J:COM

高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立片倉高等学校

提供元:J:COM

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

攻守ともによく鍛えられた都立の実力校。80人近い部員が心を1つに頂点を目指す!

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA- 12月前半号

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA- さてさて、今回も私たちがお伺いしたのは、羽曳野市でーす。 そして、今回は番組始まって以来のとーても素敵なゲスト・ 羽曳野市の北川嗣雄(きたがわつぐお)市長に 番組ご出演いただくことになりましたー。 これまでにないスタッフに囲まれながらも欣様は あいも変わらずふわっと番組をお届けするのでしょうか~!

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立富士森高等学校

昭和39年に創部となった八王子市の富士森高等学校 野球部。チームの特徴は「団結力」の強さ。昨年以上に厳しい練習を耐え、総勢54名で心を一つにチーム力を発揮します。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 県立八千代西高校

今年のチーム、部員数は11人と少ないですが、波に乗ると実力以上の力を発揮できると元島淳志監督は言います。 昨年の冬からバッティングに重点を置き、攻撃力を高めた全員野球で夏の大会、初戦突破を狙います。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立農業高等学校

府中市の都立農業高校と調布市の都立神代高校は、去年につづいて、連合チームで夏の大会に出場します。 野球部の部員は、両校であわせて15人。 特徴である機動力などを活かし、夏の大会のに挑みます。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 志学館高等部

木更津市の志学館野球部は昨年の秋季千葉大会ではベスト16、今年春の東千葉大会ではベスト8まで勝ち抜き、順調に成績を伸ばしてきています。打撃力の強いチームに負けないよう、練習を重ねています。はつらつとしたプレーが持ち味の志学館野球部。チーム全員が強い気持ちで平成6年以来24年ぶりの甲子園を目指します。

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立光丘高等学校

練馬区旭町にある都立光丘高等学校。 野球部員数は、1年生8人、2年生3人、3年生7人、マネージャー5人の、合計23人です。 この日はあいにくの天候で室内練習となりましたが、選手たちは黙々とメニューをこなしていました。

編集チームおすすめ

平成30年7月豪雨 義援金募集のお知らせ

ご支援・ご協力をお願いします。

ランキング

きょうの木喰さん 2

なぜ、この仏たちは微笑んでいるのだろう。江戸時代の終わり、全国を巡りながら仏像を彫り残していった木喰上人の作品の数々をエピソードと一緒に紹介します。癒されること間違いなし! 2.「遊ぶ仏」上前島金毘羅堂(長岡市)

【高校野球2018夏 西東京大会チーム紹介】芦花高校

世田谷区粕谷にある都立芦花高校。去年の夏の大会では2勝をあげ4回戦進出を果たしました。マネージャーを含め13人という少数精鋭で臨む今年は、力強いバッティングとスピーディーな機動力野球で初戦突破を目指します。

めざせ!甲子園2018 小山台高校

夏の甲子園出場をめざす品川区内の高校野球部を紹介する「めざせ!甲子園2018」。大会を直前に控えた各チームの練習風景や主将・監督のインタビューをお届けします。 小山台高校のスローガン・意気込み: 甲子園行くぞ! ケーブルテレビ品川 高校野球特設サイト http://www.cts.ne.jp/special/18baseball/

第46回魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会 秋田工 対 札幌丘珠

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

Kパラnext Tuesday2017年7月25日

奈良で放送中! スタジオから飛び出し、MC藤原・中村が今話題のスポットから送りする番組です。 何が起こるかハラハラドキドキな中継番組。皆さんもテレビの前に釘付け間違いなしですよ!ぜひご覧ください!!(中継:麦酒や まぁまぁ)

あなたにおすすめ

【高校野球2018夏 西東京大会チーム紹介】明大明治高校

春夏合わせて7度の甲子園出場経験を持つ、古豪・明大明治高校。今年春の都大会では2回戦で、強豪・国士舘高校に敗れ、悔しい思いを味わいました。投手と捕手をこなす能登キャプテンを中心に、「凡事徹底」をスローガンに掲げ、自らを鍛えてきた選手たち。目標のべスト16進出に向けて闘志を燃やします。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 暁星国際高等学校.

