J:COM

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】大東文化大学第一高等学校

提供元:J:COM

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

板橋区高島平にある大東文化大学第一高等学校は、今年で創部56年。
総勢53人の野球部員が夏の大会に向け、練習に励んでいます。

チームのモットーは
一戦必勝で攻め勝つ野球です。

全員でしっかり守備を固め、粘り強く勝負をつかむため、一人一人が全力で役割を全うする事を心掛けています。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

100回全国高等学校野球選手権記念東千葉・西千葉大会出場校紹介 県立浦安高校

部員35人、マネージャー5人の県立浦安高校は、冬からの練習で力を付け、 技術力は去年のチームを上回っています。 今年は千葉県制覇という目標を掲げている浦安高校。 目標を達成するためには、チームの精神的な弱さを克服することが必要不可欠です。

高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立翔陽高等学校

今年の翔陽は守備が安定。先行逃げ切りで勝つ理想の野球を実践し、勝利を目指す!

高校野球2018 九州国際大学付属高校

2018年の高校野球、福岡県の注目校を紹介。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】都立小松川高等学校

江戸川区にある「都立小松川高等学校」。 昨年創立100周年を迎えた伝統校です。 野球部の部員は総勢30人。夏の大会では、一昨年2回戦 昨年は4回戦進出と徐々に実力をつけ、今大会では大きな飛躍を目指します。 特に、11人いる三年生は、一年生から誰一人やめることなく最後の大会を迎えるそうで 一日でも長く、チームメイトと野球を続けるため、守備や打撃、それぞれの選手が 高い意識を持って練習に取り組んでいます。

【高校野球2016夏 東東京大会 チーム紹介】都立つばさ総合高等学校

創部4年目を迎えたつばさ総合高校・硬式野球部。 部員一丸となって野球部初の記念すべき「夏の1勝」を目指しています。 しかし、つばさ総合高校には、大きな悩みが…。 ほかの部活との兼ね合いで学校のグラウンドがほとんど使えないんです。 後輩たちのため…最後の夏となる3年生は、1つでも多く勝ち、 野球部の存在をアピールしようと闘志を燃やしています。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】桜美林高等学校

73名の部員が所属。 春の大会では三回戦負けを記しましたが、過去には甲子園出場も果たしている 西東京の強豪の一角です。 攻守ともにバランスの取れたチーム。 屋内練習場では、夜遅くまで選手たちが練習に励んでいます。

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

ヒットの兆し(㈱田中金属製作所)

新たなビジネスで岐阜を盛り上げようとしている企業、岐阜の地で頑張る仕事人を紹介します。 今回は、「㈱田中金属製作所」の田中 和広さんを紹介します。

ベイコム・地元ニュース(大阪版)2018年10月16日号

オータム・チャレンジ・スポーツ2018in福島(福島) 大和川水位上昇による避難訓練(住之江) 災害ボランティア養成講座(大正) 全国地域安全運動 此花区民大会(此花) 全国地域安全運動 西成区民大会(西成) すみのえミュージックフェスティバル!(住之江)

壱岐の名水をたずねて第4話

全5話。第4話峰井(みねごう)と鍋の窪の湧水(なべのくぼのゆうすい)を紹介します。 長崎県壱岐市。玄界灘に浮かぶ小さな島。豊かな穀倉地帯があり、昔から豊富な水源に恵まれていました。米や麦、大豆などが栽培され、さらには麦焼酎が作られ、いまでは壱岐の特産品のひとつでもあります。壱岐には大きな川があるわけではありません。島なのになぜ水が豊富なのか、人々はどうやって水を得て暮らしてきたのか、壱岐の名水をたずねながら、その謎に迫ります。

J017 少女唄

東京都立若葉総合高等学校映画制作部 制作 この作品の見所は映像とBGMの組み合わせです。明るいシーンは明るいピアノの音、暗いシーンは低いピアノの音をつけるなど、映像に合わせて音に明暗をつけることで1シーン1シーン臨場感のある映画に仕上げました。

福丸がゆく2018年9月17日放送 尼崎市杭瀬本町・杭瀬北新町

今回も、兵庫県尼崎市杭瀬本町と杭瀬北新町を 色んな人にお声がけしてもらいながら散策しました。 商店街での触れ合いは、人のつながりの素晴らしさを 感じさせてもらいました。

あなたにおすすめ

【高校野球2016夏 東東京大会 チーム紹介】日本体育大学荏原高等学校

明治38年創部で今年112年目を迎える日本体育大学荏原高等学校野球部。 現在、92人の部員が所属。平日は、およそ3時間と 短い時間の練習を効率よく行い、日々、励んでいます。 今年は、4月に新監督が就任。 都立雪谷高校を甲子園に導いた相原 健志監督です。 日体大荏原高校は、今大会、隙の無い走塁と強打で打ち勝ち およそ、半世紀ぶりの甲子園出場を目指します。

