J:COM

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立練馬高等学校

提供元:J:COM

お気に入り
  • facebook
  • twitter
  • google plus
  • LINE
番組紹介

練馬区春日町にある都立練馬高等学校。

部員数は、マネージャーを含む1年生19人、2年生16人、3年生17人の、計52人です。

今年のチームのモットーは、「下剋上」。

強豪校が相手でもひるむことなく、気持ちを強く持って勝ちを取りに行きます。

シリーズ/関連動画

この動画には関連動画があります、他も見てみませんか?

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】帝京八王子高等学校

今年は攻守共に層が厚い帝京八王子。一戦必勝の想いを胸に、聖地・甲子園を目指す!

【2019夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】浦和麗明高等学校

さいたま市浦和区にある浦和麗明高等学校。野球部は去年創部。現在の部員数は、1・2年生のみの65人です。創部からまもなく、しかも、3年生不在のチームですが、今年の春の大会では地区予選を勝ち抜き、県大会出場を果たしています。今年、チームがテーマとして掲げているのは「全力」と「挑戦」。何事も全力で当たり、挑戦する気構えで得点を狙います。チームワークと機動力を武器に初めての夏の大会に挑みます。

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】早大本庄高等学校

1982年に設立された野球部には現在62人が所属。限られた練習時間を最大限に生かし、声を掛け合ってプレーの問題点を指摘し合っています。真剣に、明るく、笑顔で、全員野球。チームワークで勝利を狙います。

【高校野球2019夏 西東京大会 チーム紹介】都立東村山高等学校

東村山市恩多町にある東村山高等学校。 練習は、校舎の改築により学校のグラウンドが使えないため、東久留米市内のグラウンドを借りて守備練習を行っています。部員は11人と少人数ですが、野球に取り組む姿勢は一生懸命。チームは、ここ数年初戦敗退が続いていて、何としても一勝が目標となっています。

【高校野球2019夏 東東京大会 チーム紹介】都立橘高等学校

墨田区立花にある、都立橘高校 去年秋の新チーム発足以来 公式戦での勝利はまだありませんが 就任2年目の泉監督のもと12人の部員が チーム一丸となって練習に励んでいます。 キャプテンを務めるのは 3年生の深井崚宇選手です。 打っては3番。 守っては内野の要、ショートを守り 試合展開によってはピッチャーも務める 経験豊富な選手です。 練習中も仲間の士気を高めチームを引っ張ります。 今大会、10人の選手で臨む橘高校。 全員野球で初戦突破を目指します。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】都立調布南高等学校

守備のミスはみんなでカバー、爆発力ある打線で突破口をひらく野球を目指し練習に励みます。一戦必勝で目指すは西東京大会制覇!

編集チームおすすめ

激流と闘う乙女たち 栄光への軌跡

第44回日本ケーブルテレビ大賞番組アワード グランプリ総務大臣賞に輝いた作品をどうぞご覧ください。

ランキング

【2016夏・高校野球 埼玉大会 チーム紹介】西武文理高等学校

西武学園文理高等学校は、入間川の流れと武蔵野台地に囲まれた 狭山市柏原にあります。 野球部は1981年創部、去年の埼玉県大会、今年の春の大会とベスト8。 部員77人が持ち前のチーム力を発揮し全国大会出場を目標に日々練習に励んでいます。

レーシングスピリット 2017年10月号(モトクロスライダー小島庸平選手)

2015年に全日本モトクロス選手権の最高峰クラスIA1で王者に輝いた、小島庸平選手(三重県鈴鹿市出身・在住)に密着。今季は怪我で欠場など苦しいシーズンを送るも、モトクロス界のリーダーとして積極的に取り組む姿をカメラが追いました。

高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】帝京大学高等学校

短時間ながら密度の濃い練習に取り組み、文武両道を実践してきた帝京大高野球部。今夏はどんな輝きを放つのか?

福丸がゆく2018年12月24日放送 大阪市住之江区粉浜&浜口東・西

今回は住之江区粉浜&浜口東・西を訪れている福丸さん。 粉浜商店街で暖かいふれあいを重ねながら、隣町の浜口東と浜口西を散策します! 歩けばこその発見と出会いがたくさんありました!

それいけ爆釣中!vol.35

平成28年3月放送「何も釣れない編」 いよいよちゃんとした魚を釣らないとヤバいと焦る我々。 下した決断は四国外への逃亡。 初めて四国を飛び出し向かったのは淡路島。 この地で、ある巨大魚を狙うが…完全なるボウズで終わる。 魚が一匹も映らないというある意味伝説を残した回ですw

あなたにおすすめ

【高校野球2016夏 西東京大会 チーム紹介】都立町田工業高等学校

選手は少ないですが、日々の練習を頑張っています。昨年まで他校との合同チームでの出場でしたが、今年は新1年生が入り、単独チームでの出場となります。まずは、1勝を目指しチーム一丸頑張ります。