「捲土重来」を掲げ、何事にも全力で取り組む暁星国際高校野球部。チーム全員活気に溢れ、一球一球を大切にし日々練習に励んでいます。一つのプレーを大事にし、決してあきらめない執念で甲子園出場を全力で目指します。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 西武台千葉高等学校

野田市の私立 西武台千葉高校野球部は1年生から3年生まで総勢74人が甲子園をめざし日々努力を積み重ねています。選手たち自らが決めた今年のチームスローガンは「雑草魂~何度でも立ち上がる不屈の精神~」。技術はもちろんメンタル面でも強化を図り心身共にレベルアップした選手たち。優勝目指して夏の大会に挑みます。

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】聖望学園高等学校

聖望学園 高等学校は、清流と緑ゆたかな県西部、飯能市にあります。1980年4月に創部され、これまで夏の全国大会は3回出場。中でも2003年の大会ではベスト8に勝ち進みました。現在の野球部員数は92人。チームプレイを大事にし 守備でリズムを作り打線に繋げています。

橘湾岸スーパーマラニックW部門ニュース

2017年11月2日から長崎県内で行われた橘湾岸スーパーマラニック 西日本最長276kmのコースにたくさんの選手が挑みました

ピックアップ

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】和光高等学校

エースは2年生の大庭君 打たれても3年生が守備を支えます。 守備からリズムをつくり、波に乗った時の勢いが良いという和光高校。 全員野球で甲子園を目指します。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】立志舎高等学校

墨田区太平の立志舎高校、これまで夏の大会でのチーム最高成績は、2013年夏の4回戦進出。新チームになってから、間もなく1年を迎えますが公式戦ではまだ1勝しか挙げていません。 現在、7人の3年生を中心に32人が日々の練習に励んでいます。 チームのキャプテンは3年生の上森大成選手。練習の時は厳しいですが普段は明るく部員たちからも慕われています。 ピッチング練習に励むのはエースの前薗龍之介選手。ストレートとカーブを武器に 打たせてとるプレイを得意とします。 攻撃の要、4番を務めるのは2年生の西原魁士選手。今年の立志舎高校は、個々の能力に期待するのではなくチーム全体の総合力を高めシンプルな野球を武器に初戦突破をめざします。

NAGASAKI水中散歩#16 タツノオトシゴのハッチアウト

長崎の中心に位置する大村湾 そこで水中観察家の中村拓朗さんが毎年時間をかけて観察を行うのが タツノオトシゴ!オスが卵をお腹の袋に持ち子供たちが孵るまで子育てをするタツノオトシゴのハッチアウト(孵化)の様子は とても神秘的でとてもダイナミック。 2016年、のタツノオトシゴの孵化を見つめました

なるほど!聞きコミテレビ#18太田

東京出身のアナウンサー、菅野もえが、富山県高岡市のことをもっと知り、市民ともっと親しくなるべく、皆さんの住む小学校下におじゃまします。 “聞きコミ”とは“聞いてコミュニケーション”の略。 身近な話題から時事の話題まで、毎週さまざな質問を携え、いろいろな場所でインタビューします。 「みんなで!校歌♪」のコーナーでは、小学校を訪ねて子どもたちに話を聞き、校歌を披露してもらいます。

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA- 11月後半号

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA- 魅力いっぱいの八尾市で欣さまは、 今回も地域の魅力満載の素敵な所にお伺いしています!

レーシングスピリット 2017年2月号(2016年チャンピオン特集)

2016年に全日本ロードレース選手権J-GP3クラスでチャンピオンを獲得した、徳留真紀選手(三重県鈴鹿市在住)をはじめ、番組で取り上げた選手のみなさんの2016年の活躍を振り返ります。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】修徳高等学校

葛飾区青戸にある「修徳高等学校」。 埼玉県の八潮市のグランドに、気合の入った声が響きます。 野球部員は96名。 学校の名に恥じない戦いをするため、厳しい練習に取り組みます。 組織力と攻撃力で勝負するのがこの学校の強み。 グラウンドには屋根のある施設もあり、常に十分な練習ができます。 96名が即戦力という選手層の厚いチームがさらに力をつけています。

2018となみ野の祭り「福野夜高祭」

南砺市福野地域で毎年5月1日~3日にかけて行われる祭り。江戸時代中期よりつづく福野神明社の春季祭礼。1日~2日は宵祭りとして 夜高太鼓と若衆の勇ましい掛け声とともに7町の行燈が街中を練り歩きます。祭り最大の見せ場は2日深夜に行われる『引き合い』行燈同士が狭い道路ですれ違いざまに行燈の上に登った若衆たちが手や足を使って直接相手の行燈を壊し合います。行燈を曳く若衆はもちろん 観客たちも興奮と熱気に包まれる瞬間です。(2018年5月1日~3日)

レーシングスピリット 2018年9月号(SUZUKA10H参戦 ARN RACING)

初開催の鈴鹿10時間耐久レース(SUZUKA 10H)参戦の地元チーム「ARN RACING」(三重県四日市市)の活動に密着。スーパー耐久で王者に輝き、フェラーリで優勝を狙うこのチームのレースと、今後のビジョンに迫ります。

Y061 母(予告編)

埼玉県立芸術総合高等学校映像芸術科 制作高校生である私たちが今「母」について思うこと。脚本はない。最初は皆少し恥ずかしそうにしているけれどだんだん表情が解れていく。その中で彼らは何を話すのか。