J:COM

【高校野球 2017夏 西東京大会チーム紹介】日本大学鶴ヶ丘高等学校

提供元:J:COM

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

2014年夏、西東京大会を制し甲子園への切符を勝ち取った
日本大学鶴ヶ丘高校。
野球部専用グランドを持つ甲子園常連組とは違い、
サッカー、アメフトと共同の練習場。また住宅地にあるため、
練習は午後7時まで。
限られた環境の中で、日鶴(にっつる)の練習に
無駄な時間はいっさいありません。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

高校野球2019夏 東東京大会 チーム紹介「明治大学付属中野高等学校」

昭和6年創部、今年で88周年を迎える明治大学付属中野高等学校野球部。 多摩市のみなみのグラウンドで限られた時間の中、 集中した練習に取り組んでいます。 今年のチームの特徴は、ピッチャーを中心に「守り勝つ」チーム。 堅い守りで勝利を目指します。 明大中野のチームスローガンは「流汗悟道」。 また今年は、学校創立90年を迎える節目の年。 甲子園初出場を目指します。

【2019夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】浦和学院高等学校

埼玉県の高校野球界をけん引する浦和学院高等学校。春夏あわせて23回の甲子園出場を誇る名門ですが、今年は、秋、春の大会ともに2回戦敗退。名将・森 士監督就任以来初めてとなるノーシードでの出場となります。心を一つにした全員野球でノーシードからの2年連続の夏の甲子園そして全国制覇へ挑みます。

「高校球児の夏2016」(都立小松川高等学校)

文武両道を校訓に創設100年を迎えた都立小松川高等学校。野球部員はマネージャー3人を含む総勢32人。チームのモットーは「ワンプレーを大切に」。チームメンバーがお互いフォローし合い1球1プレーを大切にする気持ちを常に持ち、野球に取り組んでいます。一人一人が積み重ねてきた成果を、この夏、全力で出し切ります

第101回全国高等学校野球選手権 千葉大会 出場校紹介動画 県立生浜高校

Friendship・Fairplay・Fight の頭文字「F」の精神の育成を目標に掲げている県立生浜高校。野球部は1年生から3年生まで25人の選手と3人のマネージャーが夏の大会初戦突破に向けて日々練習に励んでいます。 チーム全員が一丸となり全力で夏の大会初戦突破を目指します。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立葛西南高等学校

江戸川区南葛西にある「都立葛西南高等学校」。 「自主」「創造」「連携」を教育目標に挙げ、地元と連携した地域貢献にも積極的な学校です。 野球部員はマネージャー5人を含む総勢14人。 今年は、3年生たちがチームの結束を支え、ここ一番でのチャンスでの打線爆発がチームの魅力です。

【高校野球2019夏 東東京大会 チーム紹介】都立橘高等学校

墨田区立花にある、都立橘高校 去年秋の新チーム発足以来 公式戦での勝利はまだありませんが 就任2年目の泉監督のもと12人の部員が チーム一丸となって練習に励んでいます。 キャプテンを務めるのは 3年生の深井崚宇選手です。 打っては3番。 守っては内野の要、ショートを守り 試合展開によってはピッチャーも務める 経験豊富な選手です。 練習中も仲間の士気を高めチームを引っ張ります。 今大会、10人の選手で臨む橘高校。 全員野球で初戦突破を目指します。

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

【高校野球 2017夏 西東京大会チーム紹介】佼成学園高等学校

攻・走・守、三拍子揃った今年、 43年ぶりの甲子園出場を狙う 佼成学園高等学校野球部。 男子校ならではの友情と熱い信頼、 そして、規律正しい行動を重んじる、 121人の部員が所属しています。 今年のモットーは、「優勝」の二文字。 春・夏合わせて甲子園出場 3回の実績を誇る強豪校が、 今年こそはと悲願達成に挑みます。

Y055 明日ガール 予告編

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 ノートルダム清心高等学校 A‐girls さびれた文化祭のための委員として無理やり集められた6人の少女たち。彼女たちが選んだ道は、なんと自らアイドルになるということだった。波乱万丈の6人の運命は?!笑い、涙、友情、恋あり?の、青春物語です!

福丸がゆく2017年10月2日放送 大阪市大正区三軒家東

福丸がゆく2017年10月2日放送 大阪市大正区三軒家東

ほんでミーゴ 2018年11月29日

岩井・澤井の2人が県内のいろいろな場所を散策しながら、『ほんでミーゴ』を合言葉に皆さんに街のこと、人のことを根掘り葉掘り聞いちゃいます。今回も京都府相楽郡精華町を歩いています。

コトマチ ~子どもが育む、地域の未来~

新川地域介護保険・ケーブルテレビ事業組合:制作 第42回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門優秀賞 富山県黒部市の社会福祉法人あいじ福祉会理事長、岩井恵澄さんへのインタビューを軸に、地元の保育環境の変遷を振り返るとともに、「シニアサポーター」という取り組みを紹介します。少子高齢化・労働力人口の減少・女性の活躍・地域コミュニティの希薄化・保育士の負担軽減など、諸問題に波及していく、その「一石多鳥感」を感じていただければと思います。