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立南多摩中等教育学校

16人の選手で夏を迎えるこのチームの特徴は6年間で築いてきたチームワーク。

【高校野球2018夏 西東京大会チーム紹介】松蔭高校

世田谷区北沢にある松蔭高校。今回のチームは、単打でつなぎ流れを引き寄せるスモールベースボールが信条。守っては正確な送球で相手の進塁を防ぎます。抜群の制球力を誇るエース・糸賀投手を軸に、手堅い野球で初戦突破を目指します。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】錦城高等学校

小平市大沼町にある錦城高等学校。 部員数は、1年生12人、2年生21人、3年生12人、マネージャー2人の合わせて47人です。 前回大会は初戦敗退で涙をのんだ錦城高校野球部。 今年は全員がひとつひとつやるべきことを積み重ね勝利へとつなぎます。 日頃お世話になっている全ての人へ感謝の気持ちを力に変えて神宮球場を目指します。

めざせ!甲子園2018 駒場高等学校

夏の甲子園出場を目指すイッツコムエリアの高校野球部をご紹介する「めざせ!甲子園2018」。大会を直前に控えた各チームの練習風景や主将・監督のインタビューをお届けします。 駒場高等学校のスローガン・意気込み:「勝利への執念」 【イッツコム夏の高校野球 特設サイト】 https://www.itscom.net/089

ピックアップ

ぎふでないと(Marquee)

岐阜の夜の街。スマホ片手に“いちはしだいすけ(45)”が西へ東へ気の向くままに歩きます!大きなTVカメラはありません!すべてをスマホで撮影する番組です。是非、「岐阜の夜」をスマホ感覚でご覧下さい。 今回は神田町にある「Marquee」にぶらり立ち寄ります。

なるほど!聞きコミテレビ#53能町校下

高岡ケーブルネットワークアナウンサー、菅野もえが、富山県高岡市のことをもっと知り、市民ともっと親しくなるべく、皆さんの住む地域や市内のイベントにおじゃまします。 “聞きコミ”とは“聞いてコミュニケーション”の略。 身近な話題から時事の話題まで、毎週さまざな質問を携え、いろいろな場所でインタビューします。 第53回:能町校下 テーマ「ダイエット」

【高校野球2018夏 西東京大会 チーム紹介】都立久留米西高等学校

東久留米市にある都立久留米西高等学校。 野球部は1974年に設立。現在の部員は1年生11人、2年生3人、3年生13人の合計27人。 「継続は力なり」をモットーに、勉強と部活の文武両道を実践。 東京都ベスト16を目指し、練習にも力が入ります。

OH YEAH!ぐっjob Vol03.mxf

いつも笑顔全開・開高明日香と3代目奈良県住みます芸人・ゆりやんレトリィバァが、 様々な企画をひっさげてあべのハルカスのショップを紹介する番組。 第1・第3日曜日のお昼、KCNハルカススタジオより公開生放送。

【高校野球 2017夏 西東京大会チーム紹介】中央大学杉並高等学校

昭和38年に創部した中央大学杉並高等学校・野球部。 部員数は現在、マネージャーを含めて40人です。 専用のグラウンドを持たず実戦的な守備の練習ができない分、 バッティングの強化に力を入れています。

【高校野球2018夏 東東京大会 チーム紹介】東海大学付属高輪台高等学校

去年の夏は惜しくも決勝戦で涙を飲んだ東海大学付属高輪台高等学校野球部。練習は、さいたま市にあるグラウンドにバスで1時間移動して行っています。部員は総勢120人。チーム全員で、この1年間、厳しい練習を重ねてきました。

ベイコム・地元ニュース(大阪版)2018年11月6日号

訪日観光客ツアー「素顔の大阪・九条下町味めぐり」(西) 健康づくり運動講座「認知症予防のコグニサイズ!」(住之江) 島屋地域 避難所1泊防災体験会(此花) 松通公園あそびの広場(西成) みてアート 御幣島芸術祭(西淀川)

2016 高校球児の夏 郁文館高等学校

出演:我妻美月(オスカープロモーション)

C023 ようこそ高田馬場へ

eiga worldcup2016 地域部門出品作品 東京都立戸山高等学校 3年C組 目が回るほど多い看板、お店、人...そんな東京も、私たちにとっては大切な""ふるさと""です。私たちがもっとも見慣れている高田馬場からの通学風景を、新鮮な視点で切り取りました。魅力一杯の高田馬場へようこそ。

思いを伝えよう心の詩コンクール10周年記念特別番組(ダイジェスト)

大垣ケーブルテレビ:制作 第43回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード コミュニティ部門奨励賞 【番組概要】 岐阜県大垣市で小学生を対象に開催されている「思いを伝えよう心の詩コンクール」の10周年記念番組。入賞作品の紹介やコンクール関係者へのインタビュー、過去の最優秀受賞者の今など。 【審査員コメント】 子供の詩が素晴らしい。高校生の朗読と映像も素晴らしい。審査風景や教育長の挨拶は余計のようだが、これも地域社会ぐるみで次世代を見守る気持ちが伝わってくる。10年間付き合ったケーブルテレビの姿勢も見えてくる。