(株)長崎ケーブルメディア

29NAGASAKI水中散歩#29「ウミシダの観察]

提供元:(株)長崎ケーブルメディア

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

恐竜よりも昔から地球に生息していると言われている面白いいきもの「ウミシダ」植物のようにみえますが、実はウニなどの仲間である棘皮動物です。どんないきものなのか、水中観察家の中村拓朗さんと見ていきましょう

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

鯨を空から観察しよう

長崎大学水産学部の新しい調査!を応援しよう

28NAGASAKI水中散歩#28「ホヤが作る不思議な世界」

ホヤと聞くと東北などの北の生き物のように思いますが 実は長崎にもホヤはいるんです! 今回は水中観察家の中村さんが発見した珍しいカンザシボヤの 群生地をご紹介いたします

27NAGASAKI水中散歩#27 春のダンゴウオ

長崎の海の生き物を紹介するNAGASAKI水中散歩 今回はとってもかわいいダンゴウオをご紹介します。 長崎では最近になって見つかったダンゴウオ どんな坂なのでしょうか

この坂のぼれば2017年1月

今回は桜町をスタートし、桜の名所として有名な 立山まで歩きます

この坂のぼれば~西山町界隈~

坂の町長崎をカメラマンが歩き、その町の日常を描く この坂のぼれば 今回は西山町界隈を歩き、坂の町独特のごみ収集を見ることができました

NAGASAKI水中散歩#22 街中の鮎

今回のNAGASAKI水中散歩のテーマは鮎! きれいな川にいるイメージの鮎ですが意外と街中の川にも いるそうです。 ということで、今回は眼鏡橋がかかる中島川で鮎を探してきました

編集チームおすすめ

平成30年7月豪雨 義援金募集のお知らせ

ご支援・ご協力をお願いします。

ランキング

2016 高校球児の夏 獨協高等学校

出演:我妻美月(オスカープロモーション)

タイラバレディース対決!後編

瀬戸内海を舞台にマダイのタイラバゲームをお送りします。 ゲストに、釣りガールりんかさんと、シーフロアコントロールのエミリーさんを迎え、瀬戸内海の大型マダイに挑みます!女性アングラーとの負けられない戦い! 前編・後編と、ぜひご覧ください。

J018 蜃気楼に焦がれて

東京都立若葉総合高等学校映画制作部 制作 見どころは学園青春ものでありながらシーンのほとんどが教室ではなく、プールや公園等の外部での撮影であるという点です。それと、BGMも作品の中でいい味を出しておりそこも見どころの一つです。

【高校野球2016夏 東東京大会 チーム紹介】立正大学附属立正高等学校

昭和5年創部の歴史古い立正大学附属立正高等学校野球部。 現在、マネージャーを含め、104人の部員が所属しています。 今年は、昨年に比べ、守備力、打撃力ともに向上し、チーム一丸となって 初戦突破を目指します。

2016 高校球児の夏 二松學舍大学附属高等学校

出演:我妻美月(オスカープロモーション)

あなたにおすすめ

UP!アップ!関ガール シーズン2 vol.112.MXF

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」が毎回、過酷な企画にチャレンジするバラエティ。

海の砂漠

全国の海で見られる異常な状態「磯やけ」。 海藻ががなくなりいきものたちが住めなくなる「磯やけ」対策は 全国各地で行われています。 水産県長崎にとって深刻な問題である磯やけを 対策を行っている漁協やダイバーの視点, そして、磯やけで産卵場をなくしつつある アオリイカを通して見つめます

ニュースウォーカー0224放送「小平奈緒の原動力!信州味噌」

2月24日放送のSTVニュースウォーカーから、平昌オリンピックで見事、金メダルを獲得した小平奈緒選手の原動力となった「信州須坂の味噌」をご紹介します!

まるごと動物ウォッチ#12 円山動物園(北海道)

テレビで楽しめるバーチャル動物園番組!今回は、札幌市の円山動物園をご紹介。2015年10月にニホンザルのサル山をリニューアル!より自然に近くなった姿は必見!

ならカフェめぐり「いとをかし」桜井市 MAGIC×MALLET

奈良にはお洒落で可愛いカフェがたくさんあります。おいしい料理やスイーツ、素敵な店内や雑貨など、カフェの『いとをかし』な魅力をのんびりご紹介する番組です。(放送:2018年5月)

ピックアップ

おしえて!獅子舞テレビ

1400年の歴史を持つ日本の民俗芸能。獅子舞。 中でも富山県は1170の地区で舞が伝承されていて、獅子舞の数が日本一だといわれています。 おしえて!獅子舞テレビは地域の宝として受け継がれてきた獅子舞の魅力を富山県高岡市から発信する日本初の獅子舞エンターテインメント番組です。 ★第1回:佐加野(前編) ・高岡で一番○○が早い町内 ・獅子頭チェック ・佐加野の「レジェンド」 ・招待花のコーナー ・5分でわかる獅子舞講座「富山県って獅子舞が多いの?」

UP!アップ!関ガール シーズン2vol.30

関西のケーブルテレビを応援するために結成されたアイドルユニット「関ガール」が、様々な企画にチャレンジするアイドル成長バラエティ!

