J:COM

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立町田高等学校

提供元:J:COM

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

町田市の都立町田高等学校。切れ目のない攻撃的な打線でビックイニングを狙います。昨年の夏は、4回戦での敗退。悔しい思いをした先輩たちのためにも、今大会で雪辱を果たそうとしています。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

【高校野球 2017夏 西東京大会チーム紹介】日本大学第二高等学校

立川市にあるグラウンドで練習している 日本大学第二高等学校。 総勢78人の部員が35年ぶりの甲子園出場を狙います。 野球部を12年間指導している田中監督いわく、 今年のチームは、1番から9番まで、どこからでも点を取れる 打撃力に優れているとのこと。 投手陣も一丸となって全戦全勝をモットーに戦います。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 県立流山南高等学校

流山市の県立流山南高校は20人で構成され、今年は「打つ・捕る・走る」の基本をモットーとして日々練習に励んでいます。ピッチャーが抑えて、クリーンナップがしっかり点を取る形で試合を進めていき、1勝でも多く勝ち進み、流南(りゅうなん)の校歌を球場に高らかと響かせます。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立小岩高等学校

江戸川区本一色にある「都立小岩高等学校」。 今年の野球部員は3年生16人、2年生12人、1年生11人、マネージャー3人の総勢42人。 小岩高校野球部のモットーは「全力疾走、カバーリング、ベンチワーク」。 そして、勢いに乗ると連打でビッグイニングを作ることができる打線が魅力です。 昨年のチームより打撃と粘りが強化され、先攻逃げ切りが小岩高校の勝ちパターン。 自慢の打線で「都立高校初の甲子園一勝」を目指します。

「高校球児の夏2016」(都立江戸川高等学校)

江戸川区松島にある「都立江戸川高等学校」。春季大会ではベスト16に進出を果たした都立の強豪校です。野球部員は、マネージャーを含む三年生29人、二年生27人、一年生21人の総勢77人。 今年の江戸川は打撃のチーム。「甲子園で勝ち続ける」をチームの目標に特徴である打ち勝つ野球に更なる磨きをかけ、甲子園を狙います!

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立蒲田高等学校

都立蒲田高校は三年生4人をふくむ部員8人の小さな野球部。 今年、新チームになってから公式戦は2戦2敗と勝ちに恵まれてはいませんが、 小さいチームならではのチームワークの良さで夏の大会にのぞみます。 この夏エースとしてマウンドにたつのが小松優介選手。 気持ちが強くマウンド度胸の良さには定評があります。 また、その球を受けるキャッチャーが小松優一選手。 そう、二人はなんと双子のバッテリーなんです。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 県立松戸高等学校

選手9人、マネージャー3人の総勢12人で活動している県立松戸高校野球部。まだ部員が少ないため、他校と連合チームを組んで公式戦に出場することもありますが今年の夏の大会は単独で試合に臨みます。3年生を中心とした全員野球でまずは初戦突破を目指します。

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立足立東高等学校

足立区大谷田にある「都立足立東高等学校」。 グランドの一角で練習しているのは、1年生1人、2年生3人、3年生2人のわずか6人の野球部。 足立東高野球部は、部員の不足から昨年までは、連合チームでの大会出場を続けていましたが、 今年は、近隣の高校の野球部から部員を借りて大会参加する単独廃校ルールを申請し、 平成13年以来、4年ぶりの単独チームでの出場となります。

【高校野球2018夏 東東京大会 チーム紹介】都立三田高等学校

三田高校野球部は、2007年に創設された比較的新しいチームです。部員数は女性マネージャー5人を含む35人。狭いグラウンドでの練習も、効率よくメニューを組み立て精一杯取り組んでいます。

福丸がゆく2018年5月21日放送 伊丹市 新伊丹駅~稲野駅界隈

今回は阪急新伊丹駅から散策を開始! フォークソングを愛する御主人が営むカフェや、 江戸時代から5代続くヘアサロンへ! そんな個性的なお店が同じビルにあったりと、 街の魅力を再発見した福丸さんでございました!

めざせ!甲子園2018 青稜高校

夏の甲子園出場をめざす品川区内の高校野球部を紹介する「めざせ!甲子園2018」。大会を直前に控えた各チームの練習風景や主将・監督のインタビューをお届けします。 青稜高校のスローガン・意気込み: 革新 ケーブルテレビ品川 高校野球特設サイト http://www.cts.ne.jp/special/18baseball/

第46回魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会 花輪 対 白鵬大足利

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

あなたにおすすめ

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】帝京大学高等学校

秋・春の大会を連合チームで出場し、苦労も多かった2・3年生。今年4月からは部員不足を乗り越え単独校として夏の大会に臨みます。

めざせ!甲子園2018 朋優学院高校

夏の甲子園出場をめざす品川区内の高校野球部を紹介する「めざせ!甲子園2018」。大会を直前に控えた各チームの練習風景や主将・監督のインタビューをお届けします。 朋優学院高校のスローガン・意気込み: 勝つチームになる 全力疾走 互いに声をかけ合う ケーブルテレビ品川 高校野球特設サイト http://www.cts.ne.jp/special/18baseball/

