J:COM

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立小岩高等学校

提供元:J:COM

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

江戸川区本一色にある「都立小岩高等学校」。
今年の野球部員は3年生16人、2年生12人、1年生11人、マネージャー3人の総勢42人。
小岩高校野球部のモットーは「全力疾走、カバーリング、ベンチワーク」。
そして、勢いに乗ると連打でビッグイニングを作ることができる打線が魅力です。
昨年のチームより打撃と粘りが強化され、先攻逃げ切りが小岩高校の勝ちパターン。
自慢の打線で「都立高校初の甲子園一勝」を目指します。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

【高校野球2017夏 東東京大会チーム紹介】都立日本橋高等学校

墨田区八広の、都立日本橋高校、 去年夏の新チーム発足以来 公式戦での勝利はまだありませんが 今年4月に就任した豊田監督のもと、チーム一丸となって練習に励んでいます。 キャプテンは3年生の竹田翔馬選手。 優しく部員思いで練習も率先して声を出し、チームを引っ張ります。 注目の選手はエースで4番、3年生の吉原伶選手。 ストレートとカーブを武器にどんな場面でも落ち着いて 自分のピッチングができると豊田監督も期待を寄せています。 選手ひとりひとりが力を発揮し丁寧な野球を目指す日本橋。 チーム27人が全員野球で勝利を目指します。

【高校野球2016夏 東東京大会 チーム紹介】大東文化大学第一高等学校

大東文化大学第一高校は、投手を中心に内野を固く守り、チャンスを確実にものにする、守り勝つ野球を目指しています。 今年は、創部40周年の節目の年。夏の大会へ向けて、チーム一丸となり、甲子園出場を目指しています。

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】明治学院東村山高等学校

明治学院東村山高等学校・硬式野球部は、創部54年目。 今年は、49人のメンバーで、夏の大会に挑みます。 この日は、ピッチングマシンを使ったバッティング練習と、 シートノックによる守備練習などを行っていました。

第101回全国高等学校野球選手権 千葉大会 出場校紹介動画 県立上総高校

「一球奮闘」を掲げ、諦めない精神を誓う 県立上総高校 野球部。 13人の部員は、 お互いに普段からムードを盛り上げ、 声を掛け合って練習を行っています。 今年は、単独チームとして出場できる喜びを 1球1球にぶつけ、勝利をつかみ取ります。

【高校野球2018夏 東東京大会チーム紹介】聖学院高等学校

聖学院高校野球部は12人が所属。3年生、2年生のみの少人数のチームですが、勝利へ向かう姿勢はどのチームにも負けません。モットーは「いつも喜び、全てに感謝!!」。

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】國學院大学久我山高等学校

春・夏あわせて5回の甲子園出場経験をもつ國學院大學久我山高等学校野球部。今年の久我山は「守りの野球」。失点を最小限に抑え攻撃へのリズムをつくることで試合の主導権を握ります。

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

ほんでミーゴ 2018年6月28日

岩井・澤井の2人が県内のいろいろな場所を散策しながら、『ほんでミーゴ』を合言葉に皆さんに街のこと、人のことを根掘り葉掘り聞いちゃいます。今週は近鉄生駒駅周辺を散策しています。

UP!アップ!関ガール シーズン2 vol.3

関西のケーブルテレビを応援するために結成された アイドルユニット「関ガール」が様々な企画にチャレンジする アイドル成長バラエティ!

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 県立千葉工業高校

中央区今井町にある千葉工業高校。国家資格習得にも力を入れている公立の工業高校です。野球部には一年生から三年生まで46人が所属。練習から常に大きな声を出し、部員全員でチームを盛り上げます。

コウモリの物語

かえるが好き!いきものが好き!そして自然が大好き! かえる先生と歩くといろいろないきものたちの姿が見えてきます。 見つけたよ!かえる先生のいきもの交遊録。 今回今や生息地がなくなりつつある「コウモリ」の物語です。

第100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会 出場校紹介動画 県立千城台高校

若葉区千城台にある県立千城台高校。「自律」「調和」「貢献」の校訓の下、向上発展に取り組む高校です。野球部には、1年生11人、2年生5人、3年生6人、マネージャー8人の30人が所属。「戦う集団であれ」を合言葉に中村監督の下、日々、練習に取り組んでいます。ここ数年は、守りのミスで初戦敗退が続いていることから守備練習にチカラを入れ、今年の夏こそ、初戦突破を狙います。

あなたにおすすめ

多良の森トレイルランニング

2015年5月1日に長崎で初めて行われたトレイルランニングの大会。 九州各地から集まった参加者の中に吉本芸人「長崎亭キヨちゃんぽん」の姿が!!キヨちゃんは19キロの道のりを走破できるのか!!

