J:COM

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立葛西南高等学校

提供元:J:COM

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

江戸川区南葛西にある「都立葛西南高等学校」。
「自主」「創造」「連携」を教育目標に挙げ、地元と連携した地域貢献にも積極的な学校です。
野球部員はマネージャー5人を含む総勢14人。
今年は、3年生たちがチームの結束を支え、ここ一番でのチャンスでの打線爆発がチームの魅力です。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

【高校野球 2017夏 西東京大会チーム紹介】中央大学杉並高等学校

昭和38年に創部した中央大学杉並高等学校・野球部。 部員数は現在、マネージャーを含めて40人です。 専用のグラウンドを持たず実戦的な守備の練習ができない分、 バッティングの強化に力を入れています。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】法政大学高等学校

春夏合わせて4度の甲子園出場経験を誇る伝統のある野球部。モットーは「野球は教育の一環であり、人間形成の場である」今年は走攻守バランスのとれたチームでまずは神宮を目指します!

第99回全国高等学校野球選手権千葉大会 出場校紹介動画「木更津工業高等専門学校」

千葉県で唯一の国立高等専門学校、木更津高専。野球部員19人は、忙しい授業と厳しい練習を両立しながら勝利を目指しています。練習では、監督やコーチだけでなく、全国高専体育大会出場を狙う上級生も選手のサポートを行っています。初夏の青空の下、選手たちは熱い練習で力を蓄え、勝利をつかみに行きます。

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】飯能高等学校

埼玉県立飯能高等学校。野球部は1955年創部と伝統があり、過去にはプロ野球選手も輩出しています。部員数は10人。少ない人数ながらも今年の春季大会西部地区予選では10年ぶりの県大会出場を果たしました。夏の大会でもチーム一丸となって戦います。

【高校野球2016夏 西東京大会 チーム紹介】都立大泉高等学校

部員数は、マネージャーを含め13人と少ないですが、「一連托生」をモットーに、「全員野球」で勝利を目指します。

第99回全国高等学校野球選手権千葉大会 出場校紹介動画「県立袖ヶ浦高等学校」

「歴史を変える」を合言葉に、勝利を目指す県立袖ヶ浦高校野球部。78人の野球部員が予選に臨みます。 春からレベルアップした投手陣は充実しています。また、ボールを受けるキャッチャーは、それぞれ個性のある各投手の力を最大限に引き出します。父母会がバッティングネットを新設し、打撃練習にもさらに熱が入ります。

編集チームおすすめ

巨大な男根形の「ほだれ様」は農耕の実りと人の実りを守る神様

毎年3月の第2日曜日には地区をあげて、高さ2.2m、重さ約600kgの巨大な 男根形の御神体のご利益にあやかろうとする「ほだれ祭」が催されます。

ランキング

第99回全国高等学校野球選手権千葉大会 出場校紹介動画 県立佐倉西高等学校

7月11日に開幕する千葉大会に向けて、主な出場校をダイジェストでご紹介。選手・監督インタビューや練習風景を交えながらチームの一球に込めた想いを総力取材!この夏に向けた球児たちの姿をお見逃し無く!

Y035 チェレンジ 予告編

eiga worldcup2016 自由部門出品作品 埼玉県立坂戸高等学校 放送部 放送部部長・河嶋夕葉は体重増加に悩んでいた。表彰式で、体重のために舞台から上手く降りられなかったことをきっかけに、ダイエット生活が(半強制的に)始まる。河嶋に半年間に密着し、明かされた彼女の心とは…?

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立第四商業高等学校

練馬区貫井にある都立第四商業高等学校。 野球部員数は、1年生12人、2年生13人、3年生8人、マネージャー5人の、合計38人です。 練習前には瞑想で集中力を高め、限られた時間内で最大限の効果を得られるようにしています。 今年のチームの特徴は「機動力野球」。 試合中、相手の動向を見ながら常に新しい作戦を仕掛け、相手の守備をかき乱して チャンスを作り、得点を重ねていくことを得意としています。

レーシングスピリット 2015年9月号(小学生カートレーサー 伊藤琢磨選手)

鈴鹿市出身の小学生カートレーサー、伊藤琢磨選手のレースに密着します。 今シーズン、全日本でトップ争いをする活躍ぶりで注目を集めています。

レーシングスピリット 2016年8月号(TSR 鈴鹿8耐への挑戦)

この春、世界最高峰のオートバイの耐久レース「ル・マン24時間耐久ロードレース」で3位表彰台を獲得した地元チーム「TSR」。鈴鹿8耐に挑戦し続けるTSRのレースに密着しました。

あなたにおすすめ

第46回魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会 湯沢 対 福岡舞鶴

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

第33回魁星旗争奪全国高校女子剣道大会 境 対 奈良大附属

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

【高校野球 2017夏 東東京大会チーム紹介】東亜学園高等学校

東亜学園高等学校 野球部は、 甲子園に3度出場経験のある 都内きっての強豪校です。 去年の東東京大会は、 27年ぶりの甲子園まで あと少しというところで 涙をのみました。 部員は76人。 現在、34年間チームの指揮官を務めた 上田監督から 武田新監督体制への移行がおこなわれています。 強豪ながら、選手たちが口にするのは 粘りと挑戦。 先輩たちの願いも叶えられるか!

