J:COM

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立葛西工業高等学校

提供元:J:COM

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

江戸川区一之江にある都立葛西工業高等学校。
「真理を愛し、勤労をたっとび、責任を重んずる」を校訓に
ものづくりを通した人づくりを実践している高校です。
野球部員はマネージャー1人を含む総勢16人。
ことしは、保護者の方たちも横断幕などを作成してくれており、応援側も準備万端。
センターラインの守備力の高さとクリーンナップの勝負強さで夏に挑みます。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

【高校野球 2017夏 東東京大会チーム紹介】目白研心高等学校

3年生10人を筆頭に総勢38人 チームのエースは、 内角外角へと安定したコントロールが持ち味の2年生、石黒選手。 抑えの守護神はキャプテンの入江選手。 チーム一丸となって、悲願の甲子園進出を目指します。

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】本庄第一高等学校

77人が所属する野球部は1993年創部。2008年と2010年に甲子園出場を果たした強豪校の1つです。自主練習を長く取るスタイルで、足りない所を見つけ、さらに練習に生かします。キャプテンを中心に泥臭く、粘り強い野球で勝利を狙います。

高校球児の夏2019【祐誠高校】

第101回全国高等学校野球選手権 福岡大会 注目校【祐誠高校】を紹介します。

第101回全国高等学校野球選手権千葉大会 出場校紹介動画 市立柏高校

市立柏高等学校野球部は74人で構成、去年の夏は2回戦で千葉英和高校に敗退。 今年は攻撃力を強化し、「日本一を目指す!」をスローガンに甲子園出場を狙います。 チームをまとめるのは3年生、ファーストの五十嵐選手。 勝負強さがあり、気持ちを前面に出すプレーでチームを引っ張ります。 3年生ライトの浦邉選手は足が速く、長打力もある、走攻守がそろった選手。 スタンドまで飛ばす打席が楽しみです。

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA-2016年5月前半号

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA- 今回、欣様がお伺いしたのは東大阪市でーす。 大阪府中河内(なかかわち)に位置する東大阪市は、ラグビーや技術力の高い中小企業が多数立地する中核都市。 今回は、そんな東大阪市にお伺いして、地域の魅力をご紹介しまーす。

「高校球児の夏2016」(都立足立西高等学校)

足立区江北にある都立足立西高等学校今年の部員数は20人。リズムとテンポの良い試合運び、強気な戦略で得点を重ねる野球が持ち味です。 守備からリズムをつくり、少ないチャンスを得点につなげる勝負強さが持ち味。少数精鋭のチームメイトとともに勝利を目指します。

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

第101回全国高等学校野球選手権大会 千葉大会出場校紹介動画「市川学園市川高校」

ピッチャーを中心に試合のリズムを作るスタイルが持ち味の市川学園市川高校。 今年は「一戦必勝」をスローガンに掲げ練習を続けてきました。

高校野球2019夏 東東京大会 チーム紹介 成立学園高等学校

成立学園硬式野球部は、1年生16人、2年生13人、3年生17人の46人。第94回大会では甲子園に出場したこともある強豪チームです。しかし、ここ最近の成績は振るわず、直近の今年春の都大会では、大差をつけられ1回戦で敗退。そのため、野球の原点にかえり、基本をおろそかにしてはいけないとの思いで練習に励んでいます。バッテリーを中心とした守を固め、いかに失点を防ぐのかがチームの勝利の鍵となっています。

第101回全国高等学校野球選手権千葉大会 出場校紹介動画 麗澤高校

柏市光ケ丘にある麗澤高校野球部。 今年は1年生9人、2年生7人、3年生7人、合計23人の選手を、マネージャー5人が支えています。 直近3年の成績は、1回戦敗退と苦戦が続きますが、持ち前の団結力で、まずは1勝を目指します。 今年で就任4年目を務める村木監督によると、 「今年は特に一生懸命な部員が多い印象。 ミーティングも含めて自分たちで運営するなど、野球に対して礼儀正しく真摯な部員が多いのが特徴」ということです。 注目は、ピッチャーでクリーンナップもできる横大路選手です。 そして、今年のチームをまとめるのは、キャプテンでキャッチャーの芦田選手。