【高校野球2018夏 東東京大会 チーム紹介】都立つばさ総合高等学校

大田区本羽田にある都立つばさ総合高等学校。野球部員数は、1年生7人、2年生4人、3年生9人、マネージャー3人の合計23人。つばさ総合高校では、他の部活との兼ね合いがあり、グラウンドを使える日があまり多くありません。しかしその分、基礎練習や走塁練習に力を入れ、基本的な技術と体力をしっかりと身につけています。キャプテンでピッチャーの松本選手は負けず嫌いの努力家。常にチーム全体に気を配り、みんなをひとつにまとめています。新チームのモットーは、常に全力疾走。初回から目の前の相手に対し全力を出し切り、一つずつ勝利を重ねていくことが夏の大会の目標です。

隠岐★ドキ!あまチャンネル・アーカイブ Vol.5「隠岐ジオ博スペシャル#1~隠岐の歴史に触れる旅」(2016年8月放送)

2016年8月に放送した「隠岐★ドキ!あまチャンネル」特番『隠岐ジオ博スペシャル』シリーズ全3作の1本目、『隠岐の歴史に触れる旅』です。 隠岐ジオ博とは、隠岐ユネスコ世界ジオパークに認定されている隠岐の魅力を、より多くのみなさまに知っていただくため隠岐4島で多彩なイベントを用意した旅行プランで、隠岐★ドキ!あまチャンネル出演者が実際に体験してその旅行プランのPRに一役買いました。 隠岐4島の協力の下、多彩な出演者により各地でロケを行い、まさにスペシャルな番組になっています。 番組の内容は、山陰地方ではミスチルよりも知名度が高い?という、自称シンガーソング100円ライター「安来のおじ」と、鳥取県の鬼太郎音頭(戸田恵子さんのとは別の曲です)などで知られる出雲の演歌歌手「綿貫ゆか」、そしてあまチャンネルキャスターの「小坂まりえ」によるジオ旅3人道中記。 行く先々で島民を巻き込みながら、隠岐4島の歴史、自然、食を紹介します。 さらに、隠岐ジオ博のPRだけではなく、隠岐の縁結びスポット、パワースポットも紹介します。 シリーズ1本目は隠岐4島の歴史にスポットを当て、ジオ旅3人組がにぎやかに島々を巡ります。

全国スラックライン クラス別大会 inへきなん

世界で100万人以上が熱狂するNEW SPORTS「SLACK LINE(スラックライン)」。その全国大会が2016年6月碧南市臨海公園ドームで開催されました。 全国各地から41人のライダーが集まり、中にはキッズや世界で活躍するプロライダーも。約5センチのライン上で繰り出される多彩なトリックをお楽しみください。

きょうの木喰さん 3

なぜ、この仏たちは微笑んでいるのだろう。江戸時代の終わり、全国を巡りながら仏像を彫り残していった木喰上人の作品の数々をエピソードと一緒に紹介します。癒されること間違いなし! 3.真福寺(長岡市小国)

【2018夏・第100回全国高等学校野球選手権記念南埼玉・北埼玉大会 チーム紹介】浦和実業学園高等学校

さいたま市南区文蔵にある「浦和実業学園高等学校」。 昭和50年創部の野球部は現在、マネージャーを含め79人の部員が所属しています。 チームを率いるのは、去年12月に就任した土居監督。 平成22年度卒業の野球部OBです。就任以来、徹底的な意識改革に取り組み、練習にのぞむ姿勢から選手たちに厳しさを求めてきました。 その成果が見えてきたのが春の県大会。強豪・聖望学園を相手に敗れはしたものの 「0対1」と接戦を演じ、選手たちも自信をつけました。 「投手力」「守備力」は安定しており、課題は「得点力」。 選手ひとりひとりのスイングを一から見直し、「5点取れるチーム」を目指しています。

2017となみ野の祭り「城端曳山祭」

南砺市城端地域で毎年5月4日・5日に行われる約300年の伝統を誇るお祭り。越中の小京都と呼ばれる城端市街を、鮮やかな彫刻と塗りが施された6つの曳山が御神像を乗せて町中を練り歩き、京都祇園の一力茶屋を模した精巧な「庵屋台」が先導します。庵屋台の中では、笛、三味線の音色にのせて江戸端唄の流れをくむ「庵唄」が披露されます。(2017年5月5日)

J036 トランキーロ タイムス

宮崎県立延岡高等学校I.W.M制作委員会 制作 ある女子高生の特別な二日間を見守ってあげてください。トランキーロはスペイン語で「静か」という意味があります。

隠岐★ドキ!あまチャンネル12月号『歴史と伝説の島々~海士町御波のエメズドさん~

隠岐ドキ!あまチャンネル「歴史と伝説の島々」シリーズの2回目。 今回は、隠岐中ノ島・海士町御波地区に伝わる『エメズドさん』の伝説を、地元の住民を訪ねて隠岐ドキ・ナビゲーター石倉真樹子がご案内します。 昔から、隠岐島前三島で最も小さな村であった太井の山中に、なぜか130基もの五輪塔や宝篋印塔(ほうきょういんとう)が建っている場所があります。 そこに屋根がけをして祭られている「エメズドさん」と呼ばれる2つの五輪塔。 なんとも不思議な響きを持つこの呼び名はどこからきたのか? そして何のために建てられたのか? 五輪塔や宝篋印塔(ほうきょういんとう)のルーツから、奈良時代末期、有名な後鳥羽上皇の御配流よりもさらに400年以上も前に隠岐に流されたという大伴家持の一族の話にも及び、もしかするとここが大伴一族遠流の地だったのではないかという推理も展開します。