あなたにおすすめ

高校球児の夏2019 沖学園高校

第101回全国高等学校野球選手権 福岡大会 注目校【沖学園高校】を紹介します。

五城目高校

いよいよ、夏の甲子園出場校を決める「第98回全国高校野球選手権秋田大会」が 12日に開幕しました。甲子園をかけた球児たちのアツイ思いをお伝えします。 今回は秋田県立五城目高校を紹介します。

第101回全国高等学校野球選手権 千葉大会 出場校紹介動画 県立千城台高校

県立千城台高校 野球部は、 昭和52年の学校創立と同時に活動を開始し、 今年で42年目を迎えました。 現在は25人が所属しています。 今年は、基礎練習に力を入れ、 守備を主体に戦うチーム作りに 取り組んできました。 堅い守りと攻撃で、近年果たせていない、 夏の一勝をもぎ取ります。

高校野球2019夏 東東京大会 チーム紹介「修徳高等学校」

葛飾区青戸の修徳高等学校。野球部は埼玉県八潮市にある専用のグラウンドで練習を行っています。 学校にいるときは高校生らしい日常を送る彼らも、グラウンドに入った瞬間から「野球選手」としてスイッチが入り、表情も一変します。 甲子園で戦うことを目標にそのために何をするべきか。膨大な練習の先にある1つの勝利を信じ、今日も練習に励みます。

【高校野球2016夏 東東京大会 チーム紹介】都立大森高等学校

大森高校野球部は、創部70年以上という伝統あるチーム。 今年は、去年手応えをつかんだ「打って勝つスタイル」に磨きをかけました。 今年は野球部の歴史上、越えられなかった壁に挑みます。

ピックアップ

eiga worldcup 2017 自由部門 Love Impossible

大阪府立阿倍野高等学校

記憶のカケラ

北海道旭川工業高等学校 KBS旭工放送局 制作作品 この作品は、自分が作りたっかたアクション映画です。森林や川沿い、公園などで行われるアクションに注目です。主人公が捕らわれたヒロインを助けるため、敵に向かう勇姿をご覧になってください。

ふわっと・・・欣様 ―What? KIN―SAMA― 2015年9月後半号

2015年9月後半号は、東大阪市石切周辺を訪れます。石切劔箭神社(石切さん)の鳥居を横目に向かった先は…「河内木綿 はたおり工房」では糸つぎ・ミニ織り体験をご紹介します。そして、「UPPER RILY MARKET」では、進化したキャンドルに驚きながら、欣様がキャンドル作りを体験します。 ■「ふわっと・・・欣様 ―What? KIN―SAMA―」  web: http://www.myjcom.jp/tv/channel/kansai/fuwakin.html  blog: http://blog.zaq.ne.jp/fuwakin/

第33回魁星旗争奪全国高校女子剣道大会 大曲農 対 酒田西

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

カナメの宅配ひとり旅~懐かしのレコードに大はしゃぎ!(2019年4月放送)

今回はカナメさんの大好きな懐かしのレコードや古い品々に大興奮!唄は今回初めておじゃまする「絆」さんです。

第101回全国高等学校野球選手権千葉大会 出場校紹介動画 県立柏南高校

県立柏南高校 野球部は総勢52人。 頭脳プレーが得意なチームで積極的なバッティングや走塁で相手チームをかき回す戦法で戦います。 チームをまとめるのはセンターの安部龍己キャプテンです。 注目選手は、ショートの柳田貫太選手とキャッチャーの大川皓斗選手。 柳田選手は動きが良く バッティングも良い選手です。 大川選手はチームの攻撃の要。 ホームランも打てるパワーヒッターです。 去年は一回戦敗退と悔しい結果となった柏南高校。 今年は頭脳プレーと強力打線で大会に挑みます。

eiga worldcup 2017 自由部門 ReSTART!

神奈川県立藤沢清流高等学校

その物語は消えた(予告編)

都立町田高校 映像文化同好会 制作作品

ラビリンスから連れ出して

埼玉県立芸術総合高等学校 映像芸術科 制作作品 自分自身を自分にしているのはだれ?いま見ているのはなに?だれはなにを考えているの?

街ビジョン-大学生が創る街の未来像- 「地域の防災・減災を考える(後編)」

 大学生が街の課題や問題点を見つけて、よりよい街の未来像を考える番組「街ビジョン」  毎回さまざまなテーマで大学生がディベートを行い、各分野の専門家に意見をうかがいます。  東日本大震災以降、高まる地域の防災意識。  今回は、大学生が地域の防災訓練に参加・見学し、防災・減災について改めて話し合いました。 ※この番組は、茨城大学「COC地域課題解決型特定研究プロジェクト」と連携しています。