J:COM

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立葛西工業高等学校

提供元:J:COM

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

江戸川区一之江にある都立葛西工業高等学校。
「真理を愛し、勤労をたっとび、責任を重んずる」を校訓に
ものづくりを通した人づくりを実践している高校です。
野球部員はマネージャー1人を含む総勢16人。
ことしは、保護者の方たちも横断幕などを作成してくれており、応援側も準備万端。
センターラインの守備力の高さとクリーンナップの勝負強さで夏に挑みます。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

【高校野球2016夏 東東京大会 チーム紹介】桐ヶ丘高等学校(連合チーム)

北区赤羽北にある桐ヶ丘高等学校。今年は葛飾区の農産高等学校、足立区の足立東高等学校、目黒区の東京学園高等学校、三宅島の三宅高等学校の5校で連合チームを結成し、東東京大会に挑みます。

第99回全国高等学校野球選手権千葉大会出場校紹介動画「県立八千代西高校」

昨年夏の大会初戦にて、大差のコールドゲームで相手校を下し、 2回戦まで駒を進めた県立八千代西高校。 部員数が11人と少人数ですが、負けん気の強い3年生を 中心に勝ちにこだわる試合を目指すチームが仕上がりました。 この夏の大会は、3年生4人を軸とした打線で、 チャンスを確実に生かし、元島監督の采配の元、 足をからめたヒットエンドランやランエンドヒットからの 得点をものにする攻撃で、まずは1勝を目指します。

【高校野球2018夏 東東京大会チーム紹介】淑徳高等学校

板橋区にある淑徳高校の野球部は1994年に創部。現在の部員数は36人。チームの戦力の柱は主将の中駄凛太郎選手とエースの清水貴也選手という2人の3年生 先発投手。粘り強い野球で躍進を目指します。

【高校野球2018夏 西東京大会チーム紹介】明星学園高校

三鷹市牟礼にある明星学園高校。去年夏は連合チームでの出場でしたが、今年は1年生9人が入部し、単独での出場が叶いました。ミスを恐れないのびのびプレイで、初戦突破を目指します。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉 出場校紹介動画 県立八千代高校

県立八千代高校はチームワークがよく、打撃のチームとして大量得点を狙います。選手みんなで決めたテーマは、常に笑うと書いて『常笑(じょうしょう)』。どんな状況でもポジティブに諦めずプレーをし、ベスト4を目指します!

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 県立船橋東高校

この夏の大会でベスト16という過去の記録を塗り替えたい!と意気込む船橋東ナイン。チーム一丸となって練習に励んでいます。今年は、守備でリズムを作り相手に得点を与えないプレーで頂点を目指します。

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

熊本城×特撮美術 完全密着メイキング

熊本地震で被害を受け今修復されている熊本城 熊本の人々にとって大切な景色を特撮技術で復元しようと 特撮のプロとボランティアが立ちあがりました。 特撮技術で作られる街並みが出来上がるまでを追いかけた ドキュメンタリーです。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】武蔵高等学校

練馬区豊玉上にある武蔵高等学校。 野球部員数は、1年生9人、2年生6人、3年生5人の、合計18人です。 武蔵高校の野球部は、深い信頼関係に基づく チームワークの良さが一番の特徴です。 チームメイトは、中学校から6年間を 同じ学び舎で過ごしている上、監督も野球部の 代々の卒業生が務めています。 今年の目標は、2年前の先輩たちの記録であるベスト16を超えることを第一に掲げ、 さらにその上にある神宮、そして甲子園出場を目指し一戦一戦全力で臨みます。

めざせ!甲子園2018 筑波大学附属駒場高等学校

夏の甲子園出場を目指すイッツコムエリアの高校野球部をご紹介する「めざせ!甲子園2018」。大会を直前に控えた各チームの練習風景や主将・監督のインタビューをお届けします。 筑波大学附属駒場高等学校のスローガン・意気込み:「豪打炸裂」 【イッツコム夏の高校野球 特設サイト】 https://www.itscom.net/089

ながさき水中散歩#5春藻場を見に行こう

桜の季節が終わった頃、海の中は春を迎えます。 そんな春だけに姿を現す「春藻場」 そこは小さな生き物たちの命のゆりかごとなります。 そんな藻場の中を水中観察家の中村さんとゆっくり観察していきます

わがまちの風景【此花区高見】

わたしたちの住むまちの風景を音楽とともにお届けします。

あなたにおすすめ

【第100回全国高等学校野球選手権記念東東京大会 出場チーム紹介】都立淵江高校

足立区東保木間にある都立淵江高校。野球部員は総勢26人。笑顔を絶やさず、チーム一丸となって日々練習に励んでいます。チームのモットーは全力プレー。試合、練習関係なく常に全力で挑み選手の体力と精神力が上がっています。そんなチームをまとめるのは、主将の日比谷将鉱選手。誰よりも強い気持ちと努力でチームを引っ張ります。攻撃の要は、山田玲央選手。力強いバッティングと思い切りのよさでチームを支えます。今年は2年生が多く出場するため経験の少なさを負けない気力と勢いでカバーし、全力で試合に臨みます。