【高校野球2019夏 西東京大会 チーム紹介】都立石神井高等学校

練馬区関町北にある都立石神井高等学校。 今年のチームは、先制されても取り返す気持ちが強く打撃練習に力を入れてきました。モットーである全力疾走と自ら考えて行動し、人間力を高めるという「考動」をテーマにし、一戦必勝で戦います!チームの目標ベスト8進出。気合は十分です!

第99回全国高等学校野球選手権千葉大会出場校紹介動画「秀明八千代高校」

秀明八千代高校野球部は、マネージャーを含めて31人。 攻める姿勢を忘れず、消極的にならず、まずはしっかり守って試合を作り、 チャンスを活かして得点に繋げられるよう、日々練習に励んでいます。 チームをまとめるのは、セカンドを守る太田智之選手。 普段は温厚で優しい人柄の太田選手ですが、グランドでは大きな声を出し 仲間を盛り上げチームの士気を高めます。 甲子園出場を目指し、一戦必勝でのぞむ夏の大会。 最後まであきらめず全力疾走で挑みます。

あなたにおすすめ

【高校野球2016夏 西東京大会 チーム紹介】都立山崎高等学校

守備・走塁ミスが多くみられるが、日々の練習で基本のプレーをしっかり出来るよう練習を重ねています。この夏1つでも勝てるよう、納得の試合が出来るよう選手一丸となって頑張ります。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】明星高等学校

府中市栄町にある『明星高校』 部員数は1年生23人、2年生22人3年生19人の合わせて64人。 『人間的成長なくして 技術進歩なし』文武両道を掲げ日々練習に励んでいます。 大会を目前に控え確実に調子を上げてきている明星高校野球部。 「絆と全力」を胸に 全員野球で前回大会のベスト16超えをめざしこの夏、挑みます!

【高校野球2019夏 西東京大会 チーム紹介】都立小川高等学校

「先輩、後輩の壁が無く、野球を通じて対等に付き合う事が出来るのが小川高校野球部」と3年生の川上主将は話します。部員が同時に練習できるメニューを増やし、個々の能力アップに取り組む小川高校野球部。全員野球で勝利を掴みます。

第101回全国高等学校野球選手権千葉大会 出場校紹介動画 県立流山北高校

県立流山北高校野球部は14人のチーム。 少人数のチームだからこその団結力で夏の大会に挑みます。 一球に対して一つの学びを得て成長していく「一球一学」を心がけ、日々の練習に励んでいます。 キャプテンの手塚太晴選手はチームをまとめるムードメーカー。 試合ではセカンドを務め、内野の中心的存在です。 キャプテンをサポートする渡邉聖人選手は守備の要、キャッチャーであるとともにパワーのあるバッター。 バランスが取れた選手です。 攻撃の中心、前澤悠斗選手は1番打者を務め、パンチのあるバッティングと俊足でチームに攻めのリズムを作り出します。

【高校野球2017夏 神奈川大会 チーム紹介】住吉高等学校(川崎市中原区)

住吉高等学校(川崎市中原区) スローガン・意気込み「心革」

ピックアップ

コロコロチキチキペッパーズの 「やっべぇぞ!!」(NPO法人 楽スポあすか 明日香村立聖徳中学校 卓球クラブ)

お笑いコンビ「コロコロチキチキペッパーズ」がお届けする番組 「やっべぇぞ!!」 日々練習に励む学校の部活や、地元のサークルに突撃してガチンコ対決。 今回は「NPO法人 楽スポあすか 明日香村立聖徳中学校 卓球クラブ」に突撃ヒガシ逢ウサカ高見も登場!。

投げ釣りキス狙いin里浦海岸

今月の海遊人は、徳島県より初夏の釣り、キスの投げ釣りをお送りします。 狙うは20cmを越える大物キス!前日までは絶好調という情報で、意気揚々と徳島に乗り込んだ海遊人軍団ですが、まさかの状況に遭遇・・・。はたして徳島の海は、やのっちに微笑んだのか!?

