J:COM

【高校野球 2017夏 東東京大会チーム紹介】成城高等学校

提供元:J:COM

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

少数精鋭で甲子園出場を目指す!
成城高等学校・野球部。

部員数は、16人と少ないながらも、
選手、1人1人の能力は高く、
チームワークの良さが
この野球部の持ち味です。

また、この高校では、学生の自主性を尊重し、
練習メニューは、すべて選手たちが
決めています。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

下町の風をパチリ!!-なぎら健壱のカメラ散歩-「東京都文京区・谷中編」

今回は東京都台東区・谷中周辺を風パチ!日暮里駅からスタートし、谷中霊園を通って谷中銀座商店街へ。佃煮屋や招き猫専門店などが登場!絵馬の絵付けも体験します。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立蒲田高等学校

都立蒲田高校は三年生4人をふくむ部員8人の小さな野球部。 今年、新チームになってから公式戦は2戦2敗と勝ちに恵まれてはいませんが、 小さいチームならではのチームワークの良さで夏の大会にのぞみます。 この夏エースとしてマウンドにたつのが小松優介選手。 気持ちが強くマウンド度胸の良さには定評があります。 また、その球を受けるキャッチャーが小松優一選手。 そう、二人はなんと双子のバッテリーなんです。

第99回全国高等学校野球選手権千葉大会 出場校紹介動画 西武台千葉高等学校

78人の部員で構成される西武台千葉高校野球部。今年は機動力のある選手が多いことを生かし、相手の隙を狙った鋭い走塁で1戦1戦勝ちぬきます。足で得点をつかみに行くキャプテンや春の大会で投げ抜いたエースピッチャーを中心に勝利を目指してチーム一丸となって戦います。

【高校野球2016夏 東東京大会 チーム紹介】都立蒲田高等学校

1度、打ち出したら止まらない事から 名づけられた「ウルトラマシンガン打線」が、ウリの蒲田高校野球部。 注目選手は、高校野球漫画「タッチ」のような双子のバッテリー。 部員達を陰で支える浅倉南ちゃん的存在のマネージャーを 甲子園に連れて行く為に、「蒲高ナイン」は大会に挑みます。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】共栄学園高等学校

葛飾区にある「共栄学園高等学校」。野球部の部員は総勢49人。 夏の大会では、一昨年3回戦昨年は4回戦進出と着実に成績を 上げてきていて、春の都大会でもベスト16まで勝ち上がりました。 夏の大会で、更なる高みを目指す今年のチーム。 好投手との対戦を想定し、無駄な失点を防ぐ守備の連携、 バントや足を絡めての得点など細かいプレーを強化して 競り勝つ野球を目指しています。

第99回全国高等学校野球選手権千葉大会出場校紹介動画「県立浦安南高校」

「全力疾走」「バックアップ」「挨拶をしっかり出来るように」と3つのテーマで練習に励んできた今年の浦安南高校野球部。 1,2年生が主体のチームですが、3年生のマネージャーのためにも夏の大会一勝を目指します!

編集チームおすすめ

巨大な男根形の「ほだれ様」は農耕の実りと人の実りを守る神様

毎年3月の第2日曜日には地区をあげて、高さ2.2m、重さ約600kgの巨大な 男根形の御神体のご利益にあやかろうとする「ほだれ祭」が催されます。

ランキング

シオン(予告編)

開智高等学校 にゃ---んず 制作作品 ー夏、2人の少女が、出会うー   にゃ---んずがお贈りする感動の夏のストーリー「シオン」お楽しみください。

ニュースウォーカー1014放送「信州矯正展」.MXF

10月14日放送のSTVニュースウォーカーから、須坂市で行われた「信州矯正展」の模様をご紹介します。このイベントの会場、実は・・・?

わがまちの風景【尼崎市尾浜】

わたしたちの住むまちの風景を音楽とともにお届けします。

【高校野球2016夏 東東京大会 チーム紹介】北豊島工業高等学校

住宅街の中にある都立北豊島工業高等学校。 近隣住民への配慮から、バットの音を少なくするカバーを付けて、打撃練習を行ったり、選手同士の掛け声の大きさに注意したりと、工夫をしながら練習に励んできました。 攻撃力の中でも、打撃に強みがあると語る小椋監督。春の大会で3勝をあげた実績をバネに、この夏の大会で、更なる飛躍をと、チームを指導しています。

セナの週末トピックス 12~湯ノ本編~

壱岐市CATVのアナウンサーが壱岐はもちろん、時に島を飛び出して各地で体験したことを壱岐の人たちに紹介します。 今回は壱岐市有数の温泉街「湯ノ本(ゆのもと)」を散策します。

あなたにおすすめ

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】連合チーム 都立六郷工科・都立大山・都立産業技術・東京学園