高校球児の夏2018 筑陽学園

福岡県内の注目校をご紹介します。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立小岩高等学校

江戸川区本一色にある「都立小岩高等学校」。 今年の野球部員は3年生16人、2年生12人、1年生11人、マネージャー3人の総勢42人。 小岩高校野球部のモットーは「全力疾走、カバーリング、ベンチワーク」。 そして、勢いに乗ると連打でビッグイニングを作ることができる打線が魅力です。 昨年のチームより打撃と粘りが強化され、先攻逃げ切りが小岩高校の勝ちパターン。 自慢の打線で「都立高校初の甲子園一勝」を目指します。

【高校野球2018夏 東東京大会 チーム紹介】都立鷺宮高等学校

昭和43年創部の都立鷺宮高等学校野球部。現在、部員数は、マネージャーを含む、34人が所属しています。大会成績は、去年夏の大会で3回戦進出。今年のモットーは、「目の前の試合に全力を尽くす」です。就任3年目を迎える杉山真司監督のもと、鷺高ナインは、夏の大会に向け、日々練習に励んでいます。

【高校野球2018夏 東東京大会チーム紹介】駿台学園高等学校

今年、部員55人で大会に挑む駿台学園は、昭和7年創部の伝統校です。チームのテーマは「主体性」。練習の大枠を監督が決め、具体的な内容は選手自らが決めるという、工夫した練習を行っています。選手一人ひとりの自主性が高まり野球への取り組み方も変わってきました。選手の成長がチーム力の向上に繋がりました。

ピックアップ

第33回魁星旗争奪全国高校女子剣道大会 佐野日大 対 福岡

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

【高校野球2018夏 東東京大会 チーム紹介】都立浅草高等学校

台東区にある浅草高校は単位制3部制の学校で去年硬式野球部を設立。現在の部員数は3年生の今仁武選手一人で渋谷國之監督とマンツーマンで練習しています。 浅草高校は他校との連合チームを結成し今年の春の大会は浅草・かえつ有明・科学技術・桐ヶ丘の4校で出場し初戦敗退。この夏も同じ連合チームで出場します。 今選手はチームの中で3番のクリーンナップを務める重要な役割。 小中学校で軟式野球に取り組み、浅草高校で去年から硬式野球の道に進んだ背景には「誰にも負けない野球への愛」があります。

ほんでミーゴ@Kパラnext 2017年6月22日

岩井・澤井の2人が県内のいろいろな場所を散策しながら、『ほんでミーゴ』を合言葉に皆さんに街のこと、人のことを根掘り葉掘り聞いちゃいます。

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA-2016年4月前半号

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA-2016年4月前半号 さて、3月6日の日曜日、待ちに待った 「欣様と行く日帰りバスツアー」が開催されました。 ツアー当日は、お集まりいただいた、沢山の欣様ファンの皆様と共に、赤穂浪士を祀る大石神社(おおいしじんじゃ)、国史跡(くにしせき)の赤穂城跡(あこうじょうあと)を巡った後、赤穂・鹿久居荘(かくいそう)で牡蠣満載のかき料理に 舌鼓を打って参りました~。 今回の「ふわっと欣様」は、この「欣様と行く日帰りバスツアー」の様子をたっぷりとお届けしまーす。 それでは今回もふわっとごらんくださーい。

コロコロチキチキペッパーズの 「やっべぇぞ!!」(奈良女子大学附属中等教育学校 学園祭運営委員会)

漫才コンビ「コロコロチキチキペッパーズ」がお届けする番組 「やっべぇぞ!!」 日々練習に励む学校の部活や、地元のサークルに突撃してガチンコ対決。 今回は「奈良女子大学附属中等教育学校 学園祭運営委員会」に突撃。ヒガシ逢ウサカ「高見」も登場!

Kパラnext Tuesday2017年11月7日

奈良で放送中! スタジオから飛び出し、MC藤原・中村が今話題のスポットから送りする番組です。 何が起こるかハラハラドキドキな中継番組。皆さんもテレビの前に釘付け間違いなしですよ!ぜひご覧ください!(中継:近鉄 楽元気ファーム)

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】桶川高等学校

1972年に創部した野球部に所属する63人は、その多くが学校の半径5キロメートル圏内に住む、地元の選手たち。子どもの頃から顔見知りと言う選手も多く、選手同士の結束がより固いことが強みです。

フォーエバー

埼玉県立芸術総合高等学校 映像芸術科 制作作品 自転車で地元を走る。なんて気持ちが良いんだ!この感じ、最高!

C004 ホーム

静岡県立富士高等学校映画研究同好会 制作 昨今、核家族化や都市化により昔ながらの地域コミュニティーや暖かい家庭が失われつつあります。しかし、それらこそ我々が大切にすべき心の故郷だと思います。そんな故郷を玄関を中心に表現しました。

Y019 君と僕(予告編)

山口県立下関中央工業高等学校サテライト 制作 PV形式の作品にしましたので曲の方も聞いていただけるとありがたいです。約3週間滑り込みで作ったのであまりこだわれた部分は少ないです、ですが自分的にはラストの終わり方が一番好きです。