【高校野球2017夏 西東京大会 チーム紹介】東京都市大学付属高等学校

今年は、選手たちの食事内容の栄養指導、メンタルヘルスチェックなどで体格改善を図った結果、打力の向上につながりました。過去最高の戦力で大会に臨みます。

第46回魁星旗争奪全国高校勝抜剣道大会 尚志 対 秋田中央

2017年3月29日から31日にかけて、秋田県立武道館で開催された熱戦の模様をご覧ください。

第101回全国高等学校野球選手権千葉大会 出場校紹介動画 西武台千葉高校

西武台千葉高等学校野球部は86人で構成。 去年の夏は西千葉大会ベスト8の成績。 今年は「みんなでつないで点を取る!」をスローガンに甲子園出場を狙います。 大所帯のチームをまとめるのは選手会長の3年生、ピッチャー三浦選手。 球は早くはありませんが、状況判断ができるピッチングで相手打線を抑えます。 試合でのキャプテンを務めるのは3年生、内野手の鈴木選手。 体は小さいですが瞬発力、機動力があって肩も強い選手、チームになくてはならない存在です。 注目選手は3年生キャッチャーの奈良岡選手。去年の夏も出場したパワーがある4番バッター。 練習試合では豪快なホームランを放っています。

高校野球2019夏 東東京大会 チーム紹介「都立小岩高等学校」

創立57年を迎える都立小岩高校。歴史と伝統ある地域に根差した学校です。 行為式野球部は選手42名、マネージャー2名の44名が一丸となって甲子園出場に向かって練習に取り組んでいます。夏の都大会での戦績は2年連続で4回戦敗退。 チームを指導する西監督と主軸の選手に今年の夏の大会への意気込みそしてチームの特徴について伺いました。

ピックアップ

室生

関西中央高校 コンピュータ部 制作作品 奈良県の室生にある寺を訪問しインタビューより「ふるさと」を考える。

【高校野球2017夏 東東京大会 チーム紹介】成立学園高等学校

北区東十条にある成立学園高等学校は部員数51人。2012年甲子園出場の実績があり埼玉県久喜市にある専用グラウンドで基本を重視した練習に日々励んでいます。昨年秋と今年の春は都大会出場、1回戦敗退。3人の主力打者を得点源として一戦一勝を目標に今年の夏に挑みます。

掲示“番”6月後編(6/16~6/30)

「掲示“番”」は、地域の皆様に出演いただき、1分間でイベント告知やメンバー募集などのお知らせを自由にしていただくことができる、地域住民参加型の番組です。また、毎週月曜日~金曜日に放送しているニュース番組、CACかわら“番”のコーナーとしても放送しています。 イベントや発表会の告知、出演者やスタッフの募集、各種サークル・教室の生徒募集、新商品のご案内、新店舗オープンのお知らせ、ご家族・ご友人に宛てたお祝いのメッセージ、特技の披露などなど何でもOK! 出演は随時受付中!あなたの伝えたいことを地域の人々に向けて発信してみませんか? 詳しくはこちら(http://www.cac12.jp/cac-channel/keijiban.html)

[KATCH TIME30] 8月21日(水)分

愛知県西三河地域のニュースをお届けします。 ■特集 国立劇場民俗芸能公演祝福芸 ~安城の三河万歳保存会に密着~ ■今日のラインナップ ◇全国から未来のボートレーサーが集結 ボートレースの体験学習開催!(碧南市) ◇からだ改善一日健康講座(知立市) ◇絵手紙きららの会作品展(知立市) ◇親子でつくろう!「ミニ万燈」講座(刈谷市) ◇第10回 写楽彩写真展(刈谷市) ◇水泳競技で全国出場 児童らが市長に結果を報告(碧南市) ◇ビーチバレーで全国へ!碧南工業の生徒が意気込み語る(碧南市)

明桜高校

いよいよ、夏の甲子園出場校を決める「第98回全国高校野球選手権秋田大会」が 12日に開幕しました。甲子園をかけた球児たちのアツイ思いをお伝えします。 今回は明桜高校を紹介します。

ヒットの兆し(ツキオカフィルム製薬㈱」

新たなビジネスで岐阜を盛り上げようとしている企業、岐阜の地で頑張る仕事人を紹介します。 今回は、「ツキオカフィルム製薬㈱」の小池 重善さんを紹介します。

ほんでミーゴ 2018年5月3日

岩井・澤井の2人が県内のいろいろな場所を散策しながら、『ほんでミーゴ』を合言葉に皆さんに街のこと、人のことを根掘り葉掘り聞いちゃいます。今回はJR奈良駅周辺を散策しています。

2016 高校球児の夏 京華高等学校

出演:我妻美月(オスカープロモーション)

2018となみ野の風景「秋雨」

季節は夏から秋へ。夏の空気と秋の空気のせめぎ合い。大気の状態が不安定になり前線が居座ることで長雨を降らせます。これが秋雨。夏から秋へ昼間の時間も少しずつ短くなってきました。(2018年9月)

2018となみ野の祭り「庄川観光祭」

砺波市庄川町で初夏の行事として行われるお祭り。庄川峡花火大会や夜高行燈を練りまわす庄川夜高行燈をメイン行事として様々なイベントが行われます。県内花火シーズンのトップ切る庄川峡花火大会は1000発以上の光の大輪が夜空を彩り、また極彩色豊かな夜高行燈26基が街を練りまわり、大行燈を勢いよくぶつけ合う「合わせ」では、「ヨイヤサ、ヨイヤサ」と若衆たちの威勢の良い掛け声が響きわたります。(2018年6月2日~3日)