今大会4校による連合チームで臨む 都立大山、都立六郷工科、都立産業技術高専、 そして、東京学園の野球部。 各校マネジャーを含む18人の部員が所属しています。 今年のモットーは、「連合旋風」。 合同練習は、毎週土日と少ない時間を有効に活かし練習に励んできました。 少ない時間ながらも濃厚に過ごした各選手たちの絆は、どの野球部にも負けません。 連合チームの底力を見せ、まずは初戦突破を目指します。

ボウリングアカデミー#5

「ボウリング」は近年、運動不足の解消に効果的で自分の体力にあわせて続けられることなどから、男女・年齢を問わず気軽に楽しめる『健康スポーツ』としても注目されています。この番組では、ボウリングをよりいっそう楽しめるよう、ボウリングの楽しさをお伝えします!「めざせ!ボウリングヒーロー」はマイボールでのストライク・スペアアングルをご紹介!「ボウリング座学」はピンを並べる機械『ピンセッター』についてご紹介します!

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】立教新座高等学校

立教新座高等学校の野球部員はマネージャーを含めて81人です。1985年以来の、夏の甲子園出場を目指し、練習に励んでいます。疑問があれば、選手同士で話し合い、問題点を出し合うことでチームとしての一体感を生んでいます。

第33回魁星旗争奪全国高校女子剣道大会 横手城南 対 東海大菅生

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

第33回魁星旗争奪全国高校女子剣道大会 三沢 対 久喜

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

ピックアップ

しあわせの黄色いトラック「晴耕雨読 それぞれの過ごし方」(2017年7月)

杢野隊員が向かったのは砺波市頼成、県民公園頼成の森。水生植物園では600品種70万株の花しょうぶが咲き誇っていました。砺波市の畑では新たまねぎが最盛期を迎え、鷹栖地区の畑で収穫作業におじゃましました。砺波市図書館では園児を対象にした絵本の読み聞かせが行われていました。読み聞かせをするのは砺波ファーストブックの会の方。杢野隊員も子供たちと一緒に絵本に夢中。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立東村山西高等学校

東村山市富士見町にある都立東村山西高等学校。 野球部員数は、1年生14人、2年生11人、3年生18人、マネージャー8人の、合計51人です。 今年のチームの強みは、なんといっても打撃力。 長打を量産できる選手から、確実にヒットを打って出塁できる選手まで多彩なメンバーが揃っています。 常に攻めの気持ちを忘れず、全員野球で声を掛け合いチームの目標であるベスト8以上の成績を目指します。

第99回全国高等学校野球選手権大会 出場校紹介動画「県立若松高校」

千葉市若葉区にある県立若松高校。現在、野球部員はマネージャーを含む50人。「雰囲気を明るく」をモットーに「点を取られたら取り返す」「自分たちのペースで試合を持っていけるかが勝負」とチーム一丸となって大会での勝利を目指します。

神保シェフと茨城をたべよう SEASON3 #8

日立市や茨城県で採れる食材を使って神保シェフ・オリジナルレシピをご紹介します! #8「中里りんご de ドルチェ」   ・茨城レンコンのイタリアン磯部巻き   ・中里リンゴのオーブン焼き

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】早大系属早稲田実業学校

国分寺市にある早稲田実業学校。 春夏あわせて甲子園に50回出場している古豪です。 2015年の夏の甲子園では、ベスト4に進出。 この夏は、全員野球で春夏連続甲子園出場を狙います。 チームの特徴は、高校通算100本塁打を放っている3番でキャプテンの清宮選手、4番の野村選手による得点力の高さと、どの打順からもつながる打線。 早実は、最後まであきらめない粘り強い野球をモットーに、春夏連続で甲子園出場を目指します。

わがまちの風景【尼崎市上坂部周辺】

わたしたちの住むまちの風景を音楽とともにお届けします。

赤い花

神奈川県立大磯高等学校 SF研究部 制作作品 今までと少し違う切り口で、私たちらしさを出しました。特に、画面作りと、心情に合わせた話の緩急に気を配りました。

傷つくのは、(予告編)

埼玉県立狭山緑陽高等学校 映画部 制作作品 某CMのような短くメッセージのある作品を作りたく、撮影しました。言いたいことは2分に詰まってます。見てください。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立小川高等学校

1年生17名、2年生17名、3年生11名、総勢45名の選手たちが大会に向けて練習を重ねています。チームの要は、完投できるスタミナと集中力を持つ投手陣。 守備を固めて、着実に勝利を狙います。

なるほど!聞きコミテレビ#33高岡法科大学大学祭(後編)

高岡ケーブルネットワークアナウンサー、菅野もえが、富山県高岡市のことをもっと知り、市民ともっと親しくなるべく、皆さんの住む地域や市内のイベントにおじゃまします。 “聞きコミ”とは“聞いてコミュニケーション”の略。 身近な話題から時事の話題まで、毎週さまざな質問を携え、いろいろな場所でインタビューします。 第33回:高岡法科大学大学祭(後編) テーマ「2016年 あなたのトップニュース」