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 千葉明徳高校

2009年春の県大会では優勝経験がある千葉明徳高校。 総勢90人で甲子園を目指します。昨年夏の大会の成績はベスト16。 100回記念大会の今年は、悲願の甲子園出場を果たしたい!と意気込みます。 今年のスローガンは「根性」。甲子園での1勝を目標に練習に励んでいます。

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】明星高等学校

府中市栄町にある明星高等学校。 野球部員数は、1年生23人、2年生21人、3年生18人、マネージャー7人の、 あわせて69人です。 野球部の方針は文武両道。学校生活を含め、規律をきちんと守り 常に全力でプレーすることをモットーにしています。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立農産高等学校

葛飾区の都立農産高等学校の野球部は、北区の桐ヶ丘高校と、八丈島の八丈高校を合わせた、都立高校の合同チームを作り、夏の大会に挑みます。 この日は、農産高校と桐ヶ丘高校のメンバーが集まり、大東学園高校と練習試合を行いながら、チームの連携を確認しました。

ピックアップ

ぎふでないと(郡上市八幡町)

岐阜の夜の街。スマホ片手に“いちはしだいすけ”が西へ東へ気の向くままに歩きます!大きなTVカメラはありません!すべてをスマホで撮影する番組です。是非、「岐阜の夜」をスマホ感覚でご覧下さい。 今回は郡上市八幡町をぶらりと歩きます。

ヒットの兆し(みーおんの森)

新たなビジネスで岐阜を盛り上げようとしている企業、岐阜の地で頑張る仕事人を紹介します。 今回は、「みーおんの森」の河出 美香さんを紹介します。

第33回魁星旗争奪全国高校女子剣道大会 弘前 対 明桜

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立南平高等学校

自立を重んじ、選手、自らがメニューを決めて練習に励んでいます。今年は『バッティングの強化』をテーマに選手全員でバットを振り続けてきました。

イイモノウレシ #1錫×海の見える民宿

「高岡発!クラフトショートムービー」 400年以上の歴史を持つ高岡銅器と高岡漆器。 かつては銅像や仏具、盆などを多く出荷していましたが、 現在はインテリアや食器など現代的な商品が多く生まれています。 番組は、高岡クラフトと町の魅力を紹介するショートムービーで、 高岡を訪れた外国人旅行者と地元の大学生が、 市内を巡りながら高岡クラフト製品に出会います。 全5回。月1回更新。 ■第1話 錫×海の見える民宿 海のそばに建つ民宿を訪れた主人公は、温泉や食事を楽しみます。 花器や料理の器、酒器などさまざまなシーンで錫(すず)製品に触れ 使い心地を確かめます。 今話題の、錫のぐい飲みや皿、すずがみなどが登場します。

逃忘

沖縄県立那覇国際高校 映画研究部 制作作品 この映画は二つの時代を行き来しながら進んで行きます。戦争のあった時代と現代の私達の時代です。これは私達が戦争を忘れていないかという問いです。

第33回魁星旗争奪全国高校女子剣道大会 秋田商業 対 金ヶ崎

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

CATCH UP #15 下市町平原区自治会むらづくり委員会

仕事に奮闘する人、地域を盛り上げようとがんばる人、 夢に向かって毎日がんばる人、そんな人たちが奈良にはたくさんいます。 今回は自治会が取り組む村おこしの活動を『CATCH UP』! 吉野郡下市町の西部に位置する平原(へいばら)には、27軒の家屋が点在しています。 現在の人口は67名、うち65歳以上が25名、20歳以下が4名しかいない少子高齢化の集落です。加速度的な高齢化と人口減少、限界集落へのカウントダウンがはじまっているといいます。 現在50代・60代の人たちが、「今のうちに10年先を見据えて出来ることから始めよう!!」と村の将来を考えるワークショップを繰り返し、住民の意見としてまとまった『ハーブの村構想』。 平原地区は昔から薬草の栽培が盛んだったことから、現在風にアレンジして『ハーブ』をキーワードにして村を盛り上げていこうと取り組んでいます。 住民自身が「村を護ろう」と活動する『平原区自治会むらづくり委員会』のみなさんを追いました。

だめんずきっちん 2014年12月

アラフォーの男たちが最も苦手な料理に挑戦する恥的料理番組。 勝てば天国!負ければ地獄!罰ゲームでハリセンを食らうのは一体誰なのか? 素人5人衆のハチャメチャなガチ料理対決に乞うご期待!

なるほど!聞きコミテレビ#59伏木校下

高岡ケーブルネットワークアナウンサー、菅野もえが、富山県高岡市のことをもっと知り、市民ともっと親しくなるべく、皆さんの住む地域や市内のイベントにおじゃまします。 “聞きコミ”とは“聞いてコミュニケーション”の略。 身近な話題から時事の話題まで、毎週さまざな質問を携え、いろいろな場所でインタビューします。 第59回:伏木校下 テーマ「忘れ物の話」