J:COM

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立淵江高等学校

提供元:J:COM

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

足立区東保木間にある「都立淵江高等学校」。
野球部員はマネージャーを含む33人。
その多くが地元から集まった生徒ということもあり、普段から仲が良く、チームワークは抜群です。
「人のために汗をかこう」をモットーに、選手ひとりひとりがチームのために何が出来るかを考え、野球に取り組んでいます。
今年の淵江は打撃のチーム。相手に打ち勝つ野球で、勝利をつかみます。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立武蔵野北高等学校

都内屈指の進学校として知られる都立武蔵野北高等学校。今年は、監督との連絡係・試合中のリーダーなど、役割ごとに4人のキャプテンを選任し日々練習に取り組んでいます。日本一大胆不敵なチームを目標に夏の大会、ベスト16を目指します!

第99回全国高等学校野球選手権千葉大会出場校紹介動画「県立津田沼高校」

県立津田沼高校野球部は、打撃・守備ともにバランスのとれた 正統派のチーム。 選手全員が硬式経験ゼロからのスタートでしたが、 監督たちの熱い指導のもと練習を重ね、 今では守備力に定評のあるチームに仕上がりました。

第99回全国高等学校野球選手権千葉大会 出場校紹介動画「木更津総合高等学校」

昨年は春夏ともに甲子園に出場した木更津総合高校野球部。66人の部員が夏の甲子園連続出場を果たすため、練習に励んでいます。 打者が打ち、投手が相手を抑えて勝利すること。当たり前だが難しいことを自然体で実践し、どんな時でも練習着に書かれた「元気」の言葉を忘れずに挑むのが今年のチームの特長です。

【高校野球2016夏 西東京大会 チーム紹介】都立山崎高等学校

守備・走塁ミスが多くみられるが、日々の練習で基本のプレーをしっかり出来るよう練習を重ねています。この夏1つでも勝てるよう、納得の試合が出来るよう選手一丸となって頑張ります。

【高校野球 2017夏 東東京大会チーム紹介】都立中野工業高等学校

今年就任3年目の 深谷(ふかや)健(けん)介(すけ)監督率いる 都立中野工業高等学校野球部。 現在、11人の部員が所属しています。 これまでの最高は、 14年の夏に1回戦突破。 去年の大会は、勝つことができず、 1回戦で退いています。 今年のモットーは、 「出来る事を全力でやる」。 少数精鋭で、 まずは1回戦突破を目指します。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立芦花高等学校

芦花野球部のチームスローガンは「凡事徹底」さまざまな場面において一人一人が考え、打撃からリズムを作っていけるようなチームをめざし練習に汗を流してきました。今年の目標はベスト8!

編集チームおすすめ

志賀高原から始まる市川海老蔵「いのちを守る森」づくり

海老蔵さんの熱い想いをお聞き下さい。

ランキング

ニュースウォーカー0303放送「創成高校生のアイディアから生まれた豆腐スイーツが商品化」

3月3日放送のSTVニュースウォーカーから、須坂創成高校の生徒たちのアイディアから生まれた豆腐スイーツが商品化された模様をご紹介。春から関東圏でメジャーデビューです。

第99回全国高等学校野球選手権千葉大会 出場校紹介動画「県立生浜高校」

中央区塩田町にある生浜(おいはま)高校。 全日制のほかに、午前・午後・夜間の 3部からなる定時制課程を併置した 全国的にも珍しい形態で、 生徒一人一人の能力・適性を伸ばし, 社会に貢献できる生徒の育成を 目指す学校です。 生浜高校野球部には、現在、 マネージャーを合わせて34人が所属。 固い守備から試合のリズムを作っていく 生浜高校野球部。 辛抱強く繋いだチャンスをものにして ベスト16以上を目指します。

万照の岐阜発!!音楽のチカラ 2016年6月放送 Track31「まんてるとゆかいな仲間たち」その③ ゲスト:井上あずみ・加護亜依

岐阜出身のプロサックスプレイヤー「野々田万照」 がお送りする音楽番組。 夏は鮎漁師、音楽スクールの校長先生など多彩な顔がある万照さん。 番組では岐阜だけでなく世界各国でのコンサートの裏話など 「ギョーカイ」の裏話も交えて楽しく語ってくれています。 2016年6月放送 Track29「まんてるとゆかいな仲間たち」その③ ゲスト:井上あずみ・加護亜依

福丸がゆく2017年11月27日放送 大阪市福島区福島

福丸がゆく2017年11月27日放送 大阪市福島区福島

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立小川高等学校

チームのスローガンは「機動力野球」。学年問わず仲がよく、それが長所でもあり、弱さでも。

あなたにおすすめ

デイリーニュース「2015ツール・ド・フランス さいたまクリテリウム」選手発表記者会見

9月24日、さいたま新都心にて開催された「J:COM presents 2015ツール・ド・フランス さいたまクリテリウム」選手発表記者会見の模様をJ:COM「デイリーニュース」関東全域で当日夕方生放送。 今回の大会では、J:COMは中継放送メディアとしてのみならず、プレゼンティングスポンサーとしても参加し、大会を盛り上げます。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】東京工業高等専門学校

25歳の青年指揮官が率いる東京高専。学校近くの坂道を走って鍛え上げた強靭な足腰で、強豪校撃破を狙う!