高校球児の夏2019【星琳高校】

第101回全国高等学校野球選手権 福岡大会 注目校【星琳高校】を紹介します。

UP!アップ!関ガール シーズン2 vol.77.MXF

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」が毎回、過酷な企画にチャレンジするバラエティ。

幸福のカタチ Report to the UN ~from the happiness city~ 夢を追いものづくりのまちに移住 ~子育て世帯 移住幸福度日本一 福井で暮らす~

丹南ケーブルテレビ:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コンペティション部門奨励賞 【番組概要】 番組では、丹南地域で、“幸福のカタチとは?”“女性が輝く社会とは何か” を探訪し、取材から感じたそのヒントを国連女性問題の第一人者アンワルル K チャウドリー国連大使(元国連事務次長、国連の友アジアパシフィック会長)にレポート。国連NY本部ハイレベルフォーラムやUNWOMAN、UNFPAなど関係機関にて報告を行う番組を掘り下げるファシリテーターに、国連の友アジアパシフィックと提携している日本歌手協会より、歌手で女優の大場久美子さんと、早見優さんを起用。進行役のモデレーターには、国連の友アジアパシフィックの小松田有理が担当。毎回二人の女性が、地域のデータを元に、地域で輝く様々な人に出会い、協働・持続可能な社会発展への考え方や施策、道筋などを探求し、そのヒントを探って行く。今回応募した番組は、「夢を追いものづくりのまちに移住~子育て世帯 移住幸福度日本一福井で暮らす~」と題し、高校卒業と同時に越前市に移住し、打刃物職人としての道を歩みはじめた山本直さんに、移住へのきっかけや、職人としての想い、地域の人との関わりについて話を聞いた。 【審査員コメント】 インタビューとスタジオトークの番組だが、事前リサーチがしっかりしていたのかインタビューが濃く、早見優さんのようなタレントさんを使うと善し悪しもあるが、出過ぎずに良い役割をしていた。全体構成として移住してきたご主人の仕事から入り、奥様の目線での移住生活、子育てなど住まう方の気持ちに沿っており好感が持てる。女性や高齢者が輝く社会が大事だが、このような形で情報発信が重要になっていくと思う。

名残

法政大学第二高等学校 映画研究部 制作作品 いきなり親友と別れることになって自らと葛藤する二人の心情と、最後の挨拶を言えずに後悔してる北原駿の心情を意識して撮りました。「名残」という言葉を意識して観ていただけると幸いです。

福丸がゆく2018年12月24日放送 大阪市住之江区粉浜&浜口東・西

今回は住之江区粉浜&浜口東・西を訪れている福丸さん。 粉浜商店街で暖かいふれあいを重ねながら、隣町の浜口東と浜口西を散策します! 歩けばこその発見と出会いがたくさんありました!

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立産業技術高等専門学校

部員は5人のため、周辺高校と連合チームで出場。今まで夏の大会で勝ったことがないので、先輩たちのためにもまずは1勝を目指して頑張っている。

FC岐阜応援番組 緑の話を聞け!#3

今年もFC岐阜の戦いを番組で紹介していきます!選手・監督・サポーターのインタビューやイベント情報盛りだくさん!「緑の話を聞け!」を見てFC岐阜を応援しよう!

J064 キラキラ

鹿児島県松陽高等学校美術科映像専攻 制作 ここに登場する「夢」は、ほとんどが本物です。その「夢」たちと、私たちが抱える将来の不安や悩みをスクリーンに描きました。「夢」に向けて「キラキラ」した姿、青春の一コマが、貴方の瞳の奥へ届きますように。