を加えました。

高校野球2018 小倉高校

2018年の高校野球、福岡県の注目校を紹介。

あなたにおすすめ

「高校球児の夏2018」筑波大学附属高等学校

文京区大塚の筑波大学附属は、前身の東京高等師範学校付属中学時代、1946年に東京大会を制し、甲子園に出場!全国でもベスト4に進んでいます。 今年の中心選手2人を紹介します。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立篠崎高等学校

江戸川区の「都立篠崎高等学校」。 江戸川河川敷で大きな声を出しながら練習をしています。 野球部員は総勢62人。「誰からも応援されるチーム」を チームの活動方針に掲げ、全員が全力で野球に取り組んでいます。 おととし2015年には東東京大会ベスト4に進出。 投手陣が充実している今年は、「守り勝つ野球」を磨き、甲子園出場を目指します。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】五日市・瑞穂・明星の連合チーム

あきる野市の五日市高校、瑞穂町の瑞穂農芸高校、三鷹市の明星学園高校と連合チームで出場。安定した中軸の打線で得点し、悲願の初戦突破を目指します!

レーシングスピリット 2015年5月号(N-ONEレース 喜多千代美さん)

軽自動車レース「N-ONE OWNER'S CUP」に参戦する、HondaCars三重北の女性整備士に密着。整備士として、一人の女性として、そしてレーサーとして、彼女が感じるモータースポーツの魅力に迫りました。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】穎明館高等学校

今年はどこからでも連打が飛び出す打撃のチーム。中高一貫教育で6年間共に過ごした、固いチームワークで勝利を目指す!

ピックアップ

C030 孝山流~親子三代で受け継ぐ心~

北海道旭川工業高等学校KBS旭工放送局 制作 旭川市で津軽三味線・日本民謡 菅野孝山流の家元として活動している菅野孝山さん。日本で唯一の親子三代での演奏もしています。その孝山流で受け継がれる想いと、素敵な音色を皆さんに知っていただきたいです。

犬のしつけセミナー

プレイボゥドッグトレーナーズアカデミー校長 森山敏彦氏を講師に招いた、犬のしつけに関するセミナー。「犬のしつけを科学する」と題し、しつけに関する基礎を伝授いたします! (東京ケーブルネットワーク・アイペット損害保険株式会社・進商事株式会社 共催)

第99回全国高等学校野球選手権千葉大会 出場校紹介動画 桜林高校

千葉市若葉区にある桜林高校。 校訓「自己確立・自他共楽」のもと、自己を磨き、他人を思いやる心と 行動力・豊かな人間性を育むことを目指しています。 若葉区内にある専用グラウンド、御殿グラウンドは、 県下有数の優れたスポーツ施設を備え、 グラウンド内にある「野球場」はマリンスタジアムとほぼ同じサイズ。 恵まれた環境の中で練習に励む野球部には、現在31人が所属しています。 今年は、部員同士が学年に関係なく互いに仲がよく、 団結力のあるチームに仕上がっています。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】中央大学附属高等学校

小金井市貫井北町にある中央大学附属高等高校。 部員数は、1年生10人、2年生12人、 3年生12人の合わせて34人。 昨年の夏から試合に出ている選手が多く、経験値がチームの強みです。

高校野球 2017夏 東東京大会チーム紹介】堀越高等学校

八王子市の専用グラウンドで練習に励む堀越高等学校・野球部。 昭和33年に創部以来、春・夏あわせて10回の 甲子園出場経験を持つ強豪校です。 今年の部員数は、マネージャーを含めて97人。 秋・春の大会では、点差の少ないゲームをモノにできず 悔しい思いをしてきました。この夏こそはと攻・守ともに チーム全体の戦力強化を図っています。

2017となみ野の風景「春を待つチューリップ」

4月を迎えるとなみ野。まだまだ冷え込む日は続きますが、球根栽培用のチューリップは春を感じて、たくましく育っています。一日一日暖かくなるとなみ野。春は着実に近づいています。(2017年3月)

逃忘

沖縄県立那覇国際高校 映画研究部 制作作品 この映画は二つの時代を行き来しながら進んで行きます。戦争のあった時代と現代の私達の時代です。これは私達が戦争を忘れていないかという問いです。

視聴者プレゼントヒーロー「チョーダイナー」#5~これがヒーローの条件だ!前編~

大得寺貰(おおとくじ・もらう)は 正義の変身ヒーロー、「チョーダイナー」である。ベイコム視聴エリアの自由と平和を守るため、悪の秘密結社・ゴーストノイズと日夜戦い続けるのだ!「視聴者プレゼントヒーロー」である彼がチョーダイナーに変身する為には、「プレゼントエネルギー」のチャージが必要である。

【高校野球2018夏 西東京大会チーム紹介】狛江高校

狛江市元和泉にある都立狛江高校。43人の部員は過去最高成績に並ぶ「べスト8進出」を目標に掲げ、厳しい練習に取り組んできました。思い切りの良いフルスイングが特徴の小川主将や、190センチの大型右腕エース・三厨(みくり)副主将がチームを引っ張り、躍進を目指します。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 県立松戸六実高等学校

松戸市の松戸六実高校野球部は現在、選手、マネージャー合わせて総勢63人が所属し、日々練習に励んでいます。チームのスローガンは「自主性のある野球」。選手自身が状況を判断し、対処する選手主体のチームです。念願の甲子園初出場に向けて、まずは去年果たせなかった3回戦突破を目指し、チーム一丸となって戦います。