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】八王子高等学校

去年は悲願の全国初出場を果たした「ありんこ軍団」。一発長打の魅力を秘めたキャプテンを軸に、80人近い部員の力を合わせ、再び頂点を目指す!

高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介 筑波大学附属高等学校

文京区大塚の筑波大学附属は、前身の東京高等師範学校付属中学時代、1946年に東京大会を制し、甲子園に出場!全国でもベスト4に進んでいます。 今年の中心選手に選手同士でどんな選手か紹介していただきました。

【高校野球2017夏 神奈川大会 チーム紹介】神奈川大学附属高等学校(横浜市緑区)

神奈川大学附属高等学校(横浜市緑区) スローガン・意気込み「3回戦突破!!」

ピックアップ

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】国立筑波大学附属駒場高等学校等学校

人数は多くないが1人1人がお互いを良く見て注意しあって毎回お互いを指摘しあっている。一致団結したチーム。最後まで粘り強く、しぶとく勝ちをもぎ取っていきたい。

ニュースウォーカー1104放送「須坂市の小学6年生“親善音楽会”」

11月4日放送のSTVニュースウォーカーから、須坂市の小学校卒業学年が集う、親善音楽会の模様をご紹介します。6年間をともに過ごしてきた仲間たちと心を一つにステージに立ちました。

おしえて!奈良医大08

奈良医大の先生に「知っておきたい病気のあれこれ」や「気になる体のあれこれ」について、わかりやすく教えていただく番組です。 今回のテーマは「糖尿病で大切なこと」です。

【高校野球 2017夏 東東京大会チーム紹介】東亜学園高等学校

東亜学園高等学校 野球部は、 甲子園に3度出場経験のある 都内きっての強豪校です。 去年の東東京大会は、 27年ぶりの甲子園まで あと少しというところで 涙をのみました。 部員は76人。 現在、34年間チームの指揮官を務めた 上田監督から 武田新監督体制への移行がおこなわれています。 強豪ながら、選手たちが口にするのは 粘りと挑戦。 先輩たちの願いも叶えられるか!

万照の岐阜発!!音楽のチカラ 2017年8月放送 Track40「万照の音楽業界のあれこれ」

岐阜出身のプロサックスプレイヤー「野々田万照」 がお送りする音楽番組。 夏は鮎漁師、音楽スクールの校長先生など多彩な顔がある万照さん。 番組では岐阜だけでなく世界各国でのコンサートの裏話など 「ギョーカイ」の裏話も交えて楽しく語ってくれています。 2017年8月放送 Track40「万照の音楽業界のあれこれ」

ならカフェめぐり「いとをかし」奈良市 Shizu Cafe

奈良にはお洒落で可愛いカフェがたくさんあります。おいしい料理やスイーツ、素敵な店内や雑貨など、カフェの『いとをかし』な魅力をのんびりご紹介する番組です。。(放送:2015年8月)

トレランパーティー「私の山遊び」

マラソンランナーのような格好で山野を颯爽と走る新しいスポーツ トレイルランニング。マラソンとも山登りとも違うこのスポーツは トレランと言われ、この10年で競技人口を増やしています。 このトレランに魅了され、自らトレランイベントを企画する一人の女性を取材しました。

ベイコム・地元ニュース(兵庫版)2017年12月26日号

阪神つながる交流祭in武庫川女子大学 (西宮) 名塩で焼きもち作り体験 (西宮) アーティフィシャルフラワーでしめ縄づくり(尼崎) 塚口笑店街 クリスマスコンサート(尼崎) 迎春にむけての寄せ植え講習会(伊丹) 尼崎産の野菜を知ろう!食べよう!広めよう!冬野菜編(尼崎) 西宮名塩ルミ・パピエ10周年記念イベント(西宮)

どーでもネタ百科 第20回 明姫幹線の突き当りは…?

どうでもいいけど何か気になる・・・街にあふれるそんな話題を徹底取材!明日からすぐに使える「話のネタ」をご提供します。

J042 fanfare

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 私立海城高等学校 Movie Atelier クラスで孤立し自殺したにも関わらず次の日からも普通に登校し、本来あるはずのないチャンスを映画作りに賭ける主人公。自分たち自身の映画への思いを込めつつ、生と死を高校生なりに問う作品となっています。