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立久留米西高等学校

東久留米市野火止にある都立久留米西高等学校。 野球部員数は、1年生5人、2年生13人、 3年生7人、マネージャー2人の、合計27人です。 チームのモットーは「全員野球」。 攻撃では、つなぐ野球を意識し、全員がヒットを打てるような練習を行っています。 夏の大会では、全員野球のチームワークを武器に、全力で試合に挑みます。

第99回全国高等学校野球選手権千葉大会出場校紹介動画「県立国府台高校」

部員18人と、今年は選手の数が少ない国府台高校は、全員でつなぐ野球で点を取りにいきます。 支えてくれている周りの人たちへの感謝の気持ちや責任感を胸に全員野球で夏の大会に臨みます。

ピックアップ

高岡御車山祭2016ダイジェスト

高岡御車山祭は、絢爛豪華な山車7基が伝統的な街並みを練り歩きます。 今年は、5年ぶりの日曜開催で昨年開業した北陸新幹線の影響もあり、ここ10年で最多の見物客でにぎわいました。 番組では、祭り当日の様子と合わせ、事前準備や宵祭の様子を含め、ダイジェストで放送しています。

Y072 オモイ(予告編)

沖縄県立那覇国際高等学校映画研究部 制作やりたい事をすべて詰め込んだ作品となっています。とても楽しんで作った作品ですので、見てくださる方にも楽しんでいただければと思います。

第99回全国高等学校野球選手権千葉大会 出場校紹介動画 県立流山おおたかの森高等学校

千葉県立流山おおたかの森高校野球部は58人で構成。去年は4回戦進出の成績を残していて今年は攻守ともにまとまったチームで去年以上の成績を狙います。チームの特徴は守備力で、接戦でも勝てる我慢強さが持ち味です。信頼の厚いキャプテン、ムードメーカーで長打が期待できる4番を中心に甲子園を目指して夏の大会に挑みます。

J052 雨宿りのきみ

埼玉県立芸術総合高等学校映像芸術科 制作 君に雨が降ったら僕が傘をさす。君は僕に雨宿りをする。雨はすぐやんでしまうのに、僕はずっと傘をさしているんだ...

おしえて!獅子舞テレビ #29西田(前編)

 1400年の歴史を持つ日本の民俗芸能。獅子舞。  中でも富山県は1170の地区で舞が伝承されていて、獅子舞の数が日本一だといわれています。  おしえて!獅子舞テレビは地域の宝として受け継がれてきた獅子舞の魅力を富山県高岡市から発信する日本初の獅子舞エンターテインメント番組です。 ★第29回:西田(前編)※読み:さいだ  ・竹の子食べ放題の祭り  ・獅子頭チェック  ・“美しい”天狗の舞  ・祭り1日で何歩歩いた?  ・宝くじで買った獅子舞道具?  ・5分でわかる獅子舞講座「シシコロシを探ってみよう」

PACいちのみや

打合せから撮影・編集まで、市民ボランティアが手掛ける「市民制作番組」です。 今回は「デモクラティクスクールまんじぇ」をご紹介します。

【高校野球2017夏 神奈川大会 チーム紹介】桐蔭学園高等学校(横浜市青葉区)

桐蔭学園高等学校(横浜市青葉区) スローガン・意気込み「事を成す/志高心強」

奈良イチ研究所<生産量日本一 割り箸>奈良県下市町

奈良にある「一番」のものをなんでも「奈良イチ」として取り上げる『奈良イチ研究所』。番組では、「奈良イチ」の凄さや魅力、込められた想いなどを研究員が県内を駆け回って調べます。

だめんずきっちん 2014年03月

アラフォーの男たちが最も苦手な料理に挑戦する恥的料理番組。 勝てば天国!負ければ地獄!罰ゲームでハリセンを食らうのは一体誰なのか? 素人5人衆のハチャメチャなガチ料理対決に乞うご期待!

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立篠崎高等学校

江戸川区の「都立篠崎高等学校」。 江戸川河川敷で大きな声を出しながら練習をしています。 野球部員は総勢62人。「誰からも応援されるチーム」を チームの活動方針に掲げ、全員が全力で野球に取り組んでいます。 おととし2015年には東東京大会ベスト4に進出。 投手陣が充実している今年は、「守り勝つ野球」を磨き、甲子園出場を目指します。