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】桜美林高等学校

春の大会4回戦で小山台高校を相手に守備の乱れから大量得点を許しコールド負けに終わった桜美林高校。 大会後は徹底的に守備力を強化してきました。  目立った選手はいないかわりに、全員が注目選手という桜美林高校。春の雪辱を夏の大会で晴らします。

高校野球2019夏 東東京大会 チーム紹介「都立足立西高等学校」

足立区江北にある都立足立西高等学校。野球部の部員数は1年生5人、2年生16人、3年生9人の総勢30人です。去年の夏の大会は3回戦まで進出。今年はさらに上を目指そうと日々の練習に励んでいます。 試合も練習も雰囲気の良さが自慢の足立西高校。チームを率いるキャプテンはショートで3番を打つ加藤選手です。 足立西高校の練習では選手の自主性が大事にされています。選手は一人一人がやるべきことを考え、自ら練習メニューを設定し、熱い夏を乗り越えようとしています。『足立区から甲子園へ』を合言葉に、足立西高校はこの夏、チーム一丸で勝利に向かって進みます。

第101回全国高等学校野球選手権 千葉大会 出場校紹介動画 県立千葉工業高校

県立千葉工業高等学校は、今年で83年目を迎える歴史のある学校です。 総勢31人の部員の目標は、「得点のチャンスを着実に生かす試合」です。 相手の隙をつく打撃や走塁など、粘り強い野球が出来るよう 練習を重ねてきました。 3年生を中心とした高い結束力を武器に全力で戦い、 初戦突破を目指します。

めざせ!甲子園2018 朋優学院高校

夏の甲子園出場をめざす品川区内の高校野球部を紹介する「めざせ!甲子園2018」。大会を直前に控えた各チームの練習風景や主将・監督のインタビューをお届けします。 朋優学院高校のスローガン・意気込み: 勝つチームになる 全力疾走 互いに声をかけ合う ケーブルテレビ品川 高校野球特設サイト http://www.cts.ne.jp/special/18baseball/

ピックアップ

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立広尾高等学校

決して広くはないグラウンドの中で、工夫しながら練習しています。日常生活から応援してもらえる野球部を心がけています。スローガンは「 一心不乱 」

まちや寄席

まちや寄席のようすを紹介します。

きょうの木喰さん 1

なぜ、この仏たちは微笑んでいるのだろう。江戸時代の終わり、全国を巡りながら仏像を彫り残していった木喰上人の作品の数々をエピソードと一緒に紹介します。癒されること間違いなし! 1.「微笑む仏」寶生寺(新潟県長岡市)

UP!アップ!関ガール シーズン2 vol.95.MXF

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」が毎回、過酷な企画にチャレンジするバラエティ。

どーでもネタ百科 第5回 ゴリラ岩と向かい合うものはなんだ!?

どうでもいいけど何か気になる・・・街にあふれるそんな話題を徹底取材!明日からすぐに使える「話のネタ」をご提供します。

ならカフェめぐり「いとをかし」生駒市 Pattiser Cafe Frau

奈良にはお洒落で可愛いカフェがたくさんあります。おいしい料理やスイーツ、素敵な店内や雑貨など、カフェの『いとをかし』な魅力をのんびりご紹介する番組です。(放送:2018年12月)

慰霊祭

大阪府柏原市立玉手山公園内にある、大坂の陣戦没者供養塔前で行われた慰霊祭400回忌。戦国時代に関する催事は、合戦の様子や武将の戦いぶりに目を向けられたものが多い。供養塔が建てられてからおよそ300年間、守り続けてきた人々の歴史に思いを馳せながら紹介していく。

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA- 1月後半号

ふわっと・・・欣様 -What? KIN-SAMA- 魅力満載の柏原市の中でも今回は オガタ通り商店会会をフューチャーし その魅力をふわっとご紹介しまーす。

レーシングスピリット 2017年7月号(世界のモリワキ 鈴鹿8耐に復帰 前編)

放送開始100回記念特別企画「世界のモリワキ 鈴鹿8耐に復帰 前編」 レーシングスピリット放送開始100回を記念して、9年ぶりに鈴鹿8耐に復帰するモリワキを2回シリーズで特集。今月はモリワキのこれまでの活躍や、森脇護監督、ライダーの高橋裕紀選手、清成龍一選手のスペシャルインタビューなどをお届けします。鈴鹿が世界に誇るモリワキの8耐にかける熱き思いに迫ります!

レーシングスピリット 2017年3月号(外国人エンジニア フィレップ・タマス)

レーシングガレージ・フヂイエンヂニアリング(三重県鈴鹿市)で働くハンガリー出身の外国人エンジニアに密着。彼が来日してまで情熱を注ぐプロジェクトとは。そして、外国人から見た日本、鈴鹿のレースの印